日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

値が小さすぎる場合,システムをスタートアップしたときや手作業でイメージをインストールするたびに,Install ユーティリティがメッセージを出力します。値が大きすぎる場合,物理メモリを消費しすぎます。

GB_CACHEALLMAX (D)

(Alpha および I64) RMS のグローバル・バッファの DEFAULT オプションを有効にした状態でファイルを RMS に接続すると,キャッシュされるブロック数は, GB_CACHEALLMAX パラメータが示す最大値か,ファイルの一定のパーセンテージのうち,グローバル・バッファ・カウントが大きなほうとなります。

索引編成ファイルでは最大キャッシュ・サイズ %x7FFFFFFF がサポートされていますが,順編成ファイルと相対編成ファイルでは,構造上最大キャッシュサイズが 32767 に制限されます。

GB_DEFPERCENT (D)

(Alpha および I64) RMS のグローバル・バッファの DEFAULT オプションを有効にした状態でファイルを RMS に接続すると,キャッシュされるブロック数は,ファイルの一定のパーセンテージ (GB_DEFPERCENT) か, GB_CACHEALLMAX ブロックのうち,グローバル・バッファ・カウントが大きくなるほうとなります。 GB_DEFPERCENT に 100 パーセントを超えるパーセンテージを指定すると,グローバル・キャッシュ中にファイルを拡張するための余地が確保されます。

索引編成ファイルでは最大キャッシュ・サイズ %x7FFFFFFF がサポートされていますが,順編成ファイルと相対編成ファイルでは,構造上最大キャッシュサイズが 32767 に制限されます。

GH_EXEC_CODE (A,F)

(Alpha および I64) エグゼックレット・コードの粒度ヒント領域のサイズをページ単位で指定します。

GH_EXEC_DATA (A,F)

(Alpha および I64) エグゼックレット・データの粒度ヒント領域のサイズをページ単位で指定します。

GH_RES_CODE (A,F)

(Alpha および I64) 常駐イメージ・コードの粒度ヒント領域のサイズをページ単位で指定します。

GH_RES_DATA (A,F)

(Alpha および I64) 常駐イメージ・データの粒度ヒント領域のサイズをページ単位で指定します。

LOAD_SYS_IMAGES パラメータのビット 2 が設定されている場合,イメージ LDR$WRAPUP は,システム・スタートアップの最後に粒度ヒント領域にある未使用のページすべてを解放します。常駐イメージ粒度ヒント領域の未使用ページは,将来の使用のために予約されるか,未使用メモリ・リストに戻されます。

GH_RSRVPGCNT (F)

GH_RSRVPGCNT は,システムがブートを完了した後, Install ユーティリティが使用できる常駐イメージ・コードの粒度ヒント領域のページ数を指定します。

LOAD_SYS_IMAGES パラメータのビット 2 がセットされている場合には,イメージ LDR$WRAPUP はシステム・スタートアップの最後に,粒度ヒント領域で未使用のすべてのページを解放します。常駐イメージの粒度ヒント領域の未使用ページは,将来使用するために確保されるか,または未使用メモリ・リストに戻されます。

GH_RSRVPGCNT は,常駐イメージ・コードの粒度ヒント領域に LDR$WRAPUP が残そうとするページ数を指定します。GH_RSRVPGCNT によって指定されるページ数が粒度ヒント領域の未使用ページ数より多い場合には,要求されたページ数を収納するための領域の拡張は行われません。

GLX_INST_TMO

(Alpha Galaxy プラットフォームのみ) GLX_INST_TMO とは, Galaxy共用セットのあるインスタンスが,他の共用インスタンスが失敗し共用セットから削除されたと推測する前に,タイムアウト時間を増加することに失敗することができる時間 (ミリ秒単位の)を表します。

省略時の値は 20,000 ミリ秒 (20 秒) です。

GLX_SHM_REG

Alpha Galaxy システムにおいて,GLX_SHM_REG は, Galaxy 管理データベース (GMDB) 内に構成される共用メモリ領域構造体の数です。 0 に設定されている場合,共用メモリ領域の省略時の数が構成されています。

