日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引


ネットワーク
    MONITOR ユーティリティの統計
ネットワーク代理登録ファイル
    NET$PROXY も参照
    NETPROXY も参照
ノード
    LATCP による情報表示
    カウンタの表示
    上限
    状態
    ターゲット #1
    ターゲット #2
    データベース #1
    データベース #2
    特性表示
    特性変更
    ノード情報の削除 #1
    ノード情報の削除 #2
ノード番号
    Alpha システムと I64 システムにおける表示
ノード名
発信ポート
    表示
範囲チェック
    許可
    禁止
バス
    Alpha システムと I64 システムにおける表示
バス・アダプタ
    関係番号
    指定 #1
    指定 #2
    総称
    リスト
バックアップ
    イメージ
        イメージ・バックアップも参照
    スタンドアロン
        スタンドアロン BACKUP も参照
    追加型
        追加型バックアップも参照
バックアップ・ユーティリティ (BACKUP)
    選択型 #1
    選択型 #2
    選択型 #3
    選択型 #4
    選択型 #5
    速度向上
    比較処理
    ファイルの比較
    リスト処理 #1
    リスト処理 #2
    リスト処理 #3
バックリンク
    ディレクトリ
        定義
バッファ
    接続ごとの割り当て
パスワード
    ローカル・エリア・クラスタ
パラメータ
    コマンド・プロシージャを渡す
    システム
    システム・パラメータも参照
    変更
パラメータ・ファイル
    ALPHAVMSSYS.OLD
    ALPHAVMSSYS.PAR
    AUTOGEN.PAR #1
    AUTOGEN.PAR #2
    IA64VMSSYS.OLD
    IA64VMSSYS.PAR
    VAXVMSSYS.OLD
    VAXVMSSYS.PAR
    書き込み #1
    書き込み #2
    省略時の設定
比較処理
    BACKUP での
日付
    OpenVMS Cluster での表示
    SYSMAN コマンド CONFIGURATION SHOW TIME も参照
非同期デバイス
    LAT アプリケーション・ポート #1
    LAT アプリケーション・ポート #2
表示画面
    LATCP による再表示
ファイル
    ACL エディタ形式
    AGEN$FEEDBACK.DAT
    AGEN$FEEDBACK.EXE
    AGEN$PARAMS.REPORT
    ALPHAVMSSYS.OLD
    ALPHAVMSSYS.PAR
    AUTOGEN.COM コマンド・プロシージャが使用する
    AUTOGEN.PAR #1
    AUTOGEN.PAR #2
    AUTOGEN.PAR #3
    AUTOGEN.PAR #4
    AUTOGEN のフィードバックを格納する
    IA64VMSSYS.OLD
    IA64VMSSYS.PAR
    PARAMS.DAT
    SETPARAMS.DAT #1
    SETPARAMS.DAT #2
    SHOW_CLUSTER.LIS #1
    SHOW_CLUSTER.LIS #2
    SYSGEