日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 7 章
バックアップ・ユーティリティ (BACKUP)



バックアップ・ユーティリティ (BACKUP) は,ファイル,ディレクトリ,ディスクのコピーを作成することにより,データの消失や破損を防止します。たとえばディスク・ドライブなどに障害が発生しても,バックアップ・コピーをリストアして作業を続けることができます。

BACKUP でファイルをセーブすると,これらのファイルは, セーブ・セット と呼ばれる特殊ファイルに書き込まれます。セーブ・セットは,BACKUP だけが解釈できる形式で書かれています。ただし,Files-11 ディスクに格納されているセーブ・セットは OpenVMS 標準ファイルなので,コピー,名前の変更,削除,およびバックアップが行えます。磁気テープ上のセーブ・セットには必ず BACKUP コマンドを使用するようにし, DCL の COPY コマンドでディスクにコピーしないようにしてください。

BACKUP で行う作業は,次のとおりです。

  • ディスク・ファイルを BACKUP セーブ・セットにセーブする。

  • BACKUP セーブ・セットのファイルをディスクにリストアする。

  • ディスク・ファイルをディスク・ファイルにコピーする。

  • BACKUP が作成したディスク・ファイルまたは BACKUP セーブ・セット内のファイルを,ディスク・ファイルと比較する。

  • BACKUP セーブ・セット内のファイルに関する情報をリストする。

  • BACKUP セーブ処理の結果を格納するジャーナル・ファイルを作成しリストする。

  • ODS-5 ファイル名を ODS-2 ファイル名に変換する。

これら作業の実行についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

注意

レイヤード・プロダクトには,独自のバックアップ・プロシージャを使用しているものがあります。詳細については,それぞれのマニュアルを参照してください。

また,バックアップ処理中にシンボリック・リンクが見つかると,シンボリック・リンク自体がコピーされます。これは,すべての種類のバックアップ (物理バックアップ,イメージ・バックアップ,ファイル・バックアップ) に当てはまります。詳細は,OpenVMS システムの『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

BACKUP により,ディスクのフラグメンテーションが防止できます。ディスク上にファイルを作成し拡張していくと,フラグメンテーションが発生する恐れがあります。連続ブロックにファイルを格納できなくなると,ファイル・システムは,非連続ブロックにファイルを格納します。結果的に,ディスクのフラグメンテーションが進み,システムの性能が劣化します。このフラグメンテーションを避けるには,ディスクのイメージ・バックアップをとり,バックアップ・コピーをリストアします。イメージ・バックアップをリストアしたとき,BACKUP がファイルを連続的にディスクに格納します。

通常のファイル,ディレクトリ,またはディスクだけでなく, OpenVMS システム・ディスクもバックアップするようにしてください。ユーザ各自が自分のシステム・ディスクのバックアップをとるようにしてもよいし,大規模なシステムでは,オペレータやシステム管理者の役割としてもよいでしょう。

システム・ディスクをバックアップする方法には,2 通りあります。

  • OpenVMS Alpha,I64,VAX のどれかのシステムの CD-ROM を使用する場合は,CD-ROM に付属するメニュー・システムを使用して,システム・ディスクをバックアップすることができます。

  • OpenVMS VAX システムの CD-ROM を使用しない場合は,スタンドアロン BACKUP を使用してシステム・ディスクをバックアップする必要があります。(VAXのみ)

スタンドアロン BACKUP およびメニュー方式のプロシージャについての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

バックアップ処理には,次の種類があります。

  • イメージ・バックアップ処理
    完全バックアップとも呼ばれ,ディスク上またはボリューム上のすべてのファイルをセーブ・セットにセーブします。ディスクで行う最初のバックアップは,イメージ・バックアップでなければなりません。追加型バックアップを最初に行うことはできません。

  • イメージ・リストア処理
    出力ディスクを初期化し,ボリューム全体をリストアします。

  • イメージ・コピー処理
    出力ディスクを初期化し,ボリューム全体をコピーします。イメージ・バックアップは,ディスク内容の論理複製です。

  • イメージの比較処理
    ボリューム全体の内容を比較します。

    注意

    イメージ・コピーやイメージ・バックアップでは,ボリューム上のすべてのファイルが処理対象となるので,ファイル選択修飾子は使用できません。ただし,リストア処理では,リストアするファイルやディレクトリを選択できます。


    イメージを出力するボリュームがディスクである場合,BACKUP はすべてのファイルを連続的に格納するので,ディスクのフラグメンテーションが発生せず,連続した空きブロックが作成されます。

