日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

SHOW/DRIVER (VAX のみ)

VAX システムにおいて,システムにロードされている指定したデバイス・ドライバの開始アドレスと終了アドレスを表示します。

形式

SHOW/DRIVER =デバイス・ドライバ


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

ドライバ名を省略した場合,システムにロードされているすべてのデバイス・ドライバの開始アドレスと終了アドレスを表示します。アドレスはすべて,16 進の仮想アドレスです。

SHOW/DRIVER コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。

SHOW/DRIVER コマンドは,指定したデバイス・ドライバについて次の情報を表示します。

Driver デバイス・ドライバの名前
Start デバイス・ドライバの開始アドレス
End デバイス・ドライバの終了アドレス



SYSGEN>  SHOW/DRIVER

このコマンドは,すべてのドライバの開始アドレスと終了アドレスを,次のように表示します。


__Driver_____Start____End___ 
RTTDRIVER  800C1060 800C1960 
NETDRIVER  800BAFD0 800BD4B0 
TMDRIVER   800B3950 800B4BF0 
DRDRIVER   800B2950 800B3290 
DDDRIVER   800B1740 800B2060 
DLDRIVER   800B0D10 800B15A0 
DMDRIVER   800B0070 800B0990 
LCDRIVER   800AFC50 800AFFB0 
YCDRIVER   800AED20 800AF3E0 
XGDRIVER   800AC3F0 800AE9E0 
XDDRIVER   800AA5A0 800AC380 
DZDRIVER   800A4F30 800A59B0 
XMDRIVER   800A3E10 800A4A50 
DYDRIVER   800A3300 800A3C30 
LPDRIVER   800A2E90 800A3300 
DBDRIVER   800DE7A0 800DEFB7 
TTDRIVER   800DC770 800DE79B 
OPERATOR   80001650 80001F8B 
NLDRIVER   80001626 80001D20 
MBDRIVER   800015FC 80001CBE 

SHOW/STARTUP

現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示します。

形式

SHOW/STARTUP


パラメータ



なし

修飾子



なし


SYSGEN>  SHOW/STARTUP
Startup command file = SYS$SYSTEM:STARTUP.COM

このコマンドは,汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示しています。

SHOW/TURBOCHANNEL (VAX のみ)

VAXシステムにおいてTURBOchannel 上のデバイスの関係番号を表示します。

形式

SHOW/TURBOCHANNEL


パラメータ



なし

修飾子



なし


SYSGEN>  SHOW/TURBOCHANNEL

以下は,SHOW/TURBOCHANNEL コマンドの表示例です。


TURBOCHANNEL: Device Name       Nexus Number        TC Slot 
              PMAQT-AA          00000000            00000001 

SHOW/UNIBUS (VAX のみ)

VAX システムにおいて,アドレス指定できる UNIBUS 入出力空間内アドレスを表示します。

SHOW/UNIBUS コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。


形式

SHOW/UNIBUS


パラメータ



なし

修飾子



/ADAPTER=関係番号

指定した UNIBUS アダプタのアドレスを表示することを指定します。関係番号は,UNIBUS アダプタの番号です。整数値または,SYSGEN の SHOW/ADAPTER コマンドで表示される名前を指定します。

説明

SHOW/UNIBUS コマンドは,すべてのデバイス・レジスタを読み込みます。一部のコントローラでは,バッファから文字が 1 つ読み込まれるなど,予想しない結果となる場合があります。このため,UNIBUS の設定をデバッグする場合以外には,SHOW/UNIBUS コマンドを使用しないようにしてください。複数の UNIBUS アダプタを使用しているシステムでは,最初の UNIBUS アダプタのアドレスだけが表示されます。

注意

実行中のシステムでは,SHOW/UNIBUS コマンドを使用しないようにしてください。このコマンドを実行できるのは,会話形式でブートする場合だけです。



SYSGEN>  SHOW/UNIBUS/ADAPTER=4

関係番号 4 のアドレスを,次のように表示します。


**UNIBUS map for nexus #4 on 30-JUN-2002  14:19:38.00 ** 
 
Address 760070 (8001F838) responds with value 9B6E (hex) 
Address 760072 (8001F83A) responds with value 0340 (hex) 
Address 760074 (8001F83C) responds with value 403C (hex) 
Address 760076 (8001F83E) responds with value 0240 (hex) 
Address 760100 (8001F840) responds with value 8000 (hex) 
Address 760102 (8001F842) responds with value 0340 (hex) 
Address 760104 (8001F844) responds with value 7DAC (hex) 
Address 760106 (8001F846) responds with value 000A (hex) 
Address 760110 (8001F848) responds with value 8000 (hex) 
Address 760112 (8001F84A) responds with value 0340 (hex) 
Address 760114 (8001F84C) responds with value AD5C (hex) 
Address 760116 (8001F84E) responds with value 000A (hex) 
Address 760130 (8001F858) responds with value 9B6E (hex) 
Address 760132 (8001F85A) responds with value 030D (hex) 
Address 760134 (8001F85C) responds with value FF00 (hex) 
Address 760136 (8001F85E) responds with value CECE (hex) 
Address 760140 (8001F860) responds with value 4060 (hex) 
Address 760142 (8001F862) responds with value 0761 (hex) 
Address 760144 (8001F864) responds with value FF00 (hex) 
. 
. 
. 

