日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 2 章
OpenVMS の関連製品に関する注意事項

この章では,OpenVMS 関連製品について説明します。関連製品のインストール/アップグレードに特に関連する事項については, 第 1 章 を参照してください。

コンパイラ,リンカ,ランタイム・ライブラリ・ルーチンの使用に関する注意事項については, 第 5 章 を参照してください。

2.1 関連製品のサポート

関連製品のサポートに関する詳細については, Software Public Rollout Reports for OpenVMSを参照してください。

Software Public Rollout Reports for OpenVMS には, OpenVMS Alpha および OpenVMS VAX 用の Software Products Library キット (CD-ROM),および OpenVMS I64 用の Layered Product Library キット (DVD) で提供されている弊社のソフトウェア製品の情報が記載されています。

レポートには製品名とバージョン,製品をサポートするのに必要なオペレーティング・システムのバージョン,製品のボリューム出荷日が示されています。レポートの情報は今後も追加され,変更される可能性があります。レポートは公開され,毎月更新されます。レポートの情報はたえず変化するので,リリース・ノートには含まれません。

OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降の変更により, V1.5A より前のバージョンの BASIC では,インストール中に BASIC$STARLET ライブラリ・ファイルを作成できません。

STARLET ライブラリ・ファイルの構築を要求しなければ,以前のバージョンの BASIC を OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降の上にインストールすることができます。また,以前にインストールされた BASIC コンパイラと,以前に作成された STARLET ライブラリ・ファイルは,古い OpenVMS システムを Version 7.3-2 およびそれ以降にアップグレードした後も動作します。

OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降で動作しないのは, BASIC$STARLET ライブラリ・ファイルの作成だけです。 BASIC V1.5A キットには, STARLET ライブラリ・ファイルを OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降上で正しく構築する拡張インストール・プロシージャが含まれています。

BASIC V1.6 は,最新のコンソリデーテッド・レイヤード・プロダクト CD で入手できます。

2.2 追加された CMAP ファイル

V8.2

次の新しい CMAP ファイルが, OpenVMS Version 8.2 国際化データ・キットで提供されています。

DECKANJI2000
GB18030
ISO8859-1-EURO
UTF8-20
UTF8-30


V7.3

OpenVMS Alpha Version 7.2 で Extended File Support が追加されたことにより, OpenVMS Alpha Version 7.2 以降での I/O 実行時診断メッセージおよび RMS 特殊レジスタの処理が変わりました。特に,Version 7.2 より前のバージョンの OpenVMS では,長いファイル名により RMS$_FNM が発生しましたが, OpenVMS Alpha Version 7.2 以降のバージョンでは RMS$_CRE が発生するようになりました。これらの RMS に関する違いをサポートするために,新しい ODS-5 サポートを使用する必要はありません。

2.4 COM for HP OpenVMS (Alpha のみ)

ここでは,COM for HP OpenVMS に関する注意事項について説明します。

2.4.1 COM for OpenVMS のサポート

V8.2

現在 COM Version 1.4 for OpenVMS は, OpenVMS Alpha Version 7.3-2 および 8.2 でサポートされています。 COM for OpenVMS についての最新情報は次の Web サイトを参照してください。

http://h71000.www7.hp.com/openvms/products/dcom/



V7.3-2

CTLPAGES 値に 256 以下の値を設定して, COM for OpenVMS アプリケーションを負荷の高い状態で実行した場合, Error accessing registry database, contact system manager (0x000025fc)メッセージが出力されることがあります。この問題を回避するには,CTLPAGES 値に 512 を設定してください。

2.5 OpenVMS Version 8.3 では DECdfs Version 2.4 が必要

V8.3

OpenVMS Version 8.3 には,DECdfs Version 2.4 が必要です。古いバージョンの DECdfs を使用すると,エラー・メッセージが表示されます。

2.6 DEC PL/I: OpenVMS での RTL のサポート

V7.3

OpenVMS オペレーティング・システムで配布される PL/I RTL と, Kednos Corporation が所有し配布する新しい PL/I RTL の間には,互換性がありません。 OpenVMS オペレーティング・システムと同時に配布された旧バージョンが,より新しいバージョンを上書きしてしまうことがあります。該当するイメージ・ファイルは,SYS$LIBRARY:DPLI$RTLSHR.EXE です。

