日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

DELETE

既知イメージを削除します。DELETEコマンドは REMOVEコマンドの同義語です。

形式

DELETE ファイル指定


パラメータ



ファイル指定

既知イメージとしてインストールされているイメージのファイルを指定します。

修飾子

なし。

説明

DELETE コマンドは,既知イメージ・ファイル・リストからエントリを削除します。既知ファイル・リストに格納されているイメージのエントリが削除され,そのイメージのグローバル・セクションが作成されている場合はそれも削除されます。イメージ・ファイルには影響しません。書き込み可能なグローバル・セクションは,削除されると同時に,既知イメージとしてディスクに書き込まれます。

DELETE コマンドを入力した時点でグローバル・セクションにアクセスしているプロセスがある場合,グローバル・セクションはそのプロセスが終了するまで削除されません。ただし,DELETE コマンドが入力されると同時にグローバル・セクションが削除対象としてマークされるため,DELETE コマンド入力後,他のプロセスは削除対象のグローバル・セクションにアクセスできません。

DELETE コマンドは,REMOVE コマンドと同じです。



INSTALL> DELETE WRKD$:[MAIN]STATSHR

イメージ STATSHR のエントリを既知ファイル・リストから削除しています。

EXIT

INSTALL を終了し,制御を DCL コマンド・レベルに戻します。 Ctrl/Z を押しても INSTALL を終了できます。

形式

EXIT

HELP

INSTALL の使用方法に関する情報を表示します。

形式

HELP [コマンド]


パラメータ



コマンド

ヘルプ情報を表示するコマンド名を指定します。コマンド名を省略すると,コマンド・リストが表示されます。プロンプトに対してコマンド名を入力できます。

#1

INSTALL> HELP

INSTALL トピック・リストと Topic? プロンプトを表示しています。リスト内のトピックをプロンプトに入力できます。

#2

INSTALL> HELP LIST
 
 


 
  
 
  
LIST 
 
 
  For display of a one-line description of the specified known image, or if 
  no file is specified, then for all known images.  Use with /FULL to obtain 
  a multiline description. 
 
  Format:         LIST [file-spec] /qualifier 
 
 
          QUALIFIER COMBINATION   BEHAVIOR 
 
          LIST [file-spec]        List the known image for file-spec 
          LIST                    List all entries 
 
 
  Additional information available: 
 
  Qualifiers 
  /FULL      /GLOBAL    /STRUCTURE    /SUMMARY) 
 

LIST コマンドのヘルプ情報を表示しています。

LIST

指定した既知イメージの記述を表示します。ファイルを指定しない場合は,すべての既知イメージの記述が表示されます。

形式

LIST [ファイル指定]


パラメータ



ファイル指定

既知イメージとしてインストールされているイメージのファイルを指定します。ファイルを指定しない場合,既知イメージがすべて表示されます。

説明

LIST コマンドで /FULL 修飾子を使用すれば,既知イメージ・データベースの調整に便利な情報を表示できます。たとえば,エントリ・アクセス回数が多いイメージがある場合,そのイメージを /OPEN でインストールするとシステムの性能を改善できる可能性があります。また,/SHARED を使用してグローバル・セクションを利用しても,性能面の向上が図れるでしょう。 グローバル・セクションとグローバル・ページ,インストールするイメージのサイズの予測方法については,『OpenVMS System Services Reference Manual』を参照してください。

修飾子



/FULL

指定した既知イメージについて,アクセス数,同時アクセス数,作成したグローバル・セクション数などの記述を複数行表示します。 /FULL 修飾子を /GLOBAL 修飾子と併用すると,グローバル・セクション情報以外に,現在の所有者と保護コード,アクセス制御エントリも表示されます。

/GLOBAL

指定した共用イメージのグローバル・セクションをリストします。ファイルを指定しない場合には,すべてのグローバル・セクションをリストします。特定のイメージをサポートするために,グローバル・セクションが INSTALL によって作成される場合には,そのイメージも識別します。

