日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

ADD CIRCUITS

現在許可されているすべての CIRCUITS クラス・フィールドを, SHOW CLUSTER 表示に追加します。CIRCUITS クラスには,クラスタ内のシステムの仮想サーキットに関する情報が含まれます。

形式

ADD CIRCUITS [/修飾子[,...]]


パラメータ



なし

修飾子



/ALL

クラスのすべてのフィールドを表示に追加することを指定します。

/TYPE=ALL

形成サーキット,オープン・サーキット,クローズ・サーキットを含む,すべての種類のサーキットを表示に含めることを指定します。

/TYPE=OPEN



/TYPE=NOOPEN

オープン・サーキットまたは非オープン・サーキットを表示に追加するかどうかを制御します。

説明

ADD CIRCUITS コマンドは,CIRCUITS クラス情報を SHOW CLUSTER 表示に追加します。この情報には,現在許可されているすべての CIRCUITS クラス・フィールドのデータが含まれます。省略時の設定では,次のフィールドが有効です。
RPORT_NUM---リモート・ポート番号
RP_TYPE---リモート・ポート・タイプ
CIR_STATE---サーキット状態

CIRCUITS クラス・フィールドの種類については, 表 22-2 を参照してください。

ADD CIRCUITS コマンドと REMOVE CIRCUITS コマンドを使用することにより,CIRCUITS クラス情報を表示するかどうか指定できます。 CIRCUITS クラスを表示からいったん削除した後,そのフィールドをまったく変更せずに再び追加すると,削除する前と同じフィールドがすべて表示されます。CIRCUITS クラスを削除して新しい CIRCUITS クラス・フィールドを追加すると,削除する前に許可されていたフィールドはすべて禁止され,新しく追加したフィールドだけが表示されます。


#1

COMMAND> ADD CIRCUITS

このコマンドは,CIRCUITS クラス情報を表示に追加しています。この情報には,すべての種類のサーキットについて,許可されている CIRCUITS クラス・フィールドがすべて含まれます。

#2

COMMAND> ADD CIRCUITS/TYPE=OPEN

このコマンドは,すべてのオープン・サーキットを SHOW CLUSTER 表示に追加しています。

#3

COMMAND> REMOVE CIRCUITS
COMMAND> ADD RP_OWNER
COMMAND> REMOVE CIRCUITS
   .
   .
   .
COMMAND> ADD CIRCUITS

REMOVE CIRCUITS コマンドは CIRCUITS クラスを表示から削除しています。

ADD RP_OWNER コマンドは CIRCUITS クラス・フィールド RP_OWNER を表示に追加しています。この結果,他の CIRCUITS クラス・フィールドは,すべて禁止されます。再び CIRCUITS クラスを削除して追加したときに表示されるのは, RP_OWNER フィールドだけです。

ADD CLUSTER

現在許可されているすべての CLUSTER クラス・フィールドを, SHOW CLUSTER 表示に追加します。

形式

ADD CLUSTER


パラメータ



なし

修飾子



/ALL

クラス内のすべてのフィールドを表示に追加することを指定します。

説明

ADD CLUSTER コマンドは,CLUSTER クラス情報を SHOW CLUSTER 表示に追加します。この情報には,現在許可されているすべての CLUSTER クラス・フィールドのデータが含まれます。省略時の設定では,CLUSTER クラスには次のフィールドが含まれます。
CL_EXPECTED_VOTES---クラスタ・ボート予想数
CL_QUORUM---クラスタ・クォーラム
CL_VOTES---クラスタ・ボート
QF_VOTE---クォーラム・ディスクがボートを提供する
CL_MEMBERS---現在のクラスタ・メンバ
FORMED---クォーラムが形成された時間
LAST_TRANSITION---クラスタ・メンバシップにおける最後の変更

CLUSTER クラス・フィールドの種類については, 表 22-3 を参照してください。

ADD CLUSTER コマンドと REMOVE CLUSTER コマンドを使用することにより, CLUSTER クラス情報を表示するかどうか指定できます。 CLUSTER クラスを表示からいったん削除した後,そのフィールドをまったく変更せずに再び追加すると,削除する前と同じフィールドがすべて表示されます。CLUSTER クラスを削除して新しい CLUSTER クラス・フィールドを追加すると,削除する前に許可されていたフィールドはすべて禁止され,新しく追加したフィールドだけが表示されます。


