日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

まえがき



対象読者

本書は, OpenVMS オペレーティング・システムのすべてのユーザを対象に書かれています。

システム管理者 は,効率的なシステム環境を構築または維持するための管理作業を行います。システム管理者,あるいはシステム管理の概念や手順を理解されたい方は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』をお読みください。

本書の構成

随所に,コンピュータによる作業を実行するための概念と手順が説明されています。どの章も基本的な事柄の説明に始まり,より複雑な概念や手順へと続いていきます。

概要

以下の章は OpenVMS オペレーティング・システムをはじめて使用する際に役立つ情報を説明しています。

  • 第 1 章 --- OpenVMS オペレーティング・システムの概要
    システムへのログイン,システムからのログアウト,パスワードの変更,およびヘルプの使用の各方法について説明します。

  • 第 2 章 --- DCL を使用したシステムとの会話
    DIGITAL コマンド言語 (DCL) について説明します。

  • 第 3 章 --- ファイル情報の格納
    情報を格納する場所であるファイルについて説明します。また,ファイルの作成,コピー,名前変更,表示,削除,保護,そして印刷について例を挙げながら説明します。

  • 第 4 章 --- ディレクトリ・ファイルの編成
    ファイルを編成または管理するディレクトリについて説明します。

  • 第 5 章 --- 拡張ファイル指定
    ODS-5 を使用しての OpenVMS Alpha システム用 Extended File Specifications 環境について説明します。

  • 第 6 章 --- ディスクとテープ・ドライブの使用方法
    テープやディスクを個人 (プライベート) 用に予約する方法について説明します。グループで共用されているデバイスと異なり,プライベート・デバイスは,システム管理者が設定や管理を行うことはできません。

  • 第 7 章 --- Mail を使用して他のユーザと通信する
    Mail ユーティリティ(MAIL) について説明します。 Mail は,使用しているシステム上,または DECnet for OpenVMS ネットワークで接続されているシステム上の他のユーザと通信を行うためのユーティリティです。この章では,メール・メッセージの例を挙げ,メール・メッセージの受信,送信,返信,転送,そして編成の方法を手順を追って説明します。章末には,Mail コマンドの要約を示します。



テキストの処理とレコードのソート

以下の章では,テキスト・ファイルの編集とレコードのソートについて説明しています。

  • 第 8 章 --- EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
    会話型テキスト・エディタ EVE について説明します。 EVE は,OpenVMS オペレーティング・システムの標準テキスト・エディタです。この章では,EVE を使用して,新しいファイルを作成し編集する方法,および既存のファイルを編集する方法について説明します。章末には,EVE のコマンド要約を示します。

  • 第 9 章 --- ファイルのソートとマージ
    Sort/Merge ユーティリティについて説明します。 Sort/Merge は,1 つまたは複数の入力ファイルの内容をソートしたり,ソートしたファイルをマージするユーティリティです。章末には,Sort/Merge の修飾子の要約を示します。



セキュリティ

以下の章では,セキュリティについて説明しています。

  • 第 10 章 --- 資源へのアクセスの制御
    保護されたオブジェクトへのアクセスの制御やリモート・システムのデータへのアクセスなど,セキュリティに関する一般的な問題について説明します。



論理名とシンボルの使用方法

以下の章では,論理名とシンボルの使用方法について説明しています。



プログラミング

以下の章では,プログラムの作成とプログラミング用関数の使用方法について説明しています。



プロセスの管理

以下の章では,プロセスの管理について説明しています。

  • 第 16 章 --- プロセスとバッチ・ジョブ
    プロセスについて説明します。プロセスとは, OpenVMS オペレーティング・システムによって作成される環境のことで,ユーザとシステムの会話はプロセスを介して行われます。この章では,サブプロセス,プログラム,そしてバッチ・ジョブを使用する場面とその方法について説明します。



参照情報

以下の参照情報があります。



関連資料

OpenVMS 製品およびサービスの詳細についてお知りになりたい場合は,弊社の World Wide Web サイトにアクセスしてください。URL は次のとおりです。

    http://www.openvms.compaq.com    



本書で使用する表記法

本書では,次の表記法を使用しています。

表記法 意味
Ctrl/ x Ctrl/ x という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
PF1 x PF1 x という表記は,PF1 に定義されたキーを押してから,別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。

HTML 形式のドキュメントでは,キー名は四角ではなく,括弧で囲まれています。

... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( ) コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ] コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は任意のオプションです。オプションをすべて選択しても,いずれか 1 つを選択しても,あるいは 1 つも選択しなくても構いません。ただし,OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧に囲まれた要素は省略できません。
[|] コマンド形式の説明では,括弧内の要素を分けている垂直棒線はオプションを 1 つまたは複数選択するか,または何も選択しないことを意味します。
{ } コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた要素は必須オプションです。いずれか 1 つのオプションを指定しなければなりません。
太字 太字のテキストは,新しい用語,引数,属性,条件を示しています。
italic text イタリック体のテキストは,重要な情報を示します。また,システム・メッセージ ( たとえば内部エラー number),コマンド・ライン ( たとえば /PRODUCER= name ),コマンド・パラメータ ( たとえば device-name ) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TEXT 英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。
Monospace type モノスペース・タイプの文字は,コード例および会話型の画面表示を示します。

C プログラミング言語では,テキスト中のモノスペース・タイプの文字は,キーワード,別々にコンパイルされた外部関数およびファイルの名前,構文の要約,または例に示される変数または識別子への参照などを示します。

- コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に続くことを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて10 進数です。 10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) は,その旨を明記してあります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