日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:TCP/IP Servicesのインストレーションとコンフィギュレーションを行う前の準備作業
第 2 章:TCP/IP Servicesのインストレーション
第 3 章:TCP/IP Servicesのコンフィギュレーション
第 4 章:IPv6のコンフィギュレーション
付録 A :TCP/IP Services の新規のインストレーションとコンフィギュレーションの例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP TCP/IP Services for OpenVMS | HPE 日本

HP TCP/IP Services for OpenVMS
インストレーション/ コンフィギュレーション・ガイド


目次 索引



次のことを行うためには,オプション製品の構成要素のコンフィギュレーションが必要になる場合があります。

  • PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server),Advanced Server for OpenVMS,または DECnet over TCP/IP ソフトウェアを実行する。

  • Stanford Research Institute (SRI)が提供する QIOアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を使用するアプリケーションを実行または開発する。

  • Anonymous FTPアクセスを許可する。

  • TELNETサーバ用のKerberos認証を初期化する。

  • ノードあるいはクラスタが複数のインタフェースを持つ場合,ネットワーク・インタフェース・カードの健全性を監視し,ひとつのインタフェースが故障した場合,別なインタフェースにフェイルオーバすることで,ネットワークの接続性を維持するために failSAVE IPを有効にする。

「Optional Components Configuration 」メニューを表示するには,メインのコンフィギュレーション・メニューからオプション4 (Optional components) を選択します。 TCP/IP Services のすべての構成要素のコンフィギュレーションを行うために,メインのコンフィギュレーション・メニューからオプションAを選択した場合は,サーバのコンフィギュレーションが終了した後,「Optional Components Configuration」メニューが自動的に表示されます。

「Optional Components Configuration」メニューが表示され,次のメニュー・オプションを選択できます。


 
HP TCP/IP Services for OpenVMS Optional Components Configuration 
Menu 
 
Configuration options: 
 
        1 - Configure PWIP Driver (for DECnet-Plus and PATHWORKS) 
        2 - Configure SRI QIO Interface (INET Driver) 
        3 - Set up Anonymous FTP Account and Directories 
        4 - Configure Kerberos Applications 
        5 - Configure failSAFE IP 
 
        A - Configure options 1 - 5 
       [E] - Exit menu 
 
Enter configuration option: 

PWIP ドライバ,SRI QIO インタフェース,Anonymous FTP アカウントおよびディレクトリ,TELNET 用 Kerberos 認証,および failSAFE IP (ひとつのノードまたはクラスタ上の複数のインタフェースに対して IP アドレス・フェイルオーバ機能を提供する) の中からシステムに適切なオプションを選択します。

  • PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server), Advanced Server for OpenVMS,または DECnet over TCP/IP を実行する場合は,オプション1を選択して,PWIPドライバのコンフィギュレーションを行います。また,レイヤード・プロダクトについては,適切なドキュメントを参照してください。

  • SRI QIO APIを使用するアプリケーションを実行または開発する場合は,オプション2を選択します。

  • Anonymous FTPアクセスを許可する場合は,オプション3を選択して,Anonymous FTPアカウントとディレクトリを設定します。必要なユーザ識別コード(UIC) ( 第 1.2.8 項 を参照)を取得して,ゲスト・ユーザのアクセス権の判定を必ず行ってください。

  • TELNET サーバ用にKerberos 認証のセキュリティ機能を提供したい場合は,オプション4を選択してKerberosのコンフィギュレーションを行います。 Kerberosサポートのコンフィギュレーションの詳細については, 第 3.4.7.1 項 を参照してください。

  • ひとつのノードあるいはクラスタ上の複数のインタフェースに対して IP アドレス・フェイルオーバ機能を提供したい場合は,オプション5を選択してfailSAFE IPのコンフィギュレーションを行います。 failSAFE IPサポートのコンフィギュレーションの詳細については, 第 3.4.7.2 項 を参照してください。また『 HP TCP/IP Services for OpenVMS Management 』もあわせて参照してください。

次の例は,PWIP ドライバのコンフィギュレーションを行う際に表示される出力を示しています。


Enter configuration option: 1 [Return]
 
TCPIP Transport for DECnet and Pathworks Service Configuration 
 
Service is enabled on specific node. 
Service is stopped. 
 
