日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 6 章
AUTOGEN コマンド・プロシージャ



AUTOGENコマンド・プロシージャ(SYS$UPDATE:AUTOGEN.COM)はシステム・パラメータの値を適切に設定し,システム・ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのサイズも適切に設定します。オペレーティング・システムをインストールするときや,アップグレードするときは,AUTOGENは自動的に実行されます。

さらに,システム・パラメータの値やシステム・ファイルのサイズを再設定する場合にも,AUTOGENを使用できます。新しい値とファイル・サイズは,システムを次にブートするときに有効になります。

AUTOGEN は,週に一度実行して,システム・パラメータをシステムの負荷状況に応じて設定し直すようにしてください。すべてのシステム・パラメータの一覧とその説明については, 付録 K を参照してください。

AUTOGENはフェーズ単位で実行され,各フェーズではそれぞれ独立した作業が実行されます。AUTOGENが実行する作業を制御するには,AUTOGENを起動するときに開始フェーズと終了フェーズを指定します。 AUTOGENのフェーズについての詳しい説明は, 第 6.4 節 を参照してください。

AUTOGENが設定するシステム・パラメータ値とファイル・サイズを制御するために, SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DATファイルにコマンドを追加できます。AUTOGENはこのファイルに登録された情報を使用して,システム・パラメータの最終的な値や,ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのサイズを判断します。詳しくは,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のシステム・パラメータの管理に関する章を参照してください。

AUTOGENでは,フィードバックと呼ぶ動的情報を使用して,システムの性能を向上できます。フィードバックは実行中のシステムから収集されます。

注意

構成を大幅に変更する場合は,フィードバックを使用しないでください。 AUTOGEN の初期設定を使用するには,nofeedback を指定します。 nofeedback の詳細については, 表 6-2 を参照してください。

AUTOGENがフィードバックを使用する方法は,AUTOGENを起動するときに実行モードを指定することにより制御できます。AUTOGENが計算でフィードバックを使用するように指定するには, フィードバック・モードでAUTOGENを実行します。一定の期間が経過した後,AUTOGENをフィードバック・モードで実行して,システム・パラメータの設定をさらに調整できます。 AUTOGENのフィードバックについての詳しい説明は, 第 6.3 節 を参照してください。

これ以降の節では,AUTOGEN が NEWPARAMS.DAT をどのように使用するかと,レイヤード・プロダクトのインストレーション・プロシージャが NEWPARAMS.DAT をどのように使用できるかについて説明します。レイヤード・プロダクト・キットの作成を行わない場合は, 第 6.1.1.3 項 より前までの項は参照しなくてもかまいません。

NEWPARAMS.DAT を作成する基本的な理由は,レイヤード・プロダクトのインストレーション・プロシージャにおいて, AUTOGEN に対してレイヤード・プロダクトの必須パラメータの変更を簡単に供給する方法を示すことです。 NEWPARAMS.DAT は,新しいレイヤード・プロダクトのインストール後に発生する MODPARAMS.DAT 変更の必要性を大幅に減らし (その必要性がなくならない場合),インストレーション・プロシージャでの MODPARAMS.DAT の編集を回避します。

NEWPARAMS.DAT は,MODPARAMS.DAT を置き換えたり,廃止にしたりするのではなく,また,レイヤード・プロダクトのインストール後に AUTOGEN を実行するという要件を取り除くものでもありません (ただし,AUTOGEN は,複数のバージョンの NEWPARAMS.DAT を処理することができ,複数のレイヤード・プロダクトをインストールしており,そのインストレーションの間に AUTOGEN を実行していない場合には NEWPARAMS.DAT ファイルが複数存在する可能性があります)。

NEWPARAMS.DAT の操作には,次の3つのファイルが関係します。

  • NEWPARAMS.DAT
    このファイルには,特定のレイヤード・プロダクト用のパラメータ要件が含まれています。

  • NEWPARAMS.DONE
    AUTOGENは,NEWPARAMS.DAT ファイルの処理を完了した直後にそのファイル名を NEWPARAMS.DONE に変更します。

