日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

付録 B
ACL エディタのカスタマイズ

ACL セクション・ファイル SYS$LIBRARY:ACLEDIT.TPU を変更して再コンパイルすることにより,ACL (アクセス制御リスト) エディタを変更することができます。SYS$LIBRARY:ACLEDIT.TPU ファイルは,コンパイル済みの ACL セクション・ファイル SYS$LIBRARY:ACLEDT$SECTION.TPU$SECTION のソース・ファイルです。独自の ACL セクション・ファイルを作成することもできます。

セクション・ファイルの作成と処理の詳細については,『DEC Text Processing Utility Reference Manual』を参照してください。

B.1 ACL セクション・ファイルに格納されている変数の変更

表 B-1 は,ACL セクション・ファイルの変数と省略時の値の一覧です。

表 B-1 ACL セクション・ファイルの変数
変数 意味
ACLEDIT$X_CHECK_DUPLICATES 重複 ACE をチェックするかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 重複 ACE をチェックしない。
1 重複 ACE をチェックする。入力する ACE が既存 ACE と同じである場合,エラー・メッセージが出力される。省略時の値である。

ACLEDIT$X_CHECK_MODIFY ACE の変更を許可または禁止する。次の値を定義できる。

0 ACE を変更できる。
1 ACE を変更できない。ACE を変更しようとした場合,オリジナルの ACE と置換される。省略時の値である。

ACLEDIT$X_DIRECTORY_FILE オブジェクトがディレクトリ・ファイルであるかどうかを示す。次の値を定義できる。

0 オブジェクトは,ディレクトリ・ファイルではない。
1 オブジェクトは,ディレクトリ・ファイルである。

ACLEDIT$X_PASTE_BUFFER VT200 シリーズ・ターミナルに対し, PASTE バッファのサポートを許可するかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 PASTE バッファ・サポートを禁止する。省略時の値である。
1 PASTE バッファ・サポートを許可する。

ACLEDIT$X_PROMPT 自動テキスト挿入 (プロンプト・モード) を許可するかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 プロンプト・モードを禁止する。
1 プロンプト・モードを許可する。省略時の値である。

ACLEDIT$X_USE_DEFAULT_OPT DEFAULT オプションをディレクトリ以外の ACE で使用できるかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 DEFAULT オプションを使用できるのは,ディレクトリ・ファイル (.DIR) の ACE だけである。省略時の値である。
1 DEFAULT オプションは,すべてのオブジェクト・タイプの ACE で使用できる。

ACLEDIT$C_WINDOW_SHIFT 指定方向で編集ウィンドウを移行するカラム数を指定する。左方向の移行には GOLD キーと左向き矢印キー,右方向の移行には GOLD キーと右向き矢印キーを使用する。省略時の値は,8 カラムである。

表 B-1 に示されている変数を変更した場合や ACL セクション・ファイルの他の部分を変更した場合,次のコマンドでセクション・ファイルを再コンパイルします。


$ EDIT/TPU/NOSECTION/COMMAND=SYS$LIBRARY:ACLEDIT

上記のコマンドは,コンパイル済み ACL セクション・ファイル
SYS$LIBRARY:ACLEDT$SECTION を作成するソース・コード・ファイル SYS$LIBRARY:ACLEDIT を直接変更する場合に使用します。既存の ACL セクション・ファイルにプライベート・コマンド・ファイルを追加する場合には,次のコマンドを使用します。


$ EDIT/TPU/SECTION=SYS$LIBRARY:ACLEDT$SECTION/COMMAND=CUSTOM_ACL.TPU

コンパイルされた DECtpu ACL セクション・ファイルは,現在のディレクトリに格納されます。このセクション・ファイルを実行するには,次のいずれかの作業を行います。

  • コンパイル済みセクション・ファイル ACLEDT$SECTION.TPU$SECTION を SYS$LIBRARY ディレクトリに移動する。この結果,すべてのユーザの省略時の ACL エディタ・セクション・ファイルが変更される。

  • コンパイル済みセクション・ファイルを使用中ディレクトリに格納し,次のとおり,論理名 ACLEDT$SECTION がこのファイルを指すように,LOGIN.COM ファイルに定義する。