OpenVMS では, DCL の ANALYZE/IMAGE コマンドで次のように表示されるバージョンのファイルが配布されます。


Image Identification Information 
 
        image name: "DPLI$RTLSHR" 
        image file identification: "V4.0-6" 

OpenVMS Version 7.3 以降にアップグレードする前に ANALYZE/IMAGE コマンドを実行し,より新しいバージョンの DPLI$RTLSHR.EXE が存在する場合,コピーしておきアップグレード後に復元するか,後で PL/I キットを再インストールしてください。

第 5.31 節 の,関連する注意を参照してください。

2.7 FMS キット

V8.3

次の FMS キットのいずれか (またはそれより新しいもの) を OpenVMS Alpha および OpenVMS I64 システムにインストールできます。

フルキット: HPFMS025

実行時キット: HPFMSRT025

FMS V2.4 は OpenVMS Alpha V8.3 でサポートされます。

FMS V2.5 は OpenVMS V8.2 以降のシステム (Alpha および I64) でサポートされます。

2.8 Graphical Configuration Manager (GCM) (Alpha のみ)

Graphical Configuration Manager (GCM) は,オペレーティング・システムと一緒に出荷される Layered Products CD に含まれています。ただし,GCM は頻繁にアップデートされます。次の Web ページを定期的にチェックして,新しいバージョンのソフトウェアがリリースされていないか確認してください。

http://h71000.www7.hp.com/openvms/products/gcm/



ここでは, OpenVMS Version 8.2 の HP DCE RPC に関する注意事項について説明します。

2.9.1 DCE RPC による FAILSafe IP のサポート

V8.2

DCE RPC は FAILSafe IP の環境で動作するように拡張されました。

2.9.2 RPC ソケットにおけるバッファ・サイズ・チューニングのサポート

V8.2

DCE RPC は,論理名 RPC_USE_DEFAULT_SOCKET_BUFFER_SIZE を使用してソケットのバッファ・サイズをチューニングできるようになりました。この論理名を設定することで,RPC ランタイム・ライブラリで,システムのデフォルトのソケット・バッファ・サイズを使用できるようになります。論理名をシステム全体に対して定義するには,次のコマンドを実行します。


$ DEFINE/SYSTEM RPC_USE_DEFAULT_SOCKET_BUFFER_SIZE 1 

RPC ランタイム・ライブラリの動作をオリジナルに戻すには,論理名 RPC_USE_DEFAULT_SOCKET_BUFFER_SIZE の割り当てを解除してください。

2.9.3 RTI (Remote Task Invocation) RPC (I64 のみ)

V8.2

I64 Version 8.2 の RPC は RTI RPC をサポートしていません。詳細については,キットに付属しているドキュメント『HP DCE for OpenVMS Alpha and OpenVMS I64 Release Notes』を参照してください。

2.9.4 Microsoft LAN Manager RPC はテストされていない (I64 のみ)

V8.2

NTLM (Microsoft 社の LAN Manager プロトコル) 上の Authenticated RPC は, OpenVMS I64 ではテストされていません。これは,DCE RPC が依存しているインフラストラクチャが, OpenVMS I64 上では使用できないためです。

2.9.5 utc_mulftime 係数引数の型

V8.2

DTSS API ルーチンの入力引数である係数 utc_mulftimeは, I64 システムでは IEEE_FLOAT 型, Alpha システムでは G_FLOAT 型でなければなりません。 CVT$FTOF または CVT$CONVERT_FLOAT を使用すると, utc_mulftimeを呼び出す前に,この係数引数を適切な浮動小数点型に変換することができます。

2.9.6 G_FLOAT 浮動小数点型と IEEE 浮動小数点型のサポート

V8.2

DCE RPC for OpenVMS は現在, I64 プラットフォームと Alpha プラットフォーム上で, G_FLOAT 浮動小数点型と IEEE 浮動小数点型の両方をサポートしています。

1 つの RPC アプリケーション内では,同じ浮動小数点型を使用してください。異なる RPC アプリケーションであれば, 1 つのシステム内でそれぞれ異なる浮動小数点型を使用しても適切に動作します。