  • 追加型バックアップ処理
    /RECORD 修飾子を使用して,最も最近に行ったバックアップ以降に作成または変更されたファイルだけをセーブします。/RECORD 修飾子は,ファイルをバックアップしたときの日時を記録します。

  • 追加型リストア処理
    追加型セーブ・セットをリストアします。この処理では,コマンド修飾子 /INCREMENTAL を指定します。

  • ファイル処理
    個々のファイルやディレクトリを処理します。

  • 選択型処理
    バージョン番号,ファイル・タイプ,UIC,処理日時,満了日付,変更日付などの基準別に選択したファイルやボリュームを処理します。
    選択セーブ処理には,ワイルドカード文字と入力ファイル指定修飾子
    (/BACKUP,/BEFORE,/BY_OWNER (/OWNER_UICの代用),/CREATED,/EXCLUDE, /EXPIRED,/MODIFIED,SINCE など) を使用します。

  • 物理処理
    ファイル構造のいかんにかかわらず,ボリューム全体を論理ブロック単位でコピー,セーブ,リストア,比較します。

    注意

    バージョン 8.2 からは,物理バックアップのリストアを行うにあたって出力先ディスクのジオメトリ (トラック,シリンダ) が同じである必要がなくなりました。出力先ディスクの容量が以前と同じかそれ以上あれば,リストア処理を行うことができます。

BACKUP は,索引ファイルとストレージ・ビットマップのコピーを保持するために仮想メモリを割り当てます。より大きなビットマップの場合は,それに応じて, BACKUP ユーティリティのためにより多くの仮想メモリが必要になります。大きなビットマップがあるボリューム上で BACKUP を使用するには,ページ・ファイル・クォータを大きくする必要があります。 OpenVMS VAX システムの場合は,システム・パラメータ VIRTUALPAGECNT も大きくする必要があります。

ビットマップのために必要な仮想メモリ・サイズは,ビットマップのブロックごとに,VAX ページ (Alpha および I64 では 512-byte ページレット) です。 BACKUP ユーティリティでは,ビットマップのために必要な仮想メモリの量は,ボリューム・セット上の全索引ファイル・ビットマップのサイズの合計に等しくなります。このメモリの必要条件は,BACKUP ユーティリティの基本的なバッファ・プールに追加されるものであることに注意してください。

次に BACKUP コマンド行の形式について説明します。

7.2 BACKUP コマンド行の形式

BACKUP 処理を行うには,DCL の BACKUP コマンドを次の形式で入力します。


BACKUP 入力指定子 出力指定子 

BACKUP は,入力指定子と出力指定子をもとに,行うべき処理タイプを判断します。また,入力指定子によって入力対象物の記憶位置を調べ,出力指定子によって出力先を指定します。

7.3 BACKUP の入力指定子と出力指定子

BACKUP は,複数の種類の入力と出力を処理できます。入力指定子と出力指定子は処理タイプによって異なりますが,OpenVMS 標準ファイル指定, BACKUP セーブ・セット指定,そしてデバイス指定が指定子として使用できます。デバイス指定では,ディスク・ボリュームや磁気テープ・ボリュームが指定できます。

有効な OpenVMS ファイル指定であれば,どれでも入力または出力指定子に使用できます。ただし,ノード名をファイル指定に使用することはできません。ワイルドカード文字を使用したり,複数のファイル指定を単一の BACKUP 処理の入力として指定することもできます。

BACKUP セーブ・セット指定は,BACKUP セーブ・セットを指定するファイル指定です。BACKUP でセーブしたファイルやボリュームは,セーブ・セットに書き込まれます。セーブ・セットを他の BACKUP 処理の入力として指定できます。セーブ・セット指定については,OpenVMS ファイルの指定規則に従ってください。ディスク・ファイルの指定方法については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。磁気テープ・ファイルの指定方法については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。セーブ・セット指定のファイル・タイプには,省略時のファイル・タイプはありませんが,通常は BCK または SAV を使用します。

セーブ・セット名には,OpenVMS ファイル名とファイル・タイプの両方が有効であれば使用できます。ただし,磁気テープ上にセーブ・セットを作成する場合は,次の制約があります。

  • セーブ・セット名は,区切り文字のピリオドを含み,17 文字以内でなければならない。

  • バージョン番号は指定できない。

  • ディレクトリ名は指定できない。

BACKUP の入力または出力指定子に使用するデバイス指定については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』に記述された規則に従ってください。

