日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

SHOW NODE

LAN 運用時ノード・データベースの中の情報を表示します。

形式

SHOW NODE ノード名


パラメータ



ノード名

LAN 運用時ノード・データベースの中のノードの名前を指定します。これはノード・アドレスに関連付けられた 63 文字までの名前です。ノード名が指定されていない場合は,すべてのノードが表示されます。

修飾子



/ALL

LAN 運用時ノード・データベースの中のすべてのノードのデータを表示します。ノード名を指定すると,合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は A で始まるすべてのノードを選択します。

/OUTPUT=コマンド・ファイル名

指定されたファイルを作成し,出力をそのファイルに格納します。ファイル・タイプが .com の場合,出力は DEFINE NODE または SET NODE コマンドのリスト形式となります。この結果として得られたコマンド・ファイルを使って, LAN ノード・データベースを作成することができます。

/TOTAL

選択されたノードのカウンタの合計値だけを表示します。

#1

LANCP> SHOW NODE
Node Listing: 
 
GALAXY (08-00-2B-2C-51-28): 
 MOP DLL: Load file: APB.EXE 
          Load root: $64$DIA24:<SYS11.> 
          Boot type: Alpha satellite 
 
ZAPNOT (08-00-2B-18-7E-33): 
 MOP DLL: Load file: NISCS_LOAD.EXE 
          Load root: LAVC$SYSDEVICE:<SYS10.> 
          Boot type: VAX satellite 
 
CALPAL (08-00-2B-08-9F-4C): 
 MOP DLL: Load file: READ_ADDR.SYS 
          Last file: LAN$DLL:APB_X5WN.SYS 
          Boot type: Other 
          2 loads requested, 1 volunteered 
          1 succeeded, 0 failed 
          Last request was for a system image, in MOP V4 format 
          Last load initiated 12-JUN-2002 09:11:17 on EXA0 for 00:00:06.65 
          527665 bytes, 4161 packets, 0 transmit failures 
 
Unnamed (00-00-00-00-00-00): 
 
Totals: 
  Requests received    2 
  Requests volunteered 1 
  Successful loads     1 
  Failed loads         0 
  Packets sent         2080 
  Packets received     2081 
  Bytes sent           523481 
  Bytes received       4184 
  Last load            CALPAL at 12-JUN-2002 09:11:17.29 
 
 
 
 
 

この例は,3 つのノード(GALAXY,ZAPNOT および CALPAL)が定義されているローカル・ノードに対して発行されたコマンドの出力を示しています。 CALPAL は,次の 2 つのロード要求を発行しています。

  • 1 つ目の要求は,ローカル・ノードが受け入れを表明したことを示す,CALPAL からのマルチキャスト要求です。

  • 2 つ目の要求は,実際のロード・データに関して,CALPAL によって直接にローカル・ノードに送信されたロード要求です。2 つ目のロード要求からロードが終わるまでに経過した時間は 6.65 秒でした。

#2

LANCP> SHOW NODE VAXSYS
 

ノード VAXSYS の LAN 運用時ノード・データベースのノード特性とカウンタ情報を表示します。

#3

LANCP> SHOW NODE/ALL VAX
 

名前が VAX で始まるすべてのノードについて, LAN 運用時ノード・データベースのノード特性とカウンタ情報を表示します。

#4

LANCP> SHOW NODE/ALL
 

すべてのノードについて, LAN 運用時ノード・データベースのノード特性とカウンタ情報を表示します。

#5

LANCP> SHOW NODE/ALL/OUTPUT=TMP.INI
 

すべてのノードのリストをファイル TMP.INI に書き込みます。

SPAWN

現在のプロセスのサブプロセスを作成します。 SPAWN コマンドは,サブプロセスのコンテクストを現在のプロセスからコピーします。

形式

SPAWN [コマンド文字列]


パラメータ



コマンド文字列

作成されたサブプロセスのコンテクストの中で実行するコマンドの並び。コマンド文字列が実行された後に,制御は LANCP に戻されます。

修飾子

なし。


LANCP> SPAWN
 
$ MC LANCP
LANCP> DEFINE NODE BOOM/ROOT=LAVC$SYSDEVICE:<SYS22.>
LANCP> SPAWN SEARCH LAVC$SYSDEVICE:[*.SYSEXE]MOD*.DAT BOOM
 
****************************** 
LAVC$SYSDEVICE:[SYS1A.SYSEXE]MODPARAMS.DAT;1 
 
SCSNODE="BOOM    " 
LANCP> DEFINE NODE BOOM/ROOT=LAVC$SYSDEVICE:<SYS1A.>
 

ノードのノード情報を入力しようとしましたが,ルートが不明なので,サブプロセスで MODPARAMS.DAT を検索した後にルートを修正しています。

TRIGGER NODE

リモート・ノードに対してリブートの要求を発行します。

MOP バージョン 3 または 4 の形式を指定する代わりに, LANCP ユーティリティは各メッセージの形式でターゲット・ノードに対して送信を行います。


形式

TRIGGER NODE ノード指定


パラメータ



ノード指定

ターゲット・ノードのノード名またはノード・アドレスを指定します。ノード名を指定した場合は, LAN 運用時ノード・データベースでノード名を参照することにより,ノード・アドレスが取得されます。ノード・アドレスを指定した場合,対応するノードが LAN 運用時ノード・データベースで定義されている必要はありません。アドレスの正規形式は,ハイフンで区切られた 6 バイトの 16 進文字から構成されます。アドレスのビットを逆転させた形式を指定するには,コロンを区切り文字として使用してください。

修飾子



/DEVICE=デバイス名

トリガ・ブート・メッセージの送信に使用する LAN コントローラ・デバイス名を指定します。たとえば,DEMNA コントローラを EXA,EXA0 または EXA0: と指定することができます。

/PASSWORD=16 桁の 16 進数

接続の開始時に使用するパスワードを 16 進数で指定します(たとえば /PASSWORD=0123456789ABCDEF)。省略時のパスワードはゼロです。先頭のゼロは省略できます。


#1

LANCP> TRIGGER NODE GALAXY/DEVICE=EWA0

このコマンドは,イーサネット・デバイス EWA0 を使用して,ノード GALAXY に MOP トリガ・ブート・メッセージを送信します。

#2

LANCP> TRIGGER NODE 08-00-2B-11-22-33/DEVICE=EWA0/PASSWORD=0123456789AB

このコマンドは,指定されたパスワードで,イーサネット・デバイス EWA0 を使用して,指定されたノード・アドレスに MOP トリガ・ブート・メッセージを送信します。

UPDATE DEVICE

LAN デバイスをリセットします。 SYSPRV 特権が必要です。


形式

UPDATE DEVICE デバイス名


パラメータ



デバイス名

リセットするデバイスを指定します。デバイス名の形式は, dd をデバイス・コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN デバイスは,ユニット 0 のテンプレート・デバイスの名前で指定します。たとえば,最初の DE435 イーサネット・デバイスは EWA0, 2 つ目のイーサネット・デバイスは EWB0 と指定します。

修飾子



/RESET

デバイスをリセットすることを指定します。


LANCP> UPDATE DEVICE EWA0/RESET
 

イーサネット・デバイス EWA0 をリセットします。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項