I64 システム

I64 システム上では,DCE はデフォルトで IEEE_FLOAT 型を使用します。つまり,I64 システム用にビルドされた DCE アプリケーションは, IEEE_FLOAT 浮動小数点型を使用します。

C または C++ 言語で開発された RPC アプリケーションで G_FLOAT 浮動小数点型を使用するには,次の手順に従います。

  1. RPC の実行時関数を呼び出す前に,新しい API 関数 rpc_set_local_float_drep(RPC_APPLICATION_FLOAT_TYPE, &status) を呼び出します。 RPC_APPLICATION_FLOAT_TYPE 定数に対して,コンパイラのコマンド行修飾子で指定された浮動小数点型が自動的に定義されます。詳細は,『Release Notes for OpenVMS DCE V3.2』を参照してください。

  2. コンパイラの修飾子 /FLOAT=G_FLOAT を使用して, RPC アプリケーション・プログラムをコンパイルします。

  3. スタブのビルド時に,以下のうち適切な IDL コンパイル・オプションを使用します。
    C アプリケーションの場合: -CC_CMD "CC/FLOAT=G_FLOAT"

    C++ アプリケーションの場合: -CPP_CMD "CXX/FLOAT=G_FLOAT"

  4. 以下のうち適切な DCE オプション・ファイルを使用して, RPC アプリケーションをリンクします。
    C アプリケーションの場合: DCE.OPT

    C++ アプリケーションの場合: DCE_CXX.OPT

C または C++ 言語で開発された RPC アプリケーションで IEEE_FLOAT 浮動小数点型を使用するには,次の手順に従います。

  1. コンパイラの修飾子 /FLOAT=IEEE_FLOAT (デフォルトのオプション) を使用して, RPC アプリケーション・プログラムをコンパイルします。

  2. DCE.OPT または DCE_CXX.OPT を使用して RPC アプリケーションをリンクします。

Alpha システム

デフォルトでは,Alpha システム上でビルドされた DCE アプリケーションは, G_FLOAT 浮動小数点型を使用します。

C または C++ 言語で開発された RPC アプリケーションで IEEE_FLOAT 浮動小数点型を使用するには,次の手順に従います。

  1. RPC の実行時関数を呼び出す前に,新しい API 関数 rpc_set_local_float_drep(RPC_APPLICATION_FLOAT_TYPE, &status) を呼び出します。 RPC_APPLICATION_FLOAT_TYPE 定数に対して,コンパイラのコマンド行修飾子で指定された浮動小数点型が自動的に定義されます。詳細は,『Release Notes for OpenVMS DCE V3.2』を参照してください。

  2. コンパイラの修飾子 /FLOAT=IEEE_FLOAT を使用して, RPC アプリケーション・プログラムをコンパイルします。

  3. スタブのビルド時に,以下のうち適切な IDL コンパイル・オプションを使用します。
    C アプリケーションの場合: -CC_CMD "CC/FLOAT=IEEE_FLOAT"

    C++ アプリケーションの場合: -CPP_CMD "CXX/FLOAT=IEEE_FLOAT"

  4. 以下のうち適切な DCE オプション・ファイルを使用して, RPC アプリケーションをリンクします。
    C アプリケーションの場合: DCE.OPT

    C++ アプリケーションの場合: DCE_CXX.OPT

C または C++ 言語で開発された RPC アプリケーションで G_FLOAT 浮動小数点型を使用するには,次の手順に従います。

  1. C または C++ コンパイラの修飾子 /FLOAT=G_FLOAT (デフォルトのオプション) を使用して, RPC アプリケーション・プログラムをコンパイルします。

  2. DCE.OPT または DCE_CXX.OPT を使用して RPC アプリケーションをリンクします。



2.10 HP DECnet-Plus での大文字小文字混在のパスワードのサポート

V8.3

OpenVMS Versions 7.3-2 およびそれ以降では,ログイン・フラグとして PWDMIX が指定されている場合,パスワードに大文字小文字を混在させることや,拡張文字を使用することができます。 DECnet-Plus V8.3 より前では,DECnet はタスク間通信や, DECnet を使用するリモート・ファイル・アクセスで,大文字小文字混在のパスワードをサポートしていませんでした。

