日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 9 章
CDDVD ユーティリティ(COPY/RECORDABLE_MEDIA)



CDDVD ユーティリティ(COPY/RECORDABLE_MEDIA)を使用すると,オプションの光ディスク・レコーダを使用して, CD (Compact Disk) 媒体や DVD (Digital Versatile Disk) 媒体を OpenVMS 上で直接作成することができます。

CDDVD は ISO/IEC 10149 Mode 1 (2048 バイト・ブロックのデータ) のシングル・セッションの光媒体記録を行います。

CDDVD は,CD-R (CD Recordable),CD-RW (CD Rewritable), DVD+R (DVD Recordable),DVD+RW (DVD Rewritable) など,さまざまな光媒体形式の記録をサポートしています。正常に書き込み処理を行うためには,ターゲットの光ディスク記録デバイスでこれらの形式の 1 つ以上が利用できる必要があります。また,互換性のある記録媒体を記録デバイスにロードする必要があります。

9.1.1 媒体の制限

書き込み処理の一環として,書き込み処理のマスタを作成するか,ターゲット・ディスク全体で必要とするすべてのデータを用意する必要があります。このマスタはターゲット媒体にきっちり収まる必要があり,入力データはターゲット・ディスクのセクタに均一に収まる必要があります。入力ディスク・イメージまたは入力マスタ・デバイスは,どちらもターゲット記録媒体にきっちり収まる必要があり,書き込み処理でターゲット媒体の最後のセクタを部分的に書き込んだ状態にすることはできません。

従来の読み書きランダム・アクセス・ストレージ・デバイスと異なり,一度の連続した書き込み処理で記録媒体に完全にデータを書き込む必要があります。個別のコピー処理を何度も行って光媒体を段階的に更新することや,開始した書き込み処理を中断することはできません。記録済みの光媒体の内容を変更したり一部を消去することはできず, INITIALIZE/ERASE などの DCL コマンドや,媒体上のファイルを読み書きアクセスでオープンするような処理を使用して媒体に書き込みアクセスを行うこともできません。

書き換え可能な媒体を使用すれば,媒体を再フォーマットして再度書き込むことができます。

9.1.2 マスタリング

記録マスタは,通常,OpenVMS Logical Disk (LD) ユーティリティと対応する LD 疑似ディスク・デバイスを使用して作成します。光媒体に収める構造やファイルは, DCL ツールや INITIALIZE/ERASE,CREATE/DIRECTORY,COPY などの DCL コマンドを使用して,最終的に LD デバイス内に作成します。

指定された入力ディスク・イメージ・ファイルまたは入力マスタ・デバイスをオープンし,全内容を,指定された CD-R,CD-RW,DVD+R,および DVD+RW 媒体形式で記録します。

形式

COPY/RECORDABLE_MEDIA ソース・パス名 ターゲット・パス名


パラメータ



ソース・パス名

書き込み処理のデータ・ソースです。

ターゲット記録媒体にコピーするディスク・イメージが格納されたディスク・ファイルの名前,または記録用のディスク・ボリューム・マスタが格納された入力デバイスのデバイス名を指定します。

OpenVMS システムでは,これは通常は Logical Disk (LD) ユーティリティの LDAu: デバイスです。

ターゲット・デバイス名

ターゲットとなる記録可能媒体デバイスのデバイス名です。

通常これは,ATAPI (DQcu:),SCSI (DKcu:), USB (DNcu:) の CD-R/RW または DVD+R/RW 記録デバイスです。


説明

COPY/RECORDABLE_MEDIA コマンドは,指定された入力ディスク・イメージ・ファイルまたは入力デバイスの全内容を,指定された出力 CD または DVD 記録デバイスにロードされた媒体に記録します。

出力媒体の形式は自動的に検出され,使用しているターゲット・デバイスとロードされている出力媒体用に記録形式が適切に設定されます。

ターゲット・デバイスの容量を超えるデータを記録することはできません。そのため,ターゲット媒体の容量を超えない入力ディスク・イメージ・サイズやマスタを選択する必要があります。入力データ・ソースは,光媒体のセクタ・サイズの偶数倍になっている必要もあります。入力のサイズは,4 ブロックの倍数でなければなりません。

書き込み処理は,入力ボリュームの構造やマスタとして使用する入力ファイル・データとは独立しており,指定された入力マスタのブロック・レベルの内容だけに依存します。


修飾子



/BELL

要求された書き込み処理が正常に完了したら,音で知らせます。

/FORMAT[=キーワード]



/NOFORMAT (省略時の設定)

書き換え可能 (RW) 媒体を,使用前にフォーマットまたは再フォーマットします。何も書かれていない書き換え可能媒体に書き込む場合や,書き換え可能媒体に再度書き込む場合には,この修飾子が必要です。

ターゲット媒体がフォーマットできない場合は,この修飾子は無視されます。

この修飾子を指定しないと,ターゲット記録媒体で使用できるもっとも高速なフォーマット速度となるように,適切なキーワードが自動的に選択されます。

表 9-1 に,使用可能なキーワードの一覧を示します。

表 9-1 /FORMAT 修飾子のキーワード
キーワード 機能,備考
WAIT DVD+RW で有効です。 /FORMAT 修飾子のデフォルトでは,フォーマットが完了するのを待ちません。通常,完了を待つ必要はなく,待つと動作が非常に遅くなるためです。

