日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

各ビットの定義は次のとおりです。

ビット 定義
0 1 の場合は,新しい名前の作成を有効にする。
1 必ず 0 にする。このビットは弊社の使用のために予約されている。
2 1 の場合,複製されたデバイス・ユニット番号は,9999 の後で折り返される。

ポートの割り当てクラスについての詳細は,『OpenVMS Cluster システム』を参照してください。

DISABLE_UPCALLS (D)

DISABLE_UPCALLS は主にデバッグのために使用されます。このパラメータを使用すると,システム管理者はシステム全体に対して特定のタイプのスレッド・アップコールを無効に設定できます。値はビット・マスクであり,各ビットはアップコール・タイプに対応します。アップコール・タイプは定義マクロ $TMCDEF に定義されています。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

DISK_QUORUM (D)

ASCII で表現されるオプションのクォーラム・ディスクの名前です。ASCII 空白文字は,クォーラム・ディスクが使用されていないことを意味します。

DLCKEXTRASTK

(VAX のみ) DLCKEXTRASTK は,デッドロック検索を実行するときに残す余分な割り込みスタックの量 (バイト数) を指定します。

このパラメータは Alpha システムまたは I64 システムでは使用されていません。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

DNVOSI1

DNVOSI1はDECnet-Plus for OpenVMSのために予約されています。この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

DORMANTWAIT (D)

DORMANTWAITは,重要なイベントが発生しない状態で経過する時間を秒数で指定します。指定した時間が経過すると,システムは,優先順位が低い計算可能プロセスをスケジューリング上 DORMANT プロセスとして処理します。優先順位が低いプロセスは,現在の優先順位が SYSGEN の DEFPRI パラメータの値 (省略時の値 4) 以下である非実時間プロセスです。 DORMANT プロセスは,SUSP (中断されている) プロセスに続き,スワッパによるメモリ再生の最上位の対象です。

DORMANTWAITの値を増やすと,優先順位が低いプロセスが,優先順位が高いプロセスが待っているロックまたは資源を保持している場合に,優先順位の低いプロセスが優先順位の高いプロセスをブロックする頻度が高くなることがあります。

DR_UNIT_BASE (G)

(Alpha のみ) DR_UNIT_BASE は,DR デバイス(Digital StorageWorks RAID Array 200 ファミリーの論理 RAID ドライブ)のユニット番号を計算するときの基底値を指定します。

DR_UNIT_BASE を使用して,一意な RAID デバイス番号を生成することができます。 DR デバイスは DR_UNIT_BASE の値から順に番号を付けられていきます。たとえば,DR_UNIT_BASE を 10 に設定すると,$1$DRA10,$1$DRA11 などのデバイス名が生成されます。

DR_UNIT_BASE を,同じ (ゼロ以外の) 割り当てクラスを共有するすべてのクラスタ・メンバで,適切な重なり合わない値に設定することにより, 2 つの RAID デバイスに同じ名前が与えられないようにすることができます。

DUMPBUG

回復不可能バグチェックが発生したときに,エラー・ログ・バッファとメモリ内容を SYS$SYSTEM:SYSDUMP.DMP に書き込むことを許可(1)または禁止(0)します。このパラメータをオフ (0) に設定するのは,エグゼクティブをデバッグしている場合だけです。

DUMPSTYLE (A,D)

DUMPSTYLEはシステム・ダンプの書き込み方法を指定します。

DUMPSTYLE は 32 ビットのマスクであり,ビットは次のように定義されています。各ビットは個別に設定できます。システム・パラメータの値は,セットしたビットの値の合計です。他の値や未定義の値は,弊社が使用するために確保されています。

ビット マスク 説明
0 00000001 0 = 完全なダンプ (SYSGEN の省略時の設定)。物理メモリの内容全体がダンプ・ファイルに書き込まれる。
    1 = 選択的なダンプ。ディスク空間を節約しながら,ダンプ・ファイルを最大限に有効に利用できるように,メモリの内容を選択的にダンプ・ファイルに書き込む。
1 00000002 0 = 最小コンソール出力。
    1 = 完全なコンソール出力 (スタック・ダンプ,レジスタの内容などを含む)。
2 00000004 0 = システム・ディスクへのダンプ。
    1 = システム・ディスク (DOSD) を別のディスクにダンプする (詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照)。
3 (Alpha および I64) 1 00000008 0 = 圧縮しない。
    1 = 圧縮する (この後の注意を参照)。
4 (Alpha および I64) 2 00000010 0 = 共用メモリをダンプする。
    1 = 共用メモリはダンプしない (この後の注意を参照)。
5 - 14     弊社が使用するために確保されている。
15 (VAX のみ) 3 00008000 0 = ビット 16〜27 の使用を禁止する。
    1 = ビット 16〜27 の使用を許可する。
16 - 27 (VAX のみ) 2 0FFF0000   DOSD ユニット番号の範囲。
28 - 31     弊社が使用するために確保されている。


