日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

RESERVED_MEMORY ADD (Alpha および I64 )

Alpha システムと I64 システムにおいて,Reserved Memory Registry データ・ファイルにエントリを追加します。 Reserved Memory Registry データ・ファイルの変更や追加は,次にシステムをリブートするまで有効になりません。

RESERVED_MEMORY ADD コマンドを使用すると,将来必要になる可能性のある一定量の物理メモリを予約できます。 /ALLOCATE 修飾子を使用すると,ブート処理中に 1 つ以上のブロックの物理メモリを取り除いておきます。 /ALLOCATE 修飾子を使用すると,メモリを十分に連続的にして,粒度ヒントとともに使用するためにアラインすることができます。

AUTOGEN は GETDATA フェーズで Reserved Memory Registry データ・ファイルを処理します。AUTOGEN は,利用可能な物理メモリの量に従うシステム・パラメータを計算する場合に,すべてのエントリのサイズを考慮します。

AUTOGEN は,エントリが /NOGLOBAL_SECTION として指定された場合を除き,すべてのエントリの予約サイズを使用して,グローバル・ページ・テーブルの初期サイズを計算します。

Reserved Memory Registry の詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』と『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』を参照してください。


形式

RESERVED_MEMORY ADD 名前


パラメータ



名前

メモリ予約の名前です。この名前は指定する必要があります。

この予約がメモリ常駐グローバル・セクション用である場合,予約の名前はグローバル・セクション名と同じである必要があります。


修飾子



/ALLOCATE



/NOALLOCATE (省略時の設定)

システムを次にリブートするときのページを割り当てます。ページの物理的なアラインメントは,メモリ予約のサイズを超えることなく,ページの対応付けに使用できる最大粒度ヒント係数に基づいて決定されます (/ALLOCATE 修飾子の詳細については,この項の導入部を参照してください)。

粒度ヒント係数としては,512ページ(4MB)と64ページ(512KB)があります。したがって,システム・ページ・サイズを8KBとすると,予約されるメモリは次のように物理的にアラインされます。

  • サイズ >= 4BM: 4MB境界に物理的にアラインされます。

  • サイズ < 4BM: 512KB境界に物理的にアラインされます。

/NOALLOCATE を指定した場合,または /ALLOCATE を指定しなかった場合には,メモリは,システムの流動ページ・カウントを引き算することによってのみ予約されますが,具体的なページを取り除いておくことはできません。

/GLOBAL_SECTION (省略時の設定)



/NOGLOBAL_SECTION

/NOGLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用ではなく特権アプリケーション用であることを表しています (/GLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用であることを表しています )。 /NOGLOBAL_SECTION 修飾子は /GROUP, /SYSGBL, /PAGE_TABLES と同時に指定することはできません。

/GROUP=n

予約済みメモリがグループ・グローバル・セクションのためのメモリであることを指定します。値n は,グループ・グローバル・セクションを作成するプロセスのUICグループ番号(8進)を指定します。グローバル・セクションへのアクセスは,作成者のUICグループ番号に属するプロセスだけが行えます。たとえば,UICが[6,100]のプロセスがグループ・グローバル・セクションの作成者である場合,/GROUP修飾子のグループ番号は6になります。

/GROUP 修飾子は /SYSGBL または /NOGLOBAL_SECTION 修飾子と同時に指定することはできません。

/PAGE_TABLES (省略時の設定)



/NOPAGE_TABLES

共用ページ・テーブルのために追加のメモリを予約します。メモリ常駐グローバル・セクションが作成されると,グローバル・セクションのための共用ページ・テーブルが作成されます。 /ALLOCATE を指定しない場合(または /NOALLOCATE を指定する場合),追加の予約済みメモリはシステムの流動ページ・カウントから引き算されるだけです。/ALLOCATE を指定すると,共用ページテーブル用の追加のページがシステムの次のリブートの際に割り当てられ,追加の予約済みメモリがシステムの流動ページ・カウントから引き算されます。