/RESIDENT

個々の常駐イメージの説明を表示します。

/STRUCTURE

既知イメージのデータ構造のアドレスをリストします。

/SUMMARY

/SUMMARY 修飾子を /GLOBAL 修飾子と併用すると,ローカル・メモリと共用メモリのグローバル・セクションについて,システムにおけるグローバル・セクションとグローバル・ページの使用状況を表示します。

#1

INSTALL> LIST

すべての既知イメージの記述を 1 行ずつ表示しています。内容は,既知イメージのファイル指定と属性です。


SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSEXE>.EXE 
   ANALIMDMP;1 (1)               Prv (2) 
   AUTHORIZE;1                    Prv 
   CDU;1            Open Hdr      Prv 
   DCL;1            Open Hdr Shar          Lnkbl 
   FAL;1            Open Hdr Shar 
   INSTALL;1                      Prv 
   LOGINOUT;1       Open Hdr Shar Prv 
   MAIL;1           Open Hdr Shar 
   MAIL_SERVER;1    Open Hdr Shar Prv 
   REQUEST;1                      Prv 
   SET;1            Open Hdr Shar Prv 
   SETAUDIT;1                     Prv 
   SETP0;1          Open Hdr Shar Prv 
   SETRIGHTS;1                    Prv 
   SHOW;1           Open Hdr Shar Prv 
   SHWCLSTR;1       Open Hdr Shar Prv 
   SUBMIT;1         Open Hdr Shar Prv 
   SYSMAN;1                       Prv 
 
SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSLIB>.EXE 
   ANALIMDMPSHR;1                 Prv 
   CONVSHR;1        
   DCLTABLES;1      Open Hdr Shar          Lnkbl 
. 
. 
. 
   LIBOTS;1         Open Hdr Shar          Lnkbl        Resid 
   LIBRTL;1         Open Hdr Shar          Lnkbl        Resid 
   MAILSHR;1        Open Hdr Shar          Lnkbl 
. 
. 
. 

  1. 既知イメージのファイル指定

  2. 次の既知イメージ属性

    属性 意味
    ACNT イメージ会計情報が許可されている (/ACCOUNTING)
    + CMODE イメージは,VAX--11 RSX リンカによって設定された互換性モードである
    HDR イメージ・ヘッダは,永久的に常駐する (/HEADER_RESIDENT)
    LNKBL イメージは実行可能ではなく,共用可能 (リンク可能) イメージである。OpenVMS リンカによる設定
    NOPURG イメージは,PURGE 処理で削除できない。削除には,DELETE / REMOVE 処理を使用する (/NOPURGE)
    OPEN イメージは,永久的にオープンである (/OPEN)
    PROT イメージは,保護コードを持つ (/PROTECTED)
    PRV イメージは,特権を持つ (/PRIVILEGED)
    ++RESID イメージは,常駐する (/RESIDENT)
    SAFE イメージは,実行中のバージョンのOpenVMSとの互換性を持つものとして登録された特権イメージである。登録されたイメージの詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』を参照。
    SHAR イメージは,共用される (/SHARED)
    WRT イメージは,書き込み可能である (/WRITABLE)
    XONLY イメージには,実行アクセスだけが許可されている (/EXECUTE_ONLY)


+VAX のみ
++Alpha および I64 のみ

#2

INSTALL> LIST/RESIDENT

すべての常駐イメージの記述を 1 行ずつ表示する Alpha でのコマンド例です。内容は,イメージのメモリ記憶位置, コード・セクションのサイズ,およびセクションのタイプです。


 System Resident Sections 
 
SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSLIB>.EXE 
   CMA$TIS_SHR;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80490000    80490A00   00000A00     Resident Code 
 
 7FC04000    7FC04A00   00000A00     Linkage 
 7FC14000    7FC14200   00000200     Writeable data 
 7FC34000    7FC34200   00000200     Writeable data 
 
   DECC$SHR;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80548000    805D1C00   00089C00     Resident Code 
 805D2000    805D2400   00000400     Resident Code 
 