1VAX システムはダンプ圧縮をサポートしない。
2VAX システムは共用メモリをサポートしない。
3VAX 7000 固有。

Alpha や I64 のシステム・ディスクでボリューム・シャドウイング・ミニマージ機能を有効にする計画がある場合は,必ず代替ディスクをDOSDとして指定してください。

注意

Alpha システムと I64 システムでは,OpenVMS Alpha と OpenVMS I64 のダンプ圧縮機能を使用すると,システム・ディスクの容量を節約し,クラッシュが発生したときに,システム・メモリの記録時間を短縮できます。省略時の AUTOGEN による計算を無効にした場合を除き (MODPARAMS.DAT で DUMPSTYLE を設定することにより),AUTOGEN は次のアルゴリズムを使用します。

  • メモリが 128 MB 未満のシステムでは,DUMPSTYLE を 1 (選択的なダンプ) に設定し,それに応じてダンプ・ファイルのサイズを設定します。

  • メモリが 128 MB 以上のシステムでは,DUMPSTYLE を 9 (圧縮した選択的なダンプ) に設定し,対応する圧縮しないダンプの場合の値の 2/3 のサイズのダンプ・ファイルを作成します。

例:

00000006 というマスクは,完全なコンソール出力とともに完全なダンプをシステム・ディスクから (別のディスクに) 送信するようにシステムに要求します。

VAX 7000 の場合,00098006 というマスクは,完全なコンソール出力とともに完全なダンプを,ユニット番号が 9 の DOSD に送信するようにシステムに要求します。

Alpha システムと I64 システムでは,00000009 というマスクは,最小コンソール出力とともに選択的なダンプを圧縮するように,システムに要求します。

ERLBUFFERPAG_S2 (Alpha および I64 で A)

ERLBUFFERPAG_S2 は,ERRORLOGBUFF_S2 パラメータで要求した各 S2 空間エラー・ログ・バッファ用に割り当てる, S2 空間メモリの量を指定します。

ERLBUFFERPAG_S2 の値を大きくしたときには,AUTOGEN を実行するか,システム・ダンプ・ファイルとエラー・ログ・ダンプ・ファイルのサイズを手動で大きくしなければなりません。

ERLBUFFERPAGES (Alphaシステムおよび I64 システムで A)

ERLBUFFERPAGES は,ERRORLOGBUFFERS パラメータで要求した各 S0 空間エラー・ログ・バッファ用に割り当てる, S0 空間メモリの量を指定します。

ERRORLOGBUFF_S2 (Alpha システムおよび I64 システムで A)

ERRORLOGBUFF_S2 は,システム・エラー・ログ・エントリ用に確保される S2 空間エラー・ログ・バッファの数を指定します。各バッファの長さは ERLBUFFERPAG_S2 です。 ERRORLOGBUFF_S2 の値が小さすぎる場合には,メッセージがエラー・ログ・ファイルに書き込まれない可能性があります。この値が大きすぎる場合には,不必要に多くの物理ページがバッファ用に使用される可能性があります。

ERRORLOGBUFF_S2 の値を大きくした場合には,AUTOGEN を実行するか,システム・ダンプ・ファイルとエラー・ログ・ダンプ・ファイルのサイズを手動で大きくしなければなりません。

ERRORLOGBUFFERS (Alpha システムと I64 システムで A)

ERRORLOGBUFFERS は,システム・エラー・ログ・エントリ用に確保される S0 空間エラー・ログ・バッファの数を指定します。各バッファの長さは ERLBUFFERPAGES です。 ERRORLOGBUFFERS の値が小さすぎる場合には,メッセージがエラー・ログ・ファイルに書き込まれない可能性があります。この値が大きすぎる場合には,不必要に多くの物理ページがバッファ用に使用される可能性があります。

EXECSTACKPAGES (D)

(Alpha および I64) EXECSTACKPAGES は,各 RMS 実行スタックに割り当てられるページ数を制御します。

EXPECTED_VOTES (A)

同時にクラスタ内に存在することができる最大ボート数を指定します。すべての VAXcluster メンバのボート・パラメータ値の合計に,クォーラム・ディスクが提供するボートを加算した値を設定します。クラスタが機能するために存在しなければならないボート数の自動計算時に,このパラメータ値が使用されます (クォーラム)。

