日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

第 2 章
DCL を使用したシステムとの会話

DIGITAL コマンド言語 (DCL) は,オペレーティング・システムに特定の操作を実行させる命令からなります。 DCL には,200 を超えるコマンドと関数があり,これらを使用してオペレーティング・システムと通信し,さまざまなコンピューティング・タスクを実行することができます。 DCL コマンドを使用すると,次のことが行えます。

  • システムについての情報を得る。

  • ファイルを操作する。

  • ディスクや磁気テープなどのデバイスを操作する。

  • 作業環境を変更する。

  • プログラムを開発し実行する。

  • 機密保護を行って,資源が効率良く使用されるようにする。

次の表は,いくつかの一般的なシステム操作を実行する場合に使用される DCL コマンドを示しています。

コマンド 操作
COPY 指定されたファイルをコピーする。
COPY/FTP TCP/IP ネットワーク上のホスト間でファイルを転送する。
CREATE ファイルまたはディレクトリを作成する。
DELETE 指定されたファイルをディレクトリから削除する。
DIRECTORY ディレクトリの内容 (ファイルのリスト) を表示する。
EDIT テキスト・ファイルの内容を調べて変更する。
LOGOUT セッションを終了する。
PRINT 指定されたファイルをプリンタに送って印刷する。
RENAME 指定されたファイルの名前または位置を変更する。
SET 画面上でのシステムの表示のしかたを制御する。
SHOW システムの状態を表示する。
TYPE 指定されたファイルの内容を画面に表示する。

本章では,DIGITAL コマンド言語の使用方法について学びます。特に次のことについて説明します。

  • DCL コマンドの入力

  • DCL コマンド・ライン

  • DCL コマンドの入力規則

  • パラメータの入力

  • 修飾子の入力

  • 値としての日付と時刻の入力

  • コマンドの再呼び出し

  • DCL コマンド行の編集

  • ターミナル・キーの定義

  • キーの組み合わせ

ローカル環境の違い

本書では,標準的な DCL コマンドについてのみ説明します。システム管理者はローカル環境をサポートするためにシステムを変更できます。システム管理者は次のことができます。

  • 異なるコマンド言語インタプリタの使用

  • 標準的な DCL コマンドの省略時の動作の変更

  • 一部の DCL コマンドの使用の禁止

  • DCL プロンプトなど,システムの一部の省略時の設定の変更

  • 拡張ファイル指定による環境の構成

本章で説明するコマンド,修飾子,およびパラメータについての詳細は,『OpenVMS DCL ディクショナリ』とオンライン・ヘルプを参照してください。

2.1 コマンドの入力

DCL コマンドを入力するためには, DCL プロンプト ($) に対してコマンドを入力してから Enter を押します。 DCL は大文字と小文字を区別しません。したがって,コマンドは大文字または小文字のどちらでも入力できます。 1

たとえば,DCL コマンドSHOW TIME を使用する場合には,次のコマンドを入力します。

$ SHOW TIME 

現在の日付と時間が表示された後 DCL プロンプトに戻るので,別のコマンドを入力できます。

11-DEC-2002  15:41:43 
$ 



2.1.1 使用モード

DCL は,次の 2 つのモードで使用できます。

  • 会話
    会話モードでは,ユーザはターミナルからコマンドを入力します。 1 つのコマンドの実行が終了すると,次のコマンドを入力できます。

  • バッチ
    バッチ・モードでは,ユーザの代わりにコマンドを実行する別のプロセスをシステムが作成します。 バッチ・ジョブ とは,独立したユーザ・プロセスとして実行するためにオペレーティング・システムに発行されるコマンド・プロシージャやプログラムです。コマンド・プロシージャをバッチ実行のために発行した後は,ターミナルとの会話を続けることができます。
    バッチ・ジョブとネットワーク・プロセスは,DCL をバッチ・モードで使用します。プロセスについての詳細は, 第 16 章 を参照してください。



2.1.2 DCL コマンドの種類

DCL コマンドを入力すると,DCL インタプリタがそれを読み込んで解釈します。コマンド・インタプリタのコマンドに対する応答は,入力したコマンドの種類によって異なります。 DCL コマンドには,次の 3 つの種類があります。

  • 組み込みコマンド
    DCL インタプリタに組み込まれているコマンドであり,内部的に実行されます。

  • プログラムを起動するコマンド
    DCL はこの種類のコマンドを受け取ると内部では実行せず,別のプログラムを呼び出して実行します。コマンドを実行するために起動されたプログラムを コマンド・イメージ と呼びます。コマンド・イメージは,会話型のプログラムや ユーティリティ (Mail など) のこともあれば,非会話型プログラム (COPY など) のこともあります。

  • フォーリン・コマンド
    イメージを実行するシンボルをフォーリン・コマンドと呼びます。フォーリン・コマンドは,コマンド・インタプリタが DCL コマンドとして認識しない名前のイメージを実行します。シンボルについての詳細は, 第 12 章 を参照してください。

