日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

MONITOR LOCK

MONITOR LOCKコマンドを実行すると,LOCKクラスの監視が開始されます。

形式

MONITOR LOCK




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

LOCK クラスのデータ項目は,次のとおりです。

データ項目 説明
New ENQ Rate 新しいロック (ENQ) 要求 (変換要求の反対) 率
Converted ENQ Rate ロック (ENQ) 変換要求率
DEQ Rate アンロック (DEQ) 要求率
Blocking AST Rate ロック・マネージャ・ブロッキング AST の実行要求率
ENQs Forced To Wait Rate 直ちに許可されず,待ち状態となったロック発生率
ENQs Not Queued Rate 直ちに許可されず,かつキューに登録しないことが要求されたため,エラー状態となったロック発生率
Deadlock Search Rate デッドロック検索実行率
Deadlock Find Rate デッドロック検出率
Total Locks システム内のロック総数
Total Resources システム内の資源総数


#1

MONITOR> MONITOR /RECORD IO
MONITOR> MONITOR /INPUT=LOCKSTATS.DAT/SUMMARY/NODISPLAY LOCK/AVERAGE
   .
   .
   .
MONITOR> [Ctrl/Z]
$  TYPE MONITOR.SUM
 
 


 
  
 
  
                             OpenVMS Monitor Utility 
            +-----+        LOCK MANAGEMENT STATISTICS 
            | AVE |            on node SAMPLE       From:  29-APR-2003 08:00:00 
            +-----+                 SUMMARY         To:    29-APR-2003 17:00:00 
 
                                     0         5         10        15        20 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 New ENQ Rate                      2 |**** 
 Converted ENQ Rate                1 |** 
                                     |         |         |         |          | 
 DEQ Rate                          3 |****** 
 Blocking AST Rate                   | 
                                     |         |         |         |          | 
 ENQs Forced To Wait Rate            | 
 ENQs Not Queued Rate                | 
                                     |         |         |         |          | 
 Deadlock Search Rate                | 
 Deadlock Find Rate                  | 
                                     |         |         |         |          | 
 Total Locks                       3 |****** 
 Total Resources                   3 |****** 
                                     |         |         |         |          | 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 PLAYBACK                         SUMMARIZING 

記録されているデータにもとづき,週日のロック管理サブシステムの平均使用状況を表示しています。

MONITOR MODES

MONITOR MODES コマンドは,MODES クラスの監視を起動します。 MODES クラスには,各プロセッサ動作モードに関するデータ項目が含まれます。

形式

MONITOR MODES




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CPU



/NOCPU [=(x[,...])] (省略時の設定)

マルチプロセッサ構成において,CPU 固有の出力形式を選択します。x は,CPU 識別子です。CPU 識別子を指定せずに /CPU を指定した場合,すべてのアクティブ CPU について,MODES クラス統計が順番に表示されます。次に,最初の CPU に戻って監視動作が繰り返されます。1 つの CPU を指定した場合,その CPU だけの統計が表示されます。複数の CPU を指定した場合,順番に CPU 統計が表示され,次に,最初の CPU に戻って監視動作が繰り返されます。

複数のCPU識別を指定したときに,その中の1つ以上のCPUが使用不可能な状態の場合, MONITORはそのことをユーザに通知しません。指定したすべてのCPU識別が存在しない場合には,引数を指定せずに/CPU修飾子だけが指定されたかのように動作します。

省略時の設定は,/NOCPUです。マルチプロセッサ・システムでは,/NOCPUを指定するとすべてのCPUが各モードで使用された合計時間がシングル・モードの画面に表示されます。

マルチプロセッサ以外のシステムでは,/CPU修飾子を指定するとCPUの IDが表示されますが,/NOCPUを指定するとCPUのIDが表示されません。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/PERCENT



/NOPERCENT (省略時の値)

画面への出力および要約の出力時に,統計情報を百分率で表すかどうかを制御します。 PERCENT\NOPERCENT修飾子は,DISK,MODES,SCS,およびSTATESのクラスにだけ指定できます。省略時の設定では,統計情報は百分率で表されません。

説明

MODES クラスのデータ項目は,すべてのプロセッサ (CPU) 時間の比率として表示することも,1 秒あたりのクロック・ティック率 (10 ミリ秒単位) として表示することもできます。

