日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/MATERIAL 修飾子では PDF と PTF の位置は指定されません。詳細については /SOURCE 修飾子を参照してください。

この修飾子は PRODUCT PACKAGE コマンドの必須修飾子です。パス名を 1 つだけ指定する場合には,括弧 (()) を省略してもかまいません。複数のパス名を指定する場合には,括弧は必須です。

パス名の形式はデバイス名:[ディレクトリ名] です。

パス名は次のように指定できます。

特定のディレクトリ 1 つのディレクトリだけが検索される。
ワイルドカード・ディレクトリ ディレクトリ名にワイルドカードとして 1 つ以上のアスタリスク (*),パーセント記号 (%),反復文字 (...) が含まれる。ワイルドカード指定を満たすすべてのディレクトリが検索される。
ルート・ディレクトリ ディレクトリ名の後のピリオド (.) は,ルート・ディレクトリ指定を示す。たとえば,TEST$:[ABC.FT2.] は, PDF の FILE 文の相対ファイル指定と組み合わされ,パッケージ化の際のファイルの位置を示す。

パス名にルート・ディレクトリが含まれている場合,ユーティリティは PDF 内の FILE 文の相対ファイル指定をルート・ディレクトリに追加し,ファイルを探す場所を決定します。しかし,パス名で特定のディレクトリとワイルドカード・ディレクトリのどちらかが使用されていると,ファイルを探す際に FILE 文の相対ファイル指定は使用されません。代わりに,/MATERIAL 修飾子で指定されたディレクトリを使用してファイルが検索されます。

ワイルドカード・ディレクトリまたはパス名のリストを使用するときに,別のディレクトリ内のファイルに同じ名前のものがある場合には,検索パス内の最初のファイルだけがキットにパッケージ化されます。その結果,相対ファイル指定を使用してファイルが一意に識別されないため, FILE 文でそのファイル名が参照されるたびに同じファイルがパッケージ化されます。したがって,異なるディレクトリに同じ名前で別のファイルがある場合は,パス名としてルート・ディレクトリ形式を使用して,これらのファイルを正しくパッケージ化してください。

一般に,特定のディレクトリまたはルート・ディレクトリを使用する方が,ワイルドカード・ディレクトリを使用するよりも効率的です。数百ものファイルを含む製品のパッケージを作成する場合,パス名を指定する際に使う方法によって,処理時間にかなりの差が出る可能性があります。マテリアル・パス名の選択は,キットをインストールするために必要な時間には影響しません。

/OWNER_UIC=uic

コピー操作で作成されたファイルの所有者 UIC (ユーザ識別コード) を指定します。省略時の設定では,操作を実行するユーザはソフトウェア製品ファイルを所有します。たとえば,自分のアカウントにログインしている場合には,コピー操作でこの修飾子を使用して,製品ファイルの所有権を自分のアカウントではなく,SYSTEM に割り当てることができます。UIC は英数字 ([name] という形式) または 8 進数のグループ・メンバ形式 ([g,m] いう形式) で指定します。UIC の形式については『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/PRODUCER=作成者名

指定された製造業者が製造したソフトウェア製品を選択します。

/SOURCE=ファイル指定

入力 PDF ファイルの場所を指定します。デバイス名を指定しなかった場合には,省略時の設定はユーザの省略時のデバイスです。ディレクトリ名を指定しなかった場合には,省略時の設定はユーザの省略時のディレクトリです。ファイル指定でファイル名とファイル・タイプを指定しなかった場合には,省略時の設定は <完全な製品名>.PCSI$DESCRIPTION です。

オプションの PTF を使用する場合には,PDF と同じディレクトリにあり,同じファイル名であり,ファイル・タイプが .PCSI$TEXT でなければなりません。<完全な製品名>.PCSI$TEXT という名前のファイルが見つからない場合には,パッケージ操作は PTF を使用しません。

この修飾子は PRODUCT PACKAGE コマンドの必須修飾子です。論理名 PCSI$SOURCE は使用されません。

/VERSION=バージョン番号

指定されたバージョンを持つソフトウェア製品を選択します。


$ PRODUCT PACKAGE VIEWER - 
_$ /PRODUCER=ABC /BASE_SYSTEM=AXPVMS -
_$ /FORMAT=SEQUENTIAL /LOG -
_$ /SOURCE=BUILD$:[TEST.PDF] -
_$ /DESTINATION=DKA200:[PCSI_KITS] -
_$ /MATERIAL=BUILD$:[TEST.VIEWER0201]
 

