日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールに関する注意事項
第 2 章:関連製品に関する注意事項
第 3 章:一般ユーザ向けの注意事項
第 4 章:システム管理に関する注意事項
第 5 章:プログラミングに関する注意事項
第 6 章:ハードウェアに関する注意事項
付録 A:リタイア製品情報
付録 B:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.3 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 3 章
一般ユーザ向けの注意事項

この章では, OpenVMS オペレーティング・システムのすべてのユーザのための情報をまとめます。一般に使用するコマンドとユーティリティに関する情報が含まれています。

オペレーティング・システムのこのバージョンで提供される新機能については,『HP OpenVMS V8.3 新機能説明書』を参照してください。

3.1 OpenVMS Freeware CD

V8.3

OpenVMS Version 8.3 メディア・キットには, OpenVMS Freeware Version 8.0 CD が付属しています。 Freeware CD には,アプリケーションの作成や, OpenVMS システムの使用あるいは管理のためのフリー・ソフトウェア・ツールとユーティリティが収録されています。

システムに Freeware CD をマウントし内容を表示するには,CD を CD ドライブに挿入し,次のコマンドを入力します。


$ MOUNT/OVERRIDE=IDENTIFICATION ddcu: 

このコマンドでは, ddcu:の箇所に, OpenVMS システム上の CD ドライブまたは DVD ドライブのデバイス名を指定します。このデバイス名は OpenVMS システムごとに異なります。


$ TYPE ddcu:[FREEWARE]FREEWARE_README.TXT 

このファイルのコピーは,Freeware 8.0 ディストリビューションの各ボリュームにも格納されており, TYPEコマンドや使い慣れたテキスト・エディタでその内容を参照できます。

フリーウェアについての詳細は, FREEWARE_README.TXTファイルを参照してください。

適切なデバイスをマウントしたら, DIRECTORYCOPYなどの標準の DCL コマンドを使用して,キット・ディレクトリに直接アクセスできます。各ディスクの [FREEWARE] ディレクトリに,フリーウェアの要約を記述したテキスト・ファイル,その他の資料があります。

[FREEWARE]FREEWARE.COM フリーウェア・メニュー・システム・インタフェースは, Freeware 8.0 ディストリビューションから削除されました。

3.1.1 フリーウェア・メニューが利用できない (I64 のみ)

V8.2

OpenVMS Freeware V7.0 CD-ROM に含まれている [FREEWARE]FREEWARE.COM はフリーウェア・メニュー・システム・インタフェースですが,これは OpenVMS I64 システムでは動作しません。

このメニュー・システム・インタフェースは,OpenVMS Alpha および OpenVMS VAX システム上で動作します。

OpenVMS I64, OpenVMS Alpha, または OpenVMS VAX システムの, DIRECTORY や COPY などの DCL コマンドを使用して, Freeware V7.0 CD-ROM の内容に直接アクセスできます。これは,Freeware V7.0 ディストリビューションにアクセスする際の望ましい方法です。

フリーウェアと Freeware ディストリビューションについての情報は [FREEWARE]FREEWARE_README.TXT に収められています。このファイルは Freeware V7.0 ディストリビューションの各ボリュームに格納されており,内容は TYPE コマンドまたはテキスト・エディタで確認できます。

3.2 DCL コマンド

ここでは,DCL コマンドに関する注意事項について説明します。

3.2.1 CREATE/MAILBOX: 一時的な制約

V8.2

CREATE/MAILBOX/TEMPORARY には,現在 CMEXEC 特権が必要です。この制約は将来のリリースでは解除されます。

3.2.2 DIAGNOSE コマンドはサポートされない

V8.2

3.3 Open Source Tools CD での DECmigrate の提供について

V8.2

OpenVMS Migration Software for VAX to Alpha (DECmigrate) は, OpenVMS Version 8.2 インストレーション・キットに含まれている Open Source Tools CD では提供されていません。 OpenVMS Version 7.3-2 用のメディアにはこのソフトウェア・キットが含まれていましたが, OpenVMS Version 8.2 ではテストが完了していません。以前のバージョンの OpenVMS 用のソフトウェアについては,次の Web サイトから引き続き利用できます。

http://h71000.www7.hp.com/openvms/products/omsva/omsva.html

OpenVMS Version 8.2 でのサポートが可能になれば,アップデート版が掲載されます。

3.4 HP Secure Web Browser

ここでは,HP Secure Web Browser に関する注意事項について説明します。

3.4.1 必要メモリ量の増加

V7.3-1

OpenVMS ワークステーションで, Mozilla ベースの HP Secure Web Browser (SWB) を使用している場合は, 256 MB 以上のメモリが必要です。ただし,処理を安定させるために,メモリを 512 MB にすることをお勧めします。

