日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引



ディレクトリ構造のどこからでも,そのディレクトリ構造の中の別のディレクトリやサブディレクトリを参照することができます。この場合,参照したいディレクトリやサブディレクトリを名前で直接指定するか,反復記号 (...) やハイフン (-) のワイルドカード文字を使用します。ワイルドカードについての詳細は, 第 3.2 節 を参照してください。

Extended File Specifications を使用する環境で作業を行う場合,ワイルドカード文字によるディレクトリ構造の検索については, 第 5 章 を参照してください。

4.5.1 反復記号 (...) ワイルドカード文字

ディレクトリ構造を下向きに検索する場合,反復記号 (...) ワイルドカード文字を使用します。現在のディレクトリとその中のすべてのサブディレクトリの中を検索する場合には,次に示すように反復記号だけを使用します。

$ DIRECTORY [...]

ディレクトリ指定の先頭に反復記号を置くと,現在のディレクトリから検索が開始されます。ただし,ディレクトリ指定の先頭にピリオドを付けると,現在のディレクトリより 1 レベル下のサブディレクトリだけが検索されます。

ディレクトリ構造の中から,すべての最上位ディレクトリとそのサブディレクトリを検索する場合は,アスタリスク (*) の後に反復記号 (...) を使用します。

たとえば,現在のディレクトリが[JONES] の場合, [JONES] ディレクトリと [JONES] のすべてのサブディレクトリの中にある FEES.DAT という名前を持つすべてのファイルの最新バージョンを表示するためには,次のように入力します。

$ TYPE [JONES...]FEES.DAT

たとえば,現在の省略時のディレクトリが [JONES] の場合,ディレクトリ指定の末尾が .SALES であるすべてのサブディレクトリにおいて, FEDERAL.LIS というファイルの最新バージョンを表示するには,次のように入力します。

$ TYPE [...SALES]FEDERAL.LIS

次のコマンドは,[JONES] と[JONES] のすべてのサブディレクトリにおいて DEPT.DAT という名前を持つすべてのファイルの最新バージョンを表示します。

$ TYPE [...]DEPT.DAT

現在のディレクトリが [JONES] の場合,次のコマンドは, [JONES] より 1 レベル下の [.LETTERS] サブディレクトリにおいて, MAILING.LIS という名前を持つすべてのファイルを検索します。このとき,[JONES.LICENSES] サブディレクトリは検索されますが, [JONES.LICENSES.MARRIAGE] は検索されません。

$ TYPE [.LICENSES]MAILING.LIS

現在のディレクトリが [JONES] の場合,次のコマンドは, [JONES] ディレクトリの [.LICENSES] サブディレクトリと, [.LICENSES] サブディレクトリの中のすべてのサブディレクトリにおいて, DEPAT.DAT という名前を持つすべてのファイルの最新バージョンを表示します。

$ TYPE [...LICENSES...]DEPT.DAT

次のコマンドは (READALL 特権が必要 ),最大 8 つのレベルのディレクトリ名 ( 最上位ディレクトリと 7 つのサブディレクトリ ) を検索します。 MFD は検索しません。

$ DIRECTORY [*...]



4.5.2 ハイフン (--) ・サブディレクトリ文字

ハイフン文字は,現在のデフォルト・ディレクトリより上の [サブ] ディレクトリの短縮指定方法として使用します。ハイフンはそれぞれが 1 つのレベルを表します。ハイフンの後にはサブディレクトリ名 ( 区切りはピリオド ) を続けてディレクトリ階層の下のパスを指定します。

多くのハイフンを入力して参照が最上位ディレクトリより上を指定した場合は,エラー・メッセージが表示されます。

次の例では,現在のデフォルト・ディレクトリは [JONES.LICENSES] です。以下のコマンドでは [JONES] 内の STAFF.DIS の最新バージョンが表示されます。

$ TYPE [-]STAFF.DIS

現在のディレクトリが [JONES.LICENSES] の場合, [JONES.TAXES] ディレクトリにおいて, BILLING.DAT の最新バージョンを表示するためには,次のように入力します。

$ TYPE [-.TAXES]BILLING.DAT

以下の例では,表示されるコマンドがデフォルト・ディレクトリからディレクトリ階層で現在のレベルから 2 レベル上のディレクトリに変更されます。

$ SET DEFAULT [--]

ODS-5 ディスクを使用する OpenVMS Alpha バージョン 7.2 またはそれ以降では,ハイフンだけでファイル名とサブディレクトリ名を指定できます。ハイフンと相対指定による (サブ) ディレクトリと区別するため,前者は少なくとも 1 つの RMS エスケープ文字 (^) を指定します。以下の指定では,現在のプロセス・デフォルトより 3 つ上のレベルのディレクトリを参照します。

[---] 

以下の指定では,ディレクトリ (UFD)"-" を参照します。

[^---] 



4.6 UIC 形式でのディレクトリの操作

本章では,ディレクトリを名前で指定する方法 ( 名前形式と呼ぶ ) について説明してきました。ただし,ディレクトリは UIC 形式で指定することもできます。 UIC 形式は,2 つの 8 進数から構成されます。この 2 つの 8 進数がユーザ・ファイル・ディレクトリ (UFD) を指す UIC ( 利用者識別コード ) を表します。ファイル指定が可能な DCL コマンドのほとんどが, UIC 形式のディレクトリ名を認識できます。 リアルタイム Resource Sharing Executive (RSX) オペレーティング・システムを操作する場合を除いて,通常,この形式を使用する必要はありません。

UIC ディレクトリ指定の形式は,次のとおりです。

[グループ,メンバ] 

たとえば,[122,1] は,グループ 122 のメンバ 1 を表す UIC ディレクトリ指定です。通常,UIC 形式のディレクトリ名はディレクトリの所有者の UIC に対応しますが,必ず対応するわけではありません。

UIC ディレクトリを表す場合には,次の規則に従います。

  • グループの指定には,1 〜 37776 の範囲の 8 進数を使用する。

  • メンバの指定には, 0 〜 177776 の範囲 8 進数を使用する。

  • ハイフン (-) または反復記号 (...) ワイルドカードは,UIC ディレクトリ指定において使用できない。



4.6.1 UIC ディレクトリでのワイルドカードの使用

アスタリスク (*) ワイルドカードは UIC ディレクトリ指定に使用できます。たとえば,[*,6] は,任意のグループ番号において,メンバ番号 6 を持つすべてのディレクトリを示します。検索されるのは, UIC 形式のディレクトリだけです。[*,*] というディレクトリ指定は, UIC 形式ですべてのディレクトリを検索します。UIC 形式と同様,名前形式のすべてのディレクトリを検索する場合,[*] と指定します。

4.6.2 UIC 形式から名前形式への変換

UIC 形式のディレクトリ名は名前形式のディレクトリ名に変換できます。必要であれば,グループ番号とメンバ番号の左にゼロをいくつか追加して 6 文字の名前を作成すれば,名前形式のディレクトリ名となります。

UIC 形式と名前形式を組み合わせることはできません。 UIC 形式の名前を持つディレクトリのサブディレクトリの 1 つを指定する場合には, UIC 形式を名前形式に変換します。

UIC ディレクトリ指定 [122,1] と次の名前形式とは同じです。

[122001] 

[122,1]SUB.DIR というサブディレクトリを表す場合には, [122001.SUB] という名前形式のディレクトリを使用します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項