日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

SHOW

SYSGEN ワーク・エリアに格納されているシステム・パラメータ値をはじめ,これらのパラメータの省略時の値,最小値,最大値,単位を表示します。

形式

SHOW パラメータ名


パラメータ



パラメータ名

システム・パラメータの名前を指定します。ピリオド (.) を指定すると,最後の SET パラメータ名または SHOW パラメータ名コマンドで指定したシステム・パラメータを要求したものと解釈されます。

OpenVMS Version 8.2 からは,廃止されたパラメータが指定された場合, Units 欄に「OBSOLETE」と表示されます。


修飾子



/ACP

すべての ACP パラメータ値を表示することを指定します。

/ALL

SPECIAL パラメータ値以外のすべてのパラメータ値を表示することを指定します。

/BI

VAXBI バスの入出力空間に現在マップされているデバイス・アドレスを表示することを指定します。

/CLUSTER

すべての CLUSTER パラメータ値を表示することを指定します。

/DYNAMIC

すべての DYNAMIC パラメータ値を表示することを指定します。

/GEN

すべての GEN パラメータ値を表示することを指定します。

/HEX

すべてのパラメータ値を 16 進表記で表示することを指定します。/HEX のシステム・パラメータ名またはパラメータ・タイプを指定します。/HEX 修飾子に /NAMES 修飾子を付けて指定すると,/HEX は無視されます。

/JOB

すべての JOB パラメータ値を表示することを指定します。

/LGI

すべての LGI パラメータ値を表示することを指定します。

/MAJOR

すべての MAJOR パラメータ値を表示することを指定します。

/MULTIPROCESSING

すべての MULTIPROCESSING パラメータ値を表示することを指定します。

/NAMES

すべてのパラメータの名前を表示することを指定します。

/OBSOLETE

廃止されたすべてのパラメータの名前を表示することを指定します。

/PQL

すべての PQL パラメータ値を表示することを指定します。

/RMS

すべての VAX RMS パラメータ値を表示することを指定します。

/SCS

すべての SCS パラメータ値を表示することを指定します。

/SPECIAL

弊社による使用のため予約されているすべてのパラメータ値を表示することを指定します。

/STARTUP

現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示することを指定します。

/SYS

すべての SYS パラメータ値を表示することを指定します。

/TTY

すべてのターミナル・パラメータ値を表示することを指定します。

/XMI[=BIindex]

XMI バスの入出力空間に現在マップされているデバイス・アドレスを表示することを指定します。すべてのプロセッサ,アダプタ,VAXBI アダプタ,メモリ・コントローラ,NI などの相互接続デバイスのノード番号,関係番号,総称も表示します。

SHOW/XMI=BIindex コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。


説明

/HEX 修飾子を指定しないかぎり,パラメータ値は 10 進値で表示されます。ASCII 値は,特に指定しないかぎり ASCII 表記で表示されます。

VAX プラットフォームでパラメータ名を短縮した場合,短縮名に一致する最初のパラメータが表示されます。曖昧さのチェックは行われません。 Alpha プラットフォームまたは I64 プラットフォームでは,短縮名と一致する名前のすべてのパラメータが表示されます。

たとえば,VAX システムで SHOW GBL を実行すると, GBLSECTIONS パラメータのみが表示されます。 GBLPAGFIL パラメータを表示するには, GBLPAGES パラメータと混同されないようにするため,SHOW GBLPAGF と指定する必要があります。 Alpha システムまたは I64 システムでは,同じ SHOW GBL コマンドを入力すると, GBLSECTIONS,GBLPAGES,および GBLPAGFIL が表示されます。

ピリオド (.) を使用すれば,最後の SET パラメータ名または SHOW パラメータ名コマンドで指定したシステム・パラメータを取り出せます。


#1

SYSGEN> SHOW GBLSECTIONS
 
 


 
  
 
  
 
Parameter Name            Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
GBLSECTIONS                   100        40        20        -1 Sections 
 
SYSGEN> SET . 110 
 
SYSGEN> SHOW . 
 