3.4.2 ODS-2 ディスク・ボリュームで発生するインストール・エラー (I64 のみ)

V8.2

OpenVMS I64 用 HP Secure Web Browser (CSWB) Version 1.4 を ODS-2 ディスク・ボリュームにインストールすると,次のように PCSI エラーとなります。


%PCSI-E-OPENIN, error opening 
ODS2$DISK:[SYS0.SYSCOMMON.][CSWB.RES]SAMPLE^.UNIXPSFONTS.PROPERTIES;* as input 
-RMS-E-FND, ACP file or directory lookup failed 
-SYSTEM-W-BADFILEVER, bad file version number 
%PCSI-E-OPFAILED, operation failed 

Do you want to terminate?とプロンプトが出たら "NO" と答えることでインストールを継続できます。インストールは正常に継続できます。

代替手段として,ODS-5 ディスク・ボリュームに HP Secure Web Browser をインストールすることもできます。

3.5 ドキュメントの訂正

ここでは OpenVMS ドキュメント・セット内の各種マニュアルの訂正と追加について説明しています。

3.5.1 『HP OpenVMS System Analysis Tools Manual』

『HP OpenVMS System Analysis Tools Manual』に対する変更と更新については, 第 4 章 を参照してください。

3.5.2 『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』

『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』では以下の点が訂正されています。

31.2 項の「Writing a Privileged Routine (User-Written System Service)」の段落に対して,以下の変更を行う必要があります。

「作成したプログラムは,保護されたイメージであるため,オペレーティング・システムのプログラミング環境全体を自由に使用することはできません。モジュールにプレフィックス SYS$ または EXE$ がないかぎり,内部モードからモジュールを呼び出すことは避けてください。特に,LIB$GET_VM や LIB$RET_VM は内部モードから呼び出さないでください。 OpenVMS RMS のルーチンは,エグゼクティブ・モードから呼び出すことはできますが,カーネル・モードからは呼び出すことができません。」

LIB$GET_VM は間違いで,正しくは LIB$FREE_VM です。これらの LIBRTL ルーチンを直接呼び出すことも,これらのルーチンを現在または将来間接的に呼び出すルーチンを呼び出すこともできません。これには,LIBRTL 内の他のルーチンや,ユーザモードの C ライブラリなどが含まれます。

3.5.3 『HP OpenVMS デバッガ説明書』 : クライアント/サーバ・インタフェースの訂正

Version 8.2 の『HP OpenVMS デバッガ説明書』には, PC クライアント・インタフェース・キットに関して間違った情報が記載されています。第 11.1 節と第 11.2 節に対する訂正を以下に示します。

デバッグ・サーバは OpenVMS システム上で動作します。クライアントはデバッガに対するユーザ・インタフェースであり,そこからユーザがデバッガ・コマンドを入力しサーバに送られます。サーバはコマンドを実行し,結果がクライアントに送り返されて表示されます。クライアントは, Microsoft® Windows® 95, Windows 98,Windows NT®, Windows 2000,Windows XP® 上で動作します。

上記のクライアント・プラットフォームに対する正しいクライアント・キットは次のとおりです。


[DEBUG_CLIENTS011.KIT] DEBUGX86011.EXE 

OpenVMS 上で動作するコンポーネントについては,特別なインストール手順はありません。システム管理者は上記の OpenVMS デバッグ・クライアント・キットを OpenVMS ディストリビューション・メディアから PATHWORKS シェアや FTP サーバなど PC ユーザがアクセスできる場所に移動する必要があります。クライアント・キットは自己解凍形式の .EXE ファイルです。

適切な実行可能ファイルを PC に転送したら,そのファイルを実行してデバッグ・クライアントを PC にインストールします。 InstallShield のインストール・プロシージャによって,インストール手順が案内されます。

デフォルトでは,デバッグ・クライアントは \Program Files\OpenVMSの Debugger フォルダにインストールされますが, [参照]をクリックして,別の場所を選択することもできます。