ディレクトリ [TEST.PDF] には,それぞれ ABC-AXPVMS-VIEWER-0201-1.PCSI$DESC および ABC-AXPVMS-VIEWER-0201-1.PCSI$TEXT という名前の PDF ファイルと PTF ファイルが格納されています。これらのファイルと BUILD$:[TEST.VIEWER0201] ディレクトリにある製品マテリアル・ファイルを使用して,製品 VIEWER のキットが作成されます。 PRODUCT PACKAGE コマンドが完了すると, ABC-AXPVMS-VIEWER-0201-1.PCSI という名前の順編成形式のキットが作成され,DKA200:[PCSI_KITS] ディレクトリに格納されます。

マテリアルのパス名は,次のようなワイルドカード形式を使用して指定できます。


   /MATERIAL=BUILD$:[TEST.VIEWER0201...] 

この場合,パッケージ化する製品ファイルがディレクトリ・ツリー全体で検索されます。

マテリアルのパス名は,次のようなルート・ディレクトリ形式で指定することもできます。


   /MATERIAL=BUILD$:[TEST.VIEWER0201.] 

この場合,PDF 内のそれぞれの FILE 文は,特定のサブディレクトリを指します。たとえば, FILE 文に相対ファイル指定 [DOC]CHAPTER1.HTML が含まれている場合,パッケージ操作ではファイル BUILD$:[TEST.VIEWER0201.DOC]CHAPTER1.HTML が検索されます。パス名の中でルート・ディレクトリを指定することで, CHAPTER1.HTML という名前の複数のファイルを異なるサブディレクトリに格納しておくことができます。

RECONFIGURE

インストレーション・オプションを変更する許可をユーザに与えることで,インストール済みの製品の構成を変更します。

形式

PRODUCT RECONFIGURE 製品名[,...] [/修飾子]


説明

ユーザがオプションを選択する,または,オプションの選択を解除することに従って,製品の再構成が,ファイルの追加または削除,あるいはその両方を行う可能性があります。つまり,ユーザは,製品をインストールしたときには選択しなかったオプションを選択することも,製品をインストールしたときには選択していたオプションの選択を解除することもできます。処理の最後に,これらの変更を反映するために製品データベースが更新されます。

再構成処理を実行するには,製品のインストールに使用された元のソフトウェア製品キットにアクセスすることが必要になります。


パラメータ



製品名

構成を変更する製品,または製品のリストを指定します。

修飾子



/BASE_SYSTEM=基本システム名

指定したものと基本システムが合致するソフトウェア製品を選択します。基本システム名は,ハードウェア・プラットフォームとオペレーティング・システムの両方を識別するものです。標準名は次のとおりです。

名前 説明
AXPVMS OpenVMS Alpha 製品を示す。
I64VMS OpenVMS I64 製品を示す。
VAXVMS OpenVMS VAX 製品を示す。
VMS 複数の OpenVMS プラットフォームにインストールできる製品を示す。



/CONFIGURATION=(キーワード[,...])

構成を選択する方法を指定します。次のキーワードが使用できます。

CURRENT 製品データベースの値を使用します。これらの値は,製品をインストールまたは再構成したときに選択した構成です。
PRODUCER 製品のソフトウェア製造業者が指定した値を使用します。
INPUT=PCF名 指定された製品構成ファイルの値を使用します。
OUTPUT=PCF名 指定された製品構成ファイルに構成を書き込みます。ファイル名が指定されなかった場合は,現在の省略時のディレクトリに DEFAULT.PCSI$CONFIGURATION という名前のファイルを作成します。

キーワード CURRENT,PRODUCER および INPUT は,同時に使用することはできません (これらのキーワードをどれも指定しないと, CURRENT が省略時の値になります)。

OUTPUT キーワードは,CURRENT,PRODUCER, INPUT のいずれかのキーワードと同時に使用できます。

キーワードを 1 つしか指定しない場合は,括弧を省略することができます。

/DEBUG



/NODEBUG (省略時の設定)

製品キットの開発者がキットをテストする際に役立つオプションを指定します。キーワードは次のとおりです。

CONFLICT_DATA ファイルとモジュールの競合の解決に関する補足情報を表示する。これには,比較で使用した世代番号,オブジェクトが保持されるか置き換えられるか,オブジェクトが属する製品の名前が含まれる。

/DEBUG=CONFLICT_DATA を /LOG 修飾子とともに使用すると,競合の解決に関するすべての情報が表示されます。詳細は,『POLYCENTER Software Installation Utility Developer's Guide』を参照してください。

/HELP



/NOHELP (省略時の設定)

製品オプションの詳細な説明文を表示するかどうかを制御します。製品を初めてインストールしたときには,これらの説明文がオプションを選ぶときに役立ちます。後にインストレーションをやり直すときやアップグレードを行う際には,時間を節約するために短い説明文を選ぶとよいでしょう。

/NOHELPを選択した場合は,プロンプトで次の操作を行うことで,疑問点についての詳細な説明文を表示させることができます。

  • Help キーまたは PF2 キーを押す

  • ? を押して Return キーを押す



/KIT_ATTRIBUTES=キーワード([,...])

