日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 16 章
ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ (LMCP)



Log Manager Control Program (LMCP)ユーティリティは,DECdtmサービスで使用されるトランザクション・ログを作成し,管理します。

重要

一部のLMCPコマンドはデータを破壊する可能性があります。

LMCPをなぜ使用するかについてと,安全に使用する方法については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。



LMCP により,DEC 分散トランザクション・マネージャ DECdtm サービスで使用するトランザクション・ログを作成し,管理することができます。

形式

RUN SYS$SYSTEM:LMCP


パラメータ



なし


説明

LMCP を起動するには,DCL コマンド・プロンプトに対して RUN SYS$SYSTEM:LMCP と入力します。出力される LMCP プロンプトに対し,この項で説明する LMCP コマンドを入力できます。

LMCP を終了するには,LMCP プロンプトに対して EXIT コマンドを入力するか,または Ctrl/Z を押します。



16.3 LMCP のコマンド

次の表は,LMCP のコマンドの一覧です。

コマンド 説明
CLOSE LOG トランザクション・ログをクローズし, TP_SERVER プロセスを終了する。
CONVERT LOG トランザクション・ログを作成し,このトランザクション・ログに既存のトランザクション・ログのレコードをコピーする。
CREATE LOG トランザクション・ログを作成する。
DUMP トランザクション・ログの内容を表示する。
EXIT LMCP を終了する。
HELP LMCP コマンドのヘルプを出力する。
REPAIR トランザクションの状態を変更する。
SHOW LOG トランザクション・ログに関する情報を表示する。

CLOSE LOG

トランザクション・ログをクローズし,TP_SERVER プロセスを終了します。

SYSNAM 特権が必要です。


形式

CLOSE LOG


説明

CLOSE LOG コマンドを使用することにより,次のような操作を行うことができます。

  • ローカル・ノードのトランザクション・ログをクローズする。

  • ローカル・ノードの TP_SERVER プロセスを終了する。

ノードでトランザクションを実行中である場合,CLOSE LOG コマンドは失敗します。

CONVERT LOG

トランザクション・ログを作成し,既存のトランザクション・ログのレコードをコピーします。

CONVERT LOG コマンドは,トランザクション・ログの移動やサイズ変更に使用できます。

重要

ノードにトランザクション・ログがすでに存在する場合に, CONVERT LOG コマンドでトランザクション・ログを作成すると,データを破損する恐れがあります。CONVERT LOG コマンドの安全な使用方法については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

次の特権とアクセス権が必要です。

  • CMKRNL 特権

  • 既存のトランザクション・ログとそのディレクトリへの読み込みアクセス権

  • 新しいトランザクション・ログを作成するディレクトリへの読み込みアクセス権と書き込みアクセス権


形式

CONVERT LOG 旧ファイル指定 新ファイル指定


パラメータ



旧ファイル指定

コピーするレコードが格納されているトランザクション・ログのファイル指定

省略時の値は,次のとおりです。

  • ディスクとディレクトリを省略した場合
    論理名 SYS$JOURNAL が指すディレクトリでトランザクション・ログが検索されます。SYS$JOURNAL は,エグゼクティブ・モードでシステム論理名テーブルに定義していなければなりません。

  • ファイル・タイプを省略した場合
    .LM$JOURNAL が使用されます。



新ファイル指定

新たに作成するトランザクション・ログのファイル指定

DECdtm サービスでトランザクション・ログを使用するには,ファイル名の形式を SYSTEM$node.LM$JOURNAL とする必要があります。node は,ノード名です。

省略時の値は,次のとおりです。

  • ディスクとディレクトリを省略した場合
    新しいトランザクション・ログは,論理名 SYS$JOURNAL が指すディレクトリの中で最初にアクセス可能なディレクトリに作成されます。SYS$JOURNAL は,エグゼクティブ・モードでシステム論理名テーブルに定義していなければなりません。

  • ファイル・タイプを省略した場合
    .LM$JOURNAL が使用されます。


修飾子



/OWNER=ユーザ識別子

新しいトランザクション・ログの所有者を指定します。

『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』に従って,UIC 標準形式で所有者を指定してください。

