日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

このコマンドは,LPA0 という名前のデバイスを LP2DRIVER という名前のドライバに接続し,まだロードされていなければドライバをロードします。

#2

SYSGEN>  CONNECT NET/NOADAPTER/DRIVER=NETDRIVER

このコマンドは,NET という名前のデバイスをドライバ NETDRIVER に接続し,まだロードされていなければドライバをロードします。

CREATE

ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのいずれかに使用できるファイルを作成します。通常,このコマンドは,コマンド・プロシージャ SYS$UPDATE:SWAPFILES を実行することによって間接的に使用します。

形式

CREATE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

作成するファイルの名前です。

修飾子



/CONTIGUOUS



/NOCONTIGUOUS

作成するファイルを連続ファイルとするか (/CONTIGUOUS) または連続最適トライ (/NOCONTIGUOUS) とするかを指定します。 OpenVMS ブートストラップ中に使用される基本ファイル・システムは,ページ・ファイル,スワップ・ファイル,およびダンプ・ファイルを 1 つのファイル・ヘッダに限定します。この制限事項のため,OpenVMS はバインドされたボリューム・セットからの信頼性のあるブートストラップができず,バインドされたボリューム・セットではサポートされていません。

/SIZE=ブロック数

作成するファイルのサイズをブロック単位で指定します。


SYSGEN>  CREATE DISK$PAGE:[NODE1]PAGEFILE.SYS /SIZE=200000

このコマンドは,DISK$PAGE: というディスクの [NODE1] ディレクトリに PAGEFILE.SYS というファイルを作成します。このファイルは連続最適ファイルとして作成されます。これは省略時の設定です。 SYSGEN は 200,000 ブロックのファイルを作成するか,またはディスク上で可能な数だけブロックを割り当て,CREATE コマンドに指定されたブロック数をファイルに完全に割り当てることができなかったことを警告するメッセージを表示します。

SYSGEN コマンドの INSTALL にファイルとその使い方を指定するまで,ファイルはページングやスワッピッングのために使用されません。

DEINSTALL

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルのインストールを解除します。 CMKRNL 特権が必要です。SYSGEN の INSTALL コマンドを使用してインストールしたファイルはすべて,インストールを解除できます。

指定したファイルを使用しているプロセスがある場合,このファイルに "deinstall pending" のマークが付きます。この結果,このファイルに対する新たな割り当てや予約が発生しません。このファイルへの参照がすべて削除されたとき,インストール解除が完了します。

"deinstall pending" 状態にあるファイルは,DCL コマンド SHOW MEMORY/FILES で表示できます。


形式

DEINSTALL ファイル指定

DEINSTALL/ALL

DEINSTALL/INDEX=n


パラメータ



ファイル指定

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルとしてインストール解除するファイルの名前を指定します。

修飾子



/PAGEFILE

ファイルをページ・ファイルとしてインストール解除することを指定します。

/SWAPFILE

ファイルをスワップ・ファイルとしてインストール解除することを指定します。

/ALL

システムに現在インストールされているページ・ファイルとスワップ・ファイルを,すべてインストール解除します。ディスク・ボリュームをすべてディスマウントする,通常のシステム・シャットダウン・プロシージャでは,このコマンドが非常に便利です。

他のパラメータや修飾子は使用できません。

/INDEX=n

ページ・ファイル・インデックスで指定したページ・ファイルまたはスワップ・ファイルを,インストール解除します。ページ・ファイル・インデックスは,DCL コマンド SHOW MEMORY/FILES/FULL の出力の "Page File Number" に表示されます。

他のパラメータや修飾子は,使用できません。



SYSGEN>  DEINSTALL DRA1:[SYSEXE]PAGEFILE.SYS /PAGEFILE

DISABLE

SYSGEN によるパラメータ値のチェックを禁止します。省略時の設定では,範囲チェックが許可されます。

形式

DISABLE CHECKS


パラメータ



なし

修飾子



なし

ENABLE

SET コマンドで変更したパラメータ値を SYSGEN が許容範囲内に維持することを指示します。省略時の設定では,範囲チェックが許可されます。

形式

ENABLE CHECKS


パラメータ



なし

修飾子



なし

INSTALL

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルを新たにインストールします。 CMKRNL 特権が必要です。

形式

INSTALL ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

ページ・ファイルまたはスワップ・ファイルとしてインストールするファイルの名前を指定します。/SYSTEM を付けてマウントされたボリュームに常駐するファイルであれば,どれでも指定できます。性能を考慮した場合,連続したファイルの方がよいでしょう。

修飾子



/PAGEFILE

ファイルをページ・ファイルとしてインストールすることを指定します。このページ・ファイルは,ブート時にインストールされたページファイルをすべて補完します。

/SWAPFILE

ファイルをスワップ・ファイルとしてインストールすることを指定します。このスワップ・ファイルは,ブート時にインストールされたスワップ・ファイルをすべて補完します。


SYSGEN>  INSTALL DRA1:[SYSEXE]PAGEFILE.SYS /PAGEFILE

LOAD (VAX のみ)

