日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

テープのボリューム・ラベルを上書きすることにより,テープは初期化され,テープに格納されていたデータへのアクセス権が削除されるので,新たなデータをテープに格納できます。初期化プロセスでは,出力セーブ・セット修飾子 /TAPE_EXPIRATION, /PROTECTION,/BY_OWNER で指定した値がボリューム・ヘッダ・レコードに書き込まれます。これらの修飾子が指定されていなければ,満了日付は今日,保護はなし,テープの所有者 UIC は現在のプロセスの UIC になります。テープを初期化すると,セーブ・セットがテープに書き込まれます。

BACKUP コマンド行に指定したラベルがテープのボリューム・ラベルと一致しない場合,次のメッセージとプロンプトが表示されます。表示されるターミナルは,コマンド修飾子 /NOASSIST を指定した場合は使用中のターミナル,/NOASSIST を指定していない場合はオペレータ・ターミナルです。


%BACKUP-W-MOUNTERR, volume 'number' on 'device' was not mounted because 
its label does not match the one requested 
Specify option (QUIT, NEW tape or OVERWRITE tape) 
BACKUP> 

BACKUP> プロンプトに QUIT を入力すると,処理が強制終了され,磁気テープがアンロードされ,次のメッセージが出力されます。


%BACKUP-F-ABORT, operator requested abort on fatal error 

BACKUP> プロンプトに NEW を入力すると,磁気テープがアンロードされ,新しいテープをマウントするためのプロンプトが次のように出力されます。


%BACKUP-I-READYWRITE, mount volume 'volume-number' on _'device-name': for writing 
Enter "YES" when ready: 

BACKUP> に OVERWRITE を入力すると,旧ボリューム・ラベルが新ボリューム・ラベルで上書きされます。OVERWRITE は,テープが満了していないことや両方のラベルが一致しないことを無視します。テープのボリューム・ラベルを上書きした後,テープが初期化され,テープに存在していたデータへのアクセス権が取り消されるので,テープに新しいデータを書き込めるようになります。

初期化プロセスでは,出力セーブ・セット修飾子 /TAPE_EXPIRATION, /PROTECTION,/BY_OWNER で指定した値がボリューム・ヘッダ・レコードに書き込まれます。テープを初期化した後,セーブ・セットがテープに書き込まれます。

テープが満了していない場合,次のメッセージとプロンプトが表示されます。表示されるターミナルは,/NOASSIST を指定した場合は使用中のターミナル,/NOASSIST を指定していない場合はオペレータ・ターミナルです。


%BACKUP-W-MOUNTERR, volume 'number' on 'device' was not mounted because 
its expiration date is in the future 
Specify option (QUIT, NEW tape or OVERWRITE tape) 
BACKUP> 

出力テープのラベルが ANSI や ISO 以外である場合や一度も初期化したことがない出力テープの場合は,必ず /REWIND を指定してください。

/NOREWIND 修飾子は,セーブ処理を行う前に,テープのボリューム・ラベルを BACKUP コマンドで指定したラベルと比較します。ラベルは,/LABEL 修飾子で明示的に指定できます。ラベルを指定しない場合,セーブ・セット名の最初の 6 文字がボリューム・ラベルとして使用されます。ボリューム・ラベルが指定ラベルと一致しない場合,次のメッセージとプロンプトが表示されます。表示されるターミナルは,/NOASSIST を指定した場合は使用中のターミナル,/NOASSIST を指定していない場合はオペレータ・ターミナルです。


%BACKUP-W-MOUNTERR, volume 'number' on 'device' was not mounted because 
its label does not match the one requested 
Specify option (QUIT, NEW tape or OVERWRITE tape) 
BACKUP> 