/SIZE=サイズ

新しいトランザクション・ログのサイズをブロック単位で指定します。

最小サイズは 100 ブロックです。省略時のサイズは,4,000 ブロックです。



LMCP> CONVERT LOG/SIZE=6000 DISK$LOG2:[LOGFILES]SYSTEM$RED.LM$OLD -
_LMCP> DISK$LOG2:[LOGFILES]SYSTEM$RED.LM$JOURNAL
 

6,000 ブロックのトランザクション・ログ SYSTEM$RED.LM$JOURNAL を DISK$LOG2:[LOGFILES] というディレクトリに作成しています。次に,ディレクトリ DISK$LOG2:[LOGFILES] の既存トランザクション・ログ SYSTEM$RED.LM$OLD のアクティブなトランザクション・レコードを,すべて新しいトランザクション・ログにコピーしています。

CREATE LOG

新しいトランザクション・ログを作成します。

重要

ノードにトランザクション・ログがすでに存在するときに CREATE LOG コマンドで新しいトランザクション・ログを作成した場合,データを破損する恐れがあります。

トランザクション・ログを作成するディレクトリへの読み込みアクセス権と書き込みアクセス権が必要です。


形式

CREATE LOG ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

作成するトランザクション・ログのファイル指定

DECdtm サービスでトランザクション・ログを使用するには,ファイル名の形式を SYSTEM$node.LM$JOURNAL とする必要があります。node は,ノード名です。

省略時の設定は,次のとおりです。

  • ディスクとディレクトリを省略した場合,新しいトランザクション・ログは,論理名 SYS$JOURNAL が指すディレクトリの中で最初にアクセス可能なディレクトリに作成されます。SYS$JOURNAL は,エグゼクティブ・モードでシステム論理名テーブルに定義していなければなりません。

  • ファイル・タイプを省略した場合,.LM$JOURNAL が使用されます。

SYS$JOURNAL が指していないディスクやディレクトリを指定すると,警告メッセージが表示されます。トランザクション・ログは作成されますが, (a) ログを作成したディスクとディレクトリを指すように SYS$JOURNAL を変更,または,(b) 作成したトランザクション・ログを SYS$JOURNAL が指すディレクトリに移動のいずれかの作業を行わないかぎり,使用されません。


修飾子



/NEW_VERSION

既存のトランザクション・ログの新しいバージョンを作成します。

重要

既存のトランザクション・ログの新しいバージョンを作成すると,データが破損する恐れがあります。

2 つのトランザクション・ログのデータをマージすることはできません。 DECdtm サービスは,新トランザクション・ログを使用した後では,古いトランザクション・ログのレコードにアクセスできません。



/OWNER=ユーザ識別子

トランザクション・ログの所有者を指定します。

『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』に従って,UIC 標準形式で所有者を指定してください。

/SIZE=サイズ

トランザクション・ログのサイズをブロック単位で指定します。

最小サイズは 100 ブロックです。省略時のサイズは 4,000 ブロックです。



LMCP> CREATE LOG/SIZE=5000 DISK$LOG1:[LOGFILES]SYSTEM$ORANGE.LM$JOURNAL
 

ORANGE というノードに対し,5,000 ブロックのトランザクション・ログを DISK$LOG1:[LOGFILES] に作成しています。

DUMP

トランザクション・ログの内容を表示します。

トランザクション・ログとそのディレクトリへの読み込みアクセス権が必要です。


形式

DUMP ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

表示したい内容を持つトランザクション・ログのファイル指定

省略時の設定は,次のとおりです。

  • ディスクとディレクトリを省略した場合,新しいトランザクション・ログは,論理名 SYS$JOURNAL が指すディレクトリの中で最初にアクセス可能なディレクトリに作成されます。SYS$JOURNAL は,エグゼクティブ・モードでシステム論理名テーブルに定義していなければなりません。

  • ファイル・タイプを省略した場合,.LM$JOURNAL が使用されます。


修飾子



/ACTIVE

アクティブなトランザクションのレコードだけを選択します。

/FORMAT(省略時の設定)
/NOFORMAT

トランザクション・ログの内容を書式付きレコードとして表示するかどうかを指定します。16 進だけで表示するには, /NOFORMAT 修飾子と /HEX 修飾子の両方を指定してください。

/HEX 修飾子を指定せずに /NOFORMAT 修飾子を指定した場合,トランザクション・ログ・ヘッダだけが表示されます。

/HEX
/NOHEX(省略時の設定)

トランザクション・ログの内容を,ASCII 文字と 16 進ロングワードの両方で表示することを指定します。16 進だけで表示するには, /NOFORMAT 修飾子と /HEX 修飾子の両方を指定してください。