インストール手順によって,OpenVMS Debugger のプログラム・フォルダが作成されます。そこには,以下の項目へのショートカットが格納されます。

  • デバッグ・クライアント

  • デバッグ・クライアントのヘルプ・ファイル

  • READMEファイル

  • アンインストール・プロシージャ



3.5.4 『HP OpenVMS DELTA/XDELTA Debugger Manual』の更新

V8.3

HP DELTA デバッガが OpenVMS I64 Version 8.2-1 で利用可能になりました。『HP OpenVMS DELTA/XDELTA Debugger Manual』が本リリースで改訂され, OpenVMS I64 システムで DELTA を利用するための情報が追加されました。

3.5.5 『HP OpenVMS Utility Routines Manual』の更新

V8.3

HP OpenVMS Utility Routines Manual』が改訂され,以下の情報が追加されました。

  • I64 システムと Alpha システムでの Traceback ファシリティと TBK$ ルーチンに関する新しい章を追加

  • Library ユーティリティの章を改訂し, LBR$ ルーチンの追加および変更を実施

  • I64 での AES 暗号化について新しい章を追加



3.5.6 『OpenVMS I/O User's Reference Manual』 : PTD$READ の明確化

『OpenVMS I/O User's Reference Manual』では,読み込みリクエストの動作が十分に説明されていません。次の段落は,第 6.5.1 項の最初の段落を置き換えるものです。

制御プログラムは,データを擬似端末から読み込むために,PTD$READ ルーチンを使います。 PTD$READ ルーチンが呼び出されると,オペレーティング・システムによって,読み込み操作がキューに登録されます。読み込み操作は,擬似端末が出力しようとする文字があれば終了します。読み込みリクエストは TTDRIVER に対して,返すべきデータがあるかどうかを照会します。データがあった場合には,その文字列が返されます。読み込みリクエストが発行されてもデータが存在しない場合には,読み込みリクエストはキューに登録され,終了するのは後になります。この場合には,ルーチンは少なくとも 1 文字を返します。読み込みリクエストは,出力として返す文字がなくても終了することがあります。 TTDRIVER が出力として返すデータがないことを示し,実際にデータがないという稀な状況では,読み込み操作は 0 バイトのデータで終了します。

以下の段落は,第 D.4.4 項を置き換えるものです。

PTD$READ ルーチンは擬似端末からデータを読み込みます。読み込みリクエストは最小で 1 文字,そして最大で readbuf_len 引数で指定した数の文字を読み込んで終了します。

PTD$READ ルーチンが呼び出されると,オペレーティング・システムによって,読み込み操作がキューに登録されます。読み込み操作は,擬似端末が出力しようとする文字があれば終了します。読み込みリクエストは TTDRIVER に対して,返すべきデータがあるかどうかを照会します。データがあった場合には,その文字列が返されます。読み込みリクエストが発行されてもデータが存在しない場合には,読み込みリクエストはキューに登録され,終了するのは後になります。この場合には,ルーチンは少なくとも 1 文字を返します。読み込みリクエストは,出力として返す文字がなくても終了することがあります。 TTDRIVER が出力として返すデータがないことを示し,実際にデータがないという稀な状況では,読み込み操作は 0 バイトのデータで終了します。

V8.3

疑似端末ドライバの制御接続ルーチンに関して,プレフィックス PDT$ は正しくありません。正しいプレフィックスは PTD$ です。

3.5.7 『HP OpenVMS Version 8.2 新機能説明書』 : Librarian ユーティリティの訂正

以下のリリース・ノートは,OpenVMS I64 Librarian ユーティリティに関する訂正情報です。

『HP OpenVMS Version 8.2 新機能説明書』の第 4.8.2.3 項にある,Librarian の拡張された /REMOVE 修飾子についての説明は誤っています。正しい説明は次のとおりです。

I64 Librarian ユーティリティでは,/REMOVE 修飾子の機能が拡張されました。拡張された形式では削除するシンボルのモジュール・インスタンスを指定できるようになりました。拡張された /REMOVE 修飾子では,LIBRARY コマンドに対して,オブジェクト・ライブラリのグローバル・シンボル・テーブルから 1 つまたは複数のエントリを削除するように要求します。