キット・タイプまたはキット形式,あるいはその両方によってキットを選択します。次のキーワードが使用できます。

FORMAT=
形式タイプ
次のように製品キットの形式を指定します。

   
COMPRESSED データ圧縮テクニックが順編成キットに適用されている圧縮形式。圧縮されたキットは .PCSI$COMPRESSED ファイル・タイプです。
REFERENCE 製品ファイルがディレクトリ木構造に存在する参照形式。ディレクトリ木構造のトップ・レベルにある .PCSI$DESCRIPTION ファイルは,参照キットを示します。
SEQUENTIAL 製品ファイルがコンテナ・ファイル内に配置される順編成形式。 .PCSI のファイル・タイプは順編成キットを示します。

   
TYPE=
キット・タイプ
次のように製品キットのタイプを指定します。

FULL レイヤード・プロダクト (アプリケーション) ソフトウェア。
OPERATING_SYSTEM オペレーティング・システム・ソフトウェア。
PARTIAL 現在インストールされているソフトウェアに対するアップグレード。このキットをインストールすると,製品のバージョンが変わります。
PLATFORM ソフトウェア製品の統合された集合 (製品群とも呼ぶ)。



/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

処理された各ファイルのファイル指定を表示します。ログ指定が有効になっている場合,製品ファイル,ライブラリ,ディレクトリ,回復データ・ファイル,および製品データベース・ファイルが,作成,削除,または変更されたときにメッセージで通知されます。また,ファイルとモジュールの競合の解決に関する情報も提供されます。

/OPTIONS=(キーワード[,...])



/NOOPTIONS (省略時の設定)

PRODUCT コマンド・オプションを指定します。キーワードは次のとおりです。

NOCONFIRM 処理用に選択されている製品を検証するかどうかをユーザに尋ねる確認ダイアログを省略します。

キーワード NOCONFIRM と NODEFAULT_KIT は,同時に使用することはできません。

NODEFAULT_KIT 製品の選択条件に一致するキットが,ソース・ディレクトリ・パス中に複数見つかった場合に,省略時のキットを選択するのではなく,ユーザに問い合わせるようにユーティリティに指示します。選択条件には,キットのファイル名に埋め込まれている作成者,基本システム,製品名,製品バージョンの文字列が含まれます。

選択した製品に対して複数のキットが見つかり, NODEFAULT_KIT を指定していない場合,ユーティリティは以下の規則を適用して使用するキットを決定します。

  1. キットのファイル名の最後の文字 (1 〜 7) を使用して,キットをキット・タイプの順に並べます。優先順位が高い順から,FULL,OPERATING_SYSTEM,PARTIAL, PATCH,PLATFORM,TRANSITION,MANDATORY_UPDATE となります。

  2. ファイル・タイプを使用して,キットを形式ごとに並べます。優先順位が高い順から,COMPRESSED (.PCSI$COMPRESSED), SEQUENTIAL (.PCSI),REFERENCE (.PCSI$DESCRIPTION) となります。

  3. ファイル名とファイル・タイプが同じで,ディレクトリ・パス名,ファイル指定の大文字と小文字の区別,ファイルのバージョンが異なるキットが複数見つかった場合には, RMS の検索規則で最初に見つかったファイルが優先されます。

キーワード NODEFAULT_KIT と NOCONFIRM は,同時に使用することはできません。

NOVALIDATE_KIT 署名済みでソース・ディレクトリにマニフェスト・ファイルがあるソフトウェア製品キットの検証を無効にします。

NOVALIDATE_KIT キーワードと SIGNED_KIT キーワードを同時に指定することはできません。

SHOW_DISK_USAGE ディスク・ブロックの推定使用状況を表示します。ピーク利用状況と変更合計の両方が,操作の前後の利用可能な未使用領域の量に加えて表示されます。
SIGNED_KIT 操作対象として選択したすべてのソフトウェア製品キットが,検証に合格した署名済みキットでなくてはならないことを指定します。これを満たさない場合は,操作は実行されません。

SIGNED_KIT キーワードと NOVALIDATE_KIT キーワードを同時に指定することはできません。



/PRODUCER=作成者名

指定された製造業者が製造したソフトウェア製品を選択します。

/RECOVERY_MODE (省略時の設定)