 TCPIP Transport for DECnet and Pathworks Service configuration options: 
 
    1 - Disable service on this node 
 
   [E] - Exit PWIP_DRIVER configuration 
 
Enter configuration option: 



Kerberos をサポートするためにTELNETサービスのコンフィギュレーションを行うには,次の手順に従います。 Kerberos を使用するための前提条件および方法を含め, Kerberos の詳細については,『 HP TCP/IP Services for OpenVMS Management 』を参照してください。

注意

次の手順を開始する前に, TELNET サービスが停止されていることを確認してください。

  1. TCPIP$CONFIG.COM プロシージャのメインのコンフィギュレーション・メニューからオプション2 (Client components)を選択します。

  2. クライアント・サービスのリストから,オプション6 (TELNET) を選択します。

  3. 「TELNET Configuration」メニューからオプション1 (Enable service on all nodes) を選択します。これにより,TCPIP$TELNETのユーザ・アカウントとディレクトリが作成されます。

  4. メインのコンフィギュレーション・メニューに戻ります。

  5. メインのコンフィギュレーション・メニューからオプション4 (Optional components) を選択します。

  6. 「Optional Components Configuration」メニューからオプション4 (Configure Kerberos Applications)を選択します。すると,次のメニューが表示されます。


    Kerberos Applications Configuration Menu 
     
    TELNET Kerberos is not defined in the TCPIP$SERVICE database. 
     
          Configuration options: 
     
                  1  -  Add Kerberos for TELNET server 
                  2  -  Remove Kerberos for TELNET server 
     
                 [E] -  Exit menu 
     
    Enter configuration option: 
    

  7. 「Kerberos Applications Configuration」メニューからオプション1 (Add Kerberos for TELNET Server)を選択します。

  8. コマンド・プロシージャを終了します。

  9. TELNET サービスを起動するかどうかの問い合わせがあった場合には, N を入力します。

  10. 次の例に示すように,TELNET スタートアップ・プロシージャを実行して, TELNET サービスを起動します。


    $ @SYS$STARTUP:TCPIP$TELNET_STARTUP.COM 
    %TCPIP-I-INFO, image SYS$SYSTEM:TCPIP$TELNET_SERVER.EXE installed 
    %TCPIP-I-INFO, image SYS$SYSTEM:TCPIP$TELNET.EXE installed 
    %TCPIP-I-INFO, logical names created 
    %TCPIP-I-INFO, telnet service enabled 
    %TCPIP-I-INFO, telnet (kerberos) service enabled 
    %TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$TELNET startup completed 
    


    情報メッセージで TELNET Kerberos サービスが有効になったことを確認します。



failSAFE IPのコンフィギュレーションを行うには,次の手順に従います。

  1. 第 3.4.4.4 項 で説明するように,各ホーム・インタフェースのフェイルオーバ先のインタフェースである,フェイルオーバ先のスタンバイIPアドレスのコンフィギュレーションを行う。

  2. 「Optional Components Configuration」メニューのオプション 5 (Configure failSAFE IP) を選択し,failSAFE IPサポートのコンフィギュレーションを行う。

さらに,failSAFE IP IPv6 アドレスのコンフィギュレーションを行うことができます。詳細は 第 4.3 節 を参照してください。

「Optional Components Configuration」メニューのオプション 5を選択すると,次のメニューが表示されます。このメニュー中,オプション 1 (Enable service on all nodes) はクラスタのコンフィギュレーション時にのみ表示されます。クラスタ内のすべてのノードに対して failSAFE IP を有効にする場合はオプション 1 を選択してください。ローカル・ノードに対してのみ failSAFE IP を有効にする場合はオプション 2 を選択してください。


        failSAFE configuration options: 
 
                 1 - Enable service on all nodes 
                 2 - Enable service on this node 
 
                 3 - Enable & Start service on this node 
 
                [E] - Exit FAILSAFE configuration 
 
Enter configuration option: 

failSAFE IPに関する詳細は『 HP TCP/IP Services for OpenVMS Management 』を参照してください。

3.5 TCPIP$CONFIG メニューをバイパスするための TCPIP$CONFIGオプション・コマンドの使用

TCP/IP Services製品に精通しているユーザであれば,次の手順を実行することで,コンフィギュレーション・メニューをバイパスして,直接機能を使用可能または使用不能に設定することができます。