データ項目 説明
Interrupt Stack (Interrupt State on Alpha and I64 systems) 割り込みスタック消費時間 (VAX システム) またはカーネル・スタックにおける割り込み状態に消費した時間 (Alpha システムと I64 システム)
MP Synchronization 複数の CPU の同期化に消費した時間 (マルチプロセッサ・システム専用)
Kernel Mode 割り込み状態ではないカーネル・モードで消費した時間
Executive Mode エグゼクティブ・モード消費時間
Supervisor Mode スーパバイザ・モード消費時間
User Mode 命令を実行するユーザ・モードで消費した時間
Compatibility Mode 互換性モード命令の実行に消費した時間 (このデータ項目が有効であるのは,VAX システムだけである)
Idle Time 上記のいずれでも消費しなかった時間

マルチプロセッサ・システムにおいて,/CPU 修飾子を使用せずに MONITOR MODES コマンドを入力して特定の CPU を選択した場合,非マルチプロセッサ・システムの場合と同じ 1 つの画面が出力されます。すべての CPU が各モードで消費した時間の合計が,統計として表示されます。


#1

MONITOR> MONITOR MODES /PERCENT
 
 


 
  
 
  
                            OpenVMS Monitor Utility 
                            TIME IN PROCESSOR MODES (%) 
              +-----+             on node SAMPLE 
              | CUR |          29-APR-2003  22:52:42 
              +-----+ 
                                     0%        25%       50%       75%     100% 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 Interrupt Stack                   4 |* 
                                     |         |         |         |          | 
 MP Synchronization                  | 
                                     |         |         |         |          | 
 Kernel Mode                       6 |** 
                                     |         |         |         |          | 
 Executive Mode                    2 | 
                                     |         |         |         |          | 
 Supervisor Mode                     | 
                                     |         |         |         |          | 
 User Mode                        72 |*************************** 
                                     |         |         |         |          | 
 Compatibility Mode                  | 
                                     |         |         |         |          | 
 Idle Time                        16 |****** 
                                     |         |         |         |          | 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 

最後の収集期間において,プロセッサは,ユーザ・コードの実行に 72%,エグゼクティブ・モードとカーネル・モードでユーザ要求を処理するためシステム・コードを実行するのに 8%,割り込みスタックの割り込み処理に 4% の時間を消費しています。16% はアイドル状態です。 OpenVMS RMS コードの実行に消費した時間は,エグゼクティブ・モード時間に含まれ,DCL コードの実行に消費した時間は,スーパバイザ・モード時間に含まれています。

/PERCENT修飾子を指定しなかった場合や,/NOPERCENT修飾子を指定した場合には,モード時間は 1 秒あたりのクロック・ティック率として表示されます。ただし,1クロック・ティックは 10 ミリ秒です。ユニプロセッサでは,この値はパーセント値と同じです。

#2

MONITOR> MONITOR MODES
 
 


 
  
 
  
                            OpenVMS Monitor Utility 
            +-----+         TIME IN PROCESSOR MODES 
            | CUR |              on node SAMPLE 
            +-----+           29-APR-2003 15:02:36 
 
Combined for  2 CPUs                 0         50        100       150      200 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 
 Interrupt Stack                     | 
                                     |         |         |         |          | 
 MP Synchronization                  | 
                                     |         |         |         |          | 
 Kernel Mode                       2 |* 
                                     |         |         |         |          | 
 Executive Mode                    1 |* 
                                     |         |         |         |          | 
 Supervisor Mode                     | 
                                     |         |         |         |          | 
 User Mode                       101 |******************** 
                                     |         |         |         |          | 
 Compatibility Mode                  | 
                                     |         |         |         |          | 
 Idle Time                        96 |****************** 
                                     + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - -+ 

マルチプロセッサ・システムに関する出力です。 1 秒あたりのクロック・ティック率が表示されています。画面の左上には,ノード SAMPLE に CPU が 4 つあり,2 つがアクティブであることが示されています。/CPU 修飾子が指定されていないので,すべての CPU が各モードで消費した合計時間が表示されています。

MONITOR MSCP_SERVER

MONITOR MSCP_SERVERコマンドを実行すると,大容量記憶制御プロトコル (MSCP)サーバ・クラスの監視が開始されます。

形式

MONITOR MSCP_SERVER




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

MSCP サーバ・クラスのデータ項目は,MSCP サーバのチューニングに便利です。

データ項目 説明
Server I/O Request Rate リモート・プロセッサが入出力転送を要求する割合
Read Request Rate リモート・プロセッサが読み込み転送を要求する割合
Write Request Rate リモート・プロセッサが書き込み転送を要求する割合
Extra Fragment Rate サーバが追加フラグメントを供給する割合

