日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

BACKUP ジャーナル・ファイルの作成方法とその内容の表示方法を示しています。

/LABEL

出力セーブ・セット修飾子

セーブ・セットの書き込み先とする磁気テープのボリューム・ラベルを指定します。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /LABEL=(文字列[,...])


説明

/LABEL 修飾子により,セーブ・セットを書き込む磁気テープの 6 文字以内のボリューム・ラベルを指定します。

/LABEL 修飾子では, 1 つのラベルとラベル・リストのどちらでも指定できます。 /LABEL 修飾子を指定しない場合,セーブ・セット名の最初の 6 文字が第 1 テープのボリューム・ラベルとして使用されます。 7 文字以上の名前を指定すると,7 文字以降が切り捨てられます。

セーブ・セットが複数のテープに渡るときにボリューム・ラベルを指定しない場合,直前のテープの最初の 4 文字にボリューム番号を付けたものが使用されます。たとえば第 1 テープのラベルが AAAABB である場合,第 2 テープは AAAA02,第 3 テープは AAAA03 となります。

セーブ・セットを磁気テープに書き込む前に,コマンド行に指定されたラベルとテープのボリューム・ラベルが比較されます。テープにボリューム・ラベルが付いているときに出力修飾子 /REWIND を指定すると,指定したラベルがテープのボリューム・ヘッダ・レコードに書き込まれます。ボリューム・ラベルが 6 文字未満である場合, 6 文字になるまでブランク文字が追加されます。

ボリューム・ラベルの最初の 4 文字は,BACKUP コマンド行で指定したラベルの最初の 4 文字とまったく同じであるか,または 1 つ以上のアンダスコア文字で終わらなければなりません。最初の 4 文字が 1 つ以上のアンダスコア文字で終わっていて,アンダスコア文字の前の部分がコマンド行に指定したラベルと同じである場合,一致しているとみなされます。たとえば,ボリューム・ラベル ABN_ は,コマンド行ラベル ABN と一致していますが,ABNE とは一致していません。ボリューム・ラベルの第 5 または第 6 文字が 0 〜 9 の数字である場合,これらの数字は,コマンド行に指定したラベル内で対応する文字と比較されません。数字でない場合,ボリューム・ラベルの第 5 および第 6 文字は,コマンド行に指定するラベル内で対応する文字と正確に一致しなければなりません。

次に,BACKUP コマンド行に指定するラベルと一致するボリューム・ラベルを示します。

コマンド行に指定するラベル 一致するボリューム・ラベル
MAR MAR, MAR_, MAR_nn
MAR_ MAR_, MAR_nn
MARK MARK, MARKnn
MARKER MARKER, MARKnn

指定したラベルがテープのボリューム・ラベルに一致する場合,セーブ処理が実行されます。複数のラベルを指定した場合,テープのボリューム・ラベルに一致するラベルが 1 つ以上あれば,セーブ処理が実行されます。たとえばテープのボリューム・ラベルが MA1686 である場合,次のラベル・リストを /LABEL 修飾子で指定すると,セーブ処理は実行されます。


/LABEL=(MA1684,MA1685,MA1686) 

指定したラベルがテープのボリューム・ラベルに一致しない場合,次のメッセージとプロンプトが表示されます。表示されるターミナルは,コマンド修飾子 /NOASSIST を指定した場合は使用中のターミナル, /NOASSIST を指定していない場合はオペレータ・ターミナルです。


%BACKUP-W-MOUNTERR, volume 'number' on 'device' was not mounted because 
its label does not match the one requested 
Specify option (QUIT, NEW tape or OVERWRITE tape) 
BACKUP> 

BACKUP 処理を強制終了して磁気テープをアンロードするには, QUIT を指定します。新しいテープのプロンプトを表示するには, NEW を指定します。ラベルの不一致を無視し,テープをマウントし,出力セーブ・セット修飾子 /REWIND が指定されているときにテープを初期化し,セーブ・セットをテープに書き込むには,OVERWRITE を指定します。

コマンド修飾子 /IGNORE=LABEL_PROCESSING を指定すれば,テープのボリューム・ラベルがチェックされません。また,/EXACT_ORDER修飾子を使用すれば,BACKUP操作で使用するテープ・ボリューム・ラベルの正確な順序を指定できます。