脚注

1 大文字小文字の区別については 第 5 章 を参照。



2.2 DCL コマンド行

DCL には,他の言語と同様,独自の語彙と使用規則があります。 DCL は, (語彙) と 語順 (構文または形式) から構成されます。ここでは,この 2 つの要素について説明するとともに,有効な DCL コマンドの構成方法について解説します。

次の例は,DCL コマンド行の一般形式と各要素を示しています。

$  PRINT/COPIES = 5  GROCERY.LIS  [Enter]
(1)   (2)   (3)      (4)     (5)     (6)

DCL コマンド行の各要素について説明します。

  1. DCL プロンプト
    省略時の DCL プロンプトはドル記号 ($) である。 DCL と会話している場合,DCL のコマンド受け入れ準備が整うと,このプロンプトが表示される。

  2. DCL コマンド
    コマンドの名前を指定する。コマンドは,組み込みコマンド・プログラムを起動するコマンド,フォーリン・コマンドのいずれかである。この例では,DCL コマンドは PRINT である。

  3. 修飾子
    コマンドの処理内容を詳細に指定する。コマンド全体を変更する修飾子もあれば,特定の コマンド・パラメータ だけを変更する修飾子もある。また,値を取る修飾子もある。修飾子の前には,常にスラッシュ (/) が付く。この例では,修飾子は /COPIES である。


  4. 修飾子をさらに詳細に指定する。多くの場合,値の前には等号 (=) が付く。値としては,ファイル指定,文字列,数値, DCL キーワード を指定できる。キーワードとは,特定の構文形式で使用するために予約された語のことである。
    この例では,値は 5 (5 部) になっている。

  5. パラメータ
    コマンドの処理内容を指定する。パラメータは,決まった順序でコマンドに指定しなければならない。パラメータ値としては,ファイル指定,キュー名,論理名などを指定できる。

  6. Enter キー
    Enter キーは,DCL コマンド行の最後にくるもので,「コマンドを実行せよ」とシステムに知らせる。

その他に次の項目も,DCL コマンド行で使用可能です。

  • ラベル
    コマンド・プロシージャの中の行を識別する。ラベルは,コマンド・プロシージャの内部でだけ使用される。ラベルについては, 第 13 章第 14 章 を参照。

  • キーワード
    キーワード は,特定の構文形式で使用するように定義された語の 1 つである。キーワードは,指定する DCL コマンドの説明のとおりに使用しなければならない。たとえば,SET FILE コマンドの /PROTECTION 修飾子に対する DCL キーワードには, SYSTEM,OWNER,GROUP,WORLD を使用できる。 DCL キーワードは,値を取ることもある。

  • ワイルドカード文字
    ワイルドカード文字 はアスタリスク (*),パーセント記号 (%),反復記号 (...),ハイフン (-) である。これらの文字はファイル指定の中でファイル名,ファイル・タイプ・ディレクトリ名,バージョン番号の一部として,またはそのかわりに使用でき,対応するフィールドに対して 全部 であることを示す。ファイルやディレクトリでのワイルドカード文字の使用方法については, 第 3 章第 4 章 ,および 第 5 章 を参照。



2.2.1 構文

話し言葉がその語順によって意味が変わるのと同じように, DCL でも,コマンド行の各要素を特定の語順に並べる必要があります。

次の 2 つの例は,典型的な DCL コマンドの構文,つまり形式を示しています。

ラベル: コマンド/修飾子=値=キーワード 

ラベル: コマンド パラメータ/修飾子 

DCL コマンドには,いくつかの必須パラメータがあります。これらのパラメータは,必ずコマンド行に入力しなければなりません。これらのパラメータを入力しなければ,パラメータの情報を求めるプロンプトが表示されます。アンダスコア( _ )で始まる行は,システムが応答を待っていることを意味します。

任意パラメータの入力を求めるプロンプトが表示された場合,Enter を押せば,そのパラメータを省略できます。どちらのプロンプトの場合でも,必須パラメータを入力した後,残りのパラメータや修飾子を1 つ以上入力できます。

スラッシュ (/) またはアットマーク (@) を含むパラメータは,二重引用符 ("") で囲む必要があります。

次の例では,TYPE コマンドはファイル指定を要求しています。ファイル指定は TYPE コマンドの必須パラメータであるため,このパラメータを指定しなかった場合には,システムから要求されます。

$ TYPE
_File:   WATER.TXT



2.2.2 コマンドの取消し

コマンド・プロンプトの後に Ctrl/Z を押すと, DCL はそのコマンドを無視して DCL プロンプトを再表示します。

2.2.3 省略時の値の使用

省略時の設定と呼ぶ一部の項目は,コマンド行に指定する必要がありません。 DCL が省略時の設定によって操作を実行する場合には,コマンドに特定の値を割り当てたり,そのコマンドに関連する特定の機能を実行します。コマンドを入力するときに,これらの値や機能を指定する必要はありません。一般に,値や機能は,ユーザが期待するものまたは典型的であると考えられるものです。