    注意

    AUTOGEN で 3 つのバージョンの NEWPARAMS.DAT が検出された場合, AUTOGEN はバージョン 3 を処理してからバージョン 2 を処理し,次にバージョン 1 を処理します。 AUTOGENがすべてのファイルの名前を NEWPARAMS.DONE に変更した後, NEWPARAMS.DONE のバージョン番号は逆になります。これは,最も古いファイルが最も新しく処理され,名前が変更されたという事実を反映して行われます。
    システム・パラメータはこれらのファイルをいつでもパージできます。ただし,レイヤード・プロダクトのインストールや,後で実行する AUTOGEN で何らかの問題が発生した場合にファイルを検討できるようにするため, AUTOGEN はこれらのファイルの即時削除は行いません。

  • CLU$PARAMS.DAT
    このファイルは,AUTOGEN が処理する NEWPARAMS.DAT ファイルのパラメータ値を受け取ります。

NEWPARAMS.DAT において,AUTOGEN コードはコメントであるレコード (CLU$PARAMS.DAT に渡されないもの) と, MODPARAMS.DAT 内にあるものと非常によく似たパラメータ割り当てを検出することを予測しています。通常,これらは次に示すように, ADD_parameter や MIN_parameter と類似した割り当てになります。

  • 1 番目の設定である ADD_parameter は,レイヤード・プロダクトが必要とする特定のリソース (NPAGEDYN,GBLPAGESなど) の量を定義します。

  • 2 番目の設定である MIN_parameter は,パラメータ (PQL_DWSDEFAULTなど) の計算を行うための最低値を提供します。

NEWPARAMS.DAT でのパラメータ設定は,CLU$PARAMS.DAT に統合されます。その後,このファイルは MODPARAMS.DAT とフィードバックおよびハードウェア構成データとともに使用され, GENPARAMS フェーズのパラメータ値が計算されます。システム管理者が CLU$PARAMS.DAT を変更する必要はありません。その理由は,MODPARAMS.DATが,システム固有のパラメータの変更を含む適切なファイルであり続けるためです。

これ以降の項では, NEWPARAMS.DAT ファイルに配置されるものについて説明します。

6.1.1.2.1 プロダクト名

MODPARAMS.DAT はほとんどのシステム管理者がよく知っているものですが,この MODPARAMS.DAT と NEWPARAMS.DAT とのパラメータ割り当てにおける重要な相違点は,割り当てを行うレイヤード・プロダクトの名前です。

注意

プロダクトの名前がキットごとに異なる場合,システムは両方の名前で行ったパラメータの変更を終了させます。このため,将来のキットでプロダクト名を変更する必要が出ないように,名前の選択は注意して行ってください。また,バージョン番号は含めないでください。

AUTOGEN では,レイヤード・プロダクト・キットで,プロダクト名を含まない NEWPARAMS.DAT レコードを提供することはできなくなりました。

レイヤード・プロダクト名の AUTOGEN への受け渡しは,次のいずれかの方法で行うことができます。

  • 次の例のように,各パラメータ名の前に名前とドル記号($)を付加します。


        DW-MOTIF$ADD_GBLPAGES=28000 
    

  • コメントとして名前を含める。その場合,次のように開始する必要があります。


        !Set by   
    


    コメントの残りの部分全体は,次の例のようにプロダクト名として使用されます。


        MIN_GBLPAGES=62000         !Set by DW-MOTIF 
    


    この例で,DW-MOTIFがプロダクト名になります。

前述の最初の方法は,2 番目の方法よりも優先されます。たとえば,誰かが次のような値を入力したとします。


 ABBOTT$add_npagedyn=1000000 !Set by COSTELLO 

この例では,接頭辞 ABBOTT が使用され,コメントで指定されたプロダクト名 COSTELLO は無視されます。

混乱を避けるため,どちらか一方の方法をお使いください。

6.1.1.2.2 パラメータ割り当て

プロダクト名を指定することを除き, NEWPARAMS.DAT でのパラメータ割り当ては, MODPARAMS.DAT と同じように動作します。つまり,値,下限値,上限値を設定でき,また,次の例のようにパラメータに追加する量を指定することもできます。