TERMINAL

Ctrl/C,Ctrl/O,Ctrl/Y,Ctrl/Z のエコー文字列を,システム単位で変更します。

形式

TERMINAL/ECHO


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

TERMINAL コマンドを実行する前に,SYS$EXAMPLES に格納されている SYSGTTSTR.MSG ファイルを編集してください。このファイルには,編集プロシージャに対する命令が格納されています。

ファイルを編集し,TERMINAL コマンドを実行すると,指定した変更内容が有効となります。

USE

システム・パラメータの値とサイトから独立したスタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を使用して, SYSGEN 作業領域を初期化し,既存の値を変更します。ユーティリティを起動するときに,SYSGEN 作業領域の初期値がアクティブ値になります。

パラメータ値とプロシージャ名の両方のソースを指定します。これらはパラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル,メモリのアクティブ・システム,省略時のリストのいずれかから検索できます。


形式

USE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

データを検索するシステム・パラメータ・ファイルのファイル指定。パラメータ・ファイルを作成するには, SYSGEN の WRITE コマンドを使用します。省略時のファイル・タイプは .PAR です。

ファイル指定の代わりに,次のキーワードのいずれかを指定することができます。



CURRENT

ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイルから情報を取り出すことを指定します。

VAX システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:VAXVMSSYS.PAR です。

Alpha システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR です。

I64 システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:IA64VMSSYS.PAR です。

ACTIVE

メモリに格納されているアクティブ・システムから情報を取り出すことを指定します。

DEFAULT

ソース情報を省略時のリストから検索することを指定します。 USE DEFAULT コマンドは,SYSGEN に組み込まれているパラメータ値を使用して,SYSGEN 作業領域を初期化します。これらの値を使用すると,オペレーティング・システムは標準構成であれば,どの構成でもブートできます。

システムをハングさせる可能性のある未調整のレイヤード・プロダクトがシステム上にあるような場合,すべてのレイヤード・プロダクトを起動させないでシステムを起動するには, STARTUP_P1 システム・パラメータを"MIN"に設定します。


SYSGEN> SET STARTUP_P1 "MIN"


修飾子



なし

#1

SYSGEN>   USE SYS$SYSTEM:SPECIAL

このコマンドは既存のパラメータ・ファイル SYS$SYSTEM:SPECIAL.PAR を使用します。

#2

SYSGEN> USE DEFAULT
SYSGEN> SET STARTUP_P1 "MIN"
 

最初のコマンドは省略時のパラメータ値を使用して, SYSGEN 作業領域を初期化します。2番目のコマンドは STARTUP_P1 パラメータを"MINIMUM"に設定します。

WRITE

システム・パラメータ値とサイトから独立したスタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を SYSGEN 作業領域からパラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル,メモリのアクティブ・システムのいずれかに書き込みます。

形式

WRITE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

作成する新しいパラメータ・ファイル。省略時のファイル・タイプは .PAR です。

ファイル指定の代わりに,次のキーワードのいずれかを指定することができます。



CURRENT

ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイルに情報を書き込むことを指定します。

VAX システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:VAXVMSSYS.PAR です。

Alpha システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR です。

I64 システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:IA64VMSSYS.PAR です。

WRITE CURRENT コマンドを使用するには,SYSPRV 特権が必要です。

ACTIVE

ソース情報をメモリのアクティブ・システムに書き込むことを指定します (動的パラメータ値だけがアクティブ・システムに書き込まれます)。

WRITE ACTIVE コマンドを使用するには,CMKRNL 特権が必要です。


修飾子



なし

説明

VAXシステムにおいて,SYSGEN内のセキュリティ監査では,システム・パラメータ・ファイルVAXVMSSYS.PARの変更の報告方法が変更されました。次の例に示すように,このようなイベントを通知するために,ファイルに対してアクセス制御リスト(ACL)を設定すれば,システム管理者はファイル変更の通知を受信できます。


$ SET ACL/ACL=(ALARM=SECURITY,ACCESS=WRITE+FAILURE+SUCCESS)- 
_$ SYS$SYSTEM:VAXVMSSYS.PAR 

ACLの設定についての詳しい説明は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』と『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

Alpha システムと I64 システムでは, WRITE ACTIVE コマンドと WRITE CURRENT コマンドはどちらも OPCOM にメッセージを送信し,イベントを記録します。

注意

バージョン 7.3-2 より前のバージョンでは, SYSGEN の監査またはアラームを有効にしても,変更されたパラメータに関する情報が出力されませんでした。バージョン 7.3-2 からは,監査またはアラームで,変更されたパラメータの一覧とその新旧の値が出力されるようになりました。


#1

SYSGEN>   WRITE SYS$SYSTEM:SPECIAL

このコマンドは新しいパラメータ指定ファイル, SYS$SYSTEM:SPECIAL.PAR を作成します。

#2

SYSGEN>   WRITE CURRENT
 

VAXシステムでは,この例のコマンドはディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル(SYS$SYSTEM:VAXVMSSYS.PAR)を変更します。

Alphaシステムでは,この例のコマンドはディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル(SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR)を変更します。

I64 システムでは,この例のコマンドは,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル (IA64VMSSYS.PAR) を変更します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項