日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:TCP/IP Servicesのインストレーションとコンフィギュレーションを行う前の準備作業
第 2 章:TCP/IP Servicesのインストレーション
第 3 章:TCP/IP Servicesのコンフィギュレーション
第 4 章:IPv6のコンフィギュレーション
付録 A :TCP/IP Services の新規のインストレーションとコンフィギュレーションの例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP TCP/IP Services for OpenVMS | HPE 日本

HP TCP/IP Services for OpenVMS
インストレーション/ コンフィギュレーション・ガイド


目次 索引



「Core Environment Configuration」メニューを表示するには,メインのコンフィギュレーション・メニューからオプション1 (Core environment)を選択します。 TCP/IP Services のすべての構成要素のコンフィギュレーションを行うために,メインのコンフィギュレーション・メニューからオプションAを選択すると,まず「Core Environment Configuration」メニューが表示されます。以降に示すサンプル出力は,オプションAを選択した場合の処理の進行を示しています。

Domain,Interfaces,および Routing サービスのコンフィギュレーションは必須です。 BIND Resolver および Time Zone はオプションです。

注意

DHCP クライアントの制御下でインタフェースを設定するには,「Interfaces」メニュー (オプション 2) を使用します。 DHCP クライアント・インタフェースをプライマリとしてマークする場合には,他のコア環境構成要素を設定する必要がないことがあります。これらの構成要素が DHCP でコンフィギュレーションされているかどうかについてネットワーク管理者に問い合わせてください。詳細については, DHCP クライアントのドキュメントを参照してください。


 
   HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration 
   Menu 
 
   Configuration options: 
 
 
           1 - Domain 
           2 - Interfaces 
           3 - Routing 
           4 - BIND Resolver 
           5 - Time Zone 
                
           A  - Configure options 1 - 5 
          [E] - Exit menu 
 
Enter configuration option: A [Return]
 

注意

IPv6を有効にするためにTCPIP$IP6_SETUP.COMプロシージャを実行した後, TCPIP$CONFIG.COMコマンド・プロシージャを実行すると,TCPIP$CONFIG.COM は,コア環境コンフィギュレーション・オプションを表示する前に以下の警告メッセージを表示します。詳細は『 HP TCP/IP Services for OpenVMS Guide to IPv6 』を参照してください。


                               - WARNING - 
   This node has been configured for IPv6.  If you make any additional 
   changes to the configuration of the interfaces, you must run 
   TCPIP$IP6_SETUP again and update your host name information in 
   BIND/DNS for the changes to take effect. 

以降の各項には,コア環境構成要素のサンプル出力を示しています。サンプルは,他の TCP/IP Servicesのコンフィギュレーションが存在するシステムでの TCP/IP Services 製品のコンフィギュレーションの場合です。 TCP/IP Services を新規にインストールする場合には出力が異なります ( 付録 A を参照)。

準備したコンフィギュレーション・プラニング・ワークシート( 第 1.3 節 ) の情報を使用して,メニューの質問に対する応答を入力してください。

次は,ドメインのコンフィギュレーションを行うサンプル出力です。


HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
 Configuration options: 
 
    1  -  Domain 
    2  -  Interfaces 
    3  -  Routing 
 4  -  BIND Resolver 
    5  -  Time Zone 
 
    A  -  Configure options 1 - 5 
   [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 1 
 
DOMAIN Configuration 
 
Enter Internet domain: 

ドメイン名を入力すると,次のような内容が表示されます。


DOMAIN Configuration 
 
Enter Internet domain: sqa.tcpip.zko.hp.com 
Communication domain updated in configuration database 



「Interface and Address Configuration」メニューでは,パーマネント・データベースと,ライブ・システムの両方のコンフィギュレーションと管理を実行できます。このメニューでは,複数のアドレスやインタフェースを備えた,マルチ・ホーム・システムをサポートしています。このメニューはコンテキスト依存メニューなので,システムの状態によってメニュー・オプションが変わります。

次は,インターネット・インタフェースのコンフィギュレーションを行うサンプル出力です。


 Checking TCP/IP Services for OpenVMS configuration database files. 
 
 HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
 Configuration options: 
 
         1  -  Core environment 
         2  -  Client components 
         3  -  Server components 
         4  -  Optional components 
 
         5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
         6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
         7  -  Run tests 
 
         A  -  Configure options 1 - 4 
        [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 1 [Return]
 
 HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
 Configuration options: 
 
         1  -  Domain 
         2  -  Interfaces 
         3  -  Routing 
         4  -  BIND Resolver 
         5  -  Time Zone 
 
         A  -  Configure options 1 - 5 
        [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 2 [Return]
 
 HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=Not Configured, Active=Not Configured 
 
 Configuration options: 
 
         1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
         2  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
 
        [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 

この例では,インタフェースに対して何の変更も行われません。システムの TCP/IP ホスト名は,Not Configured と表示されます。ホスト名は,IP アドレスが最初にコンフィギュレーションされたときに,自動的にコンフィギュレーションされます。割り当てられた,システムの TCP/IP ホスト名は,アドレスのコンフィギュレーションのメニュー・オプションを使用して変更できます。

各インタフェース名に対して,追加の情報が出力されます。たとえば,WE0 という名前の TCP/IP インタフェースは,OpenVMS デバイスの EWA0: に対応し,ツイストペアです。 failSAFE IP フェイルオーバ・サポートのためにスタンバイ・インタフェースのコンフィギュレーションを行う場合は, 第 3.4.4.4 項 を参照してください。そうでない場合は 第 3.4.4.5 項 へ進んでください。

インタフェースのコンフィギュレーションを行うには,そのインタフェースのオプションを選択してから,オプション 1 (「Add a primary address on <選択したインタフェース>」) を選択し,IP アドレス,ネットマスク,およびホスト名情報のプロンプトに対して答えます。

例を次に示します。


 HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=Not Configured, Active=Not Configured 
 
 Configuration options: 
 
 1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
 2  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
 
[E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 1 

このメニューでは,プライマリ・アドレスまたは別名アドレスのコンフィギュレーションを行うことも,アドレスの割り当てを DHCP クライアントにまかせることもできます。プライマリ・アドレスは,このインタフェースで最もよく使用されると考えられるインタフェースで,別名アドレスは,セカンダリ・アドレスと考えられます。省略時の設定では,プリマリアドレスと別名アドレスがあるインタフェースで送信されるデータは, IP ソース・アドレスとしてプライマリ・アドレスが設定された状態で送信されます。

次の例では,WE0 のコンフィギュレーションを,プライマリ IP アドレスが 10.0.0.1,別名アドレスが 10.0.1.1 で行っています。直前のメニューでオプション 1 を選択した後,メニューは次のように表示されます。


  HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface WE0 Configuration Menu 
 
  Configuration options: 
 
  1  - Add a primary address on WE0 
  2  - Add an alias address on WE0 
  3  - Enable DHCP client to manage address on WE0 
 
 [E] - Exit menu 
 
Enter configuration option: 1 
 
 IPv4 Address may be entered with CIDR bits suffix. 
 E.g. For a 16-bit netmask enter 10.0.1.1/16 
 
 Enter IPv4 Address []: 10.0.0.1 
 Default netmask calculated from class of IP address: 255.0.0.0 
 
 IPv4 Netmask may be entered in dotted decimal notation, 
 (e.g. 255.255.0.0), or as number of CIDR bits (e.g. 16) 
 
Enter Netmask or CIDR bits [255.0.0.0]: 16 
Enter hostname []: liam 

システムは,入力された情報を表示します。その情報が正しければ,Return を押して受け入れます。

入力されたすべての情報を示す次のような出力が表示されてから,行った変更,コンフィギュレーション,およびインタフェースを示す,「Interface and Address」メニューが再度表示されます。


Requested configuration: 
 
      Address  : 10.0.0.1/16 
      Netmask  : 255.255.0.0 (CIDR bits: 16) 
      Hostname : liam 
 
* Is this correct [YES]: 
Added hostname liam (10.0.0.1) to host database 
 
NOTE: 
 
  The system hostname is not configured. 
  It will now be set to liam (10.0.0.1). 
  This can be changed later via the Interface Configuration Menu. 
 