    $ DEFINE ACLEDT$SECTION yourdisk:[yourdir]ACLEDT$SECTION
    

コンパイルする前のセクション・ファイル (ソース・ファイル) の省略時のファイル・タイプは TPU であり,コンパイル済みセクション・ファイルの省略時のファイル・タイプは TPU$SECTION です。

DECtpu セクション・ファイルの作成と処理の詳細については,『DEC Text Processing Utility Reference Manual』を参照してください。

B.2 ACL エディタ・ルーチン CALL_USER の使用法

ACL エディタ・ルーチン CALL_USER は,共用可能イメージ
SYS$LIBRARY:ACLEDTSHR.EXE の一部です。このルーチンは,その既存機能コードとともに ACL セクション・ファイルに含めることができます。また,別の機能コードを認識する CALL_USER ルーチンを,新たに作成することもできます。

ACL エディタ・ルーチン CALL_USER は,ACL エディタの DECtpu セクション・ファイルが使用する機能だけを認識します。その他の機能コードは,ユーザが提供する CALL_USER ルーチンに渡されます。ACL エディタ・ファシリティ・コード (10 進値 277 または 16 進値 115) を上位ワードに含んでいる CALL_USER 機能コードは,ACL エディタの CALL_USER ルーチンで処理されます。その他の機能コードの場合,ユーザが提供する CALL_USER ルーチンが使用されます。CALL_USER ルーチンの作成方法については,『DEC Text Processing Utility Reference Manual』の CALL_USER ルーチンの説明を参照してください。

表 B-2 は,ACL エディタがサポートする CALL_USER ルーチンの機能コードの一覧です。

表 B-2 CALL_USER 機能コード
機能
コード
ニーモニック 説明
18153473 ACLEDIT$C_PARSE_ACE 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーが存在しない場合は解析済み (バイナリ) ACE を戻す。エラーを検出した場合,最初の 2 文字が 0,入力 ACE の中で解析されなかった箇所を 3 文字目以降とする文字列を戻す。
18153474 ACLEDIT$C_CHECK_MODIFY ユーザが変更できる ACE の場合,文字列 "READ_WRITE" を戻す。変更できない ACE の場合,文字列 "READ_ONLY" を戻す。
18153475 ACLEDIT$C_PROMPT_MODE プロンプト・モードが指定されている場合,文字列 "PROMPT_MODE" を戻す。プロンプト・モードが指定されていない場合,文字列 "NOPROMPT_MODE" を戻す。
18153476 ACLEDIT$C_CHECK_ACE 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーが存在しない場合は解析済み (バイナリ) ACE を戻す。エラーを検出した場合,ACE テキストを強調表示し,エラーがある ACE であることを示す DECtpu 変数 ACLEDIT$X_RANGE_x を作成する。 "x" は,1 から始まる通し番号である。
18153477 ACLEDIT$C_CHECK_DIR 編集対象オブジェクトがディレクトリ・ファイルである場合,文字列 "DIRECTORY_FILE" を戻す。ディレクトリ・ファイルでない場合,文字列 "NODIRECTORY_FILE" を戻す。
18153478 ACLEDIT$C_SET_CANDIDATE 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーが存在しない場合は文字列 "PARSE_OK" を戻す。エラーを検出した場合,文字列 "PARSE_ERROR" を戻す。解析が正常終了した場合,CALL_USER の ACLEDIT$C_CHECK_DUP 機能が重複 ACE をチェックする。
18153479 ACLEDIT$C_CHECK_DUP 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーを検出した場合は文字列 "PARSE_ERROR" を戻す。エラーが存在しない場合,CALL_USER の ACLEDIT$C_SET_CANDIDATE 機能が設定した候補 ACE と解析済み (バイナリ) ACE とを比較する。 ACE が重複している場合は文字列 "DUPLICATE_ACE" を戻し,重複していない場合は文字列 "UNIQUE_ACE" を戻す。
18153482 ACLEDIT$C_MESSAGE 入力文字列がシステム・エラー・コードであると仮定し,そのエラー・コードに対応するメッセージ・テキストを ACL エディタのメッセージ・ウィンドウに戻す。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項