OVERWRITE オプションを選択すると,ボリューム・ラベルが一致していなくても無視されます。ラベルが一致している場合や OVERWRITE オプションを指定した場合は,論理的なテープの終端 (最後にテープに格納したセーブ・セットの終わり) に向かってテープが巻かれ,セーブ・セットが書き込まれます。論理的なテープの終端と物理的なテープの終端が同じである場合, 新しいテープが要求されます。BACKUP 処理はデータの終わりを検索するので,複数のテープに渡るセーブ・セットをテープに格納している場合は,新しいセーブ・セットを書き込むことはできません。

/NOREWIND 修飾子は,マルチボリューム・セーブ・セットの第 1 テープは初期化しませんが,第 2 以降のテープは初期化されます。テープが満了していてテープ・ラベルが一致している場合にかぎり,第 2 以降のボリュームが初期化されます。

省略時の値は,/NOREWIND です。磁気テープ・ボリュームを巻き戻して初期化する場合は,/REWIND を指定してください。



$ BACKUP
_From: *.PS
_To: 
MTA0:DSRSAVE.BCK/REWIND/LABEL=DSR01/TAPE_EXPIRATION=29-JUN-2002

新しい磁気テープを初期化し,ボリューム・ラベル DSR01 と満了日付 2002 年 6 月 29 日をテープのボリューム・ヘッダ・レコードに書き込んでいます。次に,現在の省略時のディレクトリに存在するファイル・タイプが .PS のすべてのファイルを,磁気テープ・セーブ・セット DSRSAVE.BCK にセーブします。

/SAVE_SET

入力セーブ・セット修飾子

/SAVE_SET を出力セーブ・セット修飾子として使用する場合は,別の説明を参照してください。

入力ファイルを BACKUP セーブ・セットとして扱います。ディスク上の BACKUP セーブ・セットを入力指定子とする場合は, /SAVE_SET を指定しなければなりません。


形式

入力セーブ・セット指定 /SAVE_SET 出力指定子


説明

/SAVE_SET 修飾子により,Files-11 ローカル・ディスク, Files-11 リモート・ディスク,順編成ディスクを BACKUP セーブ・セットとして指定できます。 /SAVE_SET を指定しない場合,ディスクを指す入力指定子は, Files-11 ファイルとして扱われます。テープを指す入力指定子は,必ず BACKUP セーブ・セットとして扱われます。

#1

$ BACKUP DBA2:[BACKUP]1212MAR3.BCK/SAVE_SET DBA1:[*...]

セーブ・セット 1212MAR3.BCK を DBA2 から DBA1 にリストアしています。

#2

$ BACKUP/LIST DBA2:[SAVE]23MAR02.BCK/SAVE_SET

セーブ・セット 23MAR02.BCK の各ファイルについて,BACKUP 要約情報とファイル名,ファイル・サイズ,作成日付をリストしています。ディスク上のセーブ・セットを入力指定子とするため, /SAVE_SET 修飾子を使用しています。

#3

$ BACKUP/LOG DBA2:[SAVE]23MAR02.BCK/SAVE_SET DBA3:[PLI.WORK]

例 2 のディレクトリをリストアしています。ファイルをリストアするとき,ファイル指定が SYS$OUTPUT に出力されます。

/SAVE_SET

出力セーブ・セット修飾子

/SAVE_SET を入力セーブ・セット修飾子として使用する場合は,別の説明を参照してください。

出力ファイルを BACKUP セーブ・セットとして扱います。ディスク上の BACKUP セーブ・セットを出力指定子とする場合, /SAVE_SET 修飾子を指定しなければなりません。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /SAVE_SET


説明

/SAVE_SET 修飾子により,Files-11 ローカル・ディスク, Files-11 リモート・ディスク,順編成ディスクに BACKUP セーブ・セットを作成できます。 /SAVE_SET を指定しない場合,ディスクを指す出力指定子は, Files-11 ファイルとして扱われます。テープを指す出力指定子は,必ず BACKUP セーブ・セットとして扱われます。

