日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

IO SET EXCLUDE (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムでは,デバイスを自動的に構成するときに使用するパーマネント除外リストを設定します。

形式

IO SET EXCLUDE = デバイス名


パラメータ



デバイス名

自動構成から除外するデバイス・タイプを指定します。パーマネント除外リストに入れるデバイスを表す有効なデバイス名またはニーモニックを使用します。ワイルドカードが使用できます。

修飾子



なし

説明

デバイスの自動構成を行うときに使用するパーマネント除外リストを設定します。

このコマンドを使用して,各システムのブート時に Fibre Channel ポート・ドライバ・デバイス (FG) とすべての SCSI ポート・ドライバ・デバイス (PK) を除外するためにデバイス自動構成を永続的に指定することができます (手動の構成コマンドの間に,デバイスの除外または取り込みを永続的に指定するには, SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドに /EXCLUDE または /SELECT 修飾子を指定します)。

次のデバイス・タイプは SYSMAN IO SET EXCLUDE コマンドで除外することはできません。

  • ポート割り当てクラスまたは HSZ 割り当てクラスを名前に含んでいる, SCSI クラス・ドライバ・デバイス (DK,MK,GK)

  • Fibre Channel クラス・ドライバ・デバイス (PG,DG,GG)

この制限は,SCSI デバイス名にポート割り当てクラスが含まれる場合, OpenVMS Alpha バージョン 7.1 システムの SCSI デバイスにも適用されます。



SYSMAN> IO SET EXCLUDE=(DKC500,DKD*)

この例は,DKC500 とすべての DKD デバイスについて,自動構成を行わないことを指定します。

デバイス名の指定方法を示す他の例については,/SELECT 修飾子を参照してください。

IO SET PREFIX (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて,IOGEN コンフィギュレーション作成モジュール (ICBM) 名の作成に使用する接頭辞リストを設定します。

形式

IO SET PREFIX = (ICBM 接頭辞)


パラメータ



ICBM 接頭辞

ICBM 接頭辞を指定します。 ICBM 接頭辞は,SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドが ICBM イメージ名を作成するときに使用します。

修飾子



なし

説明

SYSMAN IO SET PREFIX コマンドは,IOGEN コンフィギュレーション作成モジュール (ICBM) 名を作成するときに使用する接頭辞リストを設定します。


SYSMAN> IO SET PREFIX=(SYS$,PSI$,VME_)
 

ICBM 名を作成するときに SYSMAN IO AUTOCONFIGURE が使用する接頭辞名を指定しています。 SYS$,PSI$,VME_ の接頭辞が指定されています。

IO SHOW BUS (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて,システムのすべてのバス,ノード番号,バス名,TR番号, CSR基底アドレスを表示します。この情報表示は主に,弊社の保守エンジニアが使用します。

VAXシステムでは,SYSGENのSHOW/BUSコマンドを使用してください。


形式

IO SHOW BUS


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

SYSMAN IO SHOW BUSコマンドはすべてのバス,ノード番号,バス名,TR番号,CSR基底アドレスを表示します。この情報が表示されるのは主に,弊社社内のエンジニアリングをサポートするためです。 SYSMAN IO SHOW BUSコマンドを使用するには,CMKRNL特権が必要です。


SYSMAN> IO SHOW BUS
_Bus__________Node_TR#__Name____________Base CSR__________ 
LSB           0    1    EV3 4MB        FFFFFFFF86FA0000 
LSB           6    1    MEM            FFFFFFFF86FC4000 
LSB           7    1    MEM            FFFFFFFF86FCA000 
LSB           8    1    IOP            FFFFFFFF86FD0000 
XZA XMI-SCSI  0    3    XZA-SCSI       0000008001880000 
XZA XMI-SCSI  1    3    XZA-SCSI       0000008001880000 
XZA XMI-SCSI  0    4    XZA-SCSI       0000008001900000 
XZA XMI-SCSI  1    4    XZA-SCSI       0000008001900000 
XMI           4    2    LAMB           0000008001A00000 
DEMNA         0    5    Generic XMI    0000008001E80000 
DEMNA         0    6    Generic XMI    0000008001F00000 

この例はDEC 7000モデル600から抜粋したものです。それぞれの Alpha システムと I64 システムで表示内容は異なります。

この表示で使用されている字下げレベルは,システムのアダプタ制御ブロックの階層を示しています。表示される各項目は次のとおりです。

項目のタイトル 意味
Bus バス識別
Node 対応するバス・アレイへの索引; バス・スロット
TR# 指定したデバイスが接続されるアダプタのネクサス番号
Name デバイス名
Base CSR デバイスのCSR基底アドレス