『HP OpenVMS Version 8.2 新機能説明書』の第 4.8.3.2 項には誤った説明があります。以下の文章はその項の説明を置き換えるものです。

ELF オブジェクト・ライブラリへのアクセス

OpenVMS Alpha オブジェクト,テキスト・モジュールなどは,シーケンシャル・アクセス・モジュールですが, ELF オブジェクト・モジュールは,本質的に,ランダム・アクセス・モジュールです。ランダムにアクセスできるように, 1 つの新しいライブラリ・ルーチンが作成されました。このルーチンを使うと, ELF オブジェクト・モジュールがプロセスの P2 空間にマップされ,アプリケーションはランダム・アクセスのクエリを実行できるようになります。このマッピングから仮想アドレス空間を解放するために,このマッピングを削除するための別のライブラリ・ルーチンも作成されました。これらの新しいルーチン (LBR$MAP_MODULE とLBR$UNMAP_MODULE) は, ELF オブジェクト・ライブラリの処理にのみ使用できます。これらのルーチンは P2 空間を参照するため,エントリ・ポイントは 64 ビット・インタフェースです。

ELF オブジェクト・ファイルはランダムにアクセスされるものなので,次に示す操作はELF オブジェクト・ライブラリに対しては実行できません。

LBR$GET_RECORD
LBR$SET_LOCATE
LBR$SET_MOVE

ライブラリにモジュールを挿入する操作はシーケンシャル操作なので,ELF オブジェクト・ライブラリに対してLBR$PUT_RECORD を実行することはできます。 ELF オブジェクト・モジュールはレコード単位にセグメント化されていないので,モジュールをライブラリに書き込む際に,LBR$PUT_MODULE を呼び出すとき,または LBR$PUT_RECORD を最初に呼び出すときに,ディスク上でのモジュールのサイズを指定する必要があります。

オブジェクト・モジュールを挿入するために LBR$PUT_RECORD を使用する方法を次の C コードの例に示します。


 
   bufdesc->dsc$a_pointer = &p0_buffer ; 
   bytes_to_transfer = module_size ; 
 
   while ( bytes_to_transfer )  { 
      transfer = MIN ( bytes_to_transfer , 
                       ELBR$C_MAXRECSIZ ) ; 
 
      bufdesc->dsc$w_length = transfer ; 
 
      status = lbr$put_record (  library_index , 
                               & bufdesc , 
                               & txtrfa , 
                                 module_size ) ; 
      if ( (status & 1) == 0 ) 
         break ; 
 
      bytes_to_transfer      -= transfer ; 
      bufdesc->dsc$a_pointer += transfer ; 
      } ; 
 
   if ( (status & 1) == 1 ) 
      status = lbr$put_end ( library_index ) ; 
 

LBR$PUT_RECORD を何度も呼び出さなくてよいように,新しいライブラリ・ルーチン LBR$PUT_MODULE が作成されました。

3.5.8 『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』の訂正

V8.2-1

ここでは,Version 8.2 の『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』に対する追加と訂正を説明します。

V8.2-1

『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』の LIB$CVT_DX_DX ルーチンの説明では,「Guidelines for Using LIB$CVT_DX_DX」の下にある下記の段落に丸め規則に関する具体的な説明を追加する必要があります。

結果は,常に,(切り捨てられるのではなく) 丸められます。ただし,次に述べる状況は例外です。精度や範囲が失われることは,変換先のデータ型や NBDS 変換先のサイズによっては本質的に避けられないことに注意してください。変換先のデータ型のせいで精度や範囲が失われてもエラーは表示されません。

この段落は次のように変更する必要があります。

結果は,常に,(切り捨てられるのではなく) 丸められます。ただし,変換元と変換先の両方が NBDS で,スケーリングが要求されていない場合は例外です。この場合については,後述する規則で詳しく説明されます。 LIB$CVT_DX_DX は VAX_ROUNDING 規則を使用します。精度や範囲が失われることは,変換先のデータ型や NBDS 変換先のサイズによっては本質的に避けられないことに注意してください。変換先のデータ型のせいで精度や範囲が失われてもエラーは表示されません。 VAX_ROUNDING 規則の詳細は,CVT$CONVERT_FLOAT の説明を参照してください。

3.5.9 『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』 : プラットフォームの制限の明確化

V8.2-1

『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』では,以下のルーチンが Alpha と I64 の両方で利用できると説明されていますが,これは誤りです。これらのルーチンは Alpha でしか利用できません。

  • LIB$GET_CURR_INVO_CONTEXT

  • LIB$GET_INVO_CONTEXT

  • LIB$GET_INVO_HANDLE

  • LIB$GET_PREV_INVO_CONTEXT

  • LIB$GET_PREV_INVO_HANDLE

  • LIB$PUT_INVO_REGISTERS

また,『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』では,LIB$GET_UIB_INFO ルーチンは I64 でのみ利用できることを説明する必要があります。