Updated system hostname in configuration database 
 
Added address WE0:10.0.0.1 to configuration database 
 
      HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
      Hostname Details: Configured=liam, Active=Not Configured 
 
      Configuration options: 
 
       1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
       2  -  10.0.0.1/16     liam                  Configured 
       3  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
 
      [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 

この例では,10.0.0.1 をアドレスとし, 16 ビットの CIDR (255.255.0.0) をネットマスクとし, LIAM をホスト名としてインタフェース WE0 がコンフィギュレーションされています。

アドレスは,CIDR ビットの数またはネットマスクで入力することができます。この例は,255.255.0.0 のネットマスクと同等の, 16 CIDR ビットを使用しています。

このアドレスはシステム上でコンフィギュレーションされている最初のアドレスであるため, NOTE: の下のテキストに表示されているように,自動的に TCP/IP ホスト名となります。

アドレスが 10.0.0.1 の名前 LIAM は,システムの TCP/IP ホスト名として自動的に割り当てられます。この自動割り当ては,システム上に他のアドレスがコンフィギュレーションされていない場合だけ行われます。

アドレスをコンフィギュレーションすると,メニューは「Interface and Address Configuration」メニューに戻ります。このメニューは,WE0 にアドレス 10.0.0.1/16 がコンフィギュレーションされていると表示するようになります。新しく作成されたアドレスには,独自のメニュー・オプション (2) があり,このアドレスに対する変更をさらに行うことができます。最初に表示された画面と比べ,他のインタフェースをコンフィギュレーションするメニュー・オプションの番号がインクリメントされています。

アドレスの状態は,「Configured」となっています。

IP アドレスの可用性を高めるために, 1 つのノード上またはクラスタ上の複数のインタフェースに IP アドレスをコンフィギュレーションし, failSAFE IP サービスを有効にすることができます。そのアドレスのアクティブなインスタンスは 1 つだけで,他のインスタンスはスタンバイ・モードであることに注意してください。 failSAFE IP サービスはインタフェースの状態を監視し続け,インタフェースに障害が検出されると,アドレスは障害の発生したインタフェース上で非アクティブ化され,スタンバイ・モードのアドレスがアクティブになります。

故障したインタフェースが復旧した場合,failSAFE IPはこれを検出し,元のアドレスを付与します。

次の手順でスタンバイIPアドレスのコンフィギュレーションを行います。

  1. 「Core Environment Configuration」メニューでオプション2 (Interfaces)を選択します。「Interface and Address Configuration」メニューが表示されます。

  2. 「Interface and Address Configuration」メニューで, failSAFE IP の別名としてコンフィギュレーションする IP アドレスのメニュー項目を選択してから,オプション 4 (「Add standby aliases to configuration database (for failSAFE IP)」を選択し, failSAFE IP のインタフェースの名前を入力します。
    次の例では,インタフェース WE0 の別名として, 10.10.1.1 がすでにコンフィギュレーションされています。 (プライマリ・アドレスのオプションではなく,別名アドレスのオプションを選択することで,このようなコンフィギュレーションが実行されます。) ここでは,failSAFE IP 用に選択できる IP アドレスが 2 つあります。
    この例では,failSAFE IP と IEO インタフェース用に, 10.10.1.1 が使用されています。オプション 3 を選択した後にオプション 4 を選択して,次のように IE0 を入力します。

    注意

    failSAFE IPv6 アドレスのコンフィギュレーションの詳細は 第 4.3 節 を参照してください。


         HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
     
         Hostname Details: Configured=liam, Active=Not Configured 
        
        Configuration options: 
     
       1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
       2  -  10.0.0.1/16     liam                  Configured 
       3  -  10.10.1.1/16    abby                  Configured 
       
       4  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
     
      [E] -  Exit menu 
     
    Enter configuration option: 3 
     
         HP TCP/IP Services for OpenVMS Address Configuration Menu 
     
          WE0 10.10.1.1/16 abby Configured WEA0 
     
     Configuration options: 
     
     
             1  - Change address 
             2  - Set "abby" as the default hostname 
             3  - Delete from configuration database 
             4  - Add standby aliases to configuration database (for failSAFE IP) 
     
            [E] - Exit menu 
     
    Enter configuration option: 4 
     
    Address 10.10.1.1/16 is currently configured on: 
     
       WE0 
     
    Interfaces available for failover are: 
     
      IE0 
     
    Enter an interface for failSAFE IP: IE0 
    Added alias address IEA0:10.10.1.1 to configuration database 
     
         The failSAFE IP service, which monitors the health of interfaces, 
         is not currently enabled.  Refer to the Optional Components Menu 
         to configure the service. 
     
    Press <ENTER > key to continue... 
           
       HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
     
     Hostname Details: Configured=liam, Active=Not Configured 
     
     Configuration options: 
     
       1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
       2  -  10.0.0.1/16     liam                  Configured 
       3  -  10.10.1.1/26    abby                  Configured 
     
       4  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
       5  -  10.10.1.1/26        abby                  Configured 
     
      [E] -  Exit menu 
     
    Enter configuration option: 
     
    


  3. TCP/IP サービスを開始したら,「Interface and Address Configuration」メニューに戻り,次の例のように,選択したアドレスがスタンバイ・モードになっていることを確認します。


      HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
     
     Hostname Details: Configured=liam, Active=liam 
     
     Configuration options: 
     
       1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
       2  -  16.116.93.75/26     liam                  Configured,Active 
       3  -  10.10.1.1/26        abby                  Configured,Active 
     
       4  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
       5  -  10.10.1.1/26        abby                  Configured,Active-Standby 
     
      [E] -  Exit menu 
     
    Enter configuration option: 
     
    


    項目 5 のステータスが, Configured,Active-Standbyになっていることに注意してください。


     
          HP TCP/IP Services for OpenVMS Address and Configuration Menu 
     
           WE0 10.10.1.1/26 abby Configured,Active-Standby WE01 
     
     Configuration options: 
     
             1  - Change address 
             2  - Set "abby.sqa.tcpip.zko.hp.com" as the default hostname 
             3  - Delete from configuration database 
             4  - Remove from live system 
             5  - Add standby aliases to configuration database (for failSAFE IP) 
     
            [E] - Exit menu 
     
    Enter configuration option: 
     
    


  4. スタンバイ用IPアドレスのコンフィギュレーションを終えた後, 第 3.4.7.2 項 に記載された手順により, failSAFE IPサービスのコンフィギュレーションを行い,有効にしてください。

    注意

    TCP/IP管理用のSET INTERFACEコマンドまたは ifconfigユーティリティを使って, failSAFE IPアドレスのコンフィギュレーションを手動で行うことができます。 ifconfigユーティリティはより深いレベルの管理コントロールを提供するため,より複雑な環境での使用を推奨します。詳細は『 HP TCP/IP Services for OpenVMS Management 』を参照してください。



次のサンプル出力は,動的経路選択のコンフィギュレーションの場合です。


DYNAMIC ROUTING Configuration 
 
 Dynamic routing has not been configured. 
 
    You may configure dynamic ROUTED or GATED routing. 
    You cannot enable both at the same time.  If you want 
    to change from one to the other, you must disable the 
    current routing first, then enable the desired routing. 
 
    If you enable dynamic ROUTED routing, this host will use the 
    Routing Information Protocol (RIP) - Version 1 to listen 
    for all dynamic routing information coming from other 
    hosts to update its internal routing tables. 
    It will also supply its own Internet addresses to 
    routing requests made from remote hosts. 
 
    If you enable dynamic GATED routing, you will be able to 
    configure this host to use any combination of the following 
    routing protocols to exchange dynamic routing information 
    with other hosts on the network: 
        Routing Information Protocol (RIP) - Version 1 & 2 
        Router Discovery Protocol (RDISC) 
        Open Shortest Path First (OSPF) 
        Exterior Gateway Protocol (EGP) 
        Border Gateway Protocol (BGP-4) 
        Static routes 
 
* Do you want to configure dynamic ROUTED or GATED routing [NO]: YES [Return]
* Do you want to enable GATED routing configuration [NO]: [Return]
 
    ROUTED option 
 
    If you enable the 'supply' option of dynamic routing, 
    this host will supply dynamic routing information to 
    other hosts on the network whether it is acting as an 
    internetwork gateway or not. 
 
 
* Do you want this host to supply its dynamic routing information [NO]: [Return]

3.4.4.5.1 デフォルト・ルートのコンフィギュレーション

デフォルト・ルートをコンフィギュレーションする必要がある場合は, 1 番目のプロンプトで Return を押して,動的経路選択オプションに対して省略時の設定の NOを受け入れます。そして,次のプロンプトで Return を押して,デフォルト・ルートに対して省略時の設定の YESを受け入れてから,ゲートウェイの名前とその IP アドレスを入力します。例を次に示します。


* Do you want to configure dynamic ROUTED or GATED routing [NO]: [Return]
 
        A default route has not been configured. 
* Do you want to configure a default route [YES]: [return] 
Enter your Default Gateway host name or address: cisco64net.sqa.tcpip.zko.hp.com 
        cisco64net.sqa.tcpip.zko.hp.com is not in the local host database. 
 
Enter Internet address for cisco64net.sqa.tcpip.zko.hp.com: 16.116.93.65 
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項