省略時の BACKUP は,Files-11 ディスクを指す入力または出力指定子をファイル指定とみなします。したがって,Files-11 ボリューム上のセーブ・セットを指定するには,指定子に /SAVE_SET 修飾子を含めなければなりません。/SAVE_SET を参照してください。磁気テープを指す入力または出力指定子は,セーブ・セットとして扱われます。

注意

BACKUP コマンドの入力指定子と出力指定子の両方にセーブ・セットを指定することはできません。このため,磁気テープ間で BACKUP 処理を行うことはできません。

表 7-1 に,入力指定子と出力指定子を処理タイプ別に示します。

表 7-1 BACKUP 処理タイプ別の入力と出力
処理 形式
セーブ BACKUP ファイル指定 セーブ・セット指定
セーブ (イメージ) BACKUP/IMAGE デバイス指定 セーブ・セット指定
セーブ (物理からディスクへ) BACKUP/PHYSICAL デバイス指定 デバイス指定
リストア BACKUP セーブ・セット指定 ファイル指定
リストア (イメージ) BACKUP/IMAGE セーブ・セット指定 デバイス指定
リストア (ディスクから物理へ) BACKUP/PHYSICAL デバイス指定 デバイス指定
リストア (テープから物理へ) BACKUP/PHYSICAL セーブ・セット指定 デバイス指定
コピー BACKUP ファイル指定 ファイル指定
コピー (イメージ) BACKUP/IMAGE デバイス指定 デバイス指定
コピー (物理からテープへ) BACKUP/PHYSICAL デバイス指定 セーブ・セット指定
比較 BACKUP/COMPARE ファイル指定 ファイル指定

BACKUP/COMPARE セーブ・セット指定 ファイル指定

比較 (イメージ) BACKUP/COMPARE/IMAGE セーブ・セット指定 デバイス指定

BACKUP/COMPARE/IMAGE デバイス指定 デバイス指定

比較(物理) BACKUP/COMPARE/PHYSICAL デバイス指定デバイス指定

BACKUP/COMPARE/PHYSICAL セーブ・セット指定デバイス指定

リスト 1 BACKUP/LIST[=ファイル指定] セーブ・セット指定

BACKUP/LIST[=ファイル指定] デバイス指定

ジャーナルの作成 BACKUP/JOURNAL[=ファイル指定] ファイル指定 セーブ・セット指定
ジャーナル・リスト BACKUP/JOURNAL[=ファイル指定] /LIST[=ファイル指定]

1この表内の他の処理にも使用できる。



要素リストとは,コマンドや修飾子で指定する引数のリストのことです。引数すなわち要素は,コンマで区切ります。入力または出力指定子について要素リストを使用できるのは,次の場合に限定されます。

  • 入力指定子が Files-11 ディスクを指す場合。
    次のように,OpenVMS 標準ファイル指定をもとにリストを作成できます。


    $ BACKUP
    _From: DUA0:[DATA]A.DAT,B.DAT,[PROGRAMS]TEST.EXE
    _To: MSA0:TEST.SAV/LABEL=DLY101
    

  • 入力または出力指定子が磁気テープ上や順編成ディスク上の BACKUP セーブ・セットを指す場合。
    この場合,処理に使用するデバイス名を複数指定できます。このため,使用する順序でデバイスを指定すれば,マルチボリューム・セーブ・セットを効率よく処理できます。最初のボリュームは,一杯になるまで処理されます。 2 番目以降のボリュームが処理されるとき,直前のボリュームの媒体が変更されます。ただし,セーブ・セット名は,2 番目以降の要素ではなく,最初の要素としなければなりません。
    次の例では,まずドライブ MSA0 のテープにデータが格納され,次にドライブ MSA1 のテープに格納されます。MSA1 のテープが一杯になると, MSA0 の別のテープにデータがセーブされます。


    $ BACKUP 
    _From: DUA0:[DATA]*.*,DUA0:[PROGRAMS]*.*
    _To: MSA0:TEST.SAV,MSA1:/LABEL=WKLY01
    

  • ボリューム・セットでイメージ処理を行う場合。
    この場合入力指定子と出力指定子に要素リストを指定できます。次の例では,まずドライブ MSA0 のテープからセーブ・セット TEST.SAV がリストアされ,次に,ドライブ MSA1 のテープからセーブ・セットがリストアされます。このセーブ・セットは,まず DUA0 にリストアされます。 DUA0 が一杯になると,DUA1 にリストアされます。


    $ BACKUP/IMAGE
    _From: MSA0:TEST.SAV,MSA1:
    _To: DUA0:[DATA...],DUA1:
    