#1

COMMAND> ADD CLUSTER

このコマンドは,CLUSTER クラス情報を表示に追加しています。この情報には,許可されている CLUSTER クラス・フィールドがすべて含まれます。

#2

COMMAND> REMOVE CLUSTER
COMMAND> ADD CL_QUORUM
COMMAND> REMOVE CLUSTER
   .
   .
   .
COMMAND> ADD CLUSTER

まず,REMOVE CLUSTER コマンドが CLUSTER クラスを表示から削除しています。次に,ADD CL_QUORUM コマンドが CLUSTER クラス・フィールド CL_QUORUM を表示に追加しています。この結果,他の CLUSTER クラス・フィールドは,すべて禁止されます。再び CLUSTER クラスを削除して追加したときに表示されるのは, CL_QUORUM フィールドだけです。

ADD CONNECTIONS

現在許可されているすべての CONNECTIONS クラス・フィールドを, SHOW CLUSTER 表示に追加します。特定の状態や名前の接続だけを追加することもできます。

形式

ADD CONNECTIONS [/修飾子[,...]]


パラメータ



なし

修飾子



/ALL

クラス内のすべてのフィールドを表示に追加することを指定します。

/NAME=ALL

REMOVE CONNECTIONS/NAME=ローカル・プロセス名 を実行して表示から削除したプロセスを復元します。

/NAME=ローカル・プロセス名

指定したローカル・プロセス名に対応する接続を追加します。ローカル・プロセス名は,CONNECTIONS クラスの LOC_PROC_NAME フィールドに表示されます。

ローカル・プロセス名は 16 文字以内です。短縮名を使用した場合,その名前に一致するすべてのローカル・プロセス名が追加されます。

/TYPE=ALL

各サーキット上のすべての種類の接続を表示することを指定します。接続状態の種類については, 表 22-4 の CON_STATE フィールドの説明を参照してください。修飾子を付けないでADD CONNECTIONS コマンドを実行すると,すべての種類の接続が表示されます。

/TYPE=OPEN



/TYPE=NOOPEN

オープン状態と非オープン状態のどちらの接続を SHOW CLUSTER 表示に追加するかを制御します。

説明

ADD CONNECTIONS コマンドは,CONNECTIONS クラス情報を SHOW CONNECTIONS 表示に追加します。この情報には,現在許可されているすべての CONNECTIONS クラス・フィールドのデータが含まれます。

省略時の設定では,次の CONNECTIONS クラス・フィールドが有効になります。

LOC_PROC_NAME---ローカル・プロセス名
CON_STATE---接続状態

すべての CONNECTIONS クラス・フィールドの種類については, 表 22-4 を参照してください。

ADD CONNECTIONS コマンドと REMOVE CONNECTIONS コマンドを使用することにより,CONNECTIONS クラス情報を表示するかどうか指定できます。CONNECTIONS クラスを表示からいったん削除した後,そのフィールドをまったく変更せずに再び追加すると,削除する前と同じフィールドがすべて表示されます。CONNECTIONS クラスを削除して新しい CONNECTIONS クラス・フィールドを追加すると,削除する前に許可されていたフィールドはすべて禁止され,新しく追加したフィールドだけが表示されます。


#1

COMMAND> ADD CONNECTIONS

このコマンドは,CONNECTIONS クラス情報を表示に追加しています。この情報には,許可されている CONNECTIONS クラス・フィールドがすべて含まれます。

#2

COMMAND> ADD CONNECTIONS/NAME=(MSCP$DISK,VMS$VAXcluster)

コノコマンドは,MSCP$DISK と VMS$VAXcluster の 2 つのプロセスに対応するすべての接続を,SHOW CLUSTER 表示に追加しています。

#3

COMMAND> ADD CONNECTIONS/TYPE=OPEN

このコマンドは,すべてのオープン接続を SHOW CLUSTER 表示に追加しています。

#4

COMMAND> REMOVE CONNECTIONS
COMMAND> ADD SCS_STATE
COMMAND> REMOVE CONNECTIONS
   .
   .
   .
COMMAND> ADD CONNECTIONS

まず,REMOVE CONNECTIONS コマンドが CONNECTIONS クラスを表示から削除しています。次に,ADD SCS_STATE コマンドが CONNECTIONS クラス・フィールド SCS_STATE を表示に追加しています。この結果,他の CONNECTIONS クラス・フィールドは,すべて禁止されます。再び CONNECTIONS クラスを削除して追加したときに表示されるのは, SCS_STATE フィールドだけです。

ADD COUNTERS

現在許可されているすべての COUNTERS クラス・フィールドを, SHOW CLUSTER 表示に追加します。

形式

ADD COUNTERS


パラメータ



なし

修飾子



/ALL

クラス内のすべてのフィールドを表示に追加することを指定します。

説明

ADD COUNTERS コマンドは,COUNTERS クラス情報を SHOW COUNTERS 表示に追加します。この情報には,現在許可されているすべての COUNTERS クラス・フィールドのデータが含まれます。

