日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



PROCESSES クラス・レコードは,システム内のすべてのプロセスを示すデータです。PROCESSES クラス・レコードのレコード・タイプは 0 であり,サイズは監視対象プロセス数によって異なります。バイト単位によるサイズは,レコードに格納されるクラス・ヘッダ,クラス接頭辞,データ・ブロックのサイズを次の式で加算して求めます。


13 + 8 + (67 * MNR_CMP$L_ELTCT の値) OpenVMS Alpha Version 7.3-2 
 
16 + 8 + (72 * MNR_CMP$L_ELTCT の値) OpenVMS Alpha Version 8.2 
                                                    および I64 Version 8.2-1 
                              
16 + 8 + (96 * MNR_CMP$L_ELTCT の値) OpenVMS Alpha および I64 
                                                    Version 8.3 
 

図 H-23 に, Alpha システムと I64 システムでの PROCESSES クラス・レコードの形式を示します。

図 H-23 PROCESSES クラス・レコードの形式 - Alpha および I64


図 H-24 に, VAX システムでの PROCESSES クラス・レコードの形式を示します。

図 H-24 PROCESSES クラス・レコードの形式 - VAX のみ


次の表にPROCESSES クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Internal Process ID MNR_PRO$L_IPID 内部プロセス ID (ロングワード,I)
UIC MNR_PRO$L_UIC ユーザ識別コード。 Group は上位ワード,Member は下位ワード。(ロングワード,I)
State MNR_PRO$W_STATE 現在のスケジューリング状態コード (ワード,I)
Priority MNR_PRO$B_PRI 現在のソフトウェア優先順位 (31 の補数)(バイト,I)
Name MNR_PRO$T_LNAME プロセス名 (指定された長さの ASCII 文字列)(16 バイト,I)
Global Page Count MNR_PRO$L_GPGCNT 現在のグローバル・ページ数 (ロングワード,L)
Process Page Count MNR_PRO$L_PPGCNT 現在のプロセス・ページ数 (ロングワード,L)
Status Flags MNR_PRO$L_STS ソフトウェア・プロセス状態フラグ。PCB$V_RES ビットがクリアされている場合は,スワップ・アウトされたことを示す。 (ロングワード,I)
Direct I/Os MNR_PRO$L_DIOCNT 直接入出力数。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
Page Faults MNR_PRO$L_PAGEFLTS ページ・フォルト数。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
CPU Time MNR_PRO$L_CPUTIM 10 ミリ秒ティック単位による累積 CPU 時間。スワップ・アウトされている場合は 0。(ロングワード,C)
Buffered I/Os MNR_PRO$L_BIOCNT バッファード入出力数。スワップ・アウトされている場合は 0。 (ロングワード,C)
Extended Process ID MNR_PRO$L_EPID 拡張プロセス ID (ロングワード,I)
Event Flg Weight Mask MNR_PRO$L_EFWM イベント・フラグ待ちマスク。MWAIT に使用。(ロングワード,I)
RBS Transitions MNR_PRO$L_RBSTRAN 実バランス・スロット遷移(ロングワード,C)
Kernel mode time MNR_PRO$L_KERNEL_COUNTER 累積カーネル・モード時間 (10 ms 単位)
Executive mode time MNR_PRO$L_EXECUTIVE_COUNTER 累積エグゼクティブ・モード時間 (10 ms 単位)
Supervisor mode time MNR_PRO$L_SUPERVISOR_COUNTER 累積スーパバイザ・モード時間 (10 ms 単位)
User mode time MNR_PRO$L_USER_COUNTER 累積ユーザ・モード時間 (10 ms 単位)
予約 MNR_PRO$L_RESERVED1 弊社で内部的に使用するために予約
予約 MNR_PRO$L_RESERVED2 弊社で内部的に使用するために予約



RLOCK クラス・レコードは,ノードにおける動的なロック再マスタリングを監視する際に便利なデータです。 RLOCK クラス・レコードのレコード・タイプは 27,サイズは 44 バイトです。