SEC$M_SHM_REG フラグを指定した $CRNMPSC_GDZRO_64 システム・サービスに対して状態値 SS$_INSF_SHM_REG が返された場合, Galaxy の共用メモリの処理で,内部の SHM_REG データ構造体が不足しています。 GLX_SHM_REG システム・パラメータを大きくし,すべての Galaxy インスタンスをこの大きいパラメータ値でリブートする必要があります。

GROWLIM (A,D,M)

クォータを超えたとき,プロセスがページをワーキング・セットに追加できるために必要な空きページ・リストのページ数を設定します。プロセスがワーキング・セット・クォータ未満である場合,このパラメータは影響しません。GROWLIM は,システムの空きメモリ容量にもとづき,ワーキング・セット拡張機構を高速停止します。

IEEE_ADDRESS

IEEE_ADDRESS は,弊社が使用するために予約されています。

IEEE_ADDRESSH

IEEE_ADDRESSH は,弊社が使用するために予約されています。

IJOBLIM (D)

同時にシステムに存在できる会話型ジョブの最大数を設定します。同時に存在できる会話型ユーザの最大数を制御するには, DCL の SET LOGINS/INTERACTIVE を使用します。

IMGIOCNT

イメージ・アクティベータに割り当てるイメージ入出力アドレス空間の省略時のページ数がプログラムのリンク時に指定されていない場合,このページ数を指定します。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

IMGREG_PAGES

(Alpha および I64) イメージを共用アドレス・データとともにインストールするために P1 空間に予約しておくページ数です。この値が 0 の場合,共用アドレス・データとともにインストールされるイメージはありません。省略時の値は 10,000 ページです。

詳細については,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』の INSTALL の項を参照してください。

INTSTKPAGES (A,D,G,M)

(VAX のみ) 割り込みスタックのサイズをページ数で設定します。割り込みスタックの各ページは,永久常駐メモリを1 ページ使用します。

割り込みスタックが有効でない例外が発生しないかぎり,省略時の値の 6 を使用します。デバイスが多すぎる場合や大量のスタック空間をドライバが必要とする場合に,割り込みスタックが有効でなくなる可能性があります。

IO_PRCPU_BITMAP

(Alpha および I64) このパラメータは,最大 1024 個の CPU を表すビットマップを構成します。このビットマップ中の設定されている各ビットは,対応する CPU が,Fast Path の優先 CPU として使用可能であることを示します。

デフォルトでは,IO_PRCPU_BITMAP のすべてのビットがオンになっており, CPU 0 から CPU 1023 のすべての CPU で Fast Path のポート割り当てが有効になっています。

プライマリ CPU を優先 CPU として使用したくない場合は, IO_PRCPU_BITMAP 内の対応するビットをオフにします。これにより,プライマリ CPU を Fast Path 以外の入出力処理用に確保できます。

SYSBOOT または SYSGEN で IO_PRCPU_BITMAP の値を変更するには,次の例のように,個別のビットまたは一連のビットを指定します。


   SYSGEN> SET IO_PRCPU_BITMAP 0,5,17-21 

このコマンドでは,ビットマップのビット 0,5,17,18,19,20,21 がオンになり,その他のビットはすべてオフになります。

IO_PRCPU_BITMAP の値を変更すると,FASTPATH_SERVER プロセスは新しい使用可能 CPU のセットに Fast Path ポートを均等に分散させるような自動的な割り当てアルゴリズムを実行します。

詳細は,FAST_PATH および FAST_PATH_PORTS を参照してください。

このパラメータは,IO_PREFER_CPU を置き換えます。

IOTA

各自発的待ち状態について,現在の常駐クォンタムに請求する時間量を 10 ミリ秒単位で指定します。正しい値は,待ち時間を無視したディスク入出力のコストとほぼ同じです。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