Parameter Name            Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
GBLSECTIONS                   110        40        20        -1 Sections 

まず GBLSECTIONS パラメータの値を表示し,次にピリオドでパラメータを参照して現在の値を 110 に設定しています。次の SHOW コマンドでも,変更があったことをピリオドで確認しています。

#2

SYSGEN>   SHOW/ACP
 

VAXシステムにおいて,この例のコマンドは次の出力を作成します。


Parameters in use: Active 
Parameter Name             Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
ACP_MULTIPLE                     0         1         0         1 Boolean     D 
ACP_SHARE                        1         1         0         1 Boolean 
ACP_MAPCACHE                    52         8         1        -1 Pages       D 
ACP_HDRCACHE                   138       128         2        -1 Pages       D 
ACP_DIRCACHE                   138        80         2        -1 Pages       D 
ACP_DINDXCACHE                  37        25         2        -1 Pages       D 
ACP_WORKSET                      0         0         0        -1 Pages       D 
ACP_FIDCACHE                    64        64         0        -1 File-Ids    D 
ACP_EXTCACHE                    64        64         0        -1 Extents     D 
ACP_EXTLIMIT                   300       300         0      1000 Percent/10  D 
ACP_QUOCACHE                   130        64         0        -1 Users       D 
ACP_SYSACC                       4         8         0        -1 Directories D 
ACP_MAXREAD                     32        32         1        64 Blocks      D 
ACP_WINDOW                       7         7         1        -1 Pointers    D 
ACP_WRITEBACK                    1         1         0         1 Boolean     D 
ACP_DATACHECK                    2         2         0         3 Bit-mask    D 
ACP_BASEPRIO                     8         8         4        31 Priority    D 
ACP_SWAPFLGS                    14        15         0        15 Bit-mask    D 
ACP_XQP_RES                      1         1         0         1 Boolean 
ACP_REBLDSYSD                    0         1         0         1 Boolean 

#3

SYSGEN>   SHOW/ACP/HEX

次のように,ACP システム・パラメータ値を 16 進表記で出力しています。


Parameters in use: Active 
Parameter Name             Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
ACP_MULTIPLE              00000000  00000001  00000000  00000001 Boolean     D 
ACP_SHARE                 00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean 
ACP_MAPCACHE              00000034  00000008  00000001  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_HDRCACHE              0000008A  00000080  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_DIRCACHE              0000008A  00000050  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_DNDXCACHE             00000025  00000019  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_WORKSET               00000000  00000000  00000000  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_FIDCACHE              00000040  00000040  00000000  FFFFFFFF File-Ids    D 
ACP_EXTCACHE              00000040  00000040  00000000  FFFFFFFF Extents     D 
ACP_EXTLIMIT              0000012C  0000012C  00000000  000003E8 Percent/10  D 
ACP_QUOCACHE              00000082  00000040  00000000  FFFFFFFF Users       D 
ACP_SYSACC                00000004  00000008  00000000  FFFFFFFF Directories D 
ACP_MAXREAD               00000020  00000020  00000001  00000040 Blocks      D 
ACP_WINDOW                00000007  00000007  00000001  FFFFFFFF Pointers    D 
ACP_WRITEBACK             00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean     D 
ACP_DATACHECK             00000002  00000002  00000000  00000003 Bit-mask    D 
ACP_BASEPRIO              00000008  00000008  00000004  0000001F Priority    D 
ACP_SWAPFLGS              0000000E  0000000F  00000000  0000000F Bit-mask    D 
ACP_XQP_RES               00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean 
ACP_REBLDSYSD             00000000  00000001  00000000  00000001 Boolean 

#4

SYSGEN>   SHOW/PQL

Alpha システムまたは I64 システムでは,この例のコマンドは次のような出力を生成します。


 
Parameters in use: Active 
Parameter Name            Current    Default     Min.     Max.     Unit  Dynamic 
--------------            -------    -------    -------  -------   ----  ------- 
PQL_DASTLM                     24         24        -1        -1 Ast        D 
PQL_MASTLM                      4          4        -1        -1 Ast        D 
PQL_DBIOLM                     32         32        -1        -1 I/O        D 
PQL_MBIOLM                      4          4        -1        -1 I/O        D 
PQL_DBYTLM                  65536      65536        -1        -1 Bytes      D 
PQL_MBYTLM                   1024       1024        -1        -1 Bytes      D 
PQL_DCPULM                      0          0        -1        -1 10Ms       D 
PQL_MCPULM                      0          0        -1        -1 10Ms       D 
PQL_DDIOLM                     32         32        -1        -1 I/O        D 
PQL_MDIOLM                      4          4        -1        -1 I/O        D 
PQL_DFILLM                    128        128        -1        -1 Files      D 
PQL_MFILLM                      2          2        -1        -1 Files      D 
PQL_DPGFLQUOTA              65536      65536        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value              4096       4096         0        -1 Pages      D 
PQL_MPGFLQUOTA               2048       2048        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               128        128       128        -1 Pages      D 
PQL_DPRCLM                     32         32        -1        -1 Processes  D 
PQL_MPRCLM                      0          0        -1        -1 Processes  D 
PQL_DTQELM                     16         16        -1        -1 Timers     D 
PQL_MTQELM                      0          0        -1        -1 Timers     D 
PQL_DWSDEFAULT               2000       2000        -1        -1 Pagelets 
 internal value               125        125         0        -1 Pages 
PQL_MWSDEFAULT               2000       2000        -1        -1 Pagelets 
 internal value               125        125       125        -1 Pages 
PQL_DWSQUOTA                 4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250         0        -1 Pages      D 
PQL_MWSQUOTA                 4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250       250        -1 Pages      D 
PQL_DWSEXTENT               12000      12000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               750        750         0        -1 Pages      D 
PQL_MWSEXTENT                4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250       250        -1 Pages      D 
PQL_DENQLM                     64         64        -1        -1 Locks      D 
PQL_MENQLM                      4          4        -1        -1 Locks      D 
PQL_DJTQUOTA                 1024       1024        -1        -1 Bytes      D 
PQL_MJTQUOTA                    0          0        -1        -1 Bytes      D 