/LOGID=ログ ID

ログ ID フィールドが指定した値に一致する構成要素を持つトランザクションのレコードだけを選択します。

ログ ID は,Type フィールドの右の Log ID フィールドに表示されます。ハイフンも含め,実際に表示される値と同じ値を指定してください。

この修飾子を使用できるのは,/RM 修飾子と併用した場合だけです。

/OUTPUT[=ファイル指定]

出力ファイルを作成するディレクトリへの読み込みアクセス権と書き込みアクセス権が必要です。

DUMP コマンドの出力先を指定します。省略した場合,出力は現在の SYS$OUTPUT デバイス (通常は,使用中のターミナル) に送られます。ファイルに出力するには, /OUTPUT 修飾子を使用します。ファイルを指定しない場合,省略時のディレクトリのファイル LMCP_DUMP.LIS に出力されます。

/RM=名前

指定した値で始まる名前の構成要素を持つトランザクションのレコードだけを選択します。

構成要素名は,ASCII と 16 進の両方で Name フィールドに表示されます。

構成要素名に表示不能文字が含まれている場合,16 進形式の名前を使用すれば,そのレコードを選択できます。16 進形式の名前を使用するためには,2 桁の 16 進値を 1 つの対にして,逆に並べます。たとえば,次のような構成要素の名前を仮定します。


Name (11): "SYSTEM$RED" (4445 52244D45 54535953) 

この場合,/RM 修飾子には,次の値を指定します。


/RM=%X53595354454D24524544 



/STATE=COMMITTED
/STATE=PREPARED

コミット段階または準備段階のトランザクションのレコードだけを選択します。

/TID=トランザクション ID

指定したトランザクションのレコードだけを選択します。

トランザクション ID は, Transaction ID フィールドに表示されます。ハイフンを含み,実際に表示される値とまったく同じ値を指定してください。


説明

DUMP コマンドは,トランザクション・ログの内容を表示します。 例 16-1 に,トランザクション・ログの例を使用し,重要なフィールドについて説明します。

例 16-1 トランザクション・ログ例

 
Log Manager Control Program V1.1 
 
 
Dump of transaction log DISK$LOGFILE:SYSTEM$BLUE.LM$JOURNAL;1 
End of file block 4002 / Allocated 4002 
Log Version 1.0 
Transaction log UID:   647327A0-2674-11C9-8001-AA00040069F8 (1)
Penultimate Checkpoint: 000000000239 0039 
Last Checkpoint:        00000000042E 002E 
 
 
Dump of transaction log DISK$LOGFILE:SYSTEM$BLUE.LM$JOURNAL;1 
Present Length:     134 (00000086) Last Length:          0 (00000000) 
VBN Offset:           0 (00000000) Virtual Block:        2 (00000002) (2)
Section:              3 (00000003) 
 
Record number 1 (00000001),(3) 114 (0072) bytes (4)
Transaction state (1):  PREPARED (5)
Transaction ID: 1D017140-2676-11C9-9F34-08002B174360 (6) 
(8-JUL-2002 14:08:29.14) 
DECdtm Services Log Format V1.1 (7)
Type ( 2): CHILD (8)           Log ID: F1469720-4A0C-11CC-8001-AA000400B7A5 (9)
Name (13): "SYSTEM$WESTRN" (4E 52545345 57244D45 54535953) (10)
Type ( 8): CHILD NODE (8)      Log ID: F1469720-4A0C-11CC-8001-AA000400B7A5 (9)
Name (6): "WESTRN" (4E52 54534557) (10)
Type ( 3): LOCAL RM (8)        Log ID: 037100C0-0019-0003-0100-000000000000 (9)
Name (6): "ORANGE" (4547 4E41524F) (10)
 
 
 

重要なフィールドは,次のとおりです。

  1. トランザクション・ログ・ヘッダ - トランザクション・ログの属性情報

  2. セクション・ヘッダ - 複数のトランザクション・レコードで構成されるセクションのヘッダ

  3. レコード番号 - 10 進と 16 進によるレコード番号

  4. レコード・サイズ - 10 進と 16 進によるレコード・サイズ

  5. トランザクション状態 - レコードのタイプ
    次のタイプがある。

    • PREPARED
      トランザクションが準備段階となったときに記録される。
      このタイプのレコードは,トランザクションを開始したノードでは記録されません。

    • COMMITTED
      トランザクションがコミット段階となったときに記録される。

    • FORGOTTEN
      次の場合に記録される。

      • Prepared タイプのレコードが記録されていたトランザクションを強制終了したとき。

      • 構成要素がローカル DECdtm トランザクション・マネージャに対してトランザクションの出力のコミットを記録するように要求しない場合に,コミットされたトランザクションについて記録される。


