日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

MONITOR RMS

MONITOR RMSコマンドを実行すると,統計情報のOpenVMSレコード管理サービス(OpenVMS RMS)クラスの監視が特定のファイルについて開始されます。

形式

MONITOR RMS




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/FILE=(ファイル名[,...])

MONITOR RMSコマンドの実行対象となるファイル(1つまたは複数)のリストを指定します。ノード名をファイル指定に含めても無視されます。ノードを選択する場合は,/NODE コマンド修飾子を使用してください。複数のノードを /NODE コマンド修飾子で指定する場合,指定したファイルは,指定したすべてのノード上に存在していなければなりません。5,000 個までのファイルを指定できます。ワイルドカード文字は使用できません。

/ITEM=(キーワード[,...])

表示出力と要約出力の対象とする 1 つ以上のデータ項目を選択します。複数のキーワードを指定する場合は,括弧で囲み,コンマで区切ってください。省略時の値は,/ITEM=OPERATIONS です。

次の表は /ITEM 修飾子のキーワードを説明しています。

キーワード 説明
OPERATIONS 選択したファイルについて, RMS 基本動作統計を表示することを指定する
DATA_RATES 選択したファイルについて, RMS データ率統計を表示することを指定する
LOCKING 選択したファイルについて, RMS ロッキング統計を表示することを指定する
CACHING 選択したファイルについて, RMS キャッシング統計を表示することを指定する



/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

MONITOR RMS コマンドでは,/FILE 修飾子で入力ファイルを指定する必要があります。指定したファイルに関する RMS 統計が表示されます。入力ファイルの統計が表示されるのは,入力ファイルに統計が許可されており,入力ファイルがオープン状態である場合に限定されます。ファイルからの統計を許可する方法については,『OpenVMS Record Management Services Reference Manual』と『OpenVMS DCL ディクショナリ』の SET FILE コマンドの項を参照してください。

MONITOR RMS コマンドは,次の種類の RMS 統計を出力します。

基本動作 (OPERATIONS 項目を指定した場合)
動作あたりのデータ率 (DATA_RATES 項目を指定した場合)
ファイル・ロッキング (/LOCKING 項目を指定した場合)
キャッシング (/CACHING 項目を指定した場合)

基本動作統計のデータ項目は,次のとおりです。

Sequential $Get Call Rate
Keyed $Get Call Rate
RFA $Get Call Rate
Sequential $Find Call Rate
Keyed $Find Call Rate
RFA $Find Call Rate
Sequential $Put Call Rate
Keyed $Put Call Rate
$Read Call Rate
$Write Call Rate
$Update Call Rate
$Delete Call Rate
$Truncate Call Rate
$Extend Call Rate
$Flush Call Rate

データ率統計のデータ項目は,次のとおりです。

Total $GET Call Rate
Bytes per $GET
Total $PUT Call Rate
Bytes Per $PUT
Total $UPDATE Call Rate
Bytes per $UPDATE
$READ Call Rate
Bytes per $READ
$WRITE Call Rate
Bytes per $WRITE
$TRUNCATE Call Rate
Blocks per $TRUNCATE
$EXTEND Call Rate
Blocks per $EXTEND

ファイル・ロッキング統計のデータ項目は,次のとおりです。

New ENQ Rate
DEQ Rate
Converted ENQ Rate
Blocking AST Rate
Bucket Split Rate
Multi-Bucket Split Rate

キャッシング統計のデータ項目は,次のとおりです。

Local Cache Hit Percent
Local Cache Attempt Rate
Global Cache Hit Percent
Global Cache Attempt Rate
Global Buffer Read I/O Rate
Global Buffer Write I/O Rate
Local Buffer Read I/O Rate
Local Buffer Write I/O Rate

注意

MONITOR RMS コマンドは,RMS Journaling の回復メカニズムによる入出力については出力しません。

OpenVMS RMS,OpenVMS RMS サービス,ファイル・アプリケーションの詳細については,『OpenVMS Record Management Services Reference Manual』,『OpenVMS System Services Reference Manual』,『Guide to OpenVMS File Applications』を参照してください。



MONITOR> MONITOR RMS /ITEM=OPERATIONS /FILE=SYS$COMMON:[SYSEXE]SYSUAF.DAT
 
 


 
  
 
  