/PAGE_TABLES を指定しなかった場合,または /NOPAGE_TABLES を指定した場合は,共用ページ・テーブルのための追加のメモリは予約されません。メモリ常駐グローバル・セクションが作成されるときも,グローバル・セクションのための共用ページ・テーブルは作成されません。

/RAD=n

行おうとしている予約に対して,優先するリソース・アフィニティ・ドメイン (RAD) を指定します。値 n は,指定する RAD の数です。この修飾子を省略した場合,またはこの RAD に十分なメモリがない場合,他の任意の RAD が予約要求を満たすことができ,利用可能な最初のメモリ・セクションが使用されます。

RAD を指定すると,/ALLOCATE 修飾子が暗黙で強制されます。

SYSMAN RAD 修飾子とオプションの使用方法を示すサンプル・プロシージャについては, 第 24.4 節 を参照してください。

/SIZE=予約済みメモリのサイズ,MB 単位

システムの初期化の際に VMS$RESERVED_MEMORY.DATAデータ・ファイルが読み込まれるときに,このメモリ常駐グローバル・セクションのためにシステムの流動ページ・カウントから引き算される M バイト数を指定します。

/SYSGBL

予約がシステムのグローバル・メモリ常駐セクション用であることを示します。

この修飾子を /GROUP 修飾子または /NOGROBAL_SECTION 修飾子と同時には指定できません。この修飾子は,/GROUP または /NOGLOBAL_SECTION 修飾子を指定しないかぎり省略時の設定です。

/ZERO



/NOZERO (省略時の設定)

/ZERO修飾子は /ALLOCATE修飾子も同時に指定する必要があります。 /ZERO を指定すると,システムの初期化の際に,事前に割り当てられるページはゼロで埋められます。メモリ常駐グローバル・セクションには,ゼロにされたページが必要ですが,システムの初期化の際にゼロで埋められたページが必要というわけではありません。

/ZERO を指定しなかった場合,または /NOZERO を指定した場合は,システムの初期化の際に,事前に割り当てられるページはゼロにされません。これらのページは,グローバル・セクションの作成時にゼロにされます。


説明

OpenVMS オペレーティング・システムでは,メモリ常駐のグローバル・デマンドゼロ・セクションの中で使用する非流動メモリを予約することができます。予約されるメモリは,単にシステムの流動メモリ・サイズから引き算するという形でも,物理ページとして事前に割り当てることもできます。

Reserved Memory Registryを使用することにより, AUTOGENは,流動ページ・カウントの計算において,メモリ常駐セクション・ページが算入されないようにシステムを正しく設定することができます。AUTOGENはシステムの流動ページ・カウントに基づいて,システム・ページ・ファイルのサイズ,プロセスの数,およびワーキング・セットの最大サイズを決定します。AUTOGENが,何らかの他の目的のために永久的に予約されている物理メモリを考慮に入れないまま,流動ページ・カウントに基づいてパラメータを調整していると,システムの性能が大幅に低下することがあります。

また,Reserved Memory Registryを使用することにより,割り当てオプションの使用時にメモリ常駐セクションのためのメモリが確保できることが保証されます。

予約された非流動メモリのユーザは,システムの初期化時(ブート時)に読み込まれるデータ・ファイルに,メモリの特性を入力します。このファイルはSYS$SYSTEM:VMS$RESERVED_MEMORY.DATAであり,このファイルの保守にはSYSMANユーティリティを使用します。

注意

SYS$SYSTEM:VMS$RESERVED_MEMORY.DATA データ・ファイルは編集しないでください。

VMS$RESERVED_MEMORY.DATA はシステムの初期化の際に読み込まれます。このデータ・ファイルの各エントリについて, RESERVED_MEMORY ADD コマンドの /SIZE 修飾子の指定に従い,このメモリ常駐グローバル・セクションのためにシステムの流動ページ・カウントから M バイト単位での引き算が行われます。 /PAGE_TABLES が指定されている場合には,メモリ常駐グローバル・セクションに対応する共用ページ・テーブルに必要なメモリも,システムの流動ページ・カウントから引き算されます。