#1

$ BACKUP [PAYROLL] MTA0:30NOV.BCK/LABEL=PAY

ドライブ MTA0 にマウントされているテープのボリューム・ラベルがチェックされます。ボリューム・ラベルが PAY であれば,ディレクトリ [PAYROLL] をセーブ・セット 30NOV.BCK にセーブします。

#2

$ BACKUP DDA1: MTA0:PLAYS.BCK,MTA1,MTA2/REWIND/LABEL=(ACT1,ACT2,ACT3)

3 本のテープにボリューム・ラベルがないと仮定しています。ディスク DDA1 上のすべてのファイルを,セーブ・セット PLAYS.BCK にセーブします。セーブ・セット内の第 1 テープのラベルは ACT1,第 2 テープのラベルは ACT2,第 3 テープのラベルは ACT3 です。

/LIMIT

コマンド修飾子

/LIMIT 修飾子を使用すると,リストア処理またはセーブ処理の際の拡張サイズに上限を指定することができます。この指定は,セーブ・セット・ヘッダに格納されている値より優先されます。 (この動作は,INITIALIZE ユーティリティの /LIMIT 修飾子と同じです。)


形式

/LIMIT=n

n の値はデバイスの拡張サイズです。この値に制限はありません。

値を指定せずに /LIMIT を指定すると,拡張サイズがターゲット・デバイスに継承されます。これは,/IGNORE=LIMIT を指定するのと逆です。 /IGNORE=LIMIT では,リストア処理時に拡張上限がターゲット・デバイスに継承されません。

/LIST

コマンド修飾子

BACKUP セーブ・セットとセーブ・セット内のファイルに関する情報をリストします。ターミナル上にリストすることも,ファイルに書き込むこともできます。

この修飾子はどの操作(セーブ,リストア,コピー,比較,ジャーナル)に対しても使用できます。 /LIST を単独で(他の操作と組み合わせずに)指定した場合には,入力指定はセーブ・セットでなければならず,また出力指定は指定できません。

/BRIEF コマンド修飾子または /FULL コマンド修飾子は, /LIST と組み合わせて使用できます。どちらも指定しなかった場合には, /BRIEF を指定した場合と同じ動作が実行されます。

/LIST の出力がターミナルに送られる場合には, /LIST と /LOG を組み合わせて使用しないでください。この操作を実行すると,出力が乱れます。


形式

/LIST [=ファイル指定] セーブ・セット指定


説明

/LIST 修飾子は,単独で使用してもよく,セーブ,リストア,コピー,比較,ジャーナルなどの他の処理と併用することもできます。/LIST を単独で使用する場合,入力指定子はセーブ・セットとし,出力指定子は省略してください。

セーブ・セットの内容をリストするには,まず,セーブ・セットを格納している媒体をドライブに挿入しなければなりません。セーブ・セットがディスクに格納されている場合,Files-11 ボリュームまたはフォーリン・ボリュームとしてディスクをマウントしてください。磁気テープは,リスト処理の一部として自動的にマウントされます。

省略時の設定では,リスト情報は使用中のターミナルに表示されますが,指定ファイルに書き込むこともできます。

スタンドアロン BACKUP で /LIST 修飾子を使用し,/LIST= ファイル指定で指定したファイルに出力する場合,指定ファイルはターミナルまたはプリンタでなければなりません。

/LIST 修飾子では,コマンド修飾子 /BRIEF や /FULL を併用できます。 /BRIEF 修飾子は,ブロック数によるファイル・サイズとファイル作成日付をリストします。 /FULL 修飾子は,DCL の DIRECTORY/FULL コマンドと同じ形式で,その他のファイル情報もリストします。省略時の値は,/BRIEF です。

/LIST の結果をターミナルに出力する場合,コマンド修飾子 /LOG を /LIST と併用してはなりません。併用すると,混乱した結果が出力されます。



$ BACKUP/LIST DBA2:[SAVE]23MAR02.BCK/SAVE_SET
 
Listing of save set(s)
 
Save set:          23MAR02.BCK
Written by:        MOROCI
UIC:               [000200,000200]
Date:              23-MAR-2002 14:18:16.00
Command:           BACKUP [SAVE] DBA2:[SAVE]23MAR02.BCK/SAVE_SET
 
Operating system:  OpenVMS Alpha Version V7.3-1
 
BACKUP version:    V7.3-1
CPU ID register:   08000000
Node name:         _SUZI::
Written on:        _DBA2: 
Block size:        32,256 
Group size:        10
Buffer count:      3
 