/NORECOVERY_MODE

回復モードでの製品の再構成の有効/無効を切り替えます。再構成処理中に変更,または削除されたディレクトリ,ファイル,およびライブラリは, /NORECOVERY_MODE を指定しないかぎり,システム・ディスクのディレクトリ木構造に保存されます。これらのファイルは,製品データベースのコピーとともに,回復データ・セットを形成します。

回復データ・セットには,再構成が正常終了したときと,再構成が異常終了したときとでは,いくらか異なる処理が行われます。

  • 再構成が実行フェーズで終了した場合, Ctrl/Y や Ctrl/C による自発的なときも,回復不可能なエラーによる非自発的なときも,保存された回復データは,中断された処理の前の製品環境を再提供するために,強制的に移動されたオブジェクトすべてをロールバックするために使用されます。その後,回復データ・セットは削除されます。

  • 正常な再構成の直後,回復データ・セットは削除されます。



/REMARK=文字列

実行する作業に関するコメントを,製品データベースに記録します。PRODUCT SHOW HISTORY コマンドは,記録されたコメントを表示します。PCSI は,各製品について,ユーザが実行した作業と,それに関連するコメントの時系列的なリストを保存しています。省略時の設定では,コメントは記録されません。

/REMOTE



/NOREMOTE (省略時の設定)

プライベートにマウントされたシステム・ディスクに存在する製品データベースを選択します。省略時には, PCSI は現在ブートされているシステム・ディスクで製品データベースを検索します。

/REMOTE を使用する場合は,次の論理名が定義されていなければなりません。

  • PCSI$SYSDEVICE はターゲットのシステム・ディスクの物理ディス名を指定していなければなりません。このディスクはマウントされていなければならず, PRODUCT コマンドを実行しているプロセスに割り当てられていることが必要です。

  • PCSI$SPECIFIC は PCSI$SYSDEVICE 上のシステム・ルートを指さなければなりません。これは,x が有効なシステム・ルートであるとして,次の形式で定義されている必要があります。


    PCSI$SYSDEVICE:[SYSx.] 
    



/SOURCE=デバイス名:[ディレクトリ名]

ユーティリティがソフトウェア製品キットを探すディスクとディレクトリを指定します。/SOURCE が指定されていないと,ユーティリティは論理名 PCSI$SOURCE によって定義されている位置を探します。PCSI$SOURCE が定義されておらず,/SOURCE 修飾子が指定されていない場合,PCSI は現在の省略時のディレクトリを探します。

/SPAN_VERSIONS=キーワード([,...])

指定されたバージョン条件にバージョンが一致するソフトウェア製品を選択します。次のキーワードが使用できます。

ABOVE=バージョン 指定されたバージョンよりも後のバージョンを選択します
BELOW=バージョン 指定されたバージョンよりも前のバージョンを選択します
MINIMUM=バージョン 指定されたバージョン以降のバージョンを選択します
MAXIMUM=バージョン 指定されたバージョン以前のバージョンを選択します

ABOVE,BELOW,MINIMUM,MAXIMUM のキーワードは,単独でも,組み合わせても使用できます。たとえば, /SPAN_VERSIONS= (MINIMUM=V2.1,BELOW=V3.0)とすると,V2.1 以降で,V3.0 よりも前の (V3.0 を含まない) バージョンを選択します。ここで BELOW キーワードの代わりに MAXIMUM を使うと,V3.0 が含まれます。

/TRACE



/NOTRACE (省略時の設定)

サブプロセスの作成および削除と,PRODUCT コマンドの処理の実行中にこのサブプロセスで発行する DCL コマンドやコマンド・プロシージャを示します。また,PCSI ユーティリティがサブプロセス環境に提供するスクラッチ・ディレクトリと一時ファイルの作成と削除も表示します。 DCL が生成する出力もすべて表示されます。

この修飾子は,製品キット内に含まれているコマンド・プロシージャの実行をトレースする製品開発者のために主にデバッグ支援を行います。詳細については,『POLYCENTER Software Installation Utility Developer's Guide』を参照してください。

/VERSION=バージョン番号

指定されたバージョンを持つソフトウェア製品を選択します。

/WORK=デバイス:[ディレクトリ]

一時的な作業領域として使用されるデバイスとディレクトリを指定します。省略時の設定では,一時ファイルはユーザのログイン・ディレクトリのサブディレクトリの中に作成されます。


$ DEFINE PCSI$SOURCE DKA500:[DWMOTIF.KIT]
$ PRODUCT RECONFIGURE DWMOTIF /VERSION=V1.2-3
 

このコマンドは,ユーザと対話を通して, DECwindows Motif バージョン 1.2-3 の構成オプションを変更します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