次の表に,RESERVED_MEMORY ADD コマンドの修飾子の効果をまとめます。

修飾子 効果
/ALLOCATE 物理ページのブロックが割り当てられ,メモリ常駐グローバル・セクションのために予約される。
/PAGE_TABLES 物理ページのブロックが追加で割り当てられ,共用ページ・テーブルのために予約される。これらのページは,ブロックの最大の粒度ヒント係数を使用するのに適した物理的アラインメントを持っている。
/ZERO ページは,システムの初期化の際に,またはシステムがアイドル状態にあるときにゼロにされる。
/NOZERO ページは,メモリ常駐グローバル・セクションの作成時にゼロにされる。

システム・パラメータ STARTUP_P1 を "MIN" に設定すると,Reserved Memory Registryのエントリは無視され,メモリは予約されません。

システム初期化の際,Reserved Memory Registryデータ・ファイルの処理を行っているときに,流動ページの予約や物理ページの割り当てでエラーが発生すると,システムはコンソールに警告を発し,ブート処理を続けます。ただし要求は実行を許可されません。



SYSMAN> RESERVED_MEMORY ADD DFW$GS_1 /NOPAGE /GROUP=100 /SIZE=1
SYSMAN> RESERVED_MEMORY ADD DFW$GS_2 /PAGE /SIZE=2 /ALLOC /ZERO
SYSMAN> RESERVED_MEMORY ADD DFW$GS_3 /PAGE /SIZE=3
 

この例のコマンドは, Reserved Memory Registryデータ・ファイルにエントリを追加します(RESERVED_MEMORY SHOWコマンドの例に,これらのエントリの値があります)。

RESERVED_MEMORY EXTEND (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムで,単一の予約に複数のリソース・アフィニティ・ドメイン (RAD) を指定する場合は,メモリのセクションを追加します。

EXTEND では,/ALLOCATE,/ZERO,または /PAGE_TABLES フラグを指定できません。既存の予約によってこれらのフラグの状態が判断されます。 /ALLOCATE フラグは,初期予約用に設定されていてもそうでなくても, EXTEND では暗黙的に設定されます。

RAD を指定せずにメモリ・セクションを追加するには, /NORAD 修飾子を使用します。

SYSMAN RAD 修飾子とオプションの使用方法を示すサンプル・プロシージャについては, 第 24.4 節 を参照してください。


形式

RESERVED_MEMORY EXTEND 名前


パラメータ



名前

メモリ予約の名前です。名前を指定する必要があります。

予約がメモリ常駐グローバル・セクション用である場合,予約の名前をグローバル・セクション名と同じにする必要があります。


修飾子



/RAD=n



/NORAD

単一の予約用に複数の RAD を指定する場合,追加のメモリ・セクションを指定します。

RAD を指定せずにメモリ・セクションを追加するには /NORAD を使用します。

/SIZE=予約済みのメモリのサイズ,MB 単位

システムの初期化の際に VMS$RESERVED_MEMORY.DATA データ・ファイルが読み込まれるときに,このメモリ常駐グローバル・セクションのためにシステムの流動ページ・カウントから引き算される M バイト数を指定します。

RESERVED_MEMORY FREE (Alpha および I64)

実行中の Alpha システムと I64 システムにおいて,予約済みのメモリを解放します。このコマンドはReserved Memory Registryデータ・ファイルの内容には影響を与えません。これは実行中のシステムにのみ影響を与えます。

形式

RESERVED_MEMORY FREE 名前


パラメータ



名前

メモリ予約の名前です。この名前は指定する必要があります。

修飾子



/GLOBAL_SECTION (省略時の設定)



/NOGLOBAL_SECTION

/NOGLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用ではなく特権アプリケーション用であることを表しています (/GLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用であることを表しています)。 /NOGLOBAL_SECTION 修飾子は /GROUP,/SYSGBL,/PAGE_TABLES と同時に指定することはできません。

/GROUP=n

メモリ常駐グローバル・セクションがグループ・グローバル・セクションである場合, /GROUP を指定する必要があります。メモリ常駐グローバル・セクションがシステム・グローバル・セクションである場合, /GROUP は指定しないでください。値n は,メモリ常駐に関連し,解放の対象になる UIC グループ番号 (8 進) です。

/GROUP 修飾子は,/SYSGBL, /NOGROBAL_SECTION 修飾子とともに指定することはできません。

/SYSGBL

予約がシステムのグローバル・メモリ常駐セクション用であることを示します。

この修飾子を /GROUP 修飾子または /NOGROBAL_SECTION 修飾子と同時には指定できません。この修飾子は,/GROUP または /NOGLOBAL_SECTION 修飾子を指定しないかぎり省略時の設定です。


説明

システム初期化の際に,このグローバル・セクションに対して物理ページが事前に割り当てられなかった場合,予約されたメモリは単にシステムの流動ページ・カウントに追加されます。そうでない場合,ページはシステムのフリーまたはゼロ化ページ・リストに割り当て解除されます。

指定したメモリ常駐グローバル・セクションに対してページ・テーブルも予約されている場合は,共用ページ・テーブルの予約済みメモリも解放されます。指定した予約の一部がまだ使用されている場合,現在使用されていないだけの量の予約済みメモリが解放されます。システムは,指定したグローバル・セクションが予約済みメモリの一部を使用しているかどうかを示す情報メッセージを表示します。



SYSMAN> RESERVED_MEMORY FREE DFW$GS_2
%SMI-S-RMRFREPAG, pages successfully freed from reservation
SYSMAN> RESERVED_MEMORY SHOW
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node PIPERI
Name                     Pages  In Use Group    PTs  Alloced Zeroed 
DFW$GS_3                  384        0 SYSGBL    No  No      No 
DFW$GS_1                  128        0 00000100  No  No      No 
DFW$GS_3                    1        0 SYSGBL   Yes  No      No

この例で,1つ目のコマンドはDFW$GS_2の中の予約済みメモリを解放します。 2つ目のコマンドは,実行中のシステムの中のDFW$GS_3と DFW$GS_1の予約済みメモリを表示しますが,予約済みメモリを持たないDFW$GS_2については表示しません。

RESERVED_MEMORY LIST (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムで,Reserved Memory Registry データ・ファイルに現在格納されているこの予約のプレビューを提供します。予約が何も指定されない場合,現在のすべての予約が表示されます。

この修飾子を使用すると,予約が意図されたとおりに行われていることを確認できます。

SYSMAN リソース・アフィニティ・ドメイン RAD 修飾子とオプションの使用方法を示すサンプル・プロシージャについては, 第 24.4 節 を参照してください。


形式

RESERVED_MEMORY LIST 名前


パラメータ



名前

Reserved Memory Registry データ・ファイルで検証する予約の名前です。

修飾子



/GLOBAL_SECTION (省略時の設定)



/NOGLOBAL_SECTION

/NOGLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用ではなく特権アプリケーション用であることを表しています (/GLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用であることを表しています)。 /NOGLOBAL_SECTION 修飾子は /GROUP,/SYSGBL,/PAGE_TABLES と同時に指定することはできません。

/GROUP=n

メモリ常駐グローバル・セクションがグループ・グローバル・セクションである場合, /GROUP を指定する必要があります。メモリ常駐グローバル・セクションがシステム・グローバル・セクションである場合, /GROUP は指定しないでください。値n は,メモリ常駐に関連し,解放の対象になる UIC グループ番号 (8 進) です。