[SAVE]LAST.DAT;1                         1  18-JAN-2002 14:11
[SAVE]INFO.TXT;4                         5   4-FEB-2002 13:12
[SAVE]WORK.DAT;3                        33   1-JAN-2002 10:02
 
Total of 3 files, 39 blocks
End of save set
 

BACKUP 要約情報とセーブ・セット内の各ファイルの名前,サイズ,作成日付をリストしています。Files-11 ディスク上のセーブ・セットを入力指定子に指定するため, /SAVE_SET 修飾子を使用しています。

/LOG

コマンド修飾子

処理するファイルのファイル指定を,処理中に SYS$OUTPUT に表示するかどうかを指定します。省略時の値は,/NOLOG です。


形式

/[NO]LOG 入力指定子 出力指定子



$ BACKUP/LOG [SAVE]23MAR02.BCK/SAVE_SET DBA2:[PLI.WORK]
S>(%BACKUP-S-CREATED, created DBA2:[PLI.WORK]ANOTHER.DAT;1) 
%BACKUP-S-CREATED, created DBA2:[PLI.WORK]LAST.DAT;1
%BACKUP-S-CREATED, created DBA2:[PLI.WORK]THAT.DAT;1
%BACKUP-S-CREATED, created DBA2:[PLI.WORK]THIS.DAT;2
. 
. 
. 

DBA2 上のディレクトリ [PLI.WORK] にリストアするファイルのファイル指定が,SYS$OUTPUT に出力されます。

/MEDIA_FORMAT

出力セーブ・セット修飾子

データ・レコードを自動的に圧縮してブロッキングするかどうかを制御します。データを圧縮しレコードをブロッキングすれば,より多くのデータをテープに格納できます。

圧縮比は,データとテープ・ドライブによって異なります。詳細については,テープ・ドライブのマニュアルを参照してください。

BACKUP を使用すると,1 つのテープ上の異なるセーブ・セットについて,異なる圧縮の設定を行うことができます。ただし,すべてのテープ・ドライブが 1 つのテープ上の複数の圧縮の設定をサポートしているわけではありません。混合されたモードのテープが許可されるかどうかは,使用するテープ・ドライブのモデルに依存します。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定  /MEDIA_FORMAT=[NO]COMPACTION


説明

/MEDIA_FORMAT 修飾子は,テープ圧縮をサポートするテープ・ドライブ専用です。

Alphaシステムと I64 システムでは,/MEDIA_FORMAT=COMPACTION 修飾子を使用して,SCSI テープ・ドライブのハードウェア・データ圧縮を行うことができます。



$ BACKUP WORK$:[TESTFILES...]*.*;*  MUA0:TEST.SAV -
_$/MEDIA_FORMAT=COMPACTION /REWIND

セーブ・セット TEST.SAV 内のディレクトリ [TESTFILES] とそのサブディレクトリに存在するすべてのファイルを,テープ・ドライブ TA90E を使用してセーブしています。 /MEDIA_FORMAT=COMPACTION 修飾子により,テープ・ドライブがデータ・レコードを自動的に圧縮しブロッキングします。

/MODIFIED

入力ファイル選択修飾子

各ファイル・ヘッダ・レコードの変更日付フィールド値 (ファイルを最後に変更した日付) をもとに,ファイルを選択します。


形式

入力指定子 /BEFORE=日時  /MODIFIED 出力指定子

入力指定子 /SINCE=日時  /MODIFIED 出力指定子


説明

/MODIFIED 修飾子は,入力ファイル選択修飾子 /BEFORE または /SINCE と併用します。/BEFORE または /SINCE で指定した日時により,処理するファイルが決まります。

/MODIFIED は,/BACKUP,/CREATED,/EXPIRED のいずれかの入力ファイル選択修飾子と併用することはできません。



$ BACKUP [SUNDANCE...]/BEFORE=TODAY/MODIFIED MFA1:MOD.BCK

ディレクトリ木構造 [SUNDANCE] に存在し,変更日付が今日 (現在の日,月,年の 00:00:00.0 時) より前のすべてのファイルをセーブしています。

/NEW_VERSION

出力ファイル修飾子

リストア先やコピー先の記憶位置に同名のファイルがすでに存在する場合,新しいバージョンのファイルを作成します。


形式

入力指定子 出力指定子/NEW_VERSION


説明

ファイルをコピーまたはリストアするときに,ディレクトリ名,ファイル名,タイプが指定ファイルと同じで,バージョン番号が指定ファイルと同じであるか指定ファイルより大きいファイルがすでに存在する場合,名前とタイプは同じで,バージョン番号が既存の最大番号より 1 大きいファイルが作成されます。