                           OpenVMS Monitor Utility 
                              RMS FILE OPERATIONS 
                                 on node SAMPLE 
                              29-APR-2003 11:03:06 
(Index)  _$254$DUA213:[SYS0.SYSEXE]SYSUAF.DAT;2 
Active Streams:   17                   CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    $GET Call Rate    (Seq)           0.00       0.00       0.00       0.00 
                      (Key)           4.30       2.15       0.00       6.76 
                      (RFA)           0.00       0.00       0.00       0.00 
    $FIND Call Rate   (Seq)           0.00       0.00       0.00       0.0 
                      (Key)           0.00       0.00       0.00       0.00 
                      (RFA)           0.00       0.00       0.00       0.00 
    $PUT Call Rate    (Seq)           0.00       0.00       0.00       0.00 
                      (Key)           0.20       0.14       0.00       0.30 
    $READ Call Rate                   0.00       0.00       0.00       0.00 
    $WRITE Call Rate                  0.00       0.00       0.00       0.00 
    $UPDATE Call Rate                 0.00       0.00       0.00       0.00 
    $DELETE Call Rate                 0.00       0.00       0.00       0.00 
    $TRUNCATE Call Rate               0.00       0.00       0.00       0.0 
    $EXTEND Call Rate                 0.00       0.00       0.00       0.00 
    $FLUSH Call Rate                  0.00       0.00       0.00       0.00 

ファイル SYSUAF.DAT について,基本動作統計を出力しています。

MONITOR SCS

MONITOR SCSコマンドを実行すると,システム通信サービス(SCS)クラスの監視が開始されます。

形式

MONITOR SCS




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/ITEM=(キーワード[,...])

表示出力と要約出力の対象とする 1 つ以上のデータ項目を選択します。複数のキーワードを指定する場合は,括弧で囲み,コンマで区切ってください。省略時の値は,/ITEM=KB_MAP です。

次の表は /ITEM 修飾子キーワードを説明しています。

キーワード 説明
ALL ディスクについて収集したすべてのデータ項目の統計を連続画面で表示することを指定する
BUFFER_DESCRIPTOR 各ノードについて,ローカル・ノードのバッファ・キュー登録記述子率の統計を表示することを指定する
D_DISCARD 各ノードについて,データグラム破棄率統計を表示することを指定する
D_RECEIVE 各ノードについて,データグラム受信率統計を表示することを指定する
D_SEND 各ノードについて,データグラム送信率統計を表示することを指定する
KB_MAP 各ノードについて, KB マップ率統計を表示することを指定する
KB_REQUEST 各ノードについて,データ要求による KB 要求率統計を表示することを指定する
KB_SEND 各ノードについて,データ送信による KB 送信率統計を表示することを指定する
M_RECEIVE 各ノードについて,メッセージ受信率統計を表示することを指定する
M_SEND 各ノードについて,メッセージ送信率統計を表示することを指定する
REQUEST_DATA 各ノードについて,ローカル・ノードが起動したデータ要求率統計を表示することを指定する
SEND_CREDIT 各ノードについて,ローカル・ノードの送信クレジット・キュー登録率統計を表示することを指定する
SEND_DATA 各ノードについて,ローカル・ノードが起動したデータ送信率統計を表示することを指定する



/MAXIMUM

最大統計の棒グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

/MINIMUM

最小統計の棒グラフを表示出力と要約出力に含めることを指定します。

/PERCENT



/NOPERCENT (省略時の設定)

統計をパーセント値として表示出力と要約出力で表すかどうかを制御します。/PERCENT 修飾子が適用されるのは,DISK,MODES,SCS,STATES のクラスだけです。

説明

SCS クラスは,構成要素クラスです。このクラスのデータ項目は,クラスタ内の各ノードについて収集されます。 SCS クラスのデータ項目は,次のとおりです。

データ項目 説明
Datagram Send Rate データグラムを別のノードに送信する割合
Datagram Receive Rate データグラムを別のノードから受信する割合
Datagram Discard Rate データグラムを破棄する割合
Message Send Rate シーケンス・メッセージを別のノードに送信する割合

大容量記憶制御プロトコル (MSCP) ディスクとロック・マネージャとの交信を目的として,シーケンス・メッセージをノード間で交換します。

Message Receive Rate シーケンス・メッセージを別のノードから受信する割合

大容量記憶制御プロトコル (MSCP) ディスクとロック・マネージャとの交信を目的として,シーケンス・メッセージをノード間で交換します。

Send Data Rate データ・ブロック送信をローカル・ノードで起動する割合
Kbytes Send Rate ローカル・ノードでデータ送信を起動した結果として KB を送信する割合
Request Data Rate データ要求をローカル・ノードで起動する割合
Kbytes Request Rate ローカル・ノードでデータ要求を起動した結果として KB を受信する割合
Kbytes Map Rate ブロック転送で KB をマップする割合