WAIT を選択すると,フォーマット全体が同期的に実行され,フォーマットが完了してから書き込み処理が開始されます。

デフォルトは以下のようになります。

  • 非同期的に処理する。

  • バックグラウンドでフォーマットを実行する。

  • 媒体のフォーマット処理と書き込み処理を平行して実行する。

ERASE CD-RW で有効です。

/FORMAT 修飾子のデフォルトでは,高速消去が行われます。完全消去は通常は不要であり,動作が非常に遅くなるためです。

ERASE を選択すると,フォーマット処理の中で書き換え可能 CD-RW ディスクが完全に消去されます。この消去は,書き込み処理が開始される前に完了します。

デフォルトでは高速消去が行われます。



/LOG (省略時の設定)



/NOLOG

基本的なデバイス情報と,書き込み処理の進行状況を表示します。ユーティリティからの通常の出力を無効にするには, /NOLOG を使用します。

/SPEED

低速または品質の悪い CD 記録媒体を使用しなくてはならない場合,正常に書き込み処理を完了させるためには /SPEED 修飾子が必要になる場合があります。 CD ドライブ自身の定格速度よりも低速な記録速度を選択しなくてはならない場合があります。具体的には,CD ドライブとドライブにロードされている CD 記録媒体の両方と互換性がある記録速度を選択しなくてはならないことがあります。

/SPEED 修飾子では,デバイス速度を示すキーワードを 1 つ指定できます。

1X
2X
4X
8X
16X
32X
MAXIMUM

CDDVD ユーティリティは,要求された速度と,デバイスがサポートしている速度を一致させようとします。最も低速な 1X や最高速度を含め,すべてのデバイスがすべての速度をサポートしているわけではありません。デフォルトの速度は,ターゲット・デバイスがサポートしている最高速度です。 DVD+R/RW ドライブは,媒体に記録されている情報に基づいて最大記録速度を選択します。

この修飾子を指定する必要があるのは,以下のいずれかの場合だけです。

  • 書き込み処理に失敗し,非互換性や記録エラーが報告された場合。

  • 使用している CD 媒体の定格記録速度が,ドライブのデフォルトの記録設定よりも低速な場合。

  • CDDVDアプリケーション,プロセッサ,システムの I/O 性能の面で制約がある場合。

CD ドライブは,ドライブにロードされている媒体がサポートしている速度よりも速い速度を選択する場合があります。ドライブの記録速度に合った媒体だけを選択することをお勧めします。言い換えれば,CD 媒体の記録速度制限を超えないようにしてください。高速な媒体を選択しても,ドライブが低速な場合は記録速度は上がらず,低速な媒体で速い速度を選択すると記録エラーになったり媒体が破損する場合があります。

書き込み処理が失敗した場合は,ライト・ワンス媒体は破棄し,より低速な記録速度を選択してください (書き換え可能な媒体の場合は,再フォーマットして記録し直すことができます)。

/VERIFY

書き込み処理の後で,出力媒体の内容を入力ソースの内容と比較することを指示します。データ比較エラーが検出されると表示されます。

/WRITE (省略時の設定)



/NOWRITE

システムとデバイスの I/O スループットとコマンド構文をテストすることができます。ターゲット媒体には記録されません。

/NOWRITE を指定し,ターゲット・ドライブがハードウェアのテスト書き込み機能をサポートしている場合は, /NOWRITE によって媒体への書き込みが無効になってはいますが,すべての入出力が通常どおりに処理されます。

省略時の設定は /WRITE であり,ターゲットの光媒体への書き込みが行われます。


#1

$  $ COPY/RECORDABLE_MEDIA -
$_      [/BELL] -
$_      [/DATA_CHECK=WRITE] -
$_      [/DIAGNOSTICS=(DETAILS,COMMANDS,ALL)] -
$_      [/EXTENSIONS[=(keywords)]] -
$_      [/[NO]LOG] -
$_      [/SPEED={1X|2X|4X|8X|16X|32X|MAXIMUM}] -
$_      source-path-name target-device-name
$ 

この例は,COPY/RECORDABLE_MEDIA コマンドの一般的な形式を示しています。

#2

$ COPY/RECORDABLE_MEDIA/FORMAT LDA1 DQA1 
 
HP OpenVMS CD-R/RW and DVD+R/RW Utility  V1.0-0 
Copyright 1976, 2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 
 
Output device vendor: HP 
Output device product name: DVD Writer 740b 
Commencing media format operation 
Formatting may require up to an hour 
Output medium format: DVD+RW 
Input data being read from: LDA1: 
Output data being written to: DQA1: 
Input data size: 1200000 blocks 
 
Starting operation at: 15:28:16 
 
16 sectors written 
 
30000 sectors written; estimated completion in 00:06:52; at 15:35:55 
37000 sectors written; estimated completion in 00:06:54; at 15:36:07 
46000 sectors written; estimated completion in 00:06:36; at 15:36:03 
57000 sectors written; estimated completion in 00:06:08; at 15:35:51 
71000 sectors written; estimated completion in 00:06:00; at 15:36:04 
88000 sectors written; estimated completion in 00:05:26; at 15:35:56 
110000 sectors written; estimated completion in 00:04:55; at 15:35:58 
137000 sectors written; estimated completion in 00:04:12; at 15:35:56 
171000 sectors written; estimated completion in 00:03:14; at 15:35:48 
213000 sectors written; estimated completion in 00:02:10; at 15:35:48 
266000 sectors written; estimated completion in 00:00:54; at 15:35:50 
300000 sectors written; operation completed 
 
Operation completed at: 15:35:47 
Elapsed time for operation: 00:07:30 
Synchronizing with output device cache 
Processing completed 

この例は,LDA1: デバイスの内容を DQA1: にロードされている DVD+RW 媒体に記録する方法を示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項