日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/FULL

選択したレコードの詳細レポートを出力します。

形式

/FULL


説明

/FULL 修飾子は,選択したレコードの詳細レポートを出力します。省略時の設定では,現在の SYS$OUPTUT デバイスに出力されます。ファイルに出力するには,/OUTPUT 修飾子でファイルを指定します (/OUTPUT が使用できるのは Alpha および I64 のみです)。

詳細レポートでは,選択したレコード 1 つにつき 1 画面が表示されます。表示される情報の内容とレイアウト方法は,レコードの種類と内容によって異なります。

1 行目は,レコードを会計情報ファイルに記録したイベントです。たとえば,会話型プロセス終了時に記録されたレコードの場合,1 行目は, INTERACTIVE Process Termination となります。

サブプロセスの場合,Owner ID フィールドには,親プロセスの識別子 (PID) が表示されます。

DECnet for OpenVMS要求に関する情報を持つレコードの場合, 3 つの Remote フィールドに,リモート・ユーザとリモート・ノードが表示されます。

Processor 時間フィールドは,CPU の総使用量です。ベクタ CPU 時間の使用量も含まれます。Vector CPU 時間フィールドが表示されるのは,ベクタ CPU 時間を使用している場合だけです。

ベクタ CPU 時間は,ベクタを消費したプロセスが,ベクタの存在する CPU 上でスケジューリングされた時刻のことです。

  • ベクタを消費したプロセスは,ベクタ命令をまったく実行しないとしても,スケジューリングされたときにベクタ CPU 時間を蓄積する。

  • スカラや限界ベクタを消費したプロセスは,ベクタの存在する CPU 上でスケジューリングされてもベクタ CPU 時間を蓄積しない。

特権は,2 つの 16 進数で表示され,それぞれ 64 ビットの特権マスクの前半と後半の 32 ビットを表します。特権ビット・マスクを特権に変換するには,STARLET ライブラリにある $PRVDEF マクロ内の PRV$V_ で始まる記号の定義を参照してください。たとえば,$PRVDEF マクロは, PRV$V_READALL 記号が 35 に等しいと定義しています。これは,READALL 特権が,特権マスクではビット 35 で表されることを意味します。

1 つのファイルだけを処理して画面上に表示しているときに,レコードの表示を中断するには,Ctrl/Z を押してください。 DCL プロンプトに戻ります。

/BINARY 修飾子も参照してください。この修飾子は,選択したレコードをファイルにコピーする修飾子です。また,/BRIEF と /SUMMARY も参照してください。前者は,選択したレコードの簡略レポートを出力する修飾子です。後者は,選択したレコードの要約レポートを出力する修飾子です。

/FULL 修飾子を,/BINARY,/BRIEF,/SUMMARY のいずれかの修飾子と併用することはできません。


#1

$ ACCOUNTING /FULL
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイル内のすべてのレコードについて,詳細レポートを表示する例です。会話型プロセスが終了したときに記録されたレコードが表示されています。HQ222 ノードの JONES ユーザが SET HOST コマンドを使ってローカル・ノードに接続したときに,会話型プロセスは作成されています。


 
INTERACTIVE Process Termination 
------------------------------- 
Username:         FISH        UIC:               [DOC,FISH] 
Account:          DOC         Finish time:       23-JAN-2002 15:21:23.83 
Process ID:       20A0029B    Start time:        23-JAN-2002 15:19:08.28 
Owner ID:                     Elapsed time:                0 00:02:15.55 
Terminal name:     RTA2:      Processor time:              0 00:00:04.14 
Remote node addr: 63576       Priority:          4 
Remote node name: HQ222       Privilege <31-00>: 00108000 
Remote ID:        JONES       Privilege <63-32>: 00000000 
Queue entry:                  Final status code: 00000001 
Queue name: 
Job name: 
Final status text: %SYSTEM-S-NORMAL, normal successful completion 
 
Page faults:      2043        Direct IO:              159 
Page fault reads:   68        Buffered IO:            228 
Peak working set:  852        Volumes mounted:          0 
Peak page file:   5512        Images executed:         10   
                              Vector CPU time:             0 00:00:0.54 
Press RETURN for Next Record > 
 

#2

$ ACCOUNTING /FULL /OUTPUT=MYACC
 

省略時のディレクトリに出力ファイル MYACC.LIS を作成する例です。 SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理し,作成した出力ファイルにすべてのレコードの詳細レポートを書き込みます。

/IDENT

プロセスを指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/IDENT= ([-]プロセス識別子[,...])