Alpha システムと I64 システムでは,SDA の CLUE CONFIG コマンドを使用して,ハードウェア・アダプタとデバイスを含む追加情報を表示できます。このコマンドについては,『OpenVMS Alpha System Dump Analyzer Utility Manual』を参照してください。

デバイス・ドライバのロードと構成の詳細については,『Writing OpenVMS Alpha Device Drivers in C』を参照してください。

IO SHOW DEVICE (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて,システムにロードされているデバイス・ドライバ,ドライバに接続されているデバイス,ドライバの入出力データベースを表示します。アドレスはすべて,16 進仮想アドレスです。

VAX システムでは,SYSGEN ユーティリティの SHOW/DEVICEコマンドを使用してください。


形式

IO SHOW DEVICE


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

SYSMAN IO SHOW DEVICE コマンドは,システムにロードされているデバイス・ドライバ,ドライバに接続されているデバイス,ドライバの入出力データベースを表示します。

SYSMAN IO SHOW DEVICE コマンドは,指定のデバイス・ドライバについて次の情報を表示することを指定します。

Driver ドライバの名前
Dev ドライバに接続されている各デバイスの名前
DDB デバイスのデバイス・データ・ブロックのアドレス
CRB デバイスのチャネル要求ブロックのアドレス
IDB デバイスの割り込みディスパッチ・ブロックのアドレス
Unit デバイス上の各ユニットの番号
UCB 各ユニットのユニット制御ブロックのアドレス

アドレスはすべて,16 進の仮想アドレスです。

SYSMAN の詳細については,『A Comparison of System Management on OpenVMS AXP and OpenVMS VAX』 (アーカイブ扱いになっていますが, OpenVMS Documentation CD-ROM で提供されています) と『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。



SYSMAN> IO SHOW DEVICE

次は,SYSMAN IO SHOW DEVICE コマンドで出力される表示例です。


__Driver________Dev_DDB______CRB______IDB______Unit_UCB_____ 
SYS$FTDRIVER 
                FTA 802CE930 802D1250 802D04C0 
                                                 0 801C3710 
SYS$EUDRIVER 
                EUA 802D0D80 802D1330 802D0D10 
                                                 0 801E35A0 
SYS$DKDRIVER 
                DKI 802D0FB0 802D0F40 802D0E60 
                                                 0 801E2520 
SYS$PKADRIVER 
                PKI 802D1100 802D13A0 802D1090 
                                                 0 801E1210 
SYS$TTDRIVER 
OPERATOR 
NLDRIVER 

SYS$TTDRIVER,OPERATOR,NLDRIVER に対応するデバイスはありません。

IO SHOW EXCLUDE (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムでは,デバイスの自動構成で使用するパーマネント除外リストを表示します。

形式

IO SHOW EXCLUDE


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

SYSMAN IO SHOW EXCLUDE コマンドは,コンソールにパーマネント除外リストを表示します。このリストはデバイスの自動構成で使用されます。


SYSMAN> IO SHOW EXCLUDE
%SYSMAN-I-IOEXCLUDE, the current permanent exclusion list is: DKC500,DKD*

このコマンドは,デバイスの自動構成の際に使用されるパーマネント除外リストを表示します。現在のリストは,DKC500 と,すべての DKD デバイスを含んでいます。

IO SHOW PREFIX (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて,IOGEN コンフィギュレーション作成モジュール (ICBM) 名の作成に使用している現在の接頭辞リストを表示します。

形式

IO SHOW PREFIX


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

SYSMAN IO SHOW PREFIX コマンドは,現在の接頭辞リストをコンソール上に表示します。このリストは,SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドが ICBM 名を作成するときに使用します。


SYSMAN> IO SHOW PREFIX
%SYSMAN-I-IOPREFIX, the current prefix list is: SYS$,PSI$,VME_

この例は, ICBM 名を作成するときに SYSMAN IO AUTOCONFIGURE が使用する接頭辞を表示しています。

LICENSE LOAD

LICENSE データベースに登録されているライセンスを有効にします。

CMKRNL,SYSNAM,SYSPRV の特権が必要です。

注意

戻される状態メッセージの数を除き,次のコマンドは機能的には同じです。


SYSMAN> LICENSE LOAD
$ LICENSE LOAD

DCL コマンドに対してリモート・ノードですべての状態メッセージを表示するには,次の SYSMAN コマンドを使用します。


SYSMAN> DO LICENSE LOAD


形式

LICENSE LOAD 製品


パラメータ



製品

有効にするライセンスを持つ製品の名前を指定します。

修飾子



/DATABASE=ファイル指定

LICENSE データベースの格納場所を指定します。省略時のファイルは SYS$COMMON:[SYSEXE]LMF$LICENSE.LDB です。省略時の LICENSE データベース名と格納場所を使用するときは,/DATABASE 修飾子を指定する必要はありません。

