日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

STARTUP SHOW

現在のスタートアップ・データベースの名前またはその構成要素,および STARTUP SET OPTIONSコマンドを使用して選択されたスタートアップ・ロギング・オプションを表示します。

形式

STARTUP SHOW DATABASE


FILE
OPTIONS


パラメータ



DATABASE

現在のスタートアップ・データベースの名前を表示します。スタートアップ・データベースには,STARTUP$STARTUP_LAYERED と STARTUP$STARTUP_VMS の 2 つがあります。 STARTUP$STARTUP_VMS は,変更しないようにしてください。

FILE

現在のスタートアップ・データベースの内容を表示します。各構成要素について,ファイル名,フェーズ,実行モードが表示されます。

OPTIONS

STARTUP SET OPTIONSコマンドを使用して選択したオプションを表示します。

修飾子



/FULL

データベースの各構成要素について,詳細情報を表示します。構成要素のフェーズ,ファイル名,実行モードをはじめ,ファイルが実行されるノードとファイルに渡されるパラメータが表示されます。FILE パラメータに付けて指定します。

/NODE

ファイルが実行される,クラスタ内のノードを表示します。省略時の設定では,環境内のすべてのノードでスタートアップ・ファイルが実行されます。FILE パラメータに付けて指定します。

/OUTPUT=ファイル指定

SYS$OUTPUT から指定ファイルに,出力先を変更します。ファイルを指定しない場合,現在のディレクトリの SYSMAN.LIS に出力されます。

/PARAMETERS

スタートアップ・ファイルを実行するときに使用するパラメータを表示します。パラメータを省略した場合には,システム・パラメータ STARTUP_Pn によって定義される省略時の設定が与えられます。STARTUP_Pnが空白の場合には,"FULL"がパラメータ1 (P1)として使用され,STARTUP.COMはこのパラメータを各スタートアップ・コンポーネント・ファイルに渡します。特定のコンポーネント・ファイルに空白のP1パラメータを渡す場合には, STARTUP MODIFY コマンドの /PARAMETER修飾子の説明を参照してください。

/PHASE=フェーズ名

特定のスタートアップ・フェーズで実行されるすべての構成要素を表示します。 LPBEGIN,LPMAIN,LPBETA,END のフェーズを指定できます。省略時の値は LPMAIN です。FILE パラメータに付けて指定します。


SYSMAN> STARTUP SET DATABASE STARTUP$STARTUP_VMS
SYSMAN> STARTUP SHOW FILE
%SYSMAN-I-COMPFIL, contents of component database on node LUCERN
Phase        Mode    File              
-----        ----    --------------------------------
BASEENVIRON  DIRECT  VMS$BASEENVIRON_050_LIB.COM
BASEENVIRON  CALLED  VMS$BASEENVIRON_050_SMISERVER.COM
BASEENVIRON  DIRECT  VMS$BASEENVIRON_050_VMS.COM
. 
. 
. 
 

VMS スタートアップ・データベースの内容を表示しています。

SYS_LOADABLE ADD

システム・イメージ・ファイル SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.IDX に,エントリを追加します。

重要

SYS_LOADABLE ADD コマンドは,汎用コマンドではありません。使用するのは,上級システム・プログラマだけに限定してください。


形式

SYS_LOADABLE ADD 製品イメージ


パラメータ



製品

ロード可能イメージを一意で指定する 8 文字以内の製品ニーモニック。ユーザが作成したイメージの場合, _LOCAL_ という文字列が通常含まれます。

イメージ

追加するロード可能システム・イメージのファイル名。このパラメータに指定できる値は,ファイル名だけです。デバイス,ディレクトリ,ファイル・タイプ,ワイルドカード文字は,指定しないようにしてください。

修飾子



/LOAD_STEP

イメージをロードするブート・プロセスのステップを指定します。システム初期化コードでイメージをロードする INIT と,SYSINIT プロセスでイメージをロードする SYSINIT のいずれかを指定します。

省略時の値は SYSINIT です。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

エントリを追加したことを示すメッセージを表示するかどうかを制御します。

/MESSAGE

条件を満たしたときに表示するメッセージ・テキストを指定します。/SEVERITY 修飾子を参照してください。省略時のメッセージは, "system image load failed" です。

/SEVERITY

イメージ・ロード状態によるコンソール出力とブート状態への影響を指定します。次の値を指定できます。

FATAL イメージのロード時にエラーが発生した場合,エラー・メッセージと BUGCHECK 情報を表示する。
INFORMATION メッセージを表示し,処理を続行する。
SUCCESS イメージのロード時にエラーが発生しても,処理を続行する。メッセージは表示しない。
WARNING イメージのロード時にエラーが発生した場合,エラー・メッセージを表示し,処理を続行する。

省略時の値は,WARNING です。


説明

SYS_LOADABLE ADD コマンドは,システム・イメージ・ファイル SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.IDX にエントリを追加します。このファイルは,コマンド・プロシージャ SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.COM で処理します。この処理の結果,システムがブート時に使用するシステム・イメージ・データ・ファイルが作成されます。

SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.IDX ファイルが存在しない場合,新たに作成されます。

SYS_LOADABLE REMOVE

システム・イメージ・ファイル SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.IDX からエントリを削除します。

重要

SYS_LOADABLE REMOVE コマンドは,汎用コマンドではありません。使用するのは,上級システム・プログラマだけに限定してください。


形式

SYS_LOADABLE REMOVE 製品


イメージ


パラメータ



製品

ロード可能イメージを一意で指定する 8 文字以内の製品ニーモニック。ユーザが作成したイメージの場合, _LOCAL_ という文字列が通常含まれます。

イメージ

削除するロード可能システム・イメージのファイル名。このパラメータに指定できる値はファイル名だけです。デバイス,ディレクトリ,ファイル・タイプ,ワイルドカード文字は,指定しないようにしてください。