説明

/IDENT 修飾子は,プロセス識別子 (PID) の値によって,処理対象のレコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。印刷ジョブ・レコードの場合,このフィールドはジョブをキューに登録したプロセスの PID です。

/IDENT 修飾子は,指定した PID 値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

/OWNER 修飾子も参照してください。この修飾子は,サブプロセスを作成したプロセスを指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。


#1

$ ACCOUNTING /IDENT=(25634,045A6B)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。 PID が 25634 または 045A6B のプロセスのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /IDENT=(-25634,045A6B)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。PID が 25634, 045A6B 以外のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/IMAGE

イメージを指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/IMAGE= ([-]イメージ名[,...])


説明

/IMAGE 修飾子は,イメージ名フィールド値によって,処理対象のレコードを選択します。このフィールドはイメージ名を示し,IMAGE タイプのレコードだけに存在します。

省略時のシステムは,IMAGE タイプのレコードを記録しません。 IMAGE レコードの記録を許可するには, SET ACCOUNTING コマンドを使用してください。

/IMAGE 修飾子は,指定したイメージ名フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

イメージ名は,イメージのファイル指定のファイル名を示す文字列です。デバイス,ディレクトリ,ファイル・タイプは含めません。


#1

$ ACCOUNTING /IMAGE=DIRECTORY
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。DIRECTORY.EXE イメージのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /IMAGE=-DIRECTORY
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。DIRECTORY.EXE イメージ以外のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/JOB

印刷ジョブとバッチ・ジョブのジョブ名を指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/JOB= ([-]ジョブ名[,...])


説明

/JOB 修飾子は,ジョブ名フィールド値によって,処理対象のレコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。印刷ジョブとバッチ・ジョブの情報を格納するレコードの場合,このフィールドはジョブ名です。

/JOB 修飾子は,指定したジョブ名フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

/QUEUE と/ENTRY 修飾子も参照してください。前者は,印刷ジョブとバッチ・ジョブのキュー名を指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。後者は,印刷ジョブとバッチ・ジョブのキュー・エントリ番号を指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。


#1

$ ACCOUNTING /JOB=(MYJOB1,MYJOB2)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。MYJOB1 または MYJOB2 という名前の印刷ジョブやバッチ・ジョブのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /JOB=(-MYJOB1,MYJOB2) /FULL
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。MYJOB1 や MYJOB2 以外の名前を持つ印刷ジョブやバッチ・ジョブのすべてのレコードについて,詳細レポートを出力します。

/LOG

情報メッセージを出力します。

形式

/LOG


説明

/LOG 修飾子は,現在の SYS$OUTPUT デバイスに情報メッセージを出力します。

  • 各処理対象のファイルのファイル名と,そのファイル内で選択または拒否されたレコードの数。

  • /SORT 修飾子を使用する場合,ソートでマージされる総レコード数 (すべての処理対象ファイルから選択したレコードの総数)。

  • 複数のファイルを処理する場合,処理した総ファイル数と選択または拒否した総レコード数。



$ ACCOUNTING MYFILE1.DAT,MYFILE2.DAT /TYPE=PRINT -
_$ /SORT=USER /OUTPUT=OUTFILE
 
 


 
  
 
  
%ACC-I-INPUT, SYS$SYSROOT:[SYSMGR]MYFILE1.DAT;7, 297 selected, 
              16460 rejected 
%ACC-I-INPUT, SYS$SYSROOT:[SYSMGR]MYFILE2.DAT;13,302 selected, 
              16388 rejected 
%ACC-I-MERGE, 599 records to be merged 
%ACC-I-TOTAL, 599 selected, 32848 rejected, 2 input files 

2 つの会計情報ファイルを処理する例です。ユーザ名順にソートした印刷ジョブのすべてのレコードについて簡略レポートを作成して出力ファイルに書き込み,処理したファイルと選択または拒否したレコード数を示す情報メッセージを表示します。

/NODE

DECnet for OpenVMS要求を作成したノードを指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/NODE= ([--]ノード名[,...])


説明

/NODE 修飾子は,リモート・ノード名フィールド値によって,処理対象レコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。DECnet for OpenVMS要求の情報を格納するレコードの場合,このフィールドは,要求を発行したノードの名前です。

/NODE 修飾子は,指定したリモート・ノード名フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

ノード名の後に二重コロン (::) を入れないようにしてください。

/ADDRESS と /REMOTE_ID 修飾子も参照してください。前者は, DECnet for OpenVMS要求を作成したノード・アドレスを指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。後者は,DECnet 要求を作成したリモート ID を指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。


#1

$ ACCOUNTING /NODE=HQ291 /FULL

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。HQ291 ノードが行った DECnet for OpenVMS要求のすべてのレコードについて,詳細レポートを出力します。

#2

$ ACCOUNTING /NODE=(-HQ222,HQ223)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。HQ222 または HQ223 のノードが行ったもの以外の DECnet for OpenVMS要求のすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/OUTPUT

(Alpha および I64)