I64 でのみ利用できる呼び出しコンテキストと呼び出しハンドルに関連するルーチンは,次のとおりです。

  • LIB$I64_CREATE_INVO_CONTEXT

  • LIB$I64_FREE_INVO_CONTEXT

  • LIB$I64_GET_CURR_INVO_CONTEXT

  • LIB$I64_GET_CURR_INVO_HANDLE

  • LIB$I64_GET_INVO_CONTEXT

  • LIB$I64_GET_INVO_HANDLE

  • LIB$I64_GET_PREV_INVO_CONTEXT

  • LIB$I64_GET_PREV_INVO_HANDLE

これらのルーチンについての詳細は,『OpenVMS Calling Standard』を参照してください。

3.5.10 『OpenVMS システム管理者マニュアル』 : IPC コマンドの制限

V8.2-1

『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』の第 9.15 節「IPC (割り込み優先順位レベルC) の使用」では,I64 とすべての Alpha で IPC コマンドを使用できると説明していますが,これは誤りです。このドキュメントは訂正され,次の文章が追加されました。

OpenVMS Versions 8.2 と 8.2-1 では,グラフィック・コンソールからブートした場合には,I64 システム,または ES47 あるいは GS1280 Alpha システムで IPC コマンドを使うことはできません。

3.5.11 『OpenVMS System Services Reference Manual』 : $PUTMSG システム・サービスの訂正

V8.2-1

Version 8.2 の『OpenVMS System Services Reference Manual』では,$PUTMSG のプロトタイプの説明に誤りがあります。正しいプロトタイプは次のとおりです。

C プロトタイプ


int sys$putmsg (void *msgvec, int (*actrtn)(__unknown_params), 
void *facnam, unsigned __int64 actprm); 

*actrtn からの戻り値は実際にチェックされ,メッセージが入力されたかどうかの判定に使用されることに注意してください。

ドキュメントのソース・ファイルが訂正され,その訂正の内容は次版の『OpenVMS System Services Reference Manual』とオンライン・ヘルプでリリースされる予定です。

3.5.12 『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』 : メモリ要件の訂正

V8.2--1

Version 7.3-2 の『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』の第 1 章の第 1.3.1 項「メモリ要件」で説明されているように,OpenVMS Version 7.3 からは, Volume Shadowing for OpenVMS を実行するには追加メモリが必要になりました。以下の訂正があることに注意してください。

  • 「たとえば,メンバごとに200 GB のストレージがあるシャドウ・セットでは,クラスタ内の各々のノードの書き込みビットマップには,420 KB のメモリが必要になります。」という説明がありますが,420 KBではなく 400 KB が正しい値です。

  • ここから 3 段落先に,「たとえば,10 個のシャドウ・セットがマウントされているシステムで,各々のシャドウ・セットに50 GB のメンバ・ディスクがある場合,追加で1,119 KB のメモリが必要ですが,」という説明がありますが,その下に示されている計算方法に従って計算されるように,1,119 KBではなく 1,069 KB が正しい値です。

これらは,『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』の次版で訂正される予定です。

3.6 Version 8.2 から Version 8.2-1 へのネットワーク・アップデートの制限

V8.2--1

OpenVMS Version 8.2-1 は,Version 8.2 から Version 8.2-1 へのネットワーク・アップデートをサポートしています。ネットワーク・アップデートは OpenVMS Version 8.2 でサポートされるシステム上のコア I/O LAN カードを使用する形態だけがサポートされています。詳細は,『HP OpenVMS Version 8.2--1 for Integrity Servers Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

また,ネットワーク・ブートにはハードウェア構成上の制限もあります。ネットワーク・アダプタの速度や二重モードの設定をコンソールから実行できる Alpha コンソールとは異なり,Integrity サーバのコンソールとネットワーク・ブート・ドライバは自動ネゴシエーションしか実行できません。正常にネットワーク・ブートを実行するためには, Integrity サーバのブート・クライアントの最も近くにあるネットワーク・スイッチに自動ネゴシエーションを設定する必要があります。スイッチを自動ネゴシエーションに設定しないと,ネットワーク・ブート・プロセスを実行することができません。