EXTRACPU (D)

プロセスがタイムアウトした後,すなわちプロセスの CPU 時間制限値に達した後に,各アクセス・モードにおける各プロセス終了ハンドラに割り当てる時間を 10 ミリ秒単位で設定します。

FAST_PATH

(Alpha および I64) FAST_PATH は,すべての Fast Path 対応のポートに対する Fast Path 性能機能を許可 (1) または禁止 (0) する静的システム・パラメータです。

OpenVMS バージョン 7.2 から,FAST_PATH は省略時の設定で許可になりました。バージョン 7.0 と 7.1 では,省略時の設定で FAST_PATH は禁止でした。

その他の情報については,FAST_PATH_PORTS を参照してください。

FAST_PATH_PORTS

(Alpha および I64) FAST_PATH_PORTS は,特定のドライバに対して Fast Path を使用できなくする静的パラメータです。

FAST_PATH_PORTS は 32 ビットのマスクであり,各 Fast Path ポート・ドライバに 1 つのビットを割り当てています。次の表でビットの値を示しています。

ビットの値 説明
1 対応するドライバによってサービスが行われるポートへの Fast Path が無効になることを示す。
0 対応するドライバによってサービスが行われるポートへの Fast Path は無効にならないことを示す。

OpenVMS バージョン 7.3-1 から,具体的なビット位置の値は,次の表で説明する値になりました。

ビット位置 説明
0 PKQDRIVER (パラレル SCSI 用) の Fast Path を制御する。
1 FGEDRIVER (Emulex LP7000,LP8000,LP9002,LP9802,LP10000 FibreChannel 用) の Fast Path を制御する。
2 PKADRIVER (Adaptec AIC-78xx Ultra3 SCSI 用) の Fast Path を制御する。
3 PEDRIVER (LAN 用) の Fast Path を制御する。
4 PKRDRIVER (SMART Array 5300 用) の Fast Path を制御する。
5 PKMDRIVER (LSI Logic LSI53C1030 SCSI ポート・ドライバ) の Fast Path を制御する。
6 PGQDRIVER (Qlogic ISP23xx FibreChannel ポート・ドライバ) の Fast Path を制御する。

現在,FAST_PATH_PORTS の省略時の値は 0 であり,これは Fast Path が表内のすべてのドライバに対して許可されていることを意味します。

また,次の点にも注意してください。

  • CI ドライバは FAST_PATH_PORTS では制御されません。 CI 用の Fast Path は, FAST_PATH システム・パラメータによって排他的に許可または禁止に設定されます。

  • FAST_PATH_PORTS は,FAST_PATH システム・パラメータが許可になっている (1 である) ときにのみ意味があります。 FAST_PATH を 0 に設定することと FAST_PATH_PORTS のすべてのビットを 1 に設定することは,同じ効果になります。

その他の情報については,FAST_PATH を参照してください。ビットの設定方法については,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

FREEGOAL (A,D,M)

システム・メモリが不足したときに空きページ・リストに再設定するページ数を設定します。空きページ・リスト FREELIM に必要な最小ページ数未満までシステムが減少すると,メモリ不足となります。このパラメータ値は,必ず FREELIM 値以上とします。

FREELIM (A,M)

空きページ・リスト上の最小ページ数を設定します。

最小値を維持するため,システムは変更済みページ・リストからのページを書き込んだり,ワーキング・セットをスワップ・アウトしたり,ワーキング・セットのサイズを減少させたりします。

空きページ・リストが大きい場合,通常はページ入出力が少ないことを意味しますが,バランス・セットで使用する空間も少なくなるため,スワップ入出力が多くなりがちです。MONITOR ユーティリティの MONITOR IO コマンドを使用することにより,空きページ・リストのサイズ,ページ数,スワップ量を監視することができます。

GALAXY

(Alpha Galaxy プラットフォームのみ) GALAXY パラメータは,メモリ共用を設定します。

次のいずれか1つを指定します。

説明
0 省略時の設定。メモリ共用に参加しない。
1 メモリ共用に参加する。

ハード・パーティションで GALAXY に 1 を設定すると, OpenVMS インスタンスは,そのハード・パーティション内のソフト・パーティション間でメモリを共用します。 (ハード・パーティション内で 3 つ以上のソフト・パーティションを動作させ,その一部のパーティションでのみメモリを共用するようにすることもできます。) GALAXY では,ノードが共用メモリを使用するかどうかだけを指定します。連携して動作する複数の OpenVMS インスタンスを実行するためにこのパラメータを使用する必要はありません。構成ツリーのコンソール設定で,このような共用を行うことができます。

GBLPAGES (A,D,F,G,M)