既存ファイルのバージョン番号以下のバージョン番号を持つファイルを /NEW_VERSION,/REPLACE,/OVERLAY なしでコピーまたはリストアしようとすると,エラーが出力されます。

/NEW_VERSION 修飾子を使用してファイルをコピーまたはリストアする場合,ファイルはバージョン番号の降順で処理され,昇順で作成されます。この結果,バージョン番号は逆転します。

このようにしてバージョン番号が変更されるため,この修飾子を /VERIFY 修飾子と併用した場合,結果は予測不能となります。 /VERIFY 修飾子は,/NEW_VERSION 修飾子と併用しないようにしてください。



$ BACKUP MTA1:NOV30REC.BCK/SELECT=*.DAT [RECORDS...]/NEW_VERSION

ファイル・タイプが .DAT であるすべてのファイルを,磁気テープ・セーブ・セット NOV30REC.BCK からディレクトリ [RECORDS] にリストアします。/NEW_VERSION 修飾子により,同名のファイルがすでに存在しているかどうかに関わりなく,ファイル・タイプ .DAT のファイルがリストアされます。

/NOINCREMENTAL

コマンド修飾子

OpenVMS 7.2 以降では,セーブ操作において, /NOINCREMENTAL 修飾子を使用してセーブするデータの量を制御できます。この修飾子は,すべてのデータではなく特定のファイルをセーブしたい場合にのみ使用します。

OpenVMS の最近のバージョンでは, /SINCE=BACKUP 追加型セーブ操作は,セーブされるファイルが正確で,冗長でないように改良されています。その結果,/NOINCREMENTAL および /SINCE=BACKUP 修飾子を同時に使用できなくなりました。これによって確実に正確な /INCREMENTAL リストアが行われます。

/NOINCREMENTAL は BACKUP セーブ操作のみで有効です。これには,リストア操作のみで有効である, /INCREMENTAL 修飾子との関連はありません。


形式

/NOINCREMENTAL 入力指定 出力指定


説明

OpenVMS 6.2 とそれ以前のバージョンにおいては,システムは省略時の設定では,変更されたディレクトリの下にあるファイルやサブディレクトルをセーブしません。 OpenVMS 7.0 と 7.1 においては,システムは省略時の設定では,的確にリストアをおこなうために,変更されたディレクトリの下にあるファイルやサブディレクトリをすべてセーブします。このような動作は,後のリストア操作で必要でないファイルやサブディレクトリをセーブしてしまうことになることがありました。


$ BACKUP /FAST/NOINCREMENTAL /SINCE="3-MAY-2002" -
_$ MAC_DISK:[000000...]*.*;* -
_$ TAPE:MCDSK000503.BCK/SAVE /REWIND

この例でのバックアップコマンドは,入力指定したボリュームの追加型セーブ BACKUP 操作を実行します。このコマンドは,現在変更したディレクトリの下のすべてのファイルをセーブしないように指示しています。

/OVERLAY

出力ファイル修飾子

出力位置に存在する同名のファイルに入力ファイルを上書きします。


形式

入力指定子 出力指定子/OVERLAY


説明

ディレクトリ名,ファイル名,タイプ,バージョン番号がコピーまたはリストア対象ファイルと同じであるファイルがすでに存在する場合,既存バージョンに新バージョンが上書きされます。新バージョンのファイル識別子は,上書きされたファイルの識別子と同じです。

ディスク上におけるファイルの物理位置は,変わりません。既存ファイルより新ファイルが大きい場合に /OVERLAY を指定すると,追加ブロックが割り当てられ,ファイルが拡張されます。

処理するファイルのバージョン番号が既存ファイルと同じであるときに /OVERLAY,/REPLACE,/NEW_VERSION を指定しない場合,コピーまたはリストア処理はエラーを出力します。



$ BACKUP DRA1:MAR30SAV.BCK/SAVE_SET [RECORDS...]/OVERLAY

順編成ディスク・セーブ・セット MAR30SAV.BCK をディレクトリ木構造 [RECORDS...] にリストアしています。セーブ・セットのファイルと同じ識別子を持つファイルが [RECORDS...] に存在する場合, /OVERLAY により,既存バージョンが上書きされます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項