IRPCOUNT (G, M)

IRPCOUNT は,事前割り当ての中間要求パケットの数を設定します。各パケットには,160 バイトの永久常駐メモリが必要です。 IRPCOUNT が大きすぎると,物理メモリが無駄になります。 IRPCOUNT が小さすぎる場合は,適切な性能が得られるように,システムがその値を必要に応じて自動的に大きくします。ただしシステムは, IRPCOUNTV の値を超えて IRPCOUNT の値を大きくすることはできません。

このような増加を許すことにより,物理メモリにペナルティが課せられます。 IRPCOUNT が小さく構成されている場合,ペナルティは,構成値から実行中システムの実際の値までの物理メモリの 4 % です。

DCL コマンド SHOW MEMORY/POOL/FULL を使用すると, IRPCOUNT の使用状況を調べることができます。

IRPCOUNTV (G)

IRPCOUNTV は,システムが自動的に IRPCOUNT を大きくする場合の上限を指定します。

このパラメータの設定が小さすぎると, IRPCOUNTV を非ページング・プール要求用に使用できないため,システムの性能に悪い影響を与えることがあります。

拡大した空間が使用されないと, 1 % の物理メモリ・ペナルティが課せられます (未使用の中間要求パケット 3 個に付き 1 ロングワード)。

JBOBLIM

このパラメータは現在使用されていません。

JOBCTLD

システム管理者は,通常,JOBCTLD を変更しません。このワードのデバッグ・フラグは OpenVMS のローリング・アップグレードで使用されます。ビット 0 が設定されている場合には,キュー・マネージャは始動しません。省略時の値は 0 です。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

KFILSTCNT

このパラメータは VAX システムではすでに使用されておらず, Alpha システムと I64 システムでも使用されません。

KSTACKPAGES

(Alpha および I64) プロセス・カーネル・スタックに割り当てるページ数を制御します。

LAN_FLAGS (D)

(Alpha および I64) LAN_FLAGS はローカル・エリア・ネットワーク・ポート・ドライバとサポート・コードで,機能を有効に設定するために使用されるビット・マスクです。 LAN_FLAGS の省略時の値は 0 です。

次の表はビット定義を示しています。

ビット 説明
0 省略時の値は 0 であり,ATM デバイスが SONET モードで動作することを示す。1 に設定した場合には,このビットは ATM デバイスが SDH モードで動作することを示す。
1 このビットを設定した場合には, LAN ポート・ドライバとサポート・コードで,ATM トレース・メッセージとデバッグ・メッセージの一部を有効にする。
2 このビットを設定した場合には, LAN ポート・ドライバとサポート・コードで,すべての ATM トレース・メッセージとデバッグ・メッセージを有効にする。
3 1 このビットを設定した場合には,すべての ATM アダプタを経由して UNI 3.0 を実行する。
4 1 このビットを設定した場合には,すべての ATM アダプタを経由して UNI 3.1 を実行する。
5 このビットを設定した場合には,すべてのギガビット・イーサネット・アダプタを経由する自動ネゴシエーションを禁止する。
6 このビットを設定した場合には,すべてのギガビット・イーサネット・アダプタを経由するジャンボ・フレームの使用を許可する。
7 予約
8 このビットを設定した場合には,フロー制御をサポートするすべての LAN アダプタでフロー制御の利用を無効にする。
9 予約
10 予約
11 このビットを設定した場合には, LAN ドライバによるエラー・ログ・エントリのログ取得を無効にする。
12 このビットを設定した場合には,送信要求時の高速タイムアウトを有効にする。ほとんどの LAN ドライバでは,3 〜 4 秒の代わりに 1 〜 1.2 秒となる。
13 このビットを設定した場合には, LAN デバイスに要求したものの完了しなかった送信 (送信タイムアウト条件) は,正常終了状態 (SS$_NORMAL) ではなくエラー状態 (SS$_ABORT) として完了する。

