日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

REMOVE

既知イメージを削除します。 REMOVE コマンドは,DELETE コマンドと同じです。

CMKRNL特権が必要です。また,システム・グローバル・セクションを作成するためにSYSGBL特権が,パーマネント・グローバル・セクションを作成するために PRMGBL特権が必要です。


形式

REMOVE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

既知イメージのファイル指定を示します。

説明

REMOVE コマンドは,既知ファイル・リストからエントリを削除します。既知ファイル・リストに格納されているイメージのエントリが削除され,そのイメージのグローバル・セクションが作成されている場合はそれも削除されます。イメージ・ファイルには影響しません。書き込み可能なグローバル・セクションは,削除されると同時に,既知イメージとしてディスクに書き込まれます。

REMOVE コマンドを入力した時点でグローバル・セクションにアクセスしているプロセスがある場合,グローバル・セクションはそのプロセスが終了するまで削除されません。ただし,REMOVE コマンドが入力されると同時にグローバル・セクションが削除対象としてマークされるため,REMOVE コマンド入力後,他のプロセスは削除対象のグローバル・セクションにアクセスできません。



INSTALL> REMOVE GRPCOMM

既知イメージ GRPCOMM のエントリを既知イメージ・ファイル・リストから削除しています。

REPLACE

既知イメージ・エントリを,イメージの別のバージョン,または変更された属性を持つイメージに置き換えます。

CMKRNL特権が必要です。また,システム・グローバル・セクションを作成するために SYSGBL特権が,パーマネント・グローバル・セクションを作成するためにPRMGBL特権が必要です。


形式

REPLACE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

既知イメージとしてインストールしたイメージのファイルを指定します。

説明

REPLACEコマンドは,既知ファイルを最新の,または指定されたディレクトリに含まれる指定されたバージョンに置き換えます。ファイル指定パラメータで検索リストが指定された場合には,別のディレクトリの中の指定されたバージョンに置き換えます。

REPLACE コマンドにより,現在インストールされているイメージの属性を変更できます。REPLACE コマンドでは,新しい修飾子を指定することもできます。また,CREATE コマンドやADD コマンドでイメージをインストールしたときに設定した修飾子の値を変更することもできます。修飾子を指定しない場合,新しいイメージの属性は古いイメージと同じとなります。 REPLACE コマンドがインストールされたイメージ・ファイルを変更しないだけでなく,その属性も変更しない場合, REPLACEコマンドによりグローバル・セクションの共用が続行されます。

REPLACE コマンドを入力した時点でグローバル・セクションにアクセスしているプロセスがある場合,グローバル・セクションはそのプロセスが終了するまで削除されません。ただし,REPLACE コマンドが入力されると同時にグローバル・セクションが削除対象としてマークされるため,REPLACE コマンド入力後,他のプロセスは削除対象のグローバル・セクションにアクセスできません。


修飾子



/ACCOUNTING



/NOACCOUNTING (省略時の設定)

DCLのSET ACCOUNTING/DISABLE=IMAGEコマンドを使用して,ローカル・ノードでイメージ会計処理が禁止されている場合でも,選択したイメージのイメージ・レベルの会計処理を許可します。イメージ会計処理がローカル・ノードで許可された場合には,すべてのイメージが記録され,/NOACCOUNTING修飾子は効果がありません。

/ARB_SUPPORT=キーワード

Alpha システムと I64 システムでは,このインストールされたイメージがシステム・パラメータ ARB_SUPPORT を無効にします。

次の表は,/ARB_SUPPORT 修飾子で使用できるキーワードの一覧です。

キーワード 動作
None 使用されなくなったカーネル・データ・セルは,システムで保守されない。フィールドはプロセス生成時にゼロに初期化されるか,または,有効でないポインタに設定される。
Clear 使用されなくなったカーネル・データ・セルは,コードが後方互換性用の値を設定しているときに,クリアされるか,または,有効でないポインタに設定される。
Read-only 使用されなくなったセルは, $PERSONA_ASSUME が発行されたときに,現在の PSB (Persona Security Block) に格納された対応するセキュリティ情報によって更新される。
Full (省略時の設定) セキュリティ関連の操作が行われると,データは,使用されなくなったセルから現在アクティブな PSB に移される。

使用されなくなったカーネル・セルの詳細については,本書の付録,または,オンライン・ヘルプにある ARB_SUPPORT システム・パラメータの説明を参照してください。

/AUTHPRIVILEGES[=(特権名[,...])]



/NOAUTHPRIVILEGES

ファイルを,認可済み特権を指定してインストールされた既知イメージとしてインストールします。

使い方に関する注意

  • 特権付きイメージがシステム・ボリューム上に存在しない場合,このイメージは暗黙に /OPEN でインストールされます。

  • 特権付きイメージ用の特権群は,空にしておくことができます。ただし,特権を定義,再定義するときには,毎回それぞれの特権をリストしなければなりません。

  • /AUTHPRIVILEGES 修飾子は,実行可能イメージのみに適用されます。

  • この修飾子は,/TRACEBACK 修飾子とリンクする実行可能イメージには使用できません。

  • /NOAUTHPRIVILEGES 修飾子に特権名を割り当てることはできません。

/PRIVILEGED と /AUTHPRIVILEGES の相互作用

新しいエントリを作成する際,/AUTHPRIVILEGES 修飾子で具体的な認可済み特権を割り当てない場合,割り当てる特権は認可済み特権にも割り当てられます。

イメージを置き換えるときに, /PRIVILEGED 修飾子で割り当てられる特権は認可済み特権には 割り当てられません。また,/NOAUTHPRIVILEGES 修飾子を指定して REPLACE コマンドを使用した場合,認可済み特権は, /PRIVILEGED 修飾子で設定される省略時の特権と同じものになります。

『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』の付録に詳細が掲載されている特権名を 1 つ以上指定できます (省略時の設定は ALL です)。

/EXECUTE_ONLY



/NOEXECUTE_ONLY (省略時の設定)

/EXECUTE_ONLY 修飾子は,メイン・プログラム専用です。ユーザが実行アクセス権を持っていて読み込みアクセス権を持っていない共用可能イメージを起動できます。プログラムが参照する共用可能イメージはすべて,インストールされている必要があります。 OpenVMS RMS は,エグゼクティブ・モードまたはカーネル・モードで使用する保護論理名を使用します。

/TRACEBACK 修飾子でリンクされた実行可能イメージには,この修飾子は指定できません。

/HEADER_RESIDENT



/NOHEADER_RESIDENT

永久常駐ヘッダを持つ既知イメージとしてファイルをインストールします (ネイティブ・モード・イメージ専用)。常駐ヘッダがインストールされたイメージは,暗黙のうちにオープンとしてインストールされます。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

新しく追加した既知ファイル・エントリを,インストール時に作成されたグローバル・セクションとともにリストします。

/OPEN



/NOOPEN

永久的にオープン状態である既知イメージとしてファイルをインストールします。

/PRIVILEGED[=(特権名[,...])]



/NOPRIVILEGED

指定した現在の特権を持つ既知イメージとして,ファイルをインストールします。

使い方に関する注意

  • 特権付きイメージがシステム・ボリューム上に存在しない場合,このイメージは暗黙に /OPEN でインストールされます。

  • 特権付きイメージ用の特権群は,空にしておくことができます。ただし,特権を定義,再定義するときには,毎回それぞれの特権をリストしなければなりません。

  • /PRIVILEGED 修飾子は,実行可能イメージのみに適用されます。

  • この修飾子は,/TRACEBACK 修飾子とリンクする実行可能イメージには使用できません。

  • /NOPRIVILEGED 修飾子に特権名を割り当てることはできません。

『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』の付録に詳細が掲載されている特権名を 1 つ以上指定できます (省略時の設定は ALL です)。

/PROTECTED



/NOPROTECTED(省略時の設定)

ユーザ・モードとスーパバイザ・モードの書き込みアクセスから保護される既知イメージとして,ファイルをインストールします。このイメージに書き込むためには,エグゼクティブ・モードまたはカーネル・モードが必要です。特権付き共用可能イメージとなるユーザ作成サービスを実現する場合は,/PROTECTED 修飾子を /SHARE 修飾子と併用します。

/PURGE (省略時の設定)



/NOPURGE

イメージを PURGE 処理で削除できることを指定します。 /NOPURGE を指定した場合には,DELETE 処理または REMOVE 処理を使用してイメージを削除します。

/RESIDENT[=([NO]CODE,[NO]DATA)]

Alpha システムと I64 システムでは,イメージ・コード・セクションや読み込み専用データ・セクションを粒度ヒント領域に格納し,その他のイメージ・セクションはプロセス空間の中に置いたまま圧縮します。 /RESIDENT 修飾子を指定しない場合は,コードとデータのどちらも常駐としてインストールされません。 /RESIDENT 修飾子をキーワード引数なしで指定すると,コードが常駐としてインストールされ,データは常駐としてインストールされません。

イメージは/SECTION_BINDING=(CODE,DATA)修飾子を使ってリンクする必要があります。常駐のコードまたはデータ付きでインストールされたイメージは,暗黙のうちに/HEADER_RESIDENTと/SHAREDとしてインストールされます。

/SHARED[=[NO]ADDRESS_DATA]



/NOSHARED

ファイルを共用既知イメージとしてインストールし,共用可能なイメージ・セクションのためのグローバル・セクションを作成します。共用としてインストールされたイメージは,暗黙のうちにオープンとしてインストールされます。

/SHARED 修飾子で ADDRESS_DATA キーワードを使用する場合は, P1 スペース・アドレスは共用可能イメージのために割り当てられます。イメージが起動され,CPU と I/O タイムを減少しているときではなく,イメージがインストールされたときに,割り当てられたアドレスについて, INSTALL ユーティリティはアドレス・データ・セクションの内容を判断することができます。グローバル・セクションは,アドレス・データ・イメージ・セクションへの共用アクセスを許可するために作成されます。

/WRITABLE



/NOWRITABLE

/SHARED 修飾子も指定している場合,書き込み可能な既知イメージとしてファイルをインストールします。/WRITABLE修飾子は,共用可能で書き込み可能なイメージ・セクションのイメージにのみ適用されます。 /NOSHARED修飾子を指定すると, /WRITABLE修飾子は自動的に打ち消されます。


INSTALL> REPLACE GRPCOMM /ACCOUNTING/NOOPEN

既知イメージ GRPCOMM を最新バージョンと置換しています。同時に,イメージ会計情報を許可し,OPEN 属性を削除しています。

ファイルのフル・ネームは, SYS$SYSTEM:GRPCOMM.EXE と仮定しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項