/GROUP 修飾子は,/SYSGBL,/NOGROBAL_SECTION 修飾子と同時には指定できません。

/SYSGBL

予約がシステムのグローバル・メモリ常駐セクション用であることを示します。

この修飾子を /GROUP 修飾子または /NOGROBAL_SECTION 修飾子と同時には指定できません。この修飾子は,/GROUP または /NOGLOBAL_SECTION 修飾子を指定しない限り省略時の設定です。

RESERVED_MEMORY MODIFY (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて, Reserved Memory Registry データ・ファイルの既存のエントリの変更を許可します。

SYSMAN RAD 修飾子とオプションの使用方法を示すサンプル・プロシージャについては, 第 24.4 節 を参照してください。


形式

RESERVED_MEMORY MODIFY 名前


パラメータ



名前

削除するエントリに関連付けられた名前です。この名前は指定する必要があります。

修飾子



/ALLOCATE



/NOALLOCATE (省略時の設定)

システムを次にリブートするときに,コマンド行に指定されたようにページを割り当てます (省略時の設定は,既存のReserved Memory Registry エントリから設定されます)。ページの物理的なアラインメントは,予約されるメモリのサイズに応じて,ページの対応付けに使用できる最大粒度ヒント係数に基づいて決定されます。

粒度ヒント係数としては,512ページ(4MB)と64ページ(512KB)があります。したがって,システム・ページ・サイズを8KBとすると,予約されるメモリは次のように物理的にアラインされます。

  • サイズ >= 4BM: 4MB境界に物理的にアラインされます。

  • サイズ < 4BM: 512KB境界に物理的にアラインされます。

/NOALLOCATE を指定した場合,または /ALLOCATE を指定しなかった場合には,メモリは,システムの流動ページ・カウントを引き算することによってのみ予約されますが,具体的なページを取り除いておくことはできません。

/GLOBAL_SECTION (省略時の値)



/NOGLOBAL_SECTION

/NOGLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用ではなく特権アプリケーション用であることを表しています (/GLOBAL_SECTION は,メモリ修飾子がグループまたはシステム・グローバル・セクション用であることを表しています )。 /NOGLOBAL_SECTION 修飾子は /GROUP,/SYSGBL,/PAGE_TABLES と同時に指定することはできません。

/GROUP=n

予約済みメモリがグループ・グローバル・セクションのためのメモリであることを指定します。値n は,グループ・グローバル・セクションを作成するプロセスのUICグループ番号(8進)を指定します。グローバル・セクションへのアクセスは,作成者のUICグループ番号に属するプロセスだけが行えます。たとえば,UICが[6,100]のプロセスがグループ・グローバル・セクションの作成者である場合,/GROUP修飾子のグループ番号は6になります。

/GROUP 修飾子は,/SYSGBL,/NOGROBAL_SECTION 修飾子とともに指定することはできません。

/NEW_RAD=nn



/NONEW_RAD

エントリの RAD 割り当てを変更する場合は NEW_RAD を使用します。まず,/RAD=n を指定して変更するエントリを識別し,次に /NEW_RAD=nn を指定して新しい RAD を識別します。古いエントリが RAD を割り当てられていない場合,(/RAD 修飾子なしで) /NEW_RAD=nn のみを使用します。

/PAGE_TABLES (省略時の設定)



/NOPAGE_TABLES

コマンド行に指定したように共用ページ・テーブル用に追加のメモリを予約します (省略時の設定は,既存のReserved Memory Registry エントリから設定されます)。

メモリ常駐グローバル・セクションが作成されると,グローバル・セクションのための共用ページ・テーブルが作成されます。 /ALLOCATE を指定しない場合,または /NOALLOCATE を指定する場合,追加の予約済みメモリはシステムの流動ページ・カウントから引き算されます。/ALLOCATE を指定すると,システムの次のリブートの際に共用ページ・テーブルのために追加のページが割り当てられ,追加の予約済みメモリがシステムの流動ページ・カウントから引き算されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項