3.7 同期型データ・リンクはサポートされていない

V8.2--1

OpenVMS Version 8.2-1 では, Integrity サーバの同期型データ・リンク・ハードウェアはサポートしていません。

3.8 LAN ドライバから報告される二重モード不一致エラー

V8.3

二重モードの不一致状態は, LAN デバイスが全二重モードで動作し,ケーブルの反対側のデバイス (一般にはスイッチのポート) が半二重モードで動作している場合に起こります。また,逆の場合にも不一致となります。二重モードの不一致状態の原因となる一般的なネットワーク構成エラーは,スイッチ・ポートの速度と二重設定をオートネゴシエーションに設定し, LAN デバイスを全二重の固定設定とした場合に発生します。この構成では,スイッチによるオートネゴシエーションにより,半二重モードが選択され,LAN デバイスは全二重モードに設定されるため,二重モードの不一致が発生します。

二重モードの不一致が発生すると,通常,性能が低下します。また,オートネゴシエーション処理について記述されている IEEE 802.3 の規格では,二重モードが一致しないと,データが壊れる可能性があることが示唆されています。ほとんどの LAN デバイスでは,二重モードの不一致による唯一の影響は性能の低下です。 LAN デバイスによっては, CRC が正常な状態でパケット・データが壊れ, LAN サブシステムでパケットの破壊が検出されないこともあります。そのようなデバイスとしては,Broadcom ベースのすべての NIC と,埋め込み LOM チップがあります。 Alpha システムでは,DEGPA,DEGXA,AlphaServer DS25 上の BCM5703 LOM,デュアルポート BCM5704 チップを使用したすべての実装が含まれます。 Integrity システムでは,A6847A,A6725A,A9782A,A9784A,AB465A,および rx2600 上の BCM5701 LOM,その他のシステム上の BCM5703 LOM,A6794A が含まれます。

以前のバージョンの OpenVMS から, LAN ドライバが二重モードの不一致状態を検出しようとします。この状態になると,1 時間に一度コンソール・メッセージとエラー・ログ・メッセージの警告を出力します。

OpenVMS Version 8.3 では,Broadcom ベースの LAN デバイスでの,メッセージの頻度が 1 時間に 1 回から 36 秒に 1 回に増えました。 Broadcom 以外の LAN デバイスでは,頻度は 1 時間に 1 回のままです。また,これらのメッセージがよく見えるように,このコンソール・メッセージが OPCOM および LANACP ログ・ファイル (SYS$MANAGER:LAN$ACP.LOG) に送られます。

この注記の目的は,二重モードの不一致を避けることの重要性を強調することです。特に,この状態になると,Broadcom ベースのデバイスでは検出されないデータ破壊が発生します。

LAN ドライバは,デバイスのエラーを監視することで二重モードの不一致状態を検出することに注意してください。検出は完全ではないため, LAN ドライバはこの状態を「二重モードの不一致の可能性あり」と表します。このようなメッセージが表示されたら,システム管理者やネットワーク管理者は, LAN カウンタと LAN デバイスの設定を調べて,二重モードが不一致になっていないか確認してください。

3.9 ブートの際の AUDIT_SERVER の起動失敗

V8.3

システム管理者は,ブートの際に AUDIT_SERVER が何らかの理由で起動に失敗していないかどうかに注意してください。この状態になると,起動を阻害している状態が解消されて AUDIT_SERVER が正常に起動するまで,起動プロセスが再試行ループに陥ります。この動作は意図的なもので,セキュリティが低い状態でシステムが動作しないようにするためにこのようになっています。

起動を阻害する要因には以下のものがあります。

  • 監査サーバ・データベース中の不正なジャーナル・ファイルの指定

  • 監査サーバ・データベース ( SYS$MANAGER:VMS$AUDIT_SERVER.DAT) の破壊

  • オブジェクト・サーバ・データベース ( SYS$SYSTEM:.VMS$OBJECTS.DAT) の破壊

  • ターゲット・ディスクへのアクセス失敗

  • クラスタ上の他の監査サーバとの同期の失敗

  • クラスタ上の他の監査サーバによる必要なリソースの占有

この状態を解消するには,手動での介入が必要な場合があります。必要な対処は,障害の原因に依存します。対処方法としては,他のクラスタ・ノード上での AUDIT_SERVER の再起動や,影響のあるノードの MINIMUM 状態でのリブート,障害への手動での対処があります。データベース・ファイルが破壊されているかどうかを確認するには,ファイル名を変更して AUDIT_SERVER を再起動します。サーバは不足しているファイルを再度作成し,その中にシステムのデフォルト・エントリを設定します。

ブート・オプションについての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』の第 4 章を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