VAX システムでは,入出力ドライバをロードします。 Alpha システムと I64 システムでは, SYSMAN の IO LOAD コマンドを使用します。

LOAD コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。

注意

システムはほとんどエラー検査を行いませんので, LOAD コマンドの発行には十分注意を払ってください。


形式

LOAD ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

ロードするドライバ・イメージのファイルを指定します。これは,必要なパラメータです。

すでにロードされているドライバとまったく同じファイルを指定した場合,ドライバはロードされません。すでにロードされているドライバとファイル名だけは同じでもファイル指定が異なる場合,すでにロードされているドライバが指定したドライバと置換されます。

省略時のファイル・タイプは EXE です。


説明

LOAD コマンドの詳細については,『OpenVMS VAX Device Support Manual』を参照してください。このマニュアルはアーカイブ扱いになっていますが, OpenVMS Documentation CD-ROM で提供されています。


SYSGEN>  LOAD SYS$SYSTEM:RTTDRIVER

このコマンドはリモート・ターミナルの標準ドライバをロードします。

MSCP (VAX のみ)

OpenVMS VAX システムにおいて,MSCP サーバをロードし始動します。

この MSCP サーバ・ロード方法は,SYSGEN の MSCP_LOADパラメータによって制御されます。MSCP サーバをロードする場合,MSCP_LOAD パラメータを 1 に設定します。サーバの処理対象ディスクを MSCP_SERVE_ALL パラメータを付けて定義します。 MSCP パラメータについては, 付録 K を参照してください。


形式

MSCP

RELOAD(VAX のみ)

VAX システムにおいて,ロードされているデバイス・ドライバを新しいバージョンと置換します。

RELOAD コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。


形式

RELOAD ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

新しいドライバ・イメージのファイル指定です。省略時のファイル・タイプは EXE です。指定したイメージがロードされ,同じファイル指定を持つ既存ドライバと置換されます。

修飾子



なし

説明

RELOAD コマンドの詳細については,『OpenVMS VAX Device Support Manual』を参照してください。このマニュアルはアーカイブ扱いになっていますが, OpenVMS Documentation CD-ROM で提供されています。


SYSGEN>  RELOAD SYS$SYSTEM:RTTDRIVER

このコマンドはリモート・ターミナルのドライバを再ロードします。

SET

SYSGEN ワーク・エリアのシステム・パラメータに値を設定します。

このコマンドは,パラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ,アクティブ・システムは変更しません。これらを変更する方法については,WRITE コマンドを参照してください。


形式

SET パラメータ名値


パラメータ



パラメータ名

システム・パラメータの名前を指定します。ピリオド (.) を入力した場合,最後の SET コマンドまたは SHOW コマンドで指定したシステム・パラメータを要求したと解釈されます。パラメータ名の代わりにピリオドを使用する例については, SHOW パラメータ名コマンドの説明を参照してください。

通常,整数またはキーワード DEFAULT を指定します。 SYSGEN の DISABLE CHECKS コマンドを指定しないかぎり,整数値は,定義されている最小値以上,最大値以下でなければなりません。

キーワード DEFAULT は,パラメータの省略時の値を指定します。 SYSGEN の SHOW パラメータ名コマンドを実行すれば,パラメータの最大値,最小値,省略時の値を表示できます。

16 進基数や 8 進基数を指定できるパラメータもあり, ASCII 文字列を指定できるパラメータもあります。 8 進値で指定する場合は %0,16 進値で指定する場合は %X を値の前に付けます。ASCII 文字列を指定する場合,文字列を二重引用符
(" ") で囲みます。


修飾子



なし

#1

SYSGEN>  SET PFCDEFAULT 20

このコマンドは,PFCDEFAULT パラメータの値として 20 を割り当てます。

#2

SYSGEN>  SET GBLSECTIONS DEFAULT

このコマンドは,省略時の値 40 を GBLSECTIONS パラメータに設定しています。

SET/OUTPUT

セッション中の出力に使用するファイルを指定します。省略時の設定では SYS$OUTPUT に出力されますが,SET/OUTPUT コマンドを指定すればディスク・ファイルに出力できます。

SET/OUTPUT=SYS$OUTPUT コマンドを実行すれば,いつでも SYS$OUTPUT に出力することができます。


形式

SET/OUTPUT[=] ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

出力ファイルの名前です。省略時のファイル・タイプは LIS です。等号 (=) は,省略可能です。


SYSGEN>  SET/OUTPUT=PARAMS.LIS
SYSGEN>  SHOW/ALL
SYSGEN>  SHOW/SPECIAL
SYSGEN>  EXIT

弊社で予約している SPECIAL パラメータを含むすべてのシステム・パラメータとそれらの値を PARAMS.LIS ファイルに出力しています。

SET/STARTUP

以降のブートで使用するパラメータ・ファイルに対応づける汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャを指定します。