7.3.2 BACKUP でのワイルドカード文字の使用方法

BACKUP では,ディレクトリ,ファイル名,ファイル・タイプ,およびバージョン番号を示すファイル指定で,ワイルドカード文字を使用できます。ファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号のいずれかを省略すると,ワイルドカード文字のアスタリスク(*)が使用されます。たとえばバージョン番号を省略すると,すべてのバージョンが処理されます。ワイルドカード文字の概要については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

有効な DCL ワイルドカード文字であれば,Files-11 媒体である入力指定子や /SELECT,/EXCLUDE の修飾子に使用できます。ただし,ファイルの最新バージョンを示す記号 (;) やファイルの相対バージョンを示す記号 (;-n) を /EXCLUDE,/SELECT 修飾子で使用した場合,これらの記号はワイルドカード文字のアスタリスク (;*) として処理されます。

セーブ・セットがテープ上の入力指定子でないかぎり,BACKUP セーブ・セット指定にワイルドカード文字を使用することはできません。

ワイルドカード文字によるディレクトリ表現

次の表は,Files-11 媒体である出力指定子に使用できるディレクトリ・ワイルドカード文字の種類です。

ディレクトリ・ワイルドカード文字 結果
省略 ディレクトリ名を省略した場合,ファイルは現在の省略時のディレクトリ [] に格納される。
[*...] ファイルは,セーブ元のディレクトリにリストアされる。
[ディレクトリ] ファイルは,指定ディレクトリにリストアされる。
[ディレクトリ...] 入力ファイルの指定に使用したワイルドカード文字により,ファイルのリストア先ディレクトリが決まる。

注意

OpenVMS ディレクトリ木構造は, ODS-2 ファイルでは 8 レベルまでに限定されているため,ディレクトリに多数のサブディレクトリ・レベルがあるときにディレクトリ・ワイルドカード文字の使用方法を誤ると, BACKUP 処理中に下位レベルのサブディレクトリを失う恐れがあります。ただし,ODS-5 ファイルでは,この 8 レベルの制限はありません。

次は,入力指定子と出力指定子におけるディレクトリ・ワイルドカードの形式 [ディレクトリ...] の使用例です。


$ BACKUP [OSCAR...] [JOE.RECEIVED...]

ディレクトリ [JOE.RECEIVED] (まだ存在しない場合) のほか,[OSCAR] のサブディレクトリに対応するサブディレクトリが作成されます。ディレクトリ [OSCAR] とそのサブディレクトリのすべてのファイルが [JOE.RECEIVED] とそのサブディレクトリにコピーされます。ただし, [OSCAR] に 8 レベルのディレクトリがあり,その中のファイルが ODS-2 である場合,第 9 レベルのサブディレクトリは,[JOE.RECEIVED] に作成されません。つまり,[OSCAR] の第 8 レベルのサブディレクトリは,コピーされません (この制限は ODS-5 ファイルには適用されません)。

コピー処理で,ワイルドカード文字のアスタリスク (*) を使用して入力指定子のサブディレクトリを表現すると,入力指定子のサブディレクトリに対応するサブディレクトリが,出力指定子に指定したディレクトリに対して作成されます。次に,入力指定子の最下位レベルのサブディレクトリのすべてのファイルが,出力指定子の最下位レベルのサブディレクトリにコピーされます。次の例では, MONDAY と TUESDAY というサブディレクトリをアスタリスクで表しています。


$ BACKUP [SAM.WORK.*.WEDNESDAY] [JAMES...]

この例では,以下のようにして [JAMES.MONDAY.TUESDAY.WEDNESDAY] というサブディレクトリが作成されます。

  1. ファイル MONDAY.DIR が [JAMES] にコピーされます。

  2. ファイル TUESDAY.DIR が [JAMES.MONDAY] にコピーされます。

  3. ファイル WEDNESDAY.DIR が [JAMES.MONDAY.TUESDAY] にコピーされます。

  4. [SAM.WORK.MONDAY.TUESDAY.WEDNESDAY] のすべてのファイルが [JAMES.MONDAY.TUESDAY.WEDNESDAY] にコピーされます。

リストア処理でセーブ・セット修飾子 /SELECT を使用しない場合,入力指定子として [*...] が使用されます。出力指定子に [ディレクトリ...] 形式を使用する場合は,この点に注意する必要があります。ワイルドカード文字 [*...] の機能は,第 1 レベルからのディレクトリ名全体を出力指定子の省略記号の前に置くことです。したがって,たとえば次の例のセーブ・セットに木構造 [SAVE...] があるとすると,リストアされるディレクトリ木構造は,[WORK.SAVE...] となります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項