#1

$ BACKUP [HILL] DBA1:[BACKUP]SEP28.BCK/SAVE_SET

Files-11 ディスク上のセーブ・セット SEP28.BCK にディレクトリ [HILL] をセーブしています。

#2

$ BACKUP DBA2:[PLI.WORK]*.*; [SAVE]23MAR02.BCK/SAVE_SET

ディレクトリ [PLI.WORK] 内の各ファイルの最大番号のバージョンを,同じディスク上のセーブ・セット 23MAR02.BCK にセーブしています。

#3

$ BACKUP
_From: []
_To: MILO"FRANKIE THISISMINE"::DUA0:[FRANKIE]MYDIR.BCK/SAVE_SET

現在の省略時のディレクトリのすべてのファイルを,ノード MIL0 上のセーブ・セット MYDIR.BCK にセーブしています。

#4

 $ MOUNT/FOREIGN DBA0:
$ BACKUP [SIMS] DBA0:SIMS.BCK/SAVE_SET

ディレクトリ [SIMS] のすべてのファイルを,順編成ディスク・セーブ・セット SIMS.BCK にセーブしています。

/SELECT

入力セーブ・セット修飾子

指定したファイルを処理対象として選択します。


形式

入力セーブ・セット指定 /SELECT=(ファイル指定[,...]) 出力指定子


説明

複数のファイルを指定する場合,それぞれのファイル指定をコンマで区切り,リスト全体を括弧で囲みます。ファイル選択にデバイス指定は使用しないようにしてください。一般的なワイルドカード文字は使用できますが,ファイルの最新バージョンを示す文字 (;) や,ファイルの相対バージョンを示す文字 (;-n) は,使用できません。

一時的ファイル指定の省略時の値は,リスト内で適用されません。ファイル指定 [000000...]*.*;* から,各ファイル指定が独立して省略時の値を取り出します。



$ BACKUP DBA1:JUL20.BCK/SAVE_SET/SELECT=[SNOW]BALL.PAS [WINTER.GAME]BALL.PAS

順編成ディスク・セーブ・セットから [SNOW]BALL.PAS ファイルを選択し,現在の省略時のデバイス上のディレクトリ [WINTER.GAME] にリストアしています。

/SINCE

入力ファイル選択修飾子

指定した日時以降の日付のファイルを選択します。


形式

入力指定子/SINCE= 日時 出力指定子


説明

/SINCE 修飾子は,各ファイル・ヘッダ・レコードの指定フィールドに格納されている日時を,コマンド行で指定した日時と比較することにより,ファイルを選択します。次に,/SINCE と併用できるファイル選択修飾子とその機能を示します。これらの修飾子を指定できるのは,一度に 1 つだけです。

修飾子 機能
/BACKUP 指定した日付以降に BACKUP/RECORD で最後にセーブまたはコピーしたファイルを選択する。BACKUP 日付のないファイルも選択する。
/CREATED 指定した日付以降に作成したファイルを選択する。
/EXPIRED 指定した日付以降に満了したファイルを選択する。
/MODIFIED 指定した日付以降で最後に変更したファイルを選択する。他の修飾子を /SINCE と併用しない場合,/MODIFIED が省略時の値として使用される。

日時は,[dd-mmm-yyyy[:]][hh:mm:ss.cc] の形式によるデルタ時間または絶対時刻で指定してください。次に,日時指定に使用できる予約語を示します。

BACKUP ファイルに対する最後の BACKUP/RECORD 操作の日付(Files-11構造レベル2または5のボリュームのみ)
TODAY 現在の年,月,日の 00:00:00.0 時
TOMORROW 最後の午前 0 時の 24 時間後
YESTERDAY 最後の午前 0 時の 24 時間前

