日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/TRUNCATE

コマンド修飾子

コピーまたはリストア処理において,順編成出力ファイルの作成時にファイルの終端 (EOF) で切り捨てるかどうかを制御します。


形式

/[NO]TRUNCATE 入力指定子 出力指定子


説明

省略時のコピーまたはリストア処理では,入力ファイルの設定をもとに出力ファイルのサイズが決定されます。出力ファイルをファイルの終端 (EOF) で切り捨てる場合は, /TRUNCATE を指定します。



$ DIRECTORY/SIZE [FRANKIE]ORIGINAL.DAT
Directory DMA0:[FRANKIE]
ORIGINAL.DAT          35
Total of 1 file, 35 blocks
$ COPY ORIGINAL.DAT EXTENDED.DAT/ALLOCATION=500
$ BACKUP [FRANKIE]EXTENDED.DAT MFA0:20JUL.BCK/LABEL=WKLY03
$ BACKUP/TRUNCATE MFA0:20JUL.BCK/LABEL=WKLY03  DMA0:[FRANKIE]

上記のコマンドは,次の処理を行います。

  • ファイル ORIGINAL.DAT の長さを 35 ブロックとする。

  • ORIGINAL.DAT を EXTENDED.DAT にコピーし,EXTENDED.DAT に 500 ブロックを割り当てる。

  • ファイル EXTENDED.DAT を MFA0 上のセーブ・セット 20JUL.BCK にセーブする。セーブしたファイルのファイル・ヘッダ・レコードにファイル割り当てサイズを書き込むが,セーブ・セットには 35 ブロックだけをセーブする。

  • MFA0 上のセーブ・セット・ファイルを DMA0 にマウントされているボリュームにリストアし,出力ファイルを EOF で切り捨てる。リストアしたファイルの長さは,35 ブロックである。

/VERIFY

コマンド修飾子

セーブ,リストア,コピーのいずれかの処理が終了した後,出力指定子の内容を入力指定子の内容と比較することを指定します。


形式

/VERIFY 入力指定 出力指定


説明

/VERIFY 修飾子は,コマンド修飾子 /COMPARE とは異なります。コマンド修飾子 /COMPARE は,セーブ,リストア,コピー,リストの各処理では使用できません。 /VERIFY 修飾子では,まずコピー,セーブ,リストアのいずれかの処理を行い,次に比較処理を行います。

ファイル構造のコピー処理では,ファイルをコピーしてから比較します。物理コピー処理では,ボリュームをコピーしてから比較します。セーブまたはリストア処理では,独立したパスでチェックが行われます。チェック開始前に,次のメッセージが表示されます。


%BACKUP-I-STARTVERIFY, starting verification pass 

比較処理で問題が検出されると,次のエラー・メッセージが表示されます。


%BACKUP-E-VERIFYERR, verification error for block 'block-number' 
of 'disk:[directory]file_name.file_type;version_number' 

出力ファイル修飾子 /NEW_VERSION を併用した場合,リストアまたはコピー処理では,/VERIFY 修飾子は動作しません。 /NEW_VERSION 修飾子は出力ファイルのバージョンを再設定するため,コピー元である入力ファイルを出力ファイルと正確に対応づけることは不可能となります。



$ BACKUP/VERIFY/LOG *.LIS MFA0:LIST.BCK
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]CRE.LIS;1
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]CRETIME.LIS;1
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]EXC.LIS;1
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]NOREB.LIS;1
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]REB.LIS;1
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]SETREB.LIS;1
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]VERS.LIS;1
 
%BACKUP-I-STARTVERIFY, starting verification pass
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]CRE.LIS;1
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]CRETIME.LIS;1
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]EXC.LIS;1
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]NOREB.LIS;1
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]REB.LIS;1
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]SETREB.LIS;1
%BACKUP-S-COMPARED, compared DISK$DEFAULT:[WONDER]VERS.LIS;1

磁気テープ・セーブ・セットを MFA0 上に作成し,セーブ処理終了後にチェック・パスを起動します。 /LOG 修飾子は,ファイルを処理するときにファイル名を表示します。

/VOLUME

コマンド修飾子

ディスク・ボリューム・セット内の特定のディスク・ボリュームを処理することを指定します。/VOLUME 修飾子を指定できるのは, /IMAGE 修飾子と併用した場合に限定されます。