省略時の設定では,次の COUNTERS フィールドが有効です。

DGS_SENT---送信したデータグラム
DGS_RCVD---受信したデータグラム
MSGS_SENT---送信したメッセージ
MSGS_RCVD---受信したメッセージ

COUNTERS クラス・フィールドの種類については, 表 22-5 を参照してください。

ADD COUNTERS コマンドと REMOVE COUNTERS コマンドを使用することにより,COUNTERS クラス情報を表示するかどうか指定できます。 COUNTERS クラスを表示からいったん削除した後,そのフィールドをまったく変更せずに再び追加すると,削除する前と同じフィールドがすべて表示されます。COUNTERS クラスを削除して新しい COUNTERS クラス・フィールドを追加すると,削除する前に許可されていたフィールドはすべて禁止され,新しく追加したフィールドだけが表示されます。


#1

COMMAND> ADD COUNTERS

このコマンドは,COUNTERS クラス情報を表示に追加しています。この情報には,許可されている COUNTERS クラス・フィールドがすべて含まれます。

#2

COMMAND> REMOVE COUNTERS
COMMAND> ADD MSGS_SENT
COMMAND> REMOVE COUNTERS
   .
   .
   .
COMMAND> ADD COUNTERS

まず,REMOVE COUNTERS コマンドが COUNTERS クラスを表示から削除しています。次に,ADD MSGS_SENT コマンドが COUNTERS クラス・フィールド MSGS_SENT を表示に追加しています。この結果,他の COUNTERS クラス・フィールドは,すべて禁止されます。再び COUNTERS クラスを削除して追加したときに表示されるのは, MSGS_SENT フィールドだけです。

ADD CREDITS

現在許可されているすべての CREDITS クラス・フィールドを, SHOW CLUSTER 表示に追加します。

形式

ADD CREDITS


パラメータ



なし

修飾子



/ALL

クラス内のすべてのフィールドを表示に追加することを指定します。修飾子を付けないで ADD CREDITS コマンドを実行すると,すべての CREDITS クラス・フィールドが表示されます。

説明

ADD CREDITS コマンドは,CREDITS クラス情報を SHOW CREDITS 表示に追加します。この情報には,現在許可されているすべての CREDITS クラス・フィールドのデータが含まれます。

省略時の設定では,すべての CREDITS クラス・フィールドが有効です。 CREDITS クラス・フィールドの種類については, 表 22-6 を参照してください。

ADD CREDITS コマンドと REMOVE CREDITS コマンドを使用することにより, CREDITS クラス情報を表示するかどうか指定できます。 CREDITS クラスを表示からいったん削除した後,そのフィールドをまったく変更せずに再び追加すると,削除する前と同じフィールドがすべて表示されます。CREDITS クラスを削除して新しい CREDITS クラス・フィールドを追加すると,削除する前に許可されていたフィールドはすべて禁止され,新しく追加したフィールドだけが表示されます。


#1

COMMAND> ADD CREDITS

このコマンドは,CREDITS クラス情報を表示に追加しています。この情報には,許可されている CREDITS クラス・フィールドがすべて含まれます。

#2

COMMAND> REMOVE CREDITS
COMMAND> ADD MIN_REC
COMMAND> REMOVE CREDITS
   .
   .
   .
COMMAND> ADD CREDITS

まず,REMOVE CREDITS コマンドが CREDITS クラスを表示から削除しています。次に,ADD MIN_REC コマンドが CREDITS クラス・フィールド MIN_REC を表示に追加しています。この結果,他の CREDITS クラス・フィールドは,すべて禁止されます。再び CREDITS クラスを削除して追加したときに表示されるのは, MIN_REC フィールドだけです。

ADD ERRORS

現在許可されているすべての ERRORS クラス・フィールドを, SHOW CLUSTER 表示に追加します。

形式

ADD ERRORS


パラメータ



なし

修飾子



/ALL

クラス内のすべてのフィールドを表示に追加することを指定します。修飾子を付けないで ADD ERRORS コマンドを実行すると,すべての ERRORS クラス・フィールドが表示されます。

説明

ADD ERRORS コマンドは,ERRORS クラス情報を SHOW ERRORS 表示に追加します。この情報には,現在許可されているすべての ERRORS クラス・フィールドのデータが含まれます。

