日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

付録 A
リタイア製品情報

この付録では,すでにサポートが中止された OpenVMS 製品およびサポートの中止が予定されている OpenVMS 製品についてお知らせします。また,アーカイブ扱いになったマニュアルを検索する方法についても説明します。

フリーウェア

製品のサポートが中止されると,弊社はそれらの製品に対する問題に関する報告を受け付けず,またそのような報告への対処も行いません。しかし,独自の開発やサポートを目的に,以前の製品のソース・コードを必要とされるお客様に対しては,契約上その他の状況で受け入れ可能な場合,多くの旧製品のインストール・キットやソース・コードを OpenVMS Freeware として次の形態で提供しています。



A.1 Compaq Open3D レイヤード・プロダクトは Version 8.2 ではサポートされない

V8.2

OpenVMS Version 8.2 では,レイヤード・プロダクト の Compaq Open3D for OpenVMS Alpha V4.9B およびそれ以前のバージョンは,サポートされなくなりました。ただし,Mature Product Support (MPS) の下で OpenVMS Versions 6.2 および 7.3-2 でのサポートを継続します。この製品と,OpenVMS Version 8.2 に統合され,PowerStorm 300, PowerStorm 350,および ATI RADEON などの新しいカードをサポートする Open3D 製品とを混同しないようにしてください。サポートされなくなった製品は, OpenVMS Version 7.3-2 以降のリリースでの PixelVision,FFB,TGA,および TGA2 ベースのグラフィックの 3D サポートです。 第 6.19 節 の関連する注意事項を参照してください。

サポートされていない Open3D 製品がシステムにインストールされている場合は,問題が発生する可能性があります。たとえば,DECwindows ディスプレイ・サーバは, CPU を多用するループ内でハングアップすることがあります。使用中のバージョンの OpenVMS に Open3D がすでにインストールされている場合に, OpenVMS Version 8.2 へアップグレードする予定であれば,ターゲット・システムに次のグラフィック・コントローラ・ボードがインストールされていないことをまず確認しなければなりません。

  • ZLX-M シリーズ (PixelVision): ZLX-M1 (PMAGC-AA),ZLX-M2 (PMAGC-BA)

  • ZLX-L シリーズ (PixelVision Lite): ZLX-L1 (PMAGC-DA),ZLX-L2 (PMAGC-EA)

  • ZLXp-L シリーズ (PixelVision PCI): ZLXp-L1 (PBXGC-A),ZLXp-L2 (PBXGC-B)



A.2 Open3D グラフィックのライセンス方式の変更

V8.2

OpenVMS Version 8.2 から,3D グラフィック表示機能のライセンスは, AlphaServer と Integrity サーバのいずれの場合も,オペレーティング・システムのライセンスに含まれます。したがって,OpenVMS Version 8.2 では Open3D の単独のライセンスは入手できません。

詳細については 第 6.14 節 を参照してください。

A.3 DECamds は OpenVMS Version 8.2 ではサポートされない

V8.2

OpenVMS Version 8.2 では,DECamds はサポートされません。弊社では,DECamds の代わりに Availability Manager を使用することをお勧めします。 Availability Manager についての情報は,次の Web サイトを参照してください。

http://h71000.www7.hp.com/openvms/products/availman/



V8.2

DECevent と DIAGNOSE コマンドは, OpenVMS Version 8.2 ではサポートされません。

DECevent の代替機能としては,次のツールがあります。

  • System Event Analyzer (SEA)
    SEA は,OpenVMS とそれ以降のハードウェア・プラットフォーム (たとえば,すべての I64 プラットフォーム, および Alpha の DSnn,ESnn,および大半の GSnn プラットフォーム) でサポートされるエラー・ログ分析ツールになりました。
    SEA を含め,最新のハードウェア・サポートを利用するには,入手できる最新の WEBES をインストールしてください。最低でも,Alpha システムでは WEBES Version 4.2 以上, I64 システムでは WEBES Version 4.4 以上が必要です。
    SEA のオペレーティング・システム要件と,サポートされるハードウェアについての詳細は, WEBES のインストレーション・ガイドを参照してください。このドキュメントは,他の WEBES ドキュメントとともに,次の Web サイトにあります。

    http://H28000.www1.hp.com/support/svctools/

  • Error Log Viewer (ELV)
    ELV を使用すると,新しいハードウェア・プラットフォーム上で作成されたエラー・ログ・ファイルを素早く調べることができます。 ELV は OpenVMS オペレーティング・システムに統合されており, DCL コマンドの ANALYZE/ERROR_LOG/ELV を入力することでアクセスできます。
    ELV の詳細は,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』の ELV の章を参照してください。