2.11 HP DECnet-Plus for OpenVMS: X.25 データ・リンクがサポートされていない (I64 のみ)

V8.2

HP X.25 for OpenVMS Alpha ソフトウェアは移植作業中で,まだサポートされていません。このため,HP DECnet-Plus for OpenVMS I64 Version 8.2 は, X.25 データ・リンクをサポートしていません。

2.12 HP DECram

ここでは,DECram に関する注意事項について説明します。

注意

HP DECram についての詳細は, 第 1.13 節 を参照してください。



V8.2

OpenVMS Alpha および OpenVMS I64 の Version 8.2 以降, DECram は System Integrated Product (SIP) として OpenVMS オペレーティング・システムに統合されて提供されます。ユーザは,DECram のライセンスを引き続き必要とします。 DECram ドライバは,SYS$COMMON:[SYS$LDR] にあります。 Alpha のユーザは,システム固有のディレクトリ ([SYSx.SYS$LDR]) 内に残っている SYS$MDDRIVER イメージを削除する必要があります。 Version 8.2 へアップグレードする前に DECram の旧バージョンを削除する手順は,『HP OpenVMS Version 8.2 Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

旧バージョンの DECram をロードしようとすると,次のエラー・メッセージが表示されます。

SYSTEM-W-SYSVERDIF, system version mismatch; please relink

OpenVMS Version 8.2 では,旧バージョンの DECram はサポートされていません。

DECram Version 2.5 は,引き続き VAX システムでのみサポートされます。

2.12.2 DECRYPT DCL コマンドとの競合

V8.2

Encryption for OpenVMS Alpha レイヤード・プロダクトでは,インストール時に専用の DCL コマンド DECRYPT を生成します。 DECRYPT は,DCL コマンド DECR のデフォルトの定義を上書きしますが,これはユーザが DECram を呼び出すために使用している可能性があります。

両方の製品がインストールされた場合,次のような DCL フォーリン・コマンド・シンボルを定義することにより DECram インタフェースにアクセスすることができます。


$ DECRAM == "$MDMANAGER" 



2.13 HP DECwindows Motif for OpenVMS

ここでは,HP DECwindows Motif for OpenVMS に関する注意事項について説明します。

2.13.1 DECwindows のポーズ画面でロック解除できない問題 (Alpha のみ)

V8.3

V8.3 よりも前のバージョンでは,外部認証環境で以下の条件が揃った場合,ユーザは DECwindows のワークステーションのロックを解除できませんでした。

  • ユーザが SYSUAF データベース上で EXTAUTH としてマークされている。

  • ユーザがユーザ名と /LOCAL_PASSWORD 修飾子を使用して DECwindows のワークステーションにログインしている。

  • ポーズ画面が起動されている。

この状況下では,ワークステーションは有効なパスワードを認識できないため,パスワードの入力を要求し続けます。この状況から抜け出すには,別のソース (たとえばネットワークや LAT) からログインし, @SYS$STARTUP:DECW$STARTUP RESTART と入力して DECwindows サーバを再起動する必要がありました。

この問題は V8.3 で修正されています。外部認証環境では次の点に注意してください。

  1. user_name/local_passとしてログインするには, SYSUAF データベースで VMSAUTH のフラグがあることを確認してください (OpenVMS V8.2 ではこれは必要ありませんでした)。

  2. user_name/local_passでログインしている場合であっても, DECwindows デスクトップで "Screen Lock" をオフにしてください。



2.13.2 新しいロケールの追加

V8.2

ローカライズされた DECwindows Motif ソフトウェアが使用する次の新しいロケールが, OpenVMS Version 8.2 国際化データ・キットに追加されました。

iw_IL.utf-8 (ヘブライ,イスラエル,UTF-8)
ko_KR.utf-8 (韓国,UTF-8)
zh_CN.utf-8 (中国,PRC,UTF-8)
zh_HK.utf-8 (中国,香港,UTF-8)
zh_TW.utf-8 (中国,台湾,UTF-8)


V7.3-2

DECwindows Motif Version 1.3 for OpenVMS Alpha では,クライアント間交換 (ICE) プロトコル,低帯域幅 X (LBX) プロキシ・サーバ,および入力メソッド・サーバのマルチスレッドおよび通信のニーズに応えて, DECwindows Motif のトランスポート・ライブラリが大きく変更されました。この結果,弊社は,DECwindows Motif Version 1.3 以降を実行しているシステムでの,ユーザ作成ネットワーク・トランスポートのサポートを中止しました。