ローカル・ノードとリモート・ノードの間におけるデータ転送の大体の割合です。バッファは,転送を実行する前にマップしなければなりません。マップしたバッファのサイズは,Kbytes Map Rate で表示されます。データ要求またはデータ送信をローカル・ノードまたはリモート・ノードで起動した場合,Kbytes Map Rate は,2 つのノード間で実際に転送した KB 数を示します。

Send Credit Queued Rate 接続を送信クレジットのキューに登録する割合

リモート・ノードが設定したバッファがすべて使用されている場合,接続は送信クレジットのキューに登録されます。

Buffer Descriptor Queued Rate 接続をバッファ記述子のキューに登録する割合

ローカル・ノードが設定したバッファ記述子がすべて使用されている場合,接続はバッファ記述子のキューに登録されます。システム・パラメータ SCSBUFFCNT を変更すれば,バッファ記述子の数を増やすことができます。



MONITOR> MONITOR SCS
 
 


 
  
 
  
                            OpenVMS Monitor Utility 
                                 SCS STATISTICS 
                                 on node CURLEY 
                               29-APR-2003 10:21:46 
 
    Kbytes Map Rate                    CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    CURLEY                            0.00       0.00       0.00       0.0 
    MOE                               0.00       0.00       0.00       0.00 
    LARRY                             0.00       0.00       0.00       0.00 
    SHEMP                             5.64       3.81       1.98       5.64 

クラスタ内の各ノードについて,SCS の KB マップ率統計を表示しています。 CURLEY というノードと階層記憶制御装置 (HSC) SHEMP との間のブロック転送マップ動作を示しています。クラスタ内の各ノードは, SCS ノード名で表されています。

MONITOR STATES

MONITOR STATESコマンドを実行すると,PROCESS STATESクラスの監視が開始され,スケジューラの14個の各状態ごとにプロセス数が表示されます。

形式

MONITOR STATES




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/PERCENT



/NOPERCENT (省略時の設定)

画面への出力および要約の出力時に,統計情報を百分率で表すかどうかを制御します。 /PERCENT修飾子は,DISK,MODES,SCS,およびSTATESのクラス名にだけ指定できます。省略時の設定では,統計情報は百分率で表されません。

説明

STATES クラスは,次の 14 種類のスケジューラ状態にあるプロセス数を表示します。

スケジューラ状態 説明
Collided Page Wait (COLPG) 変化状態にあるフォルト・ページを待機する。
Mutex & Miscellaneous Resource Wait (MWAIT) 相互排他セマフォまたは動的資源の可用性を待機する。 PROCESSES クラスで表示される Mutex and Miscellaneous Resources Wait 状態とその識別コードは,次のとおり。

MWAIT 待ち状態の理由
MUTEX Mutual exclusion semaphore
RWAST AST wait (wait for system or spcial kernel AST)
RWBRK Breakthrough (wait for broadcast message)
RWCAP CPU capability required
RWCLU Cluster state transition wait
RWCSV Cluster server
RWIMG Image activation lock
RWLCK Lock data base
RWMBX Mailbox full
RWMPB Modified page writer busy
RWMPE Modified page list empty
RWNPG Nonpaged dynamic memory
RWPAG Paged dynamic memory
RWPGF Page file full
RWQUO Job quota
RWSCS System Communication Services wait
RWSNP System snapshot
RWSWP Swap file space

Common Event Flag Wait (CEF) イベント・フラグの組み合わせが共通イベント・ブロックに設定されることを待機する。
Page Fault Wait (PFW) ページ・フォルトの結果としてページが読み込まれることを待機する。常駐プロセス。
Local Event Flag Wait (LEF) 1 つ以上のローカル・イベント・フラグが設定されることを待機する。常駐プロセス。
Local Event Flag (Outswapped) (LEFO) 1 つ以上のローカル・イベント・フラグが設定されることを待機する。スワップ・アウト・プロセス。
Hibernate (HIB) プロセスがハイバネート状態にあるか,またはハイバネート要求を実行した。常駐プロセス。
Hibernate (Outswapped) (HIBO) プロセスがハイバネート状態にあるか,またはハイバネート要求を実行した。スワップ・アウト・プロセス。
Suspended (SUSP) プロセスが中断要求を実行した。常駐プロセス。
Suspended (Outswapped) (SUSPO) プロセスが中断要求を実行した。スワップ・アウト・プロセス。
Free Page Wait (FPW) 空きメモリ・ページを待機する。
Compute (COM) プロセッサの使用準備完了。常駐プロセス。
Compute (Outswapped) (COMO) プロセッサの使用準備完了。スワップ・アウト・プロセス。
Current Process (CUR) プロセッサ使用中。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項