A.5 2004 年 12 月に DECwrite のサービス期間が終了

V8.2

DECwrite は,2004 年 12 月 31 日でサービス期間が終了し, Software Product Library から削除されました。

A.6 Error Log Report Formatter (ERF) のサポート終了

V8.2

Error Log Report Formatter (ERF) はサポートされなくなりました。 OpenVMS Version 7.2 より前のシステムで作成されたログを,この製品で処理する必要がある場合は,次の Freeware Web サイトから ERF ドキュメントにアクセスできます。

http://www.hp.com/go/openvms/freeware/

ERF は Error Log Viewer (ELV) に置き換わりました。詳細については,オンラインヘルプで ANALYZE/ERROR_LOG/ELV を参照するか,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

ERF を使用する前に, ELV の CONVERTコマンドまたは DECevent の一部である Binary Error Log Translation ユーティリティを使用してエラー・ログ・ファイルを変換する必要があります。 DECevent と DIAGNOSE コマンドはサポートされなくなりましたが,これらのツールを必要とするユーザは,次の Feeware Web サイトから,ソフトウェアと関連ドキュメントをダウンロードすることができます。

http://www.hp.com/go/openvms/freeware/

DECevent ソフトウェアをインストールするまでは, DIAGNOSE コマンドを使用するとエラーが出力されます。

A.7 ISA_CONFIG.DAT のサポートの将来のリリースでの中止

V7.1

SYS$MANAGER:ISA_CONFIG.DAT ファイルを使用して ISA デバイスを構成する機能は, OpenVMS Alpha の将来のリリースではサポートされなくなります。このファイルを使用している場合は,コンソールから ISACFG ユーティリティと,デバイス・ドライバをロードするための新しいファイル・ベースの自動構成方式を使用するように変換しなければなりません (『Writing OpenVMS Alpha Device Drivers in C』を参照)。

A.8 POSIX 1003.4a Draft 4 インタフェースのサポート中止

V7.0

Compaq POSIX Threads Library (以前の DECthreads) の POSIX 1003.4a,Draft 4 ("d4") インタフェースは,将来のリリースでサポートされなくなる予定です。 POSIX 1003.4a,Draft 4 インタフェースを使用して作成されたアプリケーションは, POSIX スレッド・ライブラリで提供される新しい POSIX 1003.1c 標準 ("pthread") インタフェースに移行する必要があります。このリリースでは,移行を支援するために,Draft 4 POSIX 1003.4a インタフェース用の互換モードが提供されます。この互換モードは,将来のリリースでは削除されます。

A.9 NetBeans Version 3.6 のサポートは OpenVMS Version 8.3 で終了

V8.3

OpenVMS Alpha Version 8.3 および OpenVMS I64 Version 8.3 は, NetBeans Version 3.6 for OpenVMS がサポートされる最後のリリースです。 NetBeans Version 3.6 は, OpenVMS Version 8.3 のサポート期間が過ぎてもサポートされます。また,OpenVMS Alpha および OpenVMS I64 用の NetBeans Version 3.6 は, Javatm Platform, Standard Edition, Development Kit (JDK) v 1.4.2-x 上でのみサポートされる点に注意してください。

OpenVMS 上の GUI ベースの開発環境としては, Distributed NetBeans の使用を検討してください。これは,コスト効率が高く柔軟な開発環境ソリューションです。 Distributed NetBeans についての詳細は,次の Web サイトを参照してください。


http://www.hp.com/products/openvms/distributednetbeans/ 



A.10 アーカイブ扱いのマニュアル

V8.3

製品の製造が中止され,オペレーティング・システムが進化するにつれて, OpenVMS マニュアルの一部はアーカイブ扱いになります。アーカイブ扱いのマニュアルはそれ以降保守されず,OpenVMS ドキュメンテーション・セットには含まれません。ただし,次の Web サイトに保管されています。

http://www.hp.com/go/openvms/doc

左のサイド・バーにある "Archived documents" をクリックすると,アーカイブ扱いのマニュアルを参照できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