/PRODUCER=文字列

ライセンスの対象製品を所有している会社名を指定します。この修飾子を使用するのは,製品が弊社以外から提供される場合だけです。

説明

LICENSE LOAD コマンドを使用すれば,システム管理環境内に存在する複数のシステムとローカル以外のシステムに対し,ライセンスを有効にすることができます。 SYSMAN の LICENSE コマンド群は,ライセンス管理機能 (LMF) コマンド群の一部です。LMF の詳細については,『OpenVMS License Management Utility Manual』を参照してください。


SYSMAN> LICENSE LOAD FORTRAN

この例は,HP Fortran for OpenVMS のライセンスを有効にしています。弊社製品のライセンスであるため,/PRODUCER 修飾子は指定されていません。

LICENSE UNLOAD

LICENSE データベースに登録されているライセンスを無効にします。

CMKRNL,SYSNAM,SYSPRV の特権が必要です。


形式

LICENSE UNLOAD [製品]


パラメータ



製品

ライセンスを無効にする製品の名前を指定します。製品名を指定せずに LICENSE UNLOAD コマンドを入力すると,システムは登録されているすべてのライセンスを無効にします。

修飾子



/PRODUCER=文字列

登録ライセンスを持つ製品を提供している企業の名前を指定します。この修飾子は,弊社以外の企業が提供している製品に対してだけ使用します。

説明

LICENSE UNLOAD コマンドを使用すれば,システム管理環境内に存在する複数のシステムとローカル以外のシステムに対し,ライセンスを無効にすることができます。 SYSMAN の LICENSE コマンド群は,ライセンス管理機能 (LMF) コマンド群の一部です。LMF の詳細については,『OpenVMS License Management Utility Manual』を参照してください。


SYSMAN> LICENSE UNLOAD FORTRAN
 

HP Fortran for OpenVMS のライセンスを無効にしています。弊社製品のライセンスであるため,/PRODUCER 修飾子は指定されていません。

PARAMETERS DISABLE CHECKS

パラメータ値のチェックを行わないようにします。パラメータ・チェックは,パラメータ値が,PARAMETERS SET コマンドで指定した最小値以上,最大値以下であることを確認します。

形式

PARAMETERS DISABLE CHECKS


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

PARAMETERS DISABLE CHECKS コマンドは,システム・パラメータに設定した最小値と最大値を無効にします。SYSMAN では,省略時の設定ではパラメータ・チェックを行います。チェックが許可されているときに制限値を超える値をパラメータに設定すると,エラー・メッセージが出力されます。チェックを禁止すれば,上限と下限にかかわりなく,パラメータを設定できます。

注意

最小値以上,最大値以下でシステムを動作させることが望ましいので,範囲チェックは省略時の設定では許可されます。制限値を超える値を設定すると,システムに障害が発生したり,システムが停止したりする恐れがあります。



SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
SYSMAN> SET PROFILE/DEFAULT=SYS$SYSTEM/PRIVILEGES=CMEXEC
SYSMAN> PARAMETERS SET MAXPROCESSCNT 10
%SMI-E-OUTRANGE, parameter is out of range
SYSMAN> PARAMETERS DISABLE CHECKS
SYSMAN> PARAMETERS SET MAXPROCESSCNT 10

範囲チェックが許可されている状態では,最小値未満の MAXPROCESSCNT が設定できず,範囲チェックを禁止した後に設定が成功しています。

PARAMETERS ENABLE CHECKS

すべてのパラメータ値をチェックし,最小値以上,最大値以下であることを確認します。

範囲チェックは省略時の設定では許可されるので, PARAMETERS DISABLE CHECKS コマンドを実行した後に, PARAMETERS ENABLE CHECKS コマンドを実行してください。


形式

PARAMETERS ENABLE CHECKS


パラメータ



なし

修飾子



なし


SYSMAN> PARAMETERS DISABLE CHECKS
SYSMAN> PARAMETERS SET WSMAX 20
SYSMAN> PARAMETERS ENABLE CHECKS
SYSMAN> PARAMETERS SET WSMAX 30
%SMI-E-OUTRANGE, parameter is out of range
SYSMAN> PARAMETERS SHOW WSMAX
Parameter Name    Current  Default  Minimum  Maximum Unit  Dynamic
WSMAX                2000     1024       60   6400 pages          
 

範囲チェックを禁止したため,ワーキング・セット値 (WSMAX) 20 をシステムが受け付けています。範囲チェックが許可された後では,最小値の 60 より小さい WSMAX を受け付けていません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項