DCL は,コマンド・パラメータや修飾子など,いくつかのエリアで省略時の値を提供します。パラメータの省略時の値については,本書で説明されている特定の DCL コマンドについての節を参照してください。修飾子の省略時の値については, 第 2.5 節 を参照してください。

PRINT コマンドの修飾子として部数を指定しなかった場合には, DCL は省略時の値である 1 を使用します。次の例では,PRINT コマンド行に /COPIES 修飾子を指定しているため,省略時の値が無効になり,ファイルが 4 部印刷されます。

$ PRINT/COPIES=4 MYFILE.TXT



2.2.4 複数行のコマンドの入力

1 行を超えるコマンドを入力する場合には,次の操作を実行して,コマンドを次の行に継続できます。

手順 操作
1 コマンド行の最後にハイフン (-) を指定し,Return を押す。

アンダスコア (_) の後に DCL プロンプト ($) が表示される。

2 このプロンプトの後にコマンド行の残りの部分を入力する。

アンダスコアから始まる行は,システムがユーザの応答を待っていることを示す。

次のことに注意してください。

  • コマンド名とパラメータなどの間には,適切なスペースを挿入しなければならない。

  • ハイフンの後に Return を押すと,スペースは追加されない。

  • コマンドを入力するときの行数に制限はない。ただし,1024 文字という制限を超えないようにしなければならない。

  • ハイフンを指定せずに長いコマンド行を入力することもできる。これは,長いコマンド行のテキストが自動改行されるからである。しかし,コマンド行をハイフンで分割した方が,コマンド行が読みやすくなる。

次の例では,複数の行に継続されるコマンドの入力方法を示しています。

$ COPY/LOG FORMAT.TXT,FIGURE.TXT,ARTWORK.TXT -
_$ SAVE.TXT

DCL コマンドの PIPE コマンドを使用すると,1 つの DCL コマンドから複雑なコマンド処理文を作成することができます。たとえば,同一 DCL コマンド行から,次に示す 1 つまたは複数の操作を実行できます。

  • パイプライン(コマンドの連続処理)

  • 入出力リダイレクト

  • 複数の条件コマンドの実行

  • バックグラウント処理

詳細は, 第 14.20 節 および『OpenVMS DCL ディクショナリ: N--Z』の PIPE コマンドの説明を参照してください。

2.3 DCL コマンドの入力規則

DCL コマンドを入力するときには,次の規則が適用されます。 DCL コマンドにおける拡張ファイル名の使用については, 第 5 章 を参照してください。

  • 大文字と小文字を組み合わせて使用できます。DCL インタプリタは,小文字を大文字に変換します。パラメータと修飾子値の中の大文字と小文字は,引用符 (" ") で囲まれている場合を除いて,同じものとみなします。

  • コマンド名と最初のパラメータの間には,ブランクまたはタブを少なくとも 1 つ挿入する。

  • 2 番目以降のパラメータと前のパラメータや修飾子の間には,ブランクまたはタブを少なくとも 1 つ挿入する。

  • 修飾子の先頭にはスラッシュ (/) を付ける。スラッシュは分割文字として働くので,前にブランクやタブを挿入する必要はない。

  • パラメータまたは修飾子の値にブランクやタブが含まれる場合には,パラメータまたは修飾子の値を引用符で囲む。

  • DCL コマンド行では,空文字 (<NUL>) を指定することはできません。これは,たとえ二重引用符で囲んでも同様です。

  • 各コマンド行は,127 要素 (パラメータ,修飾子,修飾値) を超えてはなりません。
    コマンドの中の各要素は 255 文字を超えてはなりません。また,すべてのシンボル 1 とレキシカル関数 2 を値に変換した結果得られる,コマンド全体が 1,024 文字を超えないようにすることが必要です。

  • 一意的に識別できるのであれば,DCL コマンド名や修飾子を短縮することができます。 DCL は初めの4文字のみを読みます。
    たとえば,次の 2 つのコマンドは等しくなります。

    $ PRIN/COPI=2 FORMAL_ART.TXT
    $ PRINT/COPIES=2 FORMAL_ART.TXT
    


    ただし,コマンド・プロシージャの中ではコマンドを短縮しないでください。これは,コマンド・プロシージャの上位互換性や明確さを維持するためです。 コマンド・プロシージャの中のでのコマンドの使い方については, 第 13 章第 14 章 を参照してください。

脚注

1 情報を短縮してシステムに渡す場合には,シンボルを使用します ( 第 12 章 を参照 )。

2 レキシカル関数 は,システムから情報を得ます ( 第 15 章 を参照)。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項