出力ファイルを指定します。

ファイルを作成するディレクトリは,読み込みアクセス権と書き込みアクセス権が必要です。


形式

/OUTPUT [=ファイル指定]


説明

/OUTPUT 修飾子は,指定した出力ファイルを作成し,そのファイルにレポートを書き込んだり選択したレコードをコピーしたりします。

/OUTPUT 修飾子を省略したり,ファイル指定なしで /OUTPUT 修飾子を使用したりすると,レポートや選択したレコードは,現在の SYS$OUTPUT デバイスに出力されます。

ファイル指定にデバイス名やディレクトリ名を含めなかった場合,現在の省略時のデバイスやディレクトリが使用されます。ファイル名を省略すると,最初の入力ファイルのファイル名が使用されます (ACCOUNTING コマンドのパラメータにおける最初のファイル)。ファイル・タイプを省略すると,レポート作成の場合は .LIS,レコード・コピーの場合は .DAT が使用されます。


#1

$ ACCOUNTING MYFILE1.DAT,MYFILE2.DAT /SORT=USER -
_$ /BINARY /OUTPUT=.NEW
 

省略時のディレクトリに出力ファイル MYFILE1.NEW を作成する例です。 MYFILE1.DAT と MYFILE2.DAT の 2 つの会計情報ファイルを処理し,それらのレコードをユーザ名順でソートし,作成した出力ファイルにコピーします。

#2

$ ACCOUNTING MYFILE1.NEW /FULL -
_$ /OUTPUT=MYDISK:[ACCOUNTING]STAT
 

出力ファイル MYDISK:[ACCOUNTING]STAT.LIS を作成し,MYFILE1.NEW のすべてのレコードについて,詳細レポートを出力ファイルに書き込みます。

/OWNER

サブプロセスを作成したプロセスを指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/OWNER= ([-]所有者プロセス識別子[,...])


説明

/OWNER 修飾子は,プロセス所有者フィールド値によって処理対象のレコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。サブプロセスの場合,このフィールドは,そのサブプロセスを作成したプロセスのプロセス識別子 (PID) です。

/OWNER 修飾子は,指定したプロセス所有者フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。

/IDENT 修飾子も参照してください。この修飾子は,プロセスを指定して,レコードを選択または拒否する修飾子です。



$ ACCOUNTING /OWNER=(25634,045A6B)
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。 PID が 25634 または 045A6B のプロセスが作成したサブプロセスのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/PRIORITY

優先順位を指定して,レコードを選択または拒否します。

形式

/PRIORITY= ([-]優先順位[,...])


説明

/PRIORITY 修飾子は,優先順位フィールド値によって,処理対象のレコードを選択します。このフィールドは,ファイル逆方向リンク・レコードとファイル順方向リンク・レコード以外のすべてのレコードに存在します。印刷ジョブとバッチ・ジョブの場合,このフィールドは,印刷キューやバッチ・キューにおけるそのジョブの優先順位です。その他のレコードの場合,このフィールドはプロセス基本優先順位です。

/PRIORITY 修飾子は,指定した優先順位フィールド値を持つレコードだけを選択します。値の前にマイナス記号を付けると,指定した値以外の値を持つすべてのレコードを選択します。



$ ACCOUNTING /PRIORITY=3
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。基本優先順位が 3 のプロセスおよび,キュー優先順位が 3 の印刷ジョブとバッチ・ジョブのすべてのレコードについて,簡略レポートを出力します。

/PROCESS

指定したプロセス・タイプのレコードを選択または拒否します。

形式

/PROCESS= ([-]プロセス・タイプ[,...])




キーワード



プロセス・タイプ[,...]

選択または拒否するプロセス・タイプを指定します。次の表に,有効なキーワードを示します。

キーワード プロセス・タイプ
BATCH バッチ・プロセス
DETACHED 独立プロセス
INTERACTIVE 会話型プロセス
NETWORK ネットワーク・プロセス
SUBPROCESS 上記のタイプのプロセスのサブプロセス


説明

/PROCESS 修飾子は,プロセス・タイプ・フィールド値によって処理対象のレコードを選択します。このフィールドは,IMAGE と PROCESS のタイプのレコードだけに存在します。IMAGE タイプのレコードの場合,このフィールドは,イメージを実行したプロセスのタイプです。

/PROCESS 修飾子は,指定したプロセス・タイプのレコードだけを選択します。リストの前にマイナス記号を付けると,指定したタイプ以外のタイプのすべてのレコードを選択します。

/TYPE 修飾子も参照してください。この修飾子は,レコード・タイプを指定し,レコードを選択または拒否する修飾子です。



$ ACCOUNTING /TYPE=IMAGE /PROCESS=INTERACTIVE /FULL
 

SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT ファイルを処理する例です。会話型プロセスで実行するイメージによって使用される資源について,詳細レポートを出力します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項