SHOW/ADAPTER (VAX のみ)

VAX システムにおいて,アダプタの関係番号と総称をすべて表示します。

SHOW/ADAPTER コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。


形式

SHOW/ADAPTER


パラメータ



なし

修飾子



なし


SYSGEN>   SHOW/ADAPTER

SYSGEN の SHOW/ADAPTER コマンドで出力される表示例です。


CPU Type: 11/780 
 
 Nexus Generic Name or Description 
   1   16K memory, non-interleaved 
   3   UB0 
   8   MB0 
   9   MB1 

SHOW/BUS (VAX のみ)

VAXシステムでは,アダプタの関係番号と総称をすべて表示します。 Alpha システムまたは I64 システムでは,SYSMAN の IO SHOW BUS コマンドを使用します。

SHOW/BUS コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。


形式

SHOW/BUS


パラメータ



なし

修飾子



なし

SHOW/CONFIGURATION (VAX のみ)

VAX システムにおいて,デバイス構成情報を表示します。

SHOW/CONFIGURATION コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。


形式

SHOW/CONFIGURATION


パラメータ



なし

修飾子



/ADAPTER=関係番号

表示する MASSBUS アダプタまたは UNIBUS アダプタの番号を指定します。整数値を指定することも,SYSGEN の SHOW /ADAPTER コマンドで表示される総称を指定することもできます。

/COMMAND_FILE

すべてのデバイス・データを CONNECT/ADAPTER= アダプタ指定 コマンドにフォーマッティングし,これらのコマンドを指定した出力ファイルに書き込むことを指定します。この結果,SYSGEN の AUTOCONFIGURE コマンドを使用しなくとも,システム全体を再設定できます。

/OUTPUT=ファイル指定

出力ファイルを指定します。ファイル・タイプを指定せずに /OUTPUT 修飾子を指定した場合,LIS が使用されます。ただし,/COMMAND_FILE を付けて /OUTPUT を指定した場合,省略時のファイル・タイプは COM です。

説明

SHOW/CONFIGURATION コマンドは,デバイスの名前,ユニット数,ネクサス番号,アダプタ・タイプを表示し,制御/状態レジスタ (CSR) とベクタ・アドレスも表示します。/OUTPUT 修飾子に出力ファイルを指定できます。

未使用アドレスからデバイスを削除する際,他のデバイスの CSR アドレスとベクタ・アドレスにジャンパをもう一度行う必要はありません。その方法は,次のとおりです。

  1. AUTOCONFIGURE ALL コマンドの代わりに,/OUTPUT 修飾子を付けて指定したコマンド・ファイルを実行するよう,汎用 STARTUP.COM ファイルを変更する。

  2. SHOW/CONFIGURATION/COMMAND_FILE/OUTPUT コマンドを実行し,デバイス・データをフォーマッティングしてセーブする。
    システムをシャットダウンしてボードを取り外す必要がある場合でも,システムをリブートしたときに SYS$SYSTEM:STARTUP.COM が出力ファイルを実行するので,システムは UNIBUS デバイスと MASSBUS デバイスを自動的に構成します。

主なリリースにはすべて,新しいバージョンの SYS$SYSTEM:STARTUP.COM が用意されているので,SYS$SYSTEM:STARTUP.COM に手を加えていた場合は,新しいバージョンをインストールした後でもう一度変更作業を行う必要があります。