形式

/IMAGE/VOLUME= n 入力指定子 出力指定子


説明

/VOLUME 修飾子を指定すれば,入力ボリューム・セット内のディスクより 1 つ多いディスク・ドライブを使用して,イメージのセーブ,リストア,コピーを行えます。 /VOLUME を使用する場合は,入力ボリューム・セット全体をライト・ロックしてください。

/VOLUME 修飾子を使用してイメージのコピーまたはセーブ処理を行う場合,入力ボリューム・セット内のすべてのディスクがマウントされている必要があります。ターゲット・ボリューム・セットのボリュームは,一度に 1 つずつマウントしてください。入力ボリューム・セットの各ディスクに対し,別々に BACKUP コマンドを入力します。/VOLUME 修飾子で作成したセーブ・セットは,リストア処理でも /VOLUME 修飾子を使用する必要があります。

/VOLUME 修飾子は,あらゆるイメージ・セーブ・セットのリストアに使用できます。出力ボリューム・セットのディスクは,すべてマウントされている必要があります。入力ボリューム・セットのディスクは,一度に 1 つずつマウントしてください。 /VOLUME を使用したリストア処理にコマンド修飾子 /NOINITIALIZE を使用することはできません。

/VOLUME 修飾子を使用してディスク・ボリューム・セットを比較する処理では,両方のボリューム・セットにディスクをすべてマウントしている必要があります。テープ上のセーブ・セットとディスク・ボリューム・セットを比較する処理では,ディスク・ボリューム・セットのディスクをすべてマウントしている必要があります。



$ BACKUP/IMAGE/VOLUME=3 DISK$PUBLIC DRA1:

ボリューム・セット DISK$PUBLIC の第 3 ボリュームと機能的に等しいコピーを DRA1 に作成しています。 DRA1 にマウントされているディスクが,イメージ・コピー・ボリューム・セットの第 3 ボリュームとなります。




Examples

#1

$ BACKUP
_From: DBA1:[000000...]
_To: MTA0:13NOVBAK.BCK,MTA1:/LABEL=(DLY101,DLY102)

この BACKUP コマンドは,ディスク DBA1 の内容全体をマルチボリューム・テープ・セーブ・セットにセーブします。このコマンドでは,セーブ・セットの最初のテープは初期化されませんが, 2 番目以降のテープは初期化されます。セーブ・セットの最初のテープは, DLY101 というラベルでなければなりません。 2 番目のテープは,DLY102 というラベルでなければなりません。

#2

$ BACKUP [PLI.WORK]/SINCE=YESTERDAY/MODIFIED [PLI.SAV]

この BACKUP コマンドは,ディレクトリ [PLI.WORK] に登録されているファイルのうち,選択されたファイルをディレクトリ [PLI.SAV] にコピーします。今日の午前 0 時より 24 時間前以内に変更されたファイルだけが処理されます。この例では /MODIFIED 修飾子は必要ありません。これは,/SINCE 修飾子を指定した場合に,省略時の設定としてこの修飾子が適用されるからです。

#3

$ BACKUP DBA2:[PLI.WORK]*.*;  DBA3:[SAVE]23MAR82.BCK/SAVE_SET

この BACKUP コマンドは,ディレクトリ [PLI.WORK] に登録されている各ファイルの最新バージョンを DBA3 上のディスク・セーブ・セットにセーブします。この例では,出力セーブ・セットが Files-11 ディスク上にあるため, /SAVE_SET 修飾子を指定しなければなりません。

#4

$ BACKUP/PHYSICAL DYA0:  DYA1:

この BACKUP コマンドは, DYA0 というデバイスにマウントされている RX02 フロッピー・ディスク全体を, DYA1 というデバイスにマウントされている RX02 フロッピー・ディスクにコピーします。どちらのデバイスも,DCL の MOUNT/FOREIGN コマンドを使用してマウントしておかなければなりません。

#5

$ BACKUP
_From: DB1:[SCHED]*.*
_To: DENVER::DBA2:[SAVE]SCH.BCK/SAVE_SET

この BACKUP コマンドは,ローカル・ノードの DB1 というディスク上の SCHED ディレクトリに登録されているすべてのファイルを,リモート・ノード DENVER 上のネットワーク・セーブ・セット SCH.BCK にセーブします。出力指定を Files-11 ディスク上のセーブ・セットとして指定するために, /SAVE_SET 修飾子が必要です。

#6

$ BACKUP/LIST DENVER::DBA2:[SAVE]SCH.BCK/SAVE_SET

この BACKUP コマンドは,BACKUP 概略情報と,使用した元の BACKUP コマンド,前の例で作成されたセーブ・セット内の各ファイルのファイル名,サイズ,作成日を表示します。入力指定を Files-11 デバイスのセーブ・セットとして指定するために, /SAVE_SET 修飾子が必要です。

#7

$ BACKUP MTA0:NOV2SAVE.BCK/REWIND/SELECT=[USER...] [USER...]