バッファに制限があることから,1 つの入出力要求に対処するため MSCP サーバが複数の入出力を供給するとき,1 つ以上の追加フラグメントが作成されます。たとえば,64 ブロックの要求 1 つを 16 ブロックのフラグメント 4 つに分割する場合,MSCP サーバは 3 つの追加フラグメントを作成します。

Fragmented Request Rate フラグメンテーション要求発生率

フラグメンテーション要求は,バッファに制限があることから,サーバがフラグメンテーションする転送要求です。たとえば,36 ブロックの要求 1 つを 16 ブロックのフラグメント 2 つと 4 ブロックのフラグメント 1 つに分割する場合,サーバは 2 つの追加フラグメントを作成します。

Buffer Wait Rate サーバで「バッファ待ち」が発生する割合

バッファ待ちは,要求が MSCP バッファ・メモリに対して待ち状態となるときを指します。

Request Size Rates 各種ブロック・サイズにおける要求率を表示するヒストグラム


#1

MONITOR> MONITOR MSCP_SERVER
 
 


 
  
 
  
                            OpenVMS Monitor Utility 
                             MSCP SERVER STATISTICS 
                                 on node GLOBBO 
                              29-APR-2003 09:51:43 
 
                                       CUR        AVE        MIN        MAX 
 
    Server I/O Request Rate           0.00       0.71       0.00       6.22 
    Read Request Rate                 0.00       0.54       0.00       6.22 
    Write Request Rate                0.00       0.16       0.00       6.16 
 
    Extra Fragment Rate               0.00       0.00       0.00       0.00 
    Fragmented Request Rate           0.00       0.00       0.00       0.00 
    Buffer Wait Rate                  0.00       0.00       0.00       0.00 
 
    Request Size Rates  1             0.00       0.07       0.00       0.98 
     (Blocks)           2-3           0.00       0.03       0.00       0.65 
                        4-7           0.00       0.03       0.00       0.65 
                        8-15          0.00       0.10       0.00       1.63 
                        16-31         0.00       0.46       0.00       5.51 
                        32-63         0.00       0.00       0.00       0.00 
                        64+           0.00       0.00       0.00       0.00 

GLOBBO というノードの MSCP 統計を作成しています。

MONITOR PAGE

MONITOR PAGEコマンドを実行すると,PAGEクラスの監視が開始されます。

形式

MONITOR PAGE




コマンド修飾子



/修飾子[,...]

1 つ以上の修飾子。本章の「コマンド修飾子の説明」を参照してください。



クラス名修飾子



/ALL

取得できる統計情報(現在値,平均値,最小値,最大値)がすべて記載されたテーブルを,画面への出力と要約の出力に含めることを指定します。要約を出力する場合には,どのクラスでもこの修飾子が省略時の設定になります。それ以外の場合には,CLUSTER,MODES,PROCESSES,STATES, SYSTEM,およびVECTORを除くすべてのクラスで,この修飾子が省略時の設定になります。

/AVERAGE

画面への出力と要約の出力に,平均値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/CURRENT

画面への出力と要約の出力に,現在値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。 /CURRENT修飾子は,CLUSTER,MODES,STATES,SYSTEM,およびVECTORの各クラスでは省略時の設定です。

/MAXIMUM

画面への出力と要約の出力に,最大値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

/MINIMUM

画面への出力と要約の出力に,最小値の統計情報(棒グラフで表示)を含めることを指定します。

説明

PAGE クラスのデータ項目は,次のとおりです。

データ項目 説明
Page Fault Rate すべてのワーキング・セットのページ・フォルト率
Page Read Rate ページ・フォルトの結果,ディスクから読み込まれるページ数
Page Read I/O Rate ページ・フォルトの結果,ディスクに対して実行される読み込み動作率
Page Write Rate ページ・ファイルに書き込まれたページ数
Page Write I/O Rate ページ・ファイルに対する書き込み動作率
Free List Fault Rate ページ・フォルトの結果,空きページ・リストから読み込まれたページ数
Modified List Fault Rate ページ・フォルトの結果,変更したページ・リストから読み込まれたページ数
Demand Zero Fault Rate ページ・フォルトの結果,0 を埋め込んだページを割り当てた割合
Global Valid Fault Rate プロセスのワーキング・セットではなく物理メモリに存在し,システム単位のグローバル・ページ・テーブルでは有効ページと定義されているページのページ・フォルト率
Writes In Progress Fault Rate フォルト発生時にディスクに書き込まれていた,読み込みページ数
System Fault Rate システム空間に存在するページのページ・フォルト率
Free List Size 空きページ・リストのページ数
Modified List Size 変更したページ・リストのページ数


#1

MONITOR> MONITOR PAGE
 
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