日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/BY_OWNER (リストアするファイルの所有者 UIC の再定義)


出力ファイル修飾子

/BY_OWNER を入力ファイル選択修飾子として使用する場合と,出力セーブ・セット修飾子として使用する場合については,別の説明を参照してください。

リストアするファイルの所有者 UIC (ユーザ識別コード) を再定義します。


形式

入力指定子 出力指定子 /BY_OWNER[=オプション]


説明

使用できるオプションは,次の表のとおりです。

DEFAULT ユーザの現在の省略時の UIC を所有者 UIC に設定する。 /BY_OWNER 修飾子を指定しない場合の省略時のオプションである。ただし,イメージ・リストア処理と追加型リストア処理の省略時のオプションは,ORIGINAL である。
ORIGINAL リストアするファイルの所有者 UIC を保持する。オプションなしで /BY_OWNER 修飾子を指定した場合の省略時のオプションである。追加型リストア処理の省略時のオプションでもある。このオプションを使用するには,指定の UIC が自分の UIC であるか,ユーザ特権 SYSPRV を持っているか,または出力ボリュームの所有者でなければならない。
PARENT ファイルのリストア先やコピー先であるディレクトリの所有者 UIC を所有者 UIC に設定する。このオプションを使用するには,指定の UIC が自分の親 UIC であるか,ユーザ特権 SYSPRV を持っているか,または出力ボリュームの所有者でなければならない。
[ユーザ識別子] 指定した UIC を所有者 UIC に設定する。入力ファイル選択修飾子 /BY_OWNER で説明した [g,m] 形式を使用する。このオプションを使用するには,自分の UIC であるか,ユーザ特権 SYSPRV を持っているか,または出力ボリュームの所有者でなければならない。

コマンド修飾子 /IMAGE または /INCREMENTAL をリストア処理で指定する場合,省略時の値は /BY_OWNER=ORIGINAL です。



$ BACKUP DBA2:ACCOUNTS.BCK/SAVE_SET [CLEAVER...]/BY_OWNER=PARENT

順編成ディスク・セーブ・セット ACCOUNTS.BCK をディレクトリ木構造 [CLEAVER...] にリストアし,各リストア対象ファイルに [CLEAVER] ディレクトリの所有者 UIC を割り当てています。

/BY_OWNER (セーブ・セットの所有者 UIC の指定)


出力セーブ・セット修飾子

/BY_OWNER を入力ファイル選択修飾子として使用する場合と,出力ファイル修飾子として使用する場合については,別の説明を参照してください。

セーブ・セットの所有者 UIC (ユーザ識別コード) を指定します。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /BY_OWNER=ユーザ識別子


説明

/BY_OWNER 修飾子の省略時の値は,現在のプロセスの UIC です。この修飾子を Files-11 セーブ・セットで使用するには,ユーザ特権 SYSPRV を持っているか,または指定する UIC が自分の UIC である必要があります。

8 進数による数値 UIC または英数 UIC を,[g,m] の形式で指定します。ワイルドカード文字を使用できます。必ず,大括弧で囲むようにしてください。

[g,m]

g グループ番号を示す 0 〜 37776 の 8 進数または英数字によるグループ名
m メンバ番号を示す 0 〜 177776 の 8 進数または英数字によるメンバ名



$BACKUP [CLEAVER...] MFA2:ACCOUNTS.BCK/BY_OWNER=[301,310]/LABEL=TAPE01

TAPE01 のテープをドライブ MFA2 にマウントしています。次に,ディレクトリ木構造 [CLEAVER...] をセーブ・セット ACCOUNTS.BCK にセーブします。出力セーブ・セット修飾子 /BY_OWNER が,[301,310] の所有者 UIC をセーブ・セットに割り当てます。

/COMMENT

出力セーブ・セットにコメントを挿入します。コメント文字列が 2 語以上である場合,または英数以外の文字を含んでいる場合,二重引用符 (" ") で囲みます。コメントの文字数は,1,024 文字までです。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /COMMENT=文字列



$ BACKUP [REMARKS] DMA1:20JULREM.BCK/SAVE_SET -
_$ /COMMENT="Remote operations for July 20, 2002"
$ BACKUP/LIST DMA1:20JULREM.BCK/SAVE_SET
Listing of save set
 
Save set:          20JULREM.BCK
Written by:        WALRUS
UIC:               [360,054]
Date:              20-JUL-2002 15:22:06.62
Command:           BACKUP [REMARKS] DMA1:20JULREM.BCK/SAVE_SET/COMMENT=Remote 
operations for July 20, 2002
 