  1. SYSTEMアカウントにログインします。

  2. 次に示す書式を使い,TCPIP$CONFIG コマンド・プロシージャを実行し,コマンド行に適切なオプションとキーワードを入力します。


    $ @SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG [option] {DISABLE | ENABLE} [CLUSTER] 
    


    このフォーマットで, option には,次の表に示すいずれかのオプションを指定します。表では,DISABLE,ENABLE,および CLUSTER キーワードの機能についても説明しています。

    オプション 説明
    ALL コア環境とすべてのクライアントおよびサーバ・サービスのコンフィギュレーションを行う。
    CLIENT すべてのクライアント・サービスと関連するソフトウェアのコンフィギュレーションを行う。
    MINIMUM ドメイン,インターネット・インタフェース, Rloginクライアント, FTPクライアント,FTPサーバ,TELNETクライアント,およびTELNETサーバのコンフィギュレーションを行う。プロンプトを表示してオプションの構成要素について問い合わせる。
    SERVER すべてのサーバと関連するソフトウェアのコンフィギュレーションを行う。
    WORKSTATION BINDリゾルバ,ドメイン,動的経路選択,インターネット・インタフェース,標準時間帯,リモート・ログイン,リモート・シェル,リモート実行,FTPクライアント,FTPサーバ, TELNETクライアント,TELNETサーバ,およびSMTPのコンフィギュレーションを行う。
    キーワード 説明
    CLUSTER クラスタ全体を対象に,指定したすべての構成要素のコンフィギュレーションを行う(クラスタ単位のコンフィギュレーションができないBINDサーバとSMTPを除く)。
    ENABLE 指定した構成要素を使用可能にする。
    DISABLE 指定した構成要素を使用不能にする。


    たとえば,次のコマンドはクラスタ全体のクライアント・サービスを使用可能にします。


    $ @SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG CLIENT ENABLE CLUSTER 
    

    注意

    このプロシージャは,クラスタ全体とノード単位の2つのレベルで使用可能と使用不能の設定ができるように実装されています(SMTPは例外で,ノード単位のコンフィギュレーションのみ可能です)。



3.6 コンフィギュレーションの変更を有効にする

TCP/IP Servicesソフトウェアに対して行ったコンフィギュレーションの変更内容は,変更を行ったサービスを起動(または再起動)するまで有効になりません。 TCP/IP Servicesを再起動するか, 表 3-3 に示すように変更を行ったサービスを個別に再起動してください。

表 3-3 コンフィギュレーションの変更を有効にする
変更を行ったサービス 変更を有効にする方法 コメント
コア環境(ドメイン,インターネット・インタフェース,経路選択,BINDリゾルバ,標準時間帯) TCP/IP Servicesソフトウェアを起動あるいは再起動する。 テスト(検証プロシージャ)の実行あるいは環境のカスタマイズ前に行う。TCP/IP Servicesの起動方法は 3.8 および 3.11 を参照。
クライアント,サーバ,あるいはオプション・サービスのみ コア環境に対して変更を行っていない場合は,変更を行った個々のサービスのみを起動または再起動する。各サービスのコンフィギュレーション・メニューの「Start service」オプションを選択する。あるいは各サービスのスタートアップ・コマンド・プロシージャを使う。

コア環境に対して変更を行った場合は,TCP/IP Servicesを起動する。

各サービスのスタートアップ・コマンド・プロシージャについては 第 3.11.3 項 を参照。

注意

第 3.11 節 で説明するように, OpenVMS オペレーティング・システムがリブートされるたびに TCP/IP Services ソフトウェアが自動的に起動されるようにすることができます。



次の例に示すように,メインのコンフィギュレーション・メニューからオプション5 (Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS) を選択することにより,システム上の TCP/IP Services を停止します。


HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
    Configuration options: 
 
           1  -  Core environment 
           2  -  Client components 
           3  -  Server components 
           4  -  Optional components 
           5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
           6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
           7  -  Run tests 
 
           A  -  Configure options 1 - 4 
          [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 5 

TCP/IP Services のシャットダウン・プロシージャは以下の例のような一連のメッセージを表示します(表示されるメッセージはコンフィギュレーションによって異なります)。


 
Begin Shutdown... 
 