1ビット 3 とビット 4 の両方がオフ (0) の場合, ATM UNI の自動検出バージョンが有効になります。



LCKMGR_CPUID (D)

(Alpha および I64) LCKMGR_CPUID は,専用 CPU ロック・マネージャが実行する CPU を制御します。これは,LCKMGR_MODE システム・パラメータでこの機能を設定した場合, LCKMGR_SERVER プロセスが利用する CPU になります。

指定した CPU ID が主 CPU または存在しない CPU の場合, LCKMGR_SERVER プロセスは主 CPU ではない最も低い CPU を利用します。詳細については,LCKMGR_MODE システム・パラメータを参照してください。

LCKMGR_MODE (D)

(Alpha および I64) LCKMGR_MODE パラメータは,専用 CPU ロック・マネージャの使用を制御します。LCKMGR_MODE をゼロ (0) よりも大きな値に設定すると,その値は専用 CPU ロック・マネージャが設定される前にアクティブになる必要のある CPU の数になります。

専用 CPU ロック・マネージャは,単一の専用 CPU ですべてのロック処理を実行します。これによって,ロック・マネージャに関連付けられている高い MP_Synch によって,大規模な SMP システムでのシステム性能を向上させることができます。

アクティブな CPU の数が LCKMGR_MODE の数以上の場合, LCKMGR_SERVER プロセスが生成されて,ロック処理のサービスを行います。このプロセスはリアルタイム優先順位 63 で実行し,常に現在のプロセスになります。

さらに,アクティブな CPU の数が STOP/CPU コマンドまたは Galaxy 構成の CPU 再割り当てによって必要なしきい値よりも減らされる場合,専用 CPU ロック・マネージャは 1 秒以内に自動的にオフになり, LCKMGR_SERVER はハイバネート状態になります。アクティブな CPU の数が増えると, LCKMGR_SERVER はロック処理のサービスを行うために再開します。

次のいずれかを指定します。

  • ゼロ (0) は,専用 CPU ロック・マネージャがオフであることを示します (省略時の設定)。

  • ゼロ (0) よりも大きな値は,専用 CPU ロック・マネージャがオンになる前にその数の CPU がアクティブである必要があることを示します。

専用 CPU ロック・マネージャをオンにすると,ファストパス・デバイスは,専用 CPU ロック・マネージャが使用する CPU に割り当てられません。

専用 CPU ロック・マネージャの使用方法については,『OpenVMS Performance Management』を参照してください。

LGI_BRK_DISUSER (D)

侵入の試みが検出されたときに UAF レコードの DISUSER フラグを設定し,該当するアカウントを永久的にロックします。省略時の設定では,このパラメータはオフ(0)です。このパラメータを設定(1)するとユーザ・サービスが極度に制約されるので,セキュリティをきわめて重視しなければならない場合以外には設定しないようにします。

LGI_BRK_LIM (D)

ログイン時に発生可能なエラー数を指定します。指定した値に達すると,システムが侵入処置をとります。ユーザ名,ターミナル,ノード別に,エラー数が適用されます。この侵入制限にログインの試みが達すると,侵略されているとシステムはみなし,LGI_HID_TIM パラメータで指定した回避措置をとります。

最小値は 1 です。省略時の値は,ほとんどの場合に適しています。

LGI_BRK_TERM (D)

ターミナル・モードの侵入検出において,ターミナル名を対応文字列の一部とします。 LGI_BRK_TERM がオフ (0) に設定されると,処理は侵入試行のソースがローカルまたはリモートのどちらかであるとみなし,侵入検出は複数のターミナル・デバイスに渡って失敗アクセスの相関を取ることができます。オン (1) に設定されると,LGI_BRK_TERM は,ローカルに線で結ばれたターミナル,または専用のターミナルのみが使用されていると想定し,侵入検出処理が侵入試行の相関関係を調べるときに,具体的なローカル・ターミナル名を含めます。