このコマンドは,NOV2SAVE.BCK という名前の磁気テープ・セーブ・セットから,セーブされたファイルをその元のディレクトリ階層([USER] ディレクトリ階層)にリストアします。/REWIND 修飾子は,リストア操作を開始する前に,テープをその先頭まで巻き戻すように BACKUP に要求します。

#8

$ BACKUP WORK$:[TESTFILES...]*.*;*  MUA0:TEST.SAV  -
_$ /MEDIA_FORMAT=COMPACTION /REWIND

この BACKUP コマンドは,ディレクトリ [TESTFILES] とそのサブディレクトリ下に登録されている全ファイルの全バージョンを TA90E テープ・ドライブを使用してセーブ・セット TEST.SAV にセーブします。 /MEDIA_FORMAT=COMPACTION 修飾子は,テープ・ドライブが自動的にデータ圧縮とレコード・ブロッキングを行うように指定しています。

#9

$ BACKUP/IMAGE/RECORD/VERIFY/NOASSIST
_From: DKA100:
_To: MKB100:MAR11.SAV/LABEL=(TAPE1,TAPE2,TAPE3)/EXACT_ORDER

この例は /EXACT_ORDER 修飾子を使用して,BACKUP 操作におけるラベルの正しい順序を指定しています。/ASSIST 修飾子を指定すると,BACKUP はメッセージをオペレータ・ターミナルに表示します。この例では,以下のことが行われます。

  1. MKB100 のテープのボリューム・ラベルとコマンド行に指定した最初のラベル(TAPE1)を比較します。ラベルが一致すれば,セーブ操作が開始されます。ラベルが一致しなかったり,テープに ANSI ラベルが付いていない場合には,以下のメッセージが表示されます。


    %BACKUP-W-MOUNTERR, volume 1 on MKB100: was not mounted because 
     its label does not match the one requested 
    %BACKUP-W-EXLABEER, volume label processing failed because 
     volume TAPE4 is out of order, Volume label TAPE1 was expected 
     specify option (QUIT, NEW tape, OVERWRITE tape, USE loaded tape) 
    BACKUP> OVERWRITE
    


    指定オプションにより,BACKUP 操作を強制終了させたり(QUIT),テープをディスマウントして新しいテープをマウントしたり(NEW),テープにラベルとデータを上書きしたり(OVERWRITE),あるいは,そのテープのラベルをそのまま使ってデータをテープに書き込む(USE)ことができます。

  2. 最初のテープがいっぱいになると,以下のメッセージが表示されます。


    %BACKUP-I-RESUME, resuming operation on volume 2 
    %BACKUP-I-READYWRITE, mount volume TAPE2 on MKB100: for writing 
    Respond with YES when ready: 
    

  3. 2番目のテープをロードし YES と入力すると,a の場合と同じように,2番目のテープのラベルとコマンド行に指定した2番目のラベル(TAPE2)を比較します。

  4. ラベルが一致すれば,操作が終了するかボリューム・ラベルが尽きるまで操作を継続します。操作を終えるのに必要な数のラベルをコマンド行に指定しなかった場合には,ドライブ内のテープのラベルの入力を求めるプロンプトが,以下のように表示されます。


    %BACKUP-W-MOUNTERR, volume 4 on MKB100: was not mounted because 
     the label was not specified 
     specify EXACT_ORDER label (up to 6 characters) 
    BACKUP> 
    


    ラベルを入力すると,そのラベルとテープのラベルを先に説明したように比較します。

#10

$ BACKUP/IMAGE/RECORD/VERIFY/NOASSIST
_From: DKA100:[TEST]
_To: MKB100:MAR11.SAV/EXACT_ORDER

この例では /LABEL 修飾子を使用していないので, BACKUP はテープに既に書き込まれているラベルを使用します。テープに ANSI ラベルが付いておらず,そのテープが新品である場合には,以下のエラー・メッセージが表示されます。