形式

SET/STARTUP ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

システム・ディスク上のスタートアップ・コマンド・プロシージャの 31 文字以内のファイル指定です。ソフトウェア・ディストリビューション・キットで指定されている汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャは, SYS$SYSTEM:STARTUP.COM です。


SYSGEN>   SET/STARTUP SYS$SYSTEM:XSTARTUP.COM

このコマンドは,現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャとして,
SYS$SYSTEM:XSTARTUP.COM を設定しています。

SHARE (VAX のみ)

VAX システムにおいて,指定したプロセッサまたは別のプロセッサによってすでに初期化されているマルチポート・メモリ・ユニットに,指定したプロセッサを接続します。初期化されていないマルチポート・メモリ・ユニットの番号と名前を指定した場合,エラーとなります。

SHARE コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。


形式

SHARE MPMn MPM 名


パラメータ



MPMn

接続するマルチポート・メモリ・ユニットのフロント・パネルに記載されている番号を指定します。

MPM 名

以前の SHARE/INITIALIZE コマンドで指定したマルチポート・メモリ・ユニットの名前

修飾子



/MAXCEFCLUSTERS=共通イベント・フラグ・クラスタ最大数

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できる共通イベント・フラグ・クラスタの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXGBLSECTIONS=グローバル・セクション最大数

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるグローバル・セクションの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXMAILBOXES=メールボックス最大数

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるメールボックスの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。


SYSGEN>   SHARE MPM1 SHR_MEM_1

このコマンドは,マルチポート・メモリ・ユニットを接続しています。修飾子は指定されていないので,すべてのパラメータに省略時の値が適用されます。

フロント・パネルに 1 と記されているユニットの場合, SHR_MEM_1 という名前で初期化しなければコマンドが動作しません。

SHARE/INITIALIZE (VAX のみ)

VAX システムにおいて,マルチポート・メモリ・ユニットを初期化し,SYSGEN 実行中のプロセッサに接続します。

SHARE/INITIALIZE コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。


形式

SHARE/INITIALIZE MPMn MPM 名


パラメータ



MPMn

接続するマルチポート・メモリ・ユニットのフロント・パネルに記載されている番号を指定します。

MPM 名

マルチポート・メモリ・ユニットを使用するシステムがユニットを認識するときに使用する名前を指定します。 15 文字以内の英数字,ドル記号 ($),アンダスコア (_) の文字列です。

修飾子



/CEFCLUSTERS= 共通イベント・フラグ (cef)

マルチポート・メモリ・ユニットに設定できる共通イベント・フラグ・クラスタの総数を,整数値で指定します。省略時の値は 32 です。

/GBLSECTIONS=グローバル・セクション (gbl)

マルチポート・メモリ・ユニットに設定できるグローバル・セクションの総数を,整数値で指定します。省略時の値は 32 です。

/MAILBOXES=メール (mail)

マルチポート・メモリ・ユニットに設定できるメールボックスの総数を,整数値で指定します。省略時の値は 32 です。

/MAXCEFCLUSTERS=共通イベント・フラグ・クラスタ最大数 (max-cef)

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できる共通イベント・フラグ・クラスタの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXGBLSECTIONS=グローバル・セクション最大数 (max-gbl)

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるグローバル・セクションの最大数。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXMAILBOXES=メールボックス最大数 (max-mail)

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるメールボックスの最大数。省略時の設定では,制限がありません。

/POOLBCOUNT=ブロック数 (block-cnt)

マルチポート・メモリ・ユニットと動的プールに設定するブロック数を,整数値で指定します。省略時の値は 128 です。

/POOLBSIZE=ブロック・サイズ (block-size)

動的プールの各ブロックのサイズを,整数値で指定します。省略時の値は 128 バイトです。

/PRQCOUNT=プロセッサ間要求ブロック数 (prq-cnt)

設定するプロセッサ間要求ブロック数 (PRQ) を,整数値で指定します。省略時の値は 64 です。

説明

指定したマルチポート・メモリ・ユニットがすでに初期化されていて,かつ他のアクティブ・プロセッサに接続されている場合,グローバル・セクション,メール,共通イベント・フラグ・クラスタ,ブロック数,ブロック・サイズ,プロセッサ間要求ブロック数の値は無視され,マルチポート・メモリ・ユニットは単にプロセッサに接続されます。


SYSGEN>   SHARE MPM1 SHR_MEM_1/INITIALIZE -
SYSGEN>   /GBLSECTIONS=128/MAILBOXES=64/CEFCLUSTERS=0

このコマンドは,マルチポート・メモリ・ユニットを初期化しています。グローバル・セクション,メール,共通イベント・フラグ・クラスタ以外のパラメータには,省略時の値が使用されています。マルチポート・メモリ・ユニットのフロント・パネルに記載されている番号は 1,ユニット名は SHR_MEM_1 であることを仮定しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項