注意

この方法は,短期的には便利ですが,できるだけ AUTOCONFIGURE ALL を使用してください。


#1

SYSGEN>   SHOW/CONFIGURATION

現在のシステム入出力データベースを表示しています。次の例は,VS3100 と 6000-400 システム上でのこのコマンドによる典型的な表示です。


 System CSR and Vectors on 23-OCT-2002 16:39:28.74 
 Name: OPA  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 Name: PKB  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 Name: TTA  Units: 4  Nexus:0    (410) 
 Name: PKA  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 Name: ESA  Units: 3  Nexus:0    (410) 
 Name: GCA  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 
 System CSR and Vectors on 23-OCT-2002 16:31:47.12 
 Name: PAA  Units: 1  Nexus:48   (CI ) 
 Name: PAB  Units: 1  Nexus:64   (CI ) 
 Name: PAC  Units: 1  Nexus:64   (CI ) 
 Name: PAD  Units: 1  Nexus:176  (CI ) 
 Name: FXA  Units: 2  Nexus:192  (GXM) 
 Name: ETA  Units: 3  Nexus:213  (BVP) 
 Name: PAE  Units: 1  Nexus:228  (CI ) 
 Name: PBA  Units: 1  Nexus:237  (BVP) 
 Name: TXA  Units: 16 Nexus:211  (DMB) 

#2

SYSGEN>   SHOW/CONFIGURATION/COMMAND_FILE/OUTPUT=CONFIG.COM

このコマンドは,すべてのデバイス・データを CONNECT/ADAPTER=アダプタ指定  コマンドにフォーマッティングし,これらのコマンドを CONFIG.COM ファイルに書き込んでいます。次のようなコマンド・ファイルが出力されます。


$ RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN 
AUTOCONFIGURE 4 
AUTOCONFIGURE 5 
CONNECT DMA0 /ADAP=8 /CSR=%O777440 /VECT=%O210 /NUMV=01 /DRIVER=DMDRIVER 
CONNECT DMA1 /ADAP=8 /CSR=%O777440 /VECT=%O210 /NUMV=01 /DRIVER=DMDRIVER 
CONNECT LPA0 /ADAP=8 /CSR=%O777514 /VECT=%O200 /NUMV=01 /DRIVER=LPDRIVER 
CONNECT DYA0 /ADAP=8 /CSR=%O777170 /VECT=%O264 /NUMV=01 /DRIVER=DYDRIVER 
CONNECT DYA1 /ADAP=8 /CSR=%O777170 /VECT=%O264 /NUMV=01 /DRIVER=DYDRIVER 
CONNECT XMA0 /ADAP=8 /CSR=%O760070 /VECT=%O300 /NUMV=02 /DRIVER=XMDRIVER 
CONNECT XMB0 /ADAP=8 /CSR=%O760100 /VECT=%O310 /NUMV=02 /DRIVER=XMDRIVER 
CONNECT XMC0 /ADAP=8 /CSR=%O760110 /VECT=%O320 /NUMV=02 /DRIVER=XMDRIVER 
CONNECT TTA0 /ADAP=8 /CSR=%O760130 /VECT=%O330 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 
CONNECT TTA1 /ADAP=8 /CSR=%O760130 /VECT=%O330 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 
CONNECT TTA2 /ADAP=8 /CSR=%O760130 /VECT=%O330 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 
. 
. 
. 
CONNECT TTF7 /ADAP=8 /CSR=%O760200 /VECT=%O400 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 

SHOW/DEVICE (VAX のみ)

VAX システムにおいて,システムにロードされているデバイス・ドライバのすべての情報,接続されているデバイス,入出力データベースを表示します。アドレスはすべて 16 進の仮想アドレスです。 Alpha システムと I64 システムでは,SYSMAN ユーティリティの IO SHOW DEVICE コマンドを使用します。

SHOW/DEVICE コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。


形式

SHOW/DEVICE =デバイス・ドライバ


パラメータ



なし

修飾子



なし

説明

指定したデバイス・ドライバについて,次の情報を表示することを指定します。

Driver ドライバの名前
Start ドライバの開始アドレス
End ドライバの終了アドレス
Dev ドライバに接続されている各デバイスの名前
DDB デバイスのデバイス・データ・ブロックのアドレス
CRB デバイスのチャネル要求ブロックのアドレス
IDB デバイスの割り込みディスパッチ・ブロックのアドレス
Unit デバイス上の各ユニットの番号
UCB 各ユニットのユニット制御ブロックのアドレス

ドライバ名を省略した場合,システムにロードされているすべてのデバイス・ドライバの情報が表示されます。



SYSGEN>   SHOW/DEVICE=DBDRIVER

このコマンドは,DBDRIVER について,次の情報を表示します。


__Driver_____Start____End____Dev___DDB______CRB______IDB_____Unit__UCB___ 
DBDRIVER   80082390 80082A7E 
                             DBA 80000848 800988C0 80098920 
                                                              0 8000087C 
                                                              1 8008A4F0 
                                                              2 8008A590 
                                                              5 8008A630 
                                                              7 8008A6D00 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