        WINDOW_SYSTEM = 1 
        MIN_GBLSECTIONS = 600 
        MAX_WSMAX = 250000 
        ADD_GBLPAGES = 25000 

6.1.1.2.3 CLU$PARAMS.DAT からの割り当ての削除方法

さまざまな理由で,CLU$PARAMS.DAT から 1 つ以上のパラメータ割り当てを削除したいという場合があります。レイヤード・プロダクトでは,パラメータの省略値以外の値を使用する必要性がなくなる可能性があります。また,場合によっては,OpenVMS Engineering 部門がパラメータを廃止する (VIRTUALPAGECNT など) こともあり,レイヤード・プロダクト・キットには,これらのパラメータをシステムから削除する方法を含む必要があります。

CLU$PARAMS.DAT から割り当てを削除するには,次のいずれかの構文を含む NEWPARAMS.DAT を作成します。


   AGEN$REMOVE_PARAM  <parameter>  !Set by <product> 
   AGEN$REMOVE_PARAM  <product>$<parameter> 

第 6.1.1.2.1 項 で説明したプロダクト名指定の規則はここでも当てはまります。また, 1 つの NEWPARAMS.DAT ファイル内で割り当ての削除を組み合わせることができます。削除は,今後も必要のないパラメータの割り当てを削除する際に使用してください。パラメータ値の変更を行う際は,NEWPARAMS.DAT に新しい値を割り当てるだけで,新しい値が古い値を置き換えます。

AUTOGEN は,パラメータ名と !Set by コメントとの間の解析は行いません。これにより,キットの作成者はインストール用に NEWPARAMS.DAT を使用し,各行の最初に "AGEN$REMOVE_PARAM " を付加することでインストール削除用に NEWPARAMS.DAT を作成することができます。

レイヤード・プロダクトによるパラメータ変更を定義するために使用される CLU$PARAMS.DAT の形式は,次のとおりです。


!   The file contains parameters supplied by layered products. 
!  It should not be modified.  Customer parameters should be placed in 
!  SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DAT. 
!================================================================= 
! 
DW_MOTIF$MIN_CHANNELCNT = 255                     !Set by DW-MOTIF 
DW_MOTIF$ADD_GBLPAGES = 28000                     !Set by DW-MOTIF 
DW_MOTIF$MIN_GBLPAGES = 62000                     !Set by DW-MOTIF 
DW_MOTIF$ADD_GBLPAGFIL = 5000                     !Set by DW-MOTIF 
DW_MOTIF$MIN_GBLPAGFIL = 6024                     !Set by DW-MOTIF 
DECNET_PLUS$MIN_GBLPAGES = 55000                  !Set by DECnet-Plus 
DECNET_PLUS$ADD_GBLPAGES = 24000                  !Set by DECnet-Plus 

この例では,DW-MOTIF (DECWindows キット) と DECnet-Plus という, NEWPARAMS.DAT を使用する 2 つのレイヤード・プロダクトのインストレーションを示しています。

DW-MOTIF の後に続くインストレーションでは, CLU$PARAMS.DAT での各パラメータの割り当て値を NEWPARAMS.DAT での割り当て値に置き換えます。新しいキットの MIN_CHANNELCNT に対する値が 255,200,または 300 のいずれであったとしても,提供される値は新しい CLU$PARAMS.DAT にある値です。

同様に,DW_MOTIF が ADD_GBLPAGES に対して提供する新しい値は,最後の例の ADD_GBLPAGES の 28000 の割り当てを置き換えます。これらの値は,プロダクトに対して累積的ではありません。しかし,レイヤード・プロダクト間では積算されます。そのため,ADD_GBLPAGES の合計値は次のようになります。


 28000 + 24000, or 52000 

NEWPARAMS.DAT と CLU$PARAMS.DAT は,どちらもテキスト・エディタで作成された普通のテキスト・ファイルです。これらのファイルは変更しないようにしてください。

6.2 AUTOGEN の使用法の要約

AUTOGEN は,次の場合に実行してください。

  • システムをインストールするときやアップグレードするときに実行する。

  • 作業負荷が著しく変わったときに実行する。

  • オプションのソフトウェア製品 (レイヤード) を追加するときに実行する。
    一部のレイヤード・プロダクトでは,AUTOGEN を実行してパラメータ値,ページ・ファイル・サイズ,スワップ・ファイル・サイズを調整する必要があります。ページ・ファイルとスワップ・ファイルを AUTOGEN で変更する方法については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルの管理に関する解説を参照してください。インストールで必要となる条件については,個々の製品のマニュアルを参照してください。