図 H-25 に RLOCK クラス・レコードの形式を示します。

図 H-25 RLOCK クラス・レコードの形式


次の表に RLOCK クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Lock Tree Outbound MNR_RLO$L_RM_UNLOAD このノードから移動されたロック・ツリーの数
Lock Tree-Higher Activity MNR_RLO$L_RM_MORE_ACT クラスタ内の別のノード上のロック処理が高いために移動されたツリーの数
Lock Tree-Higher LCKDIRWT MNR_RLO$L_RM_BETTER システム・パラメータ LCKDIRWT の値が高いノードに移動されたツリーの数
Sole Interest MNR_RLO$L_RM_SINGLE 移動先のノードがツリーに残っているロックの唯一のノードであるために,そのノードに移動されたツリー数
Remaster Msg Sent MNR_RLO$L_RM_MSG_SENT このノードから送信された再マスタリング・メッセージの数
Lock Tree Inbound MNR_RLO$L_RM_ACQUIRE このノードに移動されたツリーの数
Remaster Msg Received MNR_RLO$L_RM_MSG_RCV このノードで受信された再マスタリング・メッセージの数



RMS クラス・レコードは,指定のファイルに対するレコード管理サービスを示すデータです。RMS クラス・レコードのレコード・タイプは 20 です。レコード・サイズは,レコードに格納されるクラス・ヘッダ,クラス接頭辞,データ・ブロックのサイズを,次の式で加算して求めます。


16 + 8 + (276 * MNR_CMP$L_ELTCT) 

次の図にRMS クラス・レコードの形式を示します。

図 H-26 RMS クラス・レコードの形式


次の表にRMS クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明をに示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
File Number (Num) MNR_RMS$B_FILNUM
MNR_RMS$B_FILNUM (VAX)
ファイルの通し番号 (バイト,I)
File Organization MNR_RMS$L_ORG ファイルの編成 (ロングワード,I)
Reserved MNR_RMS$L_RESERVED1 予約されている (ロングワード)
Sequential GETs MNR_RMS$L_SEQGETS ファイルに対する順次 $GET の数 (ロングワード,C)



SCS クラス・レコードは,システム内のすべての SCS (システム通信サービス) について,ノード別に SCS 動作を示すデータです。 SCS クラス・レコードのレコード・タイプは 15 であり,サイズは監視対象ノード数によって異なります。バイト単位によるサイズは,レコードに格納されるクラス・ヘッダ,クラス接頭辞,データ・ブロックのサイズを次の式で加算して求めます。


16 + 8 + (56 * MNR_CMP$L_ELTCT の値) 

次の図にSCS クラス・レコードの形式を示します。

図 H-27 SCS クラス・レコードの形式


次の表にSCS クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Node Name MNR_SCS$T_NODENAME リモート・クラスタ・ノードの名前 (指定された長さの ASCII 文字列) (8 バイト,I)
Datagrams Sent MNR_SCS$L_DGSENT リモート・ノードに送信したデータグラムの数 (ロングワード,C)
Datagrams Received MNR_SCS$L_DGRCVD リモート・ノードから受信したデータグラムの数 (ロングワード,C)
Datagrams Discarded MNR_SCS$L_DGDISCARD CI ポート・ドライバが破棄したデータグラムの数 (ロングワード,C)
Sequenced Messages Sent MNR_SCS$L_MSGSENT リモート・ノードに送信したシーケンス・メッセージの数 (ロングワード,C)
Seqenced Messages Received MNR_SCS$L_MSGRCVD リモート・ノードから受信したシーケンス・メッセージの数 (ロングワード,C)
Block Transfer Send-data commands MNR_SCS$L_SNDATS リモート・ノードを送信先としてローカル・ノードで指定されたブロック転送データ送信の回数 (ロングワード,C)
Kilobytes Sent
by Send-data commands
MNR_SCS$L_KBYTSENT データ送信の結果送信した KB 数 (ロングワード,C)
Block Transfer
Request-data commands
MNR_SCS$L_REQDATS リモート・ノードを要求先としてローカル・ノードで指定されたブロック転送データ要求の回数 (ロングワード,C)
Kilobytes Received
by Request-data commands
MNR_SCS$L_KBYTREQD データ要求の結果受信した KB 数 (ロングワード,C)
Block Transfer
Kilobytes Mapped
MNR_SCS$L_KBYTMAPD ブロック転送にマップされた KB 数 (ロングワード,C)
Connections Queued For
Send Credit
MNR_SCS$L_QCRCNT 送信クレジットのキューに接続が登録された回数 (ロングワード,C)
Connections Queued For
Buffer Descriptor
MNR_SCS$L_QBDTCNT バッファ記述子のキューに接続が登録された回数 (ロングワード,C)



STATES クラス・レコードは,各スケジューラ状態にあるプロセスの数を示すデータです。STATES クラス・レコードのレコード・タイプは 1,サイズは 72 バイトです。

