日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 4 章
4 システム管理に関する注意事項
     4.1     Monitor ユーティリティの変更
         4.1.1         MONITOR データのバージョン間での互換性
         4.1.2         記録ファイルからのデータのプレイバック
         4.1.3         VMS クラスタでの生のリモート・データの監視
     4.2     ファイル・セキュリティ属性の推奨値の更新
     4.3     システム管理についての注意事項
         4.3.1         CIMSERVER プロセスの推奨事項 (I64 のみ)
     4.4     システムのハングアップまたはクラッシュからの回復 (I64 のみ)
     4.5     Oracle 8i および 9i での DECdtm/XA (Alpha のみ)
     4.6     デバイス・ユニットの最大数の増加
     4.7     ECP Data Collector と Performance Analyzer V5.5 (Alpha のみ)
     4.8     EDIT/FDL: 推奨バケット・サイズの変更
     4.9     EFI$CP ユーティリティ: 使用は推奨できない
     4.10     EFI シェルで共用システム・ディスクまたはシャドウ・システム・ディスクを操作する場合の注意事項
     4.11     Error Log Viewer (ELV) ユーティリティ: TRANSLATE/PAGE コマンド
     4.12     外部認証
         4.12.1         I64 外部認証サポート
         4.12.2         DECterm 端末セッションでの SET PASSWORD の動作
         4.12.3         ワークステーションではパスワードの有効期限切れは通知されない
     4.13     OpenVMS Cluster システム
         4.13.1         OpenVMS I64 でのクラスタのサポート
         4.13.2         現時点での制限事項
         4.13.3         サテライト・ブートと LAN フェールオーバ
         4.13.4         Integrity サーバのサテライト・システムでのエラー・ログ・ダンプ・ファイルの作成
     4.14     クラスタ互換性パッチ・キット
         4.14.1         クラスタの互換性のために必要なパッチ・キット
         4.14.2         Fibre Channel および SCSI マルチパスと,他社製品との非互換性を修正する API
         4.14.3         DDT Intercept Establisher ルーチンとデバイス構成通知結果
         4.14.4         CI と LAN との間の回線切り替えによるクラスタの性能の低下
         4.14.5         マルチパス・テープ・フェールオーバの制限事項
         4.14.6         SCSI マルチパス媒体チェンジャでは自動フェールオーバは行われない
         4.14.7         Availability Manager AVAIL_MAN_BASE キットがロック競合情報の収集に失敗する
     4.15     OpenVMS Galaxy (Alpha のみ)
         4.15.1         Galaxy の定義
     4.16     セル型システムでの複数の nPartitions
         4.16.1         OpenVMS Graphical Configuration Manager
         4.16.2         ES40 上の Galaxy: 非圧縮ダンプの制限事項
         4.16.3         ES40 上の Galaxy: Fast Path の無効化
     4.17     OpenVMS Management Station
     4.18     OpenVMS Registry は Version 2 フォーマットのデータベースを壊すことがある
     4.19     システム・パラメータ
         4.19.1         新しいシステム・パラメータ
         4.19.2         廃止されたシステム・パラメータ
         4.19.3         システム・パラメータの変更
         4.19.4         ドキュメントの誤り: LCKMGR_CPUID システム・パラメータ
         4.19.5         MMG_CTLFLAGS: ドキュメントの誤り
     4.20     Terminal Fallback Facility (TFF)
     4.21     User Environment Test Package (UETP) (I64 のみ)
     4.22     推奨するキャッシュ方式
     4.23     Volume Shadowing for OpenVMS
         4.23.1         デバイス名の必要条件
         4.23.2         DCL コマンド・プロシージャ内での SET SHADOW と SHOW SHADOW の使用についての警告
         4.23.3         書き込みビットマップと異種デバイス・シャドウイング (DDS) の注意事項
         4.23.4         KZPDC (Smart Array 5300) の制限事項
         4.23.5         シャドウ・セット・マージ遅延の算出方法の変更
         4.23.6         /MINICOPY を使用したシャドウ・セット・メンバのディスマウント
     4.24     Authentication and Credential Management Extension (ACME)
         4.24.1         新しい機能と変更された機能
     4.25     OpenVMS と Kerberos ACME エージェントのデフォルトの起動順序は必須
     4.26     トレースバック API の問題の修正
     4.27     WBEM Services for OpenVMS Version 2.0 の注意事項
         4.27.1         ベースは OpenPegasus 2.5
         4.27.2         nPartitions と iCAP のサポート
         4.27.3         共通システム・ディスクのクラスタ向けに設計されていない
         4.27.4         OpenVMS 上でプロバイダをアンロードするには cimserver.exe を再起動する
         4.27.5         コマンド行オプションは引用符で囲む
         4.27.6         アンインストール後の WBEMCIM リポジトリ・ディレクトリ・ツリーのクリーン・アップ
     4.28     I64 では $SIGNAL_ARRAY_64 システム・サービスがない
     4.29      『HP OpenVMS System Analysis Tools Manual』
         4.29.1         DUMPSTYLE の各ビットの定義
         4.29.2         システム・ダンプの保存
         4.29.3         システムをリブートする際の SDA の起動
         4.29.4         SDA CONTEXT
         4.29.5         SDA シンボルの初期化
         4.29.6         ANALYZE
         4.29.7         Crash_Dump
         4.29.8         SDA コマンド
         4.29.9         COPY コマンド
         4.29.10         DUMP コマンド
         4.29.11         EVALUATE コマンド
         4.29.12         MAP コマンド
         4.29.13         SET CPU コマンド
         4.29.14         SET PROCESS コマンド
         4.29.15         READ コマンド
         4.29.16         SEARCH コマンド
         4.29.17         SHOW_CALL_FRAME コマンド
         4.29.18         SHOW CLUSTER コマンド
         4.29.19         SHOW CRASH コマンド
         4.29.20         SHOW DUMP コマンド
         4.29.21         SHOW PROCESS コマンド
         4.29.22         SHOW RESOURCES コマンド
         4.29.23         SHOW SPINLOCKS コマンド
         4.29.24         SHOW MEMORY コマンド
         4.29.25         SHOW GCT コマンド
         4.29.26         SHOW CPU コマンド
         4.29.27         SHOW SYMBOL コマンド
         4.29.28         SHOW UNWIND コマンド
         4.29.29         SHOW SWIS コマンド
         4.29.30         CLUE CONFIG コマンド
         4.29.31         CLUE REGISTER コマンド
         4.29.32         I64 ISD_Labels インデックスの表
         4.29.33         SDA 拡張機能のコンパイルとリンク
         4.29.34         拡張機能のデバッグ
         4.29.35         呼び出し可能ルーチンの概要
         4.29.36         ターゲット・システムでの接続の設定
         4.29.37         OpenVMS Alpha システム・ダンプ・デバッガ
         4.29.38         OpenVMS Alpha ウォッチポイント・ユーティリティ
         4.29.39         SET PROCESS/LOG コマンド


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項