 7FE34000    7FE4B800   00017800     Linkage 
 7FE54000    7FE59A00   00005A00     Writeable data 
 7FE64000    7FE64800   00000800     Read-only data 
 7FE84000    7FE84200   00000200     Writeable data 
 7FE94000    7FE94200   00000200     Demand-zero 
 7FEA4000    7FEA7000   00003000     Demand-zero 
 7FEB4000    7FEB5800   00001800     Writeable data 
 
   DPML$SHR;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80492000    80547600   000B5600     Resident Code 
 
 7FC44000    7FC6FA00   0002BA00     Read-only data 
 7FC74000    7FC88200   00014200     Linkage 
 7FC94000    7FC94400   00000400     Writeable data 
 7FCA4000    7FCCE600   0002A600     Read-only data 
 7FD94000    7FD95000   00001000     Writeable data 
 
   LIBOTS;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80482000    8048F600   0000D600     Resident Code 
 
 7FBC4000    7FBC6600   00002600     Read-only data 
 7FBD4000    7FBD5A00   00001A00     Linkage 
 7FBF4000    7FBF4200   00000200     Writeable data 
 
   LIBRTL;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80400000    80481A00   00081A00     Resident Code 
 
 7FB54000    7FB64800   00010800     Linkage 
 7FB74000    7FB75000   00001000     Writeable data 
 7FB84000    7FB8D600   00009600     Read-only data 
 7FB94000    7FB94200   00000200     Writeable data 
 7FBA4000    7FBA5000   00001000     Demand-zero 
 7FBB4000    7FBB5400   00001400     Writeable data 
 

#3

INSTALL> LIST/FULL LOGINOUT

既知イメージ LOGINOUT の記述を複数行表示しています。


SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSEXE>.EXE 
 
    LOGINOUT;3       Open Hdr    Shar Priv 
        Entry access count         = 44 (1)
        Current / Maximum shared   = 3 / 5 (2)
        Global section count       = 2 (3)
        Privileges = CMKRNL SYSNAM TMPMBX EXQUOTA SYSPRV (4)
 

  1. インストールされてからの既知ファイル・エントリにノードがアクセスした回数。

  2. 最初の数字は,既知ファイルの同時アクセスの現在回数です。次の数字は,ファイルがインストールされてからの最大同時アクセス回数です。この数字が表示されるのは,イメージを /OPEN 修飾子でインストールした場合だけです。

  3. 既知ファイルに作成されたグローバル・セクションの数。この数字が表示されるのは,イメージを /SHARED 修飾子でインストールした場合だけです。

  4. 特権マスク。特権マスクが表示されるのは,イメージに特権を付けてインストールした場合だけです。

#4

INSTALL> LIST/GLOBAL

この例のコマンドは,共用イメージのすべてのグローバル・セクションを表示します。特定のイメージに対して INSTALLによって作成されたグローバル・セクション (接頭辞は INS$) は,そのイメージの名前の後にリストされます。


                      System Global Sections (1)
 
              
DSA1000:<SYS2.SYSCOMMON.SYSLIB>SLS$USSSHR.EXE (2)
 INS$86D9BFB0_003 (3) (14000001) (4)       PRM SYS (5)   Pagcnt/Refcnt=1/1 (6)
 INS$86D9BFB0_002    (14000001)          PRM SYS      Pagcnt/Refcnt=3/3 
 INS$86D9BFB0_001    (14000001)          PRM SYS      Pagcnt/Refcnt=1/1 
   .
   .
   .
RMS$87A63B00         (00000000) WRT DZRO TMP SYS      Pagcnt/Refcnt=74/74 
   .
   .
   .
 671 Global Sections Used, 102138/22862  Global Pages Used/Unused (7)
 