通常の追加型バックアップを行う前に,必ず BACKUP/IMAGE/RECORD コマンドを使用してイメージ・バックアップを行ってください。イメージ・バックアップはディスク全体のコピーをセーブし,各ファイルに対してセーブ済みのマークを付けます。それ以降に実行される通常の追加型バックアップは,イメージ・バックアップがすでに実行されていると仮定し,新しいファイルと変更されたファイルだけをセーブします。先にイメージ・バックアップを行っておかないと,追加型バックアップは,追加型リストアの成功を保証するために,必要以上のファイルをセーブすることになります。



$ BACKUP [PLI.WORK]/SINCE=YESTERDAY/MODIFIED [PLI.SAV]

ディレクトリ [PLI.WORK] 内で選択したファイルを,ディレクトリ [PLI.SAV] にコピーしています。昨夜午前 0 時より前の 24 時間以降に変更されたファイルだけが処理されます。この例では /MODIFIED を指定していますが,この修飾子は /SINCE 修飾子の省略時の修飾子であるため,指定する必要はありません。

/SIZE

コマンド修飾子

バックアップ処理で,論理ボリューム・サイズがセーブ・セット・ヘッダに記録されます。デフォルトでは,リストア処理の際に,論理ボリューム・サイズは保持されません。これは,たとえば 2 GB のセーブ・セットを 4 GB のディスクにリストアすると,空きディスク領域のうち 2 GB だけが使用されるためです。

しかし,/SIZE 修飾子を使用すると,ターゲット・デバイス上で論理ボリューム・サイズを保持することができます。また,オプションのキーワード値 n を使用することで,ターゲット・デバイスの論理ボリューム・サイズを指定することもできます。


形式

/SIZE(=[n])


説明

/SIZE を指定すると,ターゲット・デバイスのジオメトリは, $GETDVI を呼び出してデバイスの物理的な上限を確認して決定されるのではなく,元のソースの論理サイズから決定されます。

/SIZE 修飾子では,ターゲット・デバイスの新しい論理サイズとして,オプションの値 n を指定できます。この新しい値はセーブ・セット内の既存の値より優先されます。(これは, INITIALIZE ユーティリティでの /SIZE 修飾子の動作と同じです。)



$ BACKUP LEEHE.BCK/SAVE DKA100:/IMAGE/SIZE=8000000
 

この例では,セーブ・セットはデバイス DKA100 にリストアされます。 DKA100 の論理ボリューム・サイズは,8,000,000 ブロックに初期化されます。

/TAPE_EXPIRATION

出力セーブ・セット修飾子

現在の日付以外のファイル満了日付を,セーブ・セットのファイル・ヘッダ・ラベルに書き込みます。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /TAPE_EXPIRATION[=日付]


説明

磁気テープへのセーブ処理で出力セーブ・セット修飾子 /REWIND を指定すると,テープを初期化する前に,テープの第 1 ファイルの満了日付が過ぎていることがチェックされます。テープを初期化すると,格納されていた以前のデータへのアクセス権が取り消されます。

/REWIND を使用して磁気テープ上に BACKUP セーブ・セットを作成する場合は,必ず満了日付を指定するようにしてください。毎日の BACKUP テープの満了期間は 7 日,毎週の BACKUP テープの満了期間は 1 ヶ月,毎月の BACKUP テープの満了期間は 1 年とします。

日付は,次の形式で指定してください。


dd:mmm:yyyy 

ここで,

dd 日付
mmm 月を表す 3 文字の略称
yyyy

テープ上のファイルの HDR1 ANSI ラベルに満了日付が書き込まれます。/TAPE_EXPIRATION 修飾子を指定しない場合,今日の日付が満了日付となります。



$ BACKUP DBA1:                    
_To: MTA0:13SEPBAK.BCK/REWIND/TAPE_EXPIRATION=20-SEP-2002/LABEL=SEPW02

セーブ・セット・ファイル 13SEPBAK.BCK の満了日付を, 2002 年 9 月 20 日と設定しています。/REWIND 修飾子を指定しているので,13NOVBAK.BCK はテープ上の第 1 ファイルであり,テープの満了期間は 7 日です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