通常,物理的なターミナル名が動的に作成される, LAT や Telnet などのネットワーク・プロトコルを使用している場合には, LGI_BRK_TERM をオフ (0) にしてください。

LGI_BRK_TMO (D)

失敗監査期間の長さを指定します。この時間の増分は,ログインの失敗が発生するたびに,疑わしいユーザの満了時間に追加されていきます。満了時間が過ぎ,それまでのログイン失敗が破棄されると,疑わしいユーザの疑いが晴れます。

LGI_CALLOUTS (D)

各ログインで起動されるインストレーション・セキュリティ・ポリシー・コールアウト・モジュールの数を指定します。コールアウト・モジュールが存在しない限り,LGI_CALLOUTSは0に設定しなければなりません。

LGI_HID_TIM (D)

侵入を検出した後,回避措置を続行する秒数を指定します。指定秒数の間は,正しいユーザ名とパスワードを指定した場合でも,システムはログインを禁止します。

LGI_PWD_TMO (D)

パスワードを使用しているときに,ユーザが正しいシステム・パスワードを入力しなければならない時間を秒数で指定します。また,ログイン時にユーザがパーソナル・アカウント・パスワードを入力しなければならない時間も設定します。さらに,SET PASSWORDコマンドを使用している場合には,ユーザが新しいパスワード,古いパスワード,パスワード・チェックを入力するまでにシステムが待つ時間も指定します。

LGI_RETRY_LIM (D)

ログインしようとするユーザに許可するリトライ回数を指定します。 0 より大きい値を設定したときに正当なユーザが入力ミスのため正しくログインできなかった場合,このユーザがキャリアを自動的に失うことはありません。指定したリトライ回数まで達していない場合には, Return キーを押すと,ユーザ名とパスワードの再度の入力を指示するプロンプトが出力されます。指定したリトライ回数まで達してもログインできなかった場合,ユーザはキャリアを失います。 LGI_BRK_LIM と LGI_BRK_TMO のいずれにも達していない場合には,ユーザは再度ダイアルインしてログインを試みることができます。

LGI_RETRY_TMO (D)

ログインのリトライ間隔を秒数で指定します。 Return キーを押せば,ログインをリトライできます。このパラメータは,LGI_RETRY_LIM パラメータと併用することを前提にしています。これによって,ダイアルアップ・ユーザがキャリアを失うまでのリトライ時間とリトライ回数を設定できます。

LNMPHASHTBL (G, VAXシステムで A)

プロセス論理名ハッシュ・テーブルのサイズを設定します。論理名は,論理名の長さと内容の関数を使用してハッシュされます。このパラメータは,プロセス・プライベート論理名のエントリ数を指定します。プロセス・プライベート論理名の平均個数を設定するようにしてください。ハッシュした値は,近似の 2 のべき乗に丸められます。

LNMSHASHTBL (A,F,G)

システム論理名ハッシュ・テーブルのサイズを設定します。論理名は,論理名の長さと内容の関数を使用してハッシュされます。このパラメータは,共用可能論理名のエントリ数を指定します。システム論理名は,システム,グループ,ジョブの論理名テーブルに格納される名前すべてです。1 つのハッシュ・テーブル・エントリに対して 1 〜 4 つの論理名を設定するようにしてください。通常は省略時の値が適していますが,多数のグループが存在している場合や多数のジョブを同時に実行する場合には,次の 2 のべき乗まで値を上げると,論理名変換性能が向上すると思われます。ハッシュした値は,近似の 2 のべき乗に丸められます。

LOAD_PWD_POLICY

SET PASSWORDコマンドでサイト固有のパスワード・ポリシー・ルーチンを使用するかどうかを制御します。このルーチンは共用可能イメージ SYS$LIBRARY:VMS$PASSWORD_POLICY.EXEに格納されています。省略時の値は0であり,ポリシー・ルーチンを使用しないことを示します。

LOAD_SYS_IMAGES (Alpha システムおよび I64 システムで A)

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