次の図にSTATES クラス・レコードの形式を示します。

図 H-28 STATES クラス・レコードの形式


次の表にSTATES クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Collided
Page Wait
MNR_STA$L_COLPG 競合ページ待ち状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Misc
Resource Wait
MNR_STA$L_MWAIT その他の資源待ち状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Common Event
Flag Wait
MNR_STA$L_CEF 共通イベント・フラグ待ち状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Page Fault
Wait
MNR_STA$L_PFW ページ・フォルト待ち状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Local Event Flag,
Inswapped
MNR_STA$L_LEF ローカル・イベント・フラグ待ち状態にある,スワップ・インされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Local Event Flag,
Outswapped
MNR_STA$L_LEFO ローカル・イベント・フラグ待ち状態にある,スワップ・アウトされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Hibernate
Inswapped
MNR_STA$L_HIB ハイバネート待ち状態にある,スワップ・インされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Hibernate
Outswapped
MNR_STA$L_HIBO ハイバネート待ち状態にある,スワップ・アウトされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Suspended
Inswapped
MNR_STA$L_SUSP 中断待ち状態にある,スワップ・インされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Suspended
Outswapped
MNR_STA$L_SUSPO 中断待ち状態にある,スワップ・アウトされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Free Page
Wait
MNR_STA$L_FPG 解放待ち状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Compute State
Inswapped
MNR_STA$L_COM 演算状態にある,スワップ・インされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Compute State
Outswapped
MNR_STA$L_COMO 演算状態にある,スワップ・アウトされたプロセスの数 (ロングワード,L)
Current MNR_STA$L_CUR 現在のプロセスの数 (ロングワード,L)



SYSTEM クラス・レコードは,システムの主要構成要素である CPU,メモリ,入出力機構の全体的動作を示すデータです。 SYSTEM クラス・レコードのレコード・タイプは 17,サイズは 52 バイトです。 SYSTEM クラスを記録すると,明示的に指定していない場合でも,PROCESSES,STATES,MODES の各クラスもともに記録されます。

次の図にSYSTEM クラス・レコードの形式を示します。

図 H-29 SYSTEM クラス・レコードの形式


次の表にSYSTEM クラス・レコードのデータ・ブロック・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
CPU Busy MNR_SYS$L_BUSY システムをブートしてからすべての CPU モードで使用した 10 ミリ秒単位によるクロック・ティック数 (ロングワード,C)
Other States MNR_SYS$L_OTHSTAT LEF,LEFO,HIB,HIBO,COM,COMO,PFW,MWAIT 以外の状態にあるプロセスの数 (ロングワード,L)
Process Count MNR_SYS$L_PROCS システム内のプロセスの数 (ロングワード,L)
Page Faults MNR_SYS$L_FAULTS すべてのワーキング・セットのページ・フォルト数 (ロングワード,C)
Read I/Os MNR_SYS$L_PREADIO ディスク・ページ・フォルトの結果行われた読み込み動作の数 (ロングワード,C)
Free Page Count MNR_SYS$L_FREECNT 現在空きページリストにあるページ数 (ロングワード,L)
Modified Page Count MNR_SYS$L_MFYCNT 現在変更済みページ・リストにあるページ数 (ロングワード,L)
Direct I/Os MNR_SYS$L_DIRIO 直接入出力動作の数 (ロングワード,C)
Buffered I/Os MNR_SYS$L_BUFIO バッファード入出力動作の数 (ロングワード,C)



TIMER クラス・レコードは,OpenVMS エグゼクティブがタイマ・キュー・エントリ (TQE) を監視する際に便利なデータです。 TIMER クラス・レコードのレコード・タイプは 26,サイズは 32 バイトです。

図 H-30 に TIMER クラス・レコードの形式を示します。

図 H-30 TIMER クラス・レコードの形式


次の表に TIMER クラス・レコード・フィールドの説明を示します。

フィールド シンボリック・オフセット 内容
Total TQEs MNR_TMR$L_TQE_TOTAL 1 秒間に処理された全 TQE の数
SYSUB TQEs MNR_TMR$L_TQE_SYSUB 1 秒間に処理された SYSUB TQE の数
Timer TQEs MNR_TMR$L_TQE_TIMER 1 秒間にユーザから発行されたタイマ要求の数
Wakeup TQEs MNR_TMR$L_TQE_WAKEUP 1 秒間にユーザから発行されたウェイクアップ・タイマ要求の数


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項