  • /SHARED 属性を付けてイメージをインストールするときに実行する。
    GBLSECTIONS と GBLPAGES のパラメータ値を大きくして,グローバル・セクションとグローバル・ページを追加する必要が生じる場合があります。

  • 通常の運用時に,AUTOGEN を定期的に実行し,該当するメール・アカウントに自動的にレポートを送信するバッチ指向コマンド・プロシージャの一部として実行する。作業手順については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のシステム・パラメータ管理に関する部分で説明しています。

新しいオペレーティング・システムをインストールしたときやアップグレードしたときには,システムの作業負荷に対処できるシステム・パラメータ値を AUTOGEN が設定しているかどうかを確認してください。

本書の付録に記載されているシステム・パラメータには, AUTOGEN の計算の影響を受けるかどうかが明記されています。 AUTOGEN の計算は,ページ,スワップ,ダンプ・ファイルのサイズにも影響を与えます。

6.3 フィードバック

AUTOGEN のフィードバックを使用すれば,パラメータ値やシステム・ファイル・サイズを手作業で変更する必要がほとんどありません。実際の作業負荷に基づいて,AUTOGEN がオペレーティング・システムを自動的にサイジングしてくれます。サイジングとは,システム資源であるメモリとディスク空間を作業負荷条件に合わせて割り当てる処理です。フィードバックとは,システムの作業負荷によってさまざまな資源がどのように使用されるかについての情報です。この情報はオペレーティング・システム・エグゼクティブによって継続的に収集されます。例外イベントが発生すると,システムはフィードバックを収集します。したがって,フィードバックの収集によってシステムの性能が低下することはありません。

AUTOGENがフィードバックを使用する方法は,AUTOGENを起動するときに実行モードを指定することにより制御できます。フィードバック・モードで実行すると,AUTOGENはこの情報を分析し,関連するパラメータ値を調整します。 AUTOGENでのフィードバックの使い方の制御についての詳しい説明は, 第 6.5 節 を参照してください。

AUTOGENはSYS$SYSTEM:AGEN$FEEDBACK.EXEイメージを実行することにより, SAVPARAMSフェーズでフィードバックを収集します。フィードバック情報は SYS$SYSTEM:AGEN$FEEDBACK.DATファイルに書き込まれます。このファイルは GETDATAフェーズで読み込まれます。 AUTOGENフェーズについての詳しい説明は, 第 6.4 節 を参照してください。

本書の付録に記載されているシステム・パラメータには, AUTOGEN のフィードバックの影響を受けるかどうかが明記されています。

6.4 フェーズ

AUTOGEN は,フェーズ単位で実行します。AUTOGEN で行う作業の種類は,AUTOGEN 始動時に開始フェーズ終了フェーズを指定することによって制御します。次の表は,AUTOGEN が実行できるフェーズを,実行シーケンスに従って示しています。

表 6-1 AUTOGEN のフェーズ
フェーズ 説明
SAVPARAMS 実行中システムからの動的なフィードバックをセーブする。
GETDATA AUTOGEN の計算に使用するすべてのデータを収集する。
GENPARAMS 新しいシステム・パラメータを生成し,インストール済みイメージ・リストを作成する。
TESTFILES AUTOGEN が計算したページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルのサイズを表示する。開始フェーズとしては使用できない。
GENFILES 適宜,ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイルを作成する。開始フェーズとしては使用できない。
SETPARAMS SYSMAN を実行して新しいシステム・パラメータを省略時のパラメータ・ファイルに設定し,オリジナル・パラメータをセーブし,新しいパラメータ・ファイル AUTOGEN.PAR を作成する。
SHUTDOWN 手作業でシステムをリブートできるようにする。
REBOOT システムを自動的にシャットダウンし,リブートする。
HELP ヘルプ情報を画面に表示する。

次に,各フェーズについて,詳しく説明していきます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項