 
%TCPIP-I-INFO, TCP/IP Services shutdown beginning at  5-SEP-2004 
15:26:14.39 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$FINGER shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$FTP_CLIENT shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$FTP shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$INET_DRIVER shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$METRIC shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$NFS_CLIENT shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$NFS shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$NTP shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$PCNFS shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$POP shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$PORTMAPPER shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$PROXY shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$PWIP_DRIVER shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$REXEC shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$RLOGIN shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$RSH shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$SMTP shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$SNMP shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$SSH_CLIENT shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$SSH shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$TELNET shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$TFTP shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$XDM shutdown completed 
%TCPIP-I-SERVSTOPPED, BIND service already stopped 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCPIP$BIND shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCP/IP Kernel shutdown completed 
%TCPIP-S-SHUTDONE, TCP/IP Services shutdown completed at  5-SEP-2004 
15:26:17.78 
 
Shutdown request completed. 



3.8 TCPIP$CONFIG を使用した TCP/IP Services の起動

コア環境のコンフィギュレーションを行った後は,次の例のように,メインのコンフィギュレーション・メニューからオプション6 (Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS) を選択することにより,システムで TCP/IP Services を起動します。


HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
    Configuration options: 
 
           1  -  Core environment 
           2  -  Client components   
           3  -  Server components   
           4  -  Optional components 
           5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
           6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
           7  -  Run tests 
 
           A  -  Configure options 1 - 4 
          [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 6 

TCP/IP Services のスタートアップ・プロシージャは以下の例のような一連のメッセージを表示します(表示されるメッセージはコンフィギュレーションによって異なります)。


Begin Startup... 
 
%TCPIP-I-INFO, TCP/IP Services startup beginning at 5-SEP-2004 
15:27:08.34 
%TCPIP-I-NORMAL, timezone information verified 
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 00000D42 
%TCPIP-I-SETLOCAL, setting domain and/or local host 
%TCPIP-I-STARTCOMM, starting communication 
%TCPIP-I-SETPROTP, setting protocol parameters 
%TCPIP-I-DEFINTE, defining interfaces 
%TCPIP-I-STARTNAME, starting name service 
%TCPIP-I-STARTDROUT, starting dynamic routing 
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 00000C4E 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCP/IP Kernel startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$BIND startup completed 
%TCPIP-I-PROXYLOADED, loaded 0 NFS proxy records 
%TCPIP-I-LOADSERV, loading TCPIP server proxy information 
%TCPIP-I-SERVLOADED, auxiliary server loaded with 0 proxy records 
-TCPIP-I-SERVSKIP, skipped 0 communication proxy records 
-TCPIP-I-SERVTOTAL, total of 0 proxy records read 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$PROXY startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$PORTMAPPER startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$FINGER startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$FTP startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$FTP_CLIENT startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$INET_DRIVER startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$METRIC startup completed 
%TCPIP-I-NOMAP, no filesystem mapping information available 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$NFS startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$NFS_CLIENT startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$NTP startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$PCNFS startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$POP startup completed 
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 000002DC 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$PWIP_DRIVER startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$REXEC startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$RLOGIN startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$RSH startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$SMTP startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$SSH startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$SSH_CLIENT startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$TELNET startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$TFTP startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCPIP$XDM startup completed 
%TCPIP-S-STARTDONE, TCP/IP Services startup completed at 5-SEP-2004 
15:27:50.47 
Startup request completed. 
Press Return to continue ... 

注意

この例にあるTCPIP-I-NOMAPメッセージは, TCP/IPコンフィギュレーション・データベースに対してファイル・システムが割り当てられていない場合にのみ表示されます。 NFSサービスが必要な場合は,『 HP TCP/IP Services for OpenVMS Management 』に説明されているように,有効なファイル・システムの割り当てを行ってください。 NFSサービスを必要としない場合は,このメッセージを無視してください。次回以降のスタートアップ時にこのメッセージを表示しないようにするためには TCPIP$CONFIGコンフィギュレーション・プロシージャを使ってNFSサーバを無効ににしてください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項