修飾子



/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

エントリを削除したことを示すメッセージを表示するかどうかを制御します。

説明

SYS_LOADABLE REMOVE コマンドは,システム・イメージ・ファイル SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.IDX からエントリを削除します。このファイルは,コマンド・プロシージャ SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.COM で処理します。この処理の結果,システムがブート時に使用するシステム・イメージ・データ・ファイルが作成されます。

SYS$UPDATE:VMS$SYSTEM_IMAGES.IDX ファイルが存在しない場合,空のファイルが作成されます。



24.4 RAD の例

次のサンプル・プロシージャは, SYSMAN リソース・アフィニティ・ドメイン (RAD) の修飾子とオプションの使用例を示しています。

  1. 予約済みのメモリ・レジストリが存在しないことを示します。


    SYSMAN> reserved_memory list 
    %SYSMAN-I-NODERR, error returned from node PIPERI 
    -RMS-E-FNF, file not found 
    

  2. グループ・グローバル・セクション用の予約を追加し,新しい予約を表示します。


    SYSMAN> reserved_memory add ak_sec/gr=4711 /size=16 /zero /page_tables 
    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name             Group    RAD  Size (MB)  Pages  Attributes 
    AK_SEC                       4711     ANY         16   2048  Allocated Zeroed 
    AK_SEC                       4711                         2  PageTables Allocated 
    

  3. 4 つの RAD それぞれから割り当てられたメモリへの予約を変更し,その結果を表示します。


    SYSMAN> reserved_memory modify ak_sec/gr=4711 /new_rad=0 /size=4 
    SYSMAN> reserved_memory extend ak_sec/gr=4711 /rad=1 /size=4 
    SYSMAN> reserved_memory extend ak_sec/gr=4711 /rad=2 /size=4 
    SYSMAN> reserved_memory extend ak_sec/gr=4711 /rad=3 /size=4 
    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name             Group    RAD  Size (MB)      Pages  Attributes 
    AK_SEC                       4711       0          4        512  Allocated Zeroed 
    AK_SEC                       4711       1          4        512  Allocated Zeroed 
    AK_SEC                       4711       2          4        512  Allocated Zeroed 
    AK_SEC                       4711       3          4        512  Allocated Zeroed 
    AK_SEC                       4711                             2  PageTables Allocated 
    

  4. ブート時にゼロ割り当てされなくなったページに予約を変更します。 /ZERO,/ALLOCATE,/PAGE_TABLES などの属性を変更できるのは,予約全体に対してのみであり,特定の RAD に対しては変更できません。


    SYSMAN> reserved_memory modify ak_sec/gr=4711 /nozero 
    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name              Group    RAD  Size (MB)      Pages  Attributes 
    AK_SEC                        4711       0          4        512  Allocated 
    AK_SEC                        4711       1          4        512  Allocated 
    AK_SEC                        4711       2          4        512  Allocated 
    AK_SEC                        4711       3          4        512  Allocated 
    AK_SEC                        4711                             2  PageTables Allocated 
    

  5. 特定の RADからメモリを要求しなくなるように予約を変更します。全体のサイズは変更されません。


    SYSMAN> reserved_memory modify ak_sec/gr=4711 /norad 
    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name           Group    RAD  Size (MB)      Pages  Attributes 
    AK_SEC                     4711     ANY         16       2048  Allocated 
    AK_SEC                     4711                             2  PageTables Allocated 
     
    

  6. 複数の RAD に渡って割り当てられる予約を開始し,ブート時にメモリが割り当てられなくなることを要求します。これは,メモリが特定の RAD から割り当てられなくなることを意味しています。
    変更前の予約は次のとおりです。


    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name   Group    RAD  Size (MB)      Pages  Attributes 
    AK_SEC             4711       0         4        512  Allocated 
    AK_SEC             4711       1         4        512  Allocated 
    AK_SEC             4711       2         4        512  Allocated 
    AK_SEC             4711       3         4        512  Allocated 
    AK_SEC             4711                            2  PageTables Allocated 
     
    


    ブート時に割り当てられなくするコマンドは次のとおりです。


    SYSMAN> reserved_memory modify ak_sec/gr=4711 /noalloc 
    


    予約の新しい状態は次のとおりです。


    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name           Group    RAD  Size (MB)      Pages  Attributes 
    AK_SEC                     4711     ANY         16       2048 
    AK_SEC                     4711                             2  PageTables 
    

  7. 割り当てられた RAD で予約のサイズを変更する,または,異なる RADを使用して予約を変更するには,現在の RAD を指定する必要があります。
    変更前の予約は次のとおりです。


    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name           Group    RAD  Size (MB)      Pages  Attributes 
    AK_SEC                     4711       2         16       2048  Allocated 
    AK_SEC                     4711                             2  PageTables Allocated 
    


    予約サイズを変更しようとするコマンドは次のとおりです。


    SYSMAN> reserved_memory mod ak_sec/gr=4711 /size=20 
    %SYSMAN-I-NODERR, error returned from node PIPERI 
    -SMI-E-RMRNOMATCH, no records matched search criteria 
     
        正しいコマンドは次のとおりです。 
     SYSMAN> reserved_memory mod ak_sec/gr=4711 /rad=2 /size=20 
    


    予約の新しい状態は次のとおりです。


    SYSMAN> reserved_memory list 
     
    %SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI 
    Reservation Name           Group    RAD  Size (MB)  Pages  Attributes 
    AK_SEC                      4711     2         20    2560  Allocated 
    AK_SEC                      4711                        3  PageTables Allocated 
    


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項