ブート時に割り当てるグローバル・ページ・テーブルのエントリ数を設定します。1 つのグローバル・セクションでは,セクション・ページあたり 1 つのグローバル・ページ・テーブル・エントリに 2 つのエントリを加算し,結果を偶数に丸めた値が必要です。

CMKRNL特権を持つユーザは,実行中のシステムで,このパラメータを変更することができます。このパラメータの値を増やすと,グローバル・ページ・テーブルは要求に応じて最大サイズまで拡大することができます。

省略時の値は,システム・スタートアップ・コマンド・プロシージャで共用イメージとして通常インストールされるイメージには充分です。システムを始動し,グローバル・セクションを作成した後, Install ユーティリティの /GLOBAL 修飾子を使用することにより,実際に必要なエントリ数を調べることができます。調べた結果,適宜値を下げることができます。ただし,ページ・テーブル・エントリは永久常駐メモリをわずかしか使用しないので,小さすぎる値は設定しないようにしてください。多数のユーザ・イメージを共用イメージとしてインストールする場合や,多数のグローバル・セクションをユーザ・プログラムが作成する場合には,このパラメータ値を上げる必要があります。

GBLPAGFIL (A,D)

グローバル・ページ・ファイル・セクション (ファイルにマップしないまま使用できるスクラッチ・グローバル・セクション) に使用できるシステム単位の最大ページ数を定義します。グローバル・ページ・ファイル・セクションには,一時的,永久,システム,グループの種類があり,システム・プロセスに指定されているページ・ファイルからブート時に割り当てられます。グローバル・ページ・ファイル・セクションに使用するページ数を指定する場合は,適宜ページ・ファイル・サイズを上げる必要があります。CMKRNL特権を持つユーザは,実行中のシステムで,このパラメータを変更することができます。

グローバル・ページ・ファイル・セクションは,明示的なディスク・ファイルを指定せずに,Create and Map Section システム・サービス ($CREATE_GPFILE,$CRMPSC,$CRMPSC_GPFILE_64) によって作成されます。これらのセクションは共用ファイルで必要な RMS グローバル・バッファのために使用されます。共用ファイルのユーザは,グローバル・ページ・ファイル・セクションがグローバル・ページ・テーブルと省略時のシステム・ページ・ファイル (PAGEFILE.SYS) の両方を使用することに注意しなければなりません。GBLPAGFIL の値が小さすぎる場合には,$CRMPSC はグローバル・ページ・ファイル・セクションを作成しようとしたときに,エラー・メッセージを出力します。

RMS グローバル・バッファを使用する場合は,スクラッチ・グローバル・セクションが必要です。グローバル・バッファを使用する各ファイルについて,ファイルのバケット・サイズにファイルのグローバル・バッファ数を掛けた結果に等しいシステム・ページ・ファイル領域が必要となります。 VMS RMS 索引編成ファイルの場合のようにファイルのバケット・サイズが一定でない場合,最大バケット・サイズを使用します。 RMS 共用順編成索引ファイルの場合,ファイルのバケット・サイズではなく,$CONNECT サービスを実行する最初のストリームのマルチブロック数を使用します。

省略時の値は,ほとんどのシステムに適しています。ただし,RMS グローバル・バッファを相当量使用している場合には,省略時の値より高い値を使用する必要が生じます。Install ユーティリティの /GLOBAL 修飾子を使用することにより, RMS グローバル・バッファが使用するページ数を調べることができます。 RMS においてグローバル・バッファに使用するグローバル・セクションは,接頭辞 RMS$ の後に 8 桁の16 進値が続きます。

グローバル・バッファは,DCL の SET FILE/GLOBAL_BUFFERS で許可します。このコマンドについては,『OpenVMS DCL ディクショナリ』で説明しています。

GBLSECTIONS (A,F,G,M)

ブート時にシステム・ヘッダで割り当てるグローバル・セクション記述子の数を設定します。1 つのグローバル・セクションは,1 つの記述子を必要とします。各記述子は,永久常駐メモリを 32 バイト使用します。

省略時の値は,システム・スタートアップ・コマンド・プロシージャで共用イメージとして通常インストールされるイメージには充分です。システムを始動しグローバル・セクションを作成した後, Install ユーティリティの /GLOBAL 修飾子を使用することにより,実際に必要なエントリ数を調べることができます。調べた結果,適宜値を下げることができます。ただし,小さすぎる値は設定しないようにしてください。多数のユーザ・イメージを共用イメージとしてインストールする場合や,多数のグローバル・セクションをユーザ・プログラムが作成する場合には,このパラメータ値を上げる必要があります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項