Operating system:  OpenVMS Alpha Version V7.3-1
 
BACKUP version:    V7.3-1
CPU ID register:   0138084C
Node name:         _ABBEY::
Written on:        _ABBEY$DMA1:
Block size:        32256
Group size:        10
Buffer count:      3
 
[REMARKS]BAC.RES;1                                       2  20-JUL-2002 14:13
[REMARKS]COM.LIS;1                                       1  20-JUL-2002 14:04
[REMARKS]DTOP.DIR;1                                      1  20-JUL-2002 14:18
. 
. 
. 
Total of 40 files, 535 blocks
End of save set
 

最初の BACKUP コマンドは,ディレクトリ [REMARKS] を順編成ディスク・セーブ・セットにセーブし,コメントを記録します。 BACKUP/LIST コマンドは,新しく作成したセーブ・セットの内容を表示します。ディスク上にセーブ・セットを作成する場合は, /SAVE_SET 修飾子が必要です。

/COMPARE

コマンド修飾子

第 1 パラメータで指定したセーブ・セット,デバイス,ファイルを,第 2 パラメータで指定した Files-11 デバイス,ファイルの内容と比較し,両者に違いがあれば,エラー・メッセージを表示します。


形式

/COMPARE ファイル指定 ファイル指定

/COMPARE セーブ・セット指定 ファイル指定

/IMAGE/COMPARE デバイス指定 デバイス指定

/IMAGE/COMPARE セーブ・セット指定 デバイス指定

/PHYSICAL/COMPARE デバイス指定 デバイス指定

/PHYSICAL/COMPARE セーブ・セット指定 デバイス指定


説明

BACKUP 比較処理の第 1 パラメータには,Files-11 ファイル 1 つ,複数のファイルを表すワイルドカード文字,ディスク上または磁気テープ上の BACKUP セーブ・セット,テープ装置,ディスク装置のいずれかを指定します。コマンド修飾子 /PHYSICAL を指定しないかぎり,第 2 パラメータは,Files-11 ディスク・ファイル,複数のファイルを示すワイルドカード文字, Files-11 ディスク装置のいずれかを指定します。/PHYSICAL を指定し,かつ第 1 パラメータでディスク装置を指定する場合,比較対象ディスクは,両方とも /FOREIGN 修飾子でマウントされていなければなりません。

比較対象ファイルに違いがある場合,次のエラー・メッセージが表示されます。


%BACKUP-E-VERIFYERR, verification error for ...

/COMPARE 修飾子は,セーブ・セットを元のファイルと比較する場合や,BACKUP でコピーしたファイルやボリュームを元のファイルと比較する場合に使用します。BACKUP ではファイルをブロック単位で処理するので,BACKUP で出力したもの以外のファイルを格納すると,同一のファイル間でも不一致エラーが生じる恐れがあります。

ファイル指定でバージョン番号の省略時の値は,ファイルのすべてのバージョンを処理するワイルドカード文字のアスタリスク ;* です。

比較処理のパラメータは,ともに入力指定子です。

2 つの Files-11 ボリューム全体を比較する場合は,次のようにイメージ比較処理を行います。


$ BACKUP/IMAGE/COMPARE DBA1: DBA2:

コマンド修飾子 /DELETE,/RECORD は,比較処理では使用できません。

出力ファイル修飾子 /NEW_VERSION はバージョン番号を変更するので, /NEW_VERSION 修飾子を使ってリストアまたはコピーしたファイルには,比較処理を行わないようにしてください。


#1

$ BACKUP/COMPARE JAZZ.DAT BLUES.DAT

Files-11 ファイル 2 つを比較しています。バージョン番号は指定されていないので,各ファイルのすべてのバージョンを比較します。

#2

$ BACKUP/COMPARE/IMAGE MTA0:SWING.BCK DBA2:

磁気テープ上のイメージ・セーブ・セットを Files-11 ボリュームと比較しています。

/CONFIRM

入力ファイル選択修飾子

各ファイルを処理する前に,ターミナルに確認のためのプロンプトを表示します。ファイルを処理するには, Y または YES と入力し RETURN キーを押して応答しなければなりません。


