日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ACL エディタ
第 2 章:会計情報ユーティリティ
第 3 章:ディスク構造分析ユーティリティ
第 4 章:監査分析ユーティリティ
第 5 章:登録ユーティリティ
第 6 章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第 7 章:バックアップ・ユーティリティ
第 8 章:Crash Log Utility Extractor
第 9 章:CDDVDユーティリティ
第 10 章:EFI Utilities
第 11 章:Error Log Viewer
第 12 章: InfoServer
第 13 章:インストール・ユーティリティ
第 14 章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第 15 章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第 16 章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第 17 章:Monitor
第 18 章:Point-to-Point
第 19 章:PCSI
第 20 章:SASコントローラ
第 21 章:SCA Control Programユーティリティ
第 22 章:Show Clusterユーティリティ
第 23 章:System Generationユーティリティ
第 24 章:System Managementユーティリティ
第 25 章:USB Configuration Manager
第 26 章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録 A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録 B:ACL エディタのカスタマイズ
付録 C:プログラマのための会計情報
付録 D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録 E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録 F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録 G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録 H:MONITOR におけるレコード形式
付録 I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録 J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録 K:システム・パラメータ
付録 L:SYSGEN によるデバイス設定
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

/JOURNAL

編集セッションでジャーナル・ファイルを作成するかどうかを制御します。

形式

/JOURNAL [=ファイル指定]

/NOJOURNAL


説明

省略時の設定では,ACLエディタは編集セッションで実行された変更結果のコピーを登録したジャーナル・ファイルを作成します。ジャーナル・ファイルの名前はオブジェクトの名前と同じであり,ファイル・タイプは.TJLです。別のファイル名を指定する場合には,ワイルドカード文字は使用できません。

ジャーナル・ファイルの作成を禁止するには,/NOJOURNAL 修飾子を指定します。

編集セッションが異常終了した場合,/RECOVER修飾子を使用してACLエディタを起動することにより,強制終了されたセッションで実行した変更結果を回復できます。


#1

$ EDIT/ACL/JOURNAL=COMMONACL.SAV MECH1117.DAT
 

このコマンドでは,COMMONACL.SAVという名前のジャーナル・ファイルが作成されます。ファイルにはACLのコピーが記録され,さらにMECH1117.DATファイルのACLを作成するために使用した編集コマンドも記録されます。

編集セッションに割り込みがかかった場合には,/RECOVER修飾子にCOMMONACL.SAVを指定することにより,変更結果を回復できます。

#2

$ EDIT/ACL/CLASS=RESOURCE/JOURNAL=ZERO_RESOURCE.TJL [0]
 

資源ドメイン[O]のACLを変更すると,ACLエディタは省略時のデバイスにファイル[0].TJLを作成しようとし,その操作は失敗します。資源[O]のACLを作成するには,ジャーナル・ファイルに対して別の名前を指定するか(この例を参照),または/NOJOURNAL修飾子を使用してジャーナル・ファイルを作成しないようにしなければなりません。

/MODE

編集セッションでのプロンプトの使用を指定します。

形式

/MODE =オプション


説明

省略時の設定では,ACLエディタは各ACEに対してプロンプトを表示し,ACE内の一部のフィールドに対して値を表示します(/MODE=PROMPT)。プロンプトの表示を禁止するには,コマンド行に/MODE=NOPROMPTを指定します。


$ EDIT/ACL/MODE=NOPROMPT WEATHERTBL.DAT
 

このコマンドでは,WEATHERTBL.DATファイルのACLを作成するためにACL編集セッションを開始します。/MODE=NOPROMPT修飾子が指定されているため,ACLエントリの入力でプロンプトは表示されません。

/OBJECT_TYPE

/OBJECT_TYPE修飾子は,/CLASS修飾子に変わりました。

/RECOVER

編集セッションを開始するときにジャーナル・ファイルからACLを復元します。

形式

/RECOVER [=ファイル指定]

/NORECOVER


説明

/RECOVER修飾子は,ACLエディタがジャーナル・ファイルからACLを復元しなければならないことを指定します。ACLエディタは,直前のACL編集セッションが異常終了したときの状態にACLを復元します。

省略時の設定では,ジャーナル・ファイルの名前はオブジェクトと同じ名前であり,ファイル・タイプは.TJLです。ACLエディタを起動するときに (/JOURNALを使用して) ジャーナル・ファイルに意味のある名前を付けた場合には,/RECOVER修飾子にもそのファイル名を指定してください。



$ EDIT/ACL/JOURNAL=SAVEACL MYFILE.DAT
 
 
 


 
  
 
  
   .
   .
   .
User creates ACL until system crashes 
   .
   .
   .
$ EDIT/ACL/JOURNAL=SAVEACL/RECOVER=SAVEACL MYFILE.DAT 
   .
   .
   .
ACL is restored and user proceeds with editing until done 
   .
   .
   .
^Z 
$ 

この例の最初のコマンドはACL編集セッションを開始し,セッションが異常終了したときに,ジャーナル・ファイルSAVEACL.TJLを保存しなければならないことを指定します。システム・クラッシュが発生するまで,セッションは継続されます。

次のコマンドは,ジャーナル・ファイルSAVEACL.TJLを使用して紛失したセッションを復元します。セッションを終了するには,Ctrl/Zを押します。ACLエディタは編集結果を保存し,ジャーナル・ファイルを削除します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項