      DECdtm は,推定強制終了ロギング・プロトコルを使用します。

    • CHECKPOINT
      トランザクション・ログをチェックポイントするときに,アクティブなトランザクション・レコードが使用する空間を圧縮することを目的として記録される。  
      他のレコード・タイプとは異なり,特定のトランザクションとは対応しません。チェックポイント・イベントをマークするため,DECdtm トランザクション・マネージャが内部的に使用します。

  6. トランザクション識別子 - DECdtm トランザクション・マネージャが出力する一意のトランザクション識別子 (TID)

  7. DECdtm サービス・ログ形式 - トランザクション・ログ形式のバージョン番号

  8. タイプ - トランザクションの構成要素のタイプ
    次のいずれか。

    • CHILD - 直接の子トランザクション・マネージャ
      このトランザクション・マネージャは,トランザクションの出力確認のため,DECdtm ローカル・トランザクション・マネージャに問い合わせることがあります。

    • CHILD NODE - 直接の子トランザクション・マネージャが存在するノードの名前

    • PARENT - 直接の親トランザクション・マネージャ
      トランザクションの出力確認のため,DECdtm ローカル・トランザクション・マネージャが問い合わせるトランザクション・マネージャです。

    • PARENT NODE - 直接の親トランザクション・マネージャが存在するノードの名前

    • LOCAL RM - ローカル・ノード上の資源マネージャ

  9. ログ識別子 - 構成要素のログの識別子
    CHILD,CHILD NODE,PARENT,PARENT NODE の構成要素の場合, DECdtm トランザクション・ログの識別子です。ローカル資源マネージャの場合,そのプライベート・ログの識別子です。

  10. 名前 - トランザクションの構成要素の名前
    ASCII と 16 進形式の両方が表示されます。



LMCP> DUMP/RM="RMS$" DISK$LOGFILE:SYSTEM$BLUE.LM$JOURNAL
 

BLUE というノードのトランザクション・ログの内容を表示しています。OpenVMS の RMS ジャーナリングが関わっているトランザクションだけを選択しています。


 
Dump of transaction log DISK$LOGFILE:SYSTEM$BLUE.LM$JOURNAL;1 
End of file block 4002 / Allocated 4002 
Log Version 1.0 
Transaction log UID:   6A034B20-6FCC-0095-D7E4-EAA500000000 
Penultimate Checkpoint: 00000000382E 002E 
Last Checkpoint:        000000003C2E 002E 
 
 
  
Dump of transaction log DISK$LOGFILE:SYSTEM$BLUE.LM$JOURNAL;1 
Present Length:      46 (0000002E) Last Length:        512 (00000200) 
VBN Offset:          30 (0000001E) Virtual Block:       32 (00000020) 
Section:              1 (00000001) 
 
Record number 2 (00000002), 5 (0005) bytes 
Transaction state (3):  CHECKPOINT 
Checkpoint record contains no active transactions. 
 
Record number 1 (00000001), 21 (0015) bytes 
Transaction state (0):  FORGOTTEN 
Transaction ID: 271D9FC0-7082-0095-98E7-EAA500000000 
 
 
 
Dump of transaction log DISK$LOGFILE:SYSTEM$BLUE.LM$JOURNAL;1 
Present Length:     113 (00000071) Last Length:        512 (00000200) 
VBN Offset:          29 (0000001D) Virtual Block:       31 (0000001F) 
Section:              2 (00000002) 
 
Record number 1 (00000001), 93 (005D) bytes 
Transaction state (2):  COMMITTED 
Transaction ID: 271D9FC0-7082-0095-98E7-EAA500000000 (3-MAR-2002 13:53:03.42) 
DECdtm Services Log Format V1.1 
Type ( 2): CHILD        Log ID: EF006060-CF37-11C9-8001-AA000400DEFA 
Name (10): "SYSTEM$ORANGE" (45 474E4152 4F244D45 54535953) 
Type ( 8): CHILD NODE Log ID: EF006060-CF37-11C9-8001-AA000400DEFA 
Name ( 6): "ORANGE" (4547 4E41524F) 
Type ( 3): LOCAL RM     Log ID: 28C5D180-7082-0095-0000-000000000000 
Name (22): "RMS$USER1.......`....." 
     (0000 00178B60 00000000 00000031 52455355 24534D52) 
 
    . 
    . 
    . 
 
Total of 1 transactions active, 0 prepared and 1 committed 
 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