形式

入力指定子/CONFIRM 出力指定子



$ BACKUP *.LIS/CONFIRM/LOG  DLA2:LIST.BCK/SAVE_SET
DISK$DEFAULT:[WONDER]CRE.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]CRE.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]CRETIME.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]CRETIME.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]EXC.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]EXC.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]REB.LIS;1, copy? (Y or N): N
DISK$DEFAULT:[WONDER]SETREB.LIS;1, copy? (Y or N): Y
%BACKUP-S-COPIED, copied DISK$DEFAULT:[WONDER]SETREB.LIS;1
DISK$DEFAULT:[WONDER]VERS.LIS;1, copy? (Y or N): N
. 
. 
. 
$

ファイル・タイプが .LIS のすべてのファイルを取り出し,確認プロンプトを表示してから,DLA2 上の LIST.BCK に各ファイルをセーブしています。コマンド修飾子 /LOG は,処理する各ファイルに関する情報を表示します。ディスク上にセーブ・セットを作成するときは,出力セーブ・セット修飾子 /SAVE_SET が必要です。

/CONVERT

入力ファイル選択修飾子

ODS-5ファイル名をODS-2ファイル名に変換します。出力ボリュームをODS-2として保持する場合は, /NOINIT修飾子を併用しなければなりません。

ODS-5ファイル名をODS-2ファイル名に変換すると, ODS-5ファイル属性のすべてが失われる点に注意してください。

/NOCONVERT 修飾子を使用することもできます。


形式

入力指定子 /CONVERT 出力指定子



$ BACKUP/LOG/CONVERT/IMAGE DKA500: DKA200:[000000]IMAGE.BCK/SAVE

ODS-5 ディスクから,ODS-2 イメージ・セーブ・セットを作成しています。セーブ・セットは,OpenVMS Version 7.2 より前のバージョンを実行しているシステムで読み込むことができます。

/CRC

入力または出力セーブ・セット修飾子

入力セーブ・セット修飾子として使用した場合には,セーブ・セットのデータ・ブロックにエンコードされているソフトウェア巡回冗長検査(CRC)をチェックするか(/CRC 指定時)または無視します(/NOCRC 指定時)。 CRC を無視する場合には,処理時間を短縮できますが,データ・エラーが増加する危険性があります。

出力セーブ・セット修飾子として使用した場合には,ソフトウェア CRC チェック・コードが計算され,それが出力セーブ・セットのデータ・ブロックに格納されます。 CRC チェックを禁止する場合には,/NOCRC 修飾子を使用します。

入力セーブ・セット修飾子

/CRC を出力セーブ・セット修飾子として使用する場合は,別の説明を参照してください。

ソフトウェア巡回冗長チェック (CRC) を行うことを指定します。


形式

入力セーブ・セット指定 /[NO]CRC 出力指定子


説明

省略時の値は,/CRC です。CRC チェックを禁止するには,/NOCRC を指定します。/NOCRC は処理時間を短縮しますが,データを消失する恐れが高くなります。


$ BACKUP MTA2:988SAVE.BCK/NOCRC []

([]) が示す現在の省略時のディレクトリに,セーブ・セット 988SAVE.BCK をリストアしています。入力セーブ・セット修飾子 /NOCRC は,CRC を禁止します。

/CRC

出力セーブ・セット修飾子

/CRC を入力セーブ・セット修飾子として使用する場合は,別の説明を参照してください。

ソフトウェア巡回冗長チェック (CRC) を実行し,結果を出力セーブ・セットのデータ・ブロックに格納することを指定します。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /[NO]CRC


説明

省略時の値は,/CRC です。チェックを禁止するには,/NOCRC を指定します。 /NOCRC は処理時間を短縮しますが,データを消失する恐れが高くなります。


$ BACKUP/RECORD []/SINCE=BACKUP MTA2:988SAVE.BCK/NOCRC

現在の省略時のディレクトリに存在し,最後の BACKUP/RECORD 処理以降に作成または変更されたすべてのファイルを,セーブ・セット 988SAVE.BCK にセーブしています。出力セーブ・セット修飾子 /NOCRC は,巡回冗長チェックを禁止します。

/CREATED

入力ファイル選択修飾子

各ファイル・ヘッダ・レコードの作成日フィールドの値に従って,ファイルを選択します。


形式

入力指定子 /BEFORE=日時/CREATED出力指定子

入力指定子/SINCE= 日時/CREATED出力指定子


説明

/CREATED には,/BEFORE 修飾子または /SINCE 修飾子を併用してください。 /BEFORE または /SINCE で指定する日時により,処理するファイルが決まります。