省略時の設定では,すべての ERRORS クラス・フィールドが有効です。 ERRORS クラス・フィールドの種類については, 表 22-7 を参照してください。

ADD ERRORS コマンドと REMOVE ERRORS コマンドを使用することにより, ERRORS クラス情報を表示するかどうか指定できます。 ERRORS クラスを表示からいったん削除した後,そのフィールドをまったく変更せずに再び追加すると,削除する前と同じフィールドがすべて表示されます。ERRORS クラスを削除して新しい ERRORS クラス・フィールドを追加すると,削除する前に許可されていたフィールドはすべて禁止され,新しく追加したフィールドだけが表示されます。


#1

COMMAND> ADD ERRORS

このコマンドは,ERRORS クラス情報を表示に追加しています。この情報には,許可されている ERRORS クラス・フィールドがすべて含まれます。

#2

COMMAND> REMOVE ERRORS
COMMAND> ADD ERT_MAX
COMMAND> REMOVE ERRORS
   .
   .
   .
COMMAND> ADD ERRORS

まず,REMOVE ERRORS コマンドが ERRORS クラスを表示から削除しています。次に,ADD ERT_MAX コマンドが ERRORS クラス・フィールド ERT_MAX を表示に追加しています。この結果,他の ERRORS クラス・フィールドは,すべて禁止されます。再び ERRORS クラスを削除して追加したときに表示されるのは, ERT_MAX フィールドだけです。

ADD (フィールド)

SHOW CLUSTER 情報の特定のフィールドの表示を許可します。

形式

ADD フィールド名[,...]

CIRCUITS

CIRCUITS クラスには,ローカル・ポート名,リモート・ポートのタイプと番号,サーキット上の接続数,サーキット状態など,システム上の仮想サーキットに関する情報が含まれます。

CIRCUITS クラスのフィールドの表については, 表 22-2 を参照してください。

CLUSTER

CLUSTER クラスには,クラスタを形成した時間,最後にシステムがクラスタに追加または削除された時間,クラスタ・クォーラムなど,一般的クラスタ情報が含まれます。

CLUSTER クラスのフィールドの表については, 表 22-3 を参照してください。

CONNECTIONS

CONNECTIONS クラスには,ローカル・プロセスとリモート・プロセスの名前,接続の状態など,仮想サーキットを通して確立する接続の情報が含まれます。

CONNECTIONS クラスのフィールドの表については, 表 22-4 を参照してください。

COUNTERS

COUNTERS クラスには,アプリケーション・データグラム数,送信または受信したアプリケーション・メッセージ数など,接続トラフィックの統計が含まれます。

COUNTERS クラスのフィールドの表については, 表 22-5 を参照してください。

CREDITS

CREDITS クラスには,各接続の送信クレジット数と受信クレジット数が含まれます。

CREDITS クラスのフィールドの表については, 表 22-6 を参照してください。

ERRORS

ERRORS クラスには,各ポートで発生したエラー数と,これらのポートの再初期化に関する情報が含まれます。

ERRORS クラスのフィールドの表については, 表 22-7 を参照してください。

LOCAL_PORTS

LOCAL_PORTS クラスには,各ポートの名前,番号,状態,各ポートのキューのエントリ数など,クラスタに対するローカル・システム・インタフェース情報が含まれます。

LOCAL_PORTS クラスのフィールドの表については, 表 22-8 を参照してください。

MEMBERS

MEMBERS クラスには,各ノードの識別番号やメンバシップ状態など,アクティブ・システムに関する情報が含まれます。

MEMBERS クラスのフィールドの表については, 表 22-9 を参照してください。

SYSTEMS

SYSTEMS クラスには,識別番号,ノード名,ハードウェア・タイプ,ソフトウェア・バージョンなど,クラスタ内のすべてのシステムに関する情報が含まれます。

SYSTEMS クラスのフィールドの表については, 表 22-10 を参照してください。


修飾子



なし

説明

ADD (フィールド) コマンドは,特定の情報フィールドを許可し, SHOW CLUSTER 表示に追加します。現在表示されていないクラスのフィールドを追加すると,そのフィールドのクラス・ヘッダが表示に追加されます。他の ADD (クラス) コマンドに /ALL 修飾子を付けて実行すると,そのクラスのすべてのフィールドが表示に追加されます。

SHOW CLUSTER 表示からフィールドを削除するには, REMOVE (フィールド) コマンドを実行します。


#1

COMMAND> ADD SEND

このコマンドは,CREDITS クラスの SEND フィールドを許可し,SHOW CLUSTER 表示に追加しています。

#2

COMMAND> ADD REM_STATE,REM_CONID,LOC_CONID


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項