既存のトランスポート (DECnet,TCP/IP,LAT,および LOCAL) はそのまま使用でき,問題なく機能しますが,更新されたトランスポート・インタフェースに基づくユーザ作成トランスポートの設計および実装に対するサポートは今後行われません。『VMS DECwindows Transport Manual』はアーカイブに入れられ,新しいライブラリは公開されません。

ユーザが作成したトランスポートを実装し,そのトランスポートを DECwindows Motif Version 1.5 以降の環境に移行する場合は,移行戦略の作成方法について,弊社のサポート担当者にお問い合わせください。

2.14 HP Secure Web Server のサポート

V8.2

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 および OpenVMS Version 8.2 (Alpha および I64) は, Secure Web Server (SWS) Version 1.3-* をサポートする最後のリリースです。 OpenVMS Alpha Version 7.3-2 は, SWS Version 2.0 をサポートする最後のリリースです。

SWS Version 1.3-* および SWS Version 2.0 の代替機能は, SWS Version 2.1 です。今後の SWS の新機能や機能拡張は, Apache 2.0.* オープン・ソース・コードをベースにした SWS 2.1 で提供されます。

OpenVMS Alpha Version 7.3-2 が PVS (Prior Version Support) の状態である限り, SWS Version 1.3-* および SWS Version 2.0 に対するサポートは継続します。また,OpenVMS Version 8.2 がサポートされている限り, SWS Version 1.3-* に対するサポートは継続します。これらの SWS バージョンのサポートには,必要と判断された修正パッチ,セキュリティ・パッチが含まれます。

2.15 HP Pascal for OpenVMS Alpha Systems

ここでは,OpenVMS Alpha システム上の HP Pascal に関する注意事項について説明します。

2.15.1 STARLET ライブラリの作成には V5.8A (以降) が必要 (Alpha のみ)

V7.3-2

OpenVMS Version 7.3-2 の変更により, V5.8A より前のバージョンの Pascal では,インストール中に STARLET ライブラリ・ファイルを作成できません。

STARLET ライブラリ・ファイルを作成してインストールするかという質問に "NO" とこたえると,OpenVMS Version 7.3-2 以降上に,以前のバージョンの Pascal をインストールできます。また,以前にインストールされた Pascal コンパイラと,以前に作成された STARLET ライブラリ・ファイルは,古い OpenVMS システムを Version 7.3-2 以降にアップグレードした後も動作します。

OpenVMS Version 7.3-2 以降で動作しないのは, Pascal のインストールの,STARLET ライブラリ作成の部分だけです。 Pascal V5.8A キットには, STARLET ライブラリ・ファイルを OpenVMS Version 7.3-2 以降上で正しく構築する拡張インストール・プロシージャが含まれています。

Pascal V5.8A は,最新のコンソリデーテッド・レイヤード・プロダクト CD で入手できます。

2.15.2 アップグレード後の HP Pascal のインストール (Alpha のみ)

V7.3

この注意事項は,すべてのバージョンの HP Pascal と,すべてのバージョンの OpenVMS Alpha オペレーティング・システムにあてはまります。

OpenVMS のアップグレード後,HP Pascal を再インストールして,新しいバージョンの STARLET.PAS ファイルと他の定義ファイルを作成し,アップグレード後のシステムと一致させなければなりません。

OpenVMS のアップグレード後に HP Pascal を再インストールしない場合でも,コンパイラは正しく起動しますが,STARLET.PAS ファイルと他の定義ファイルに, OpenVMS のアップグレードで提供される新しい定義や修正後の定義が含まれません。

2.16 I64 システムでの WEBES および SEA のサポート

V8.3

最新版の WEBES (WEBased Enterprise Services) は,次の WEBES のホームページから入手できます。

http://www.hp.com/services/webes



V8.3

OpenVMS Alpha および OpenVMS I64 用の NetBeans Version 3.6 は, Java Platform, Standard Edition, Development Kit (JDK) v 1.4.2-x 上での動作だけがサポートされます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項