/CREATED は,/BACKUP,/MODIFIED, /EXPIRED のいずれかの修飾子と併用することはできません。



$ BACKUP *.SDML/SINCE=YESTERDAY/CREATED DLA2:[SAVEDIR]/SAVE_SET

昨日 (昨夜午前 0 時より前の 24 時間) に作成され,ファイル・タイプが .SDML のすべてのファイルをセーブしています。

/DELETE

コマンド修飾子

BACKUP のセーブ操作またはコピー操作で,すべてのファイルを正しく処理した後,選択されたファイルを入力ボリュームから削除することを指定します。


形式

/DELETE ファイル指定 セーブ・セット指定


説明

/DELETE 修飾子を指定できるのは, BACKUP のセーブまたはコピー処理で使用した場合に限定されます。また,ファイルを削除するための特権が必要です。特権がない場合,削除保護ファイルは削除されません。コマンド修飾子 /VERIFY を /DELETE と併用した場合,チェックが失敗したファイルは削除されません。

/DELETE は,/PHYSICAL,/RECORD,/COMPARE のいずれのコマンド修飾子とも併用できません。


#1

$ BACKUP/DELETE BOP.DAT MTA0:BOP.BCK/LABEL=DANCE

セーブ・セット BOP.BCK を MTA0 上に作成した後,BOP.DAT ファイルを削除しています。

#2

$ BACKUP/VERIFY/DELETE RAY.DAT,JOE.DAT,ELLA.DAT MTA0:OSCAR.BCK/LABEL=FRIEND

選択したファイルのリストを MTA0 上の OSCAR.BCK にセーブして出力セーブ・セットを入力ファイルと比較した後,このファイル・リストを削除しています。出力セーブ・セットと入力ファイルの内容に違いがある場合,入力ファイルは削除されません。

/DENSITY

出力セーブ・セット修飾子

出力磁気テープの記録密度を指定します。磁気テープ・ドライブによってサポートされている値を指定してください。

/DENSITY 修飾子を指定しない場合,省略時の記録密度は磁気テープ・ドライブの現在の記録密度となります。 /DENSITY では,出力セーブ・セット修飾子 /REWIND を指定してください。


形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /DENSITY=キーワード

以下の表は,テープでサポートされる記録密度の一覧です。

キーワード 意味
省略時の値 省略時の記録密度
800 NRZI 800 ビット/インチ (BPI)
1600 PE 1600 BPI
6250 GRC 6250 BPI
3480 IBM 3480 HPC 39872 BPI
3490E IBM 3480 圧縮
833 DLT TK50: 833 BPI
TK50 DLT TK50: 833 BPI
TK70 DLT TK70: 1250 BPI
6250 RV80 6250 BPI 相当
注意: 以上のシンボルのみが, OpenVMS Version 7.2 以前の TMSCP/TUDRIVER コードによって解釈される。この表の以下のシンボルは,Alpha システムと I64 システムでのみサポートされる。
TK85 DLT Tx85: 10625 BPI---Cmpt III - Alpha および I64 のみ
TK86 DLT Tx86: 10626 BPI---Cmpt III - Alpha および I64 のみ
TK87 DLT Tx87: 62500 BPI---Cmpt III - Alpha および I64 のみ
TK88 DLT Tx88: (Quantum 4000)---Cmpt IV - Alpha および I64 のみ
TK89 DLT Tx89: (Quantum 7000)---Cmpt IV - Alpha および I64 のみ
QIC すべての QIC ドライブは,ドライブ設定可能なもののみ - Alpha および I64 のみ
8200 Exa-Byte 8200 - Alpha および I64 のみ
8500 Exa-Byte 8500 - Alpha および I64 のみ
DDS1 Digital Data Storage 1---2G - Alpha および I64 のみ
DDS2 Digital Data Storage 2---4G - Alpha および I64 のみ
DDS3 Digital Data Storage 3---8-10G - Alpha および I64 のみ
DDS4 Digital Data Storage 4 - Alpha および I64 のみ
AIT1 Sony Advanced Intelligent Tape 1 - Alpha および I64 のみ
AIT2 Sony Advanced Intelligent Tape 2 - Alpha および I64 のみ
AIT3 Sony Advanced Intelligent Tape 3 - Alpha および I64 のみ
AIT4 Sony Advanced Intelligent Tape 4 - Alpha および I64 のみ
DLT8000 DLT 8000 - Alpha および I64 のみ
8900 Exabyte 8900 - Alpha および I64 のみ
SDLT SuperDLT1 - Alpha および I64 のみ
SDLT320 SuperDLT320 - Alpha および I64 のみ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項