%BACKUP-F-NOTANSI, tape is not valid ANSI format 

テープに ANSI ラベルは付いていないが,そのテープが新品ではない場合には,以下のエラー・メッセージが表示され,ラベルの指定を求めます。


%BACKUP-W-MOUNTERR, volume 2 on MKB100: was not mounted because 
 the label was not specified 
 specify EXACT_ORDER label (up to 6 characters) 
BACKUP> 

注意

BACKUP は,指定したラベルが有効なものであるかどうかチェックします。ラベルが無効である場合(たとえば,6文字以上の場合)には,エラー・メッセージが表示されます。 OpenVMS オペレーティング・システムの以前のバージョンでは,長いボリューム・ラベルは切り捨てられていました。



7.6 BACKUP の例


表 7-3 に,セーブ処理のコマンド形式と,セーブ処理に使用できる修飾子を示します。

表 7-3 セーブ処理クイック・リファレンス
コマンドの動作 コマンド形式と使用例
磁気テープ上のセーブ・セットにファイルをセーブする BACKUP ファイル指定 セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP STRATDAT1.DAT MTA0:STRATDAT1.BCK/LABEL=TAPE01

   
ディレクトリ内のファイルの最新バージョンを磁気テープにセーブする BACKUP [ディレクトリ]*.*; セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP [LYKINS...]*.*; MTA0:1409MAR17.BCK/LABEL=WKY102

   
磁気テープ上のセーブ・セットにディスク・ボリュームをセーブする BACKUP/IMAGE ddcu: セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP/IMAGE DBA1: MTA0:000FEB4.BCK/LABEL=MTH101

   
複数の磁気テープ・ドライブに格納されているマルチボリューム・セーブ・セットにディスク・ボリュームをセーブする BACKUP/IMAGE ddcu: セーブ・セット指定子,ddcu:.../LABEL= (ラベル 1,...)
$ BACKUP/IMAGE DBA1: MTA0:17MAR.BCK,MTA1:/ -

_$ LABEL=(WKY101,WKY102)
   
磁気テープ上のセーブ・セットにファイル・リストをセーブする BACKUP ファイル指定,ファイル指定,... セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP DBA1:[LYKINS...]*.PAS,DMA0:[DAKOTA...]*.PAS -

_$ MTA0:PAS17MAR.BCK/LABEL=TAPE01
   
追加型バックアップ用ディスク・ボリュームを初めてセーブする BACKUP/RECORD/IMAGE/LOG ddcu: セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP/RECORD/IMAGE/LOG DBA1: MTA0:985FEB4.BCK/ -

_$ LABEL=DLY101
   
追加型バックアップ用ディスク・ボリュームをセーブする (初めてではない) BACKUP/RECORD/FAST/LOG ddcu:[*...]/SINCE=BACKUP セーブ・セット指定子 /LABEL=ラベル
$ BACKUP/RECORD/FAST/LOG DBA1:[*...]/SINCE=BACKUP -

_$ MTA0:988FEB4.BCK/LABEL=DLY101
   
非構造ディスク・ボリュームをセーブする BACKUP/PHYSICAL ddcu: セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP/PHYSICAL DMA1: MTA0:985FEB4.BCK/LABEL=MTH101

   
Files-11 ディスク上のセーブ・セットにディレクトリをセーブする BACKUP [ディレクトリ] セーブ・セット指定子/SAVE_SET
$ BACKUP [LYKINS] DBA2:[BACKUP]1609FEB3.BCK/SAVE_SET

   
磁気テープ上のセーブ・セットにディレクトリ木構造をセーブする BACKUP [ディレクトリ...] セーブ・セット指定子/LABEL=ラベル
$ BACKUP [LYKINS...] MTA0:1612FEB3.BCK/LABEL=TAPE01

   
磁気テープ上のセーブ・セットにディレクトリ木構造をセーブし,リスト・ファイルを作成する BACKUP/LIST=ファイル指定 [ディレクトリ...] セーブ・セット指定子 /LABEL=ラベル
$ BACKUP/LIST=8SEP.LOG [LYKINS...] MTA0:8SEP.BCK/LABEL=

WKL101
   
テープ・カートリッジに多くのデータを格納するため,データ圧縮を使用して,磁気テープ上のセーブ・セットにディレクトリ木構造をセーブする BACKUP [ディレクトリ...] セーブ・セット指定子/MEDIA_FORMAT =COMPACTION
$ BACKUP [TESTFILES...]*.*;* MUA0:TEST.SAV/MEDIA_FORMAT=

COMPACTION/REWIND

表 7-4 に,リストア処理の BACKUP コマンド形式と,リストア処理に使用できる修飾子を示します。ここに示す例では,磁気テープとディスクにセーブ・セットがすでに存在していると仮定しています。

表 7-4 リストア処理クイック・リファレンス
コマンドの動作 コマンド形式と使用例
ディスク上のセーブ・セットから Files-11 ディスクに,元の UIC を付けてリストアする BACKUP セーブ・セット指定子/SAVE_SET ddcu:[*...]/BY_OWNER=ORIGINAL
$ BACKUP DBA2:[BACKUP]FEB2.BCK/SAVE_SET DBA1:[*...]-

_$/BY_OWNER=ORIGINAL
   
磁気テープ上のセーブ・セットから Files-11 ディスクに,元の UIC を付けてリストアする BACKUP セーブ・セット指定子 ddcu:[*...]/BY_OWNER=ORIGINAL
$ BACKUP MTA0:1618FEB2.BCK DBA1:[*...]/BY_OWNER=ORIGINAL

   
磁気テープ上のセーブ・セット内の選択したファイルを Files-11 ディスクにリストアする BACKUP セーブ・セット指定子/SELECT=ファイル指定 ファイル指定
$ BACKUP MTA0:FEB2.BCK/SELECT=[POUDRE]UPLIFT.PAS -

_$ DBA1:[GEO.PAS]UPLIFT.PAS
   
特定の UIC を持つファイルを Files-11 ディスクにリストアする BACKUP セーブ・セット指定子/BY_OWNER=[ユーザ識別コード] ファイル指定
$ BACKUP MTA0:1641FEB2.BCK/BY_OWNER=[360,052] -

_$ DBA1:[LYKINS...]
   
ファイルを新 UIC を付けて Files--11 ディスクにリストアする BACKUP セーブ・セット指定子 ファイル指定 /BY_OWNER=[uic]
$ BACKUP MTA0:1641FEB2.BCK -

_$ DBA1:[TESTS...]/BY_OWNER=[100,150]
   
ファイルを Files-11 ディスクにリストアする。ファイルがすでに存在する場合,新バージョンを作成する BACKUP セーブ・セット指定子 ファイル指定/NEW_VERSION
$ BACKUP MTA0:1641FEB2.BCK DBA1:[LYKINS...]/NEW_VERSION

   
ファイルを Files-11 ディスクにリストアする。ファイルがすでに存在する場合,新バージョンと置換する BACKUP セーブ・セット指定子 ファイル指定/REPLACE
$ BACKUP MTA0:1641FEB2.BCK DBA1:[LYKINS...]/REPLACE

   
特定のファイルを対象として,ファイルを Files-11 ディスクにリストアする BACKUP セーブ・セット指定子/SELECT=ファイル指定 ファイル指定
$ BACKUP MTA0:1641FEB2.BCK/SELECT=[LYKINS.PAS] -

_$ DBA1:[LYKINS...]
   
ディレクトリ木構造をリストアし,別のディレクトリ木構造にファイルを格納する BACKUP セーブ・セット指定子/SELECT=[ディレクトリ...] [ディレクトリ2...]
$ BACKUP MTA0:1641FEB2.BCK/SELECT=[FIELD...] -

_$ DBA1:[LYKINS.NEWDATA...]
   
Files-11 ボリュームを物理セーブ・セットからリストアする BACKUP/PHYSICAL セーブ・セット指定子 ddcu:
$ BACKUP/PHYSICAL MTA0:26MAR.BCK DMA3:

   
Files-11 ボリュームをイメージ・セーブ・セットからリストアする BACKUP/IMAGE セーブ・セット指定子 ddcu:
$ BACKUP/IMAGE MTA0:17AUG.BCK DRA3:

   
DCL コマンド INITIALIZE で指定した初期化パラメータを保持して Files-11 ボリュームをリストアする INITIALIZE ddcu: ボリューム名/新パラメータ

MOUNT/FOREIGN ddcu:

BACKUP/IMAGE セーブ・セット指定子 ddcu:/NOINITIALIZE

$ INITIALIZE DBA1: UTTLPACK/CLUSTER=5

$ MOUNT/FOREIGN DBA1:
$ BACKUP/IMAGE MTA0:17AUG.BCK DBA1:/NOINITIALIZE


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項