  1. メモリのグローバル・セクションの表示

  2. 後に続くグローバル・セクションが INSTALLによって作成されたイメージの名前。

  3. グローバル・セクションの名前。接頭辞は,セクションの作成者を示します。たとえば,接頭辞が INS の場合は,グローバル・セクションが INSTALLによって作成されたことを示します。数値はセクションのアドレスです。

  4. グローバル・セクションのバージョン番号 (16 進数)。共用可能イメージの場合,上位バイト (CRFSHR_003 の 01) は,リンク時にプログラマが判断するメジャー識別子であり,下位バイト (CRFSHR_003 の 0003E8) はマイナー識別子です。実行可能イメージの場合は,システムが判断する既知の固有の値です。

  5. グローバル・セクションの属性。

    DZRO グローバル・セクションはデマンド・ゼロ。
    GRP グループ番号とともに,グループ全体のセクションを示す。これはINSTALL以外のプログラムによって作成される。
    PRM グローバル・セクションは永久的。
    SYS グローバル・セクションはシステム単位。
    TMP 一時グローバル・セクションを示す。これはINSTALL以外のプログラムによって作成される。
    WRT グローバル・セクションは書き込み可能。

  6. セクションのページ数 (VAX) またはページレット数 (Alpha および I64) と,このグローバル・セクションに現在マッピングされているページ・テーブル・エントリの数。グローバル・セクションのマッピングの詳細については,『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』を参照。

  7. 作成されたグローバル・セクションの数,使用中のグローバル・ページ数,ローカル・メモリで未使用のグローバル・ページ数。算術演算では丸めが行われるため,作成されたグローバル・セクションの数は SYSGEN の GBLSECTIONS パラメータより大きくなることがあります。システム・ヘッダのサイズを計算する場合には,GBLSECTIONS パラメータと SYSMWCNT パラメータの値をプロセス・ヘッダの固定部のサイズに加算します。その結果を次のページ境界に切り上げます。2 つの SYSGEN パラメータの値と,すべてのグローバル・セクションを作成するために INSTALL を実行する前に行ったシステム・ページングの量に応じて,この切り上げ処理によってグローバル・セクション・テーブルの領域が拡大することがあります。

#5

INSTALL> LIST/GLOBAL/FULL

共用イメージのグローバル・セクション・リストを表示しています。/FULL 修飾子により,所有者と保護コードも表示されます。


 
  System Global Sections 
NM_MAILSHR_003 (741A6919)              PRM SYS        Pagcnt/Refcnt=10/0 
NM_MAILSHR_002 (741A6919)              PRM SYS        Pagcnt/Refcnt=1/0 
NM_MAILSHR_001 (741A6919)              PRM SYS        Pagcnt/Refcnt=11/0 
               Owner:       [1,4] (1)
               Protection:  S:RWED,O:RWED,G:RWED,W:RE (2)
. 
. 
. 

  1. グローバル・セクションの所有者 UIC

  2. イメージに許可されるアクセスのタイプ

PURGE

/NOPURGE 修飾子を指定しないでインストールしたイメージの既知ファイル・エントリをすべて削除します。

CMKRNL特権が必要です。また,システム・グローバル・セクションを作成するためにSYSGBL特権が,パーマネント・グローバル・セクションを作成するために PRMGBL特権が必要です。


形式

PURGE


パラメータ



なし

説明

PURGE コマンドは,/NOPURGE 修飾子を指定しないでインストールしたイメージの既知ファイル・エントリをすべて削除します。

PURGE コマンドを入力した時点でグローバル・セクションにアクセスしているプロセスがある場合,グローバル・セクションはそのプロセスが終了するまで削除されません。ただし,PURGE コマンドが入力されると同時にグローバル・セクションが削除対象としてマークされるため,PURGE コマンド入力後,他のプロセスは削除対象のグローバル・セクションにアクセスできません。



INSTALL> PURGE

/NOPURGE 修飾子を指定してインストールしたイメージ以外のイメージを,すべて削除しています。イメージ・ファイルには影響しません。書き込み可能グローバル・セクションは,削除されると同時に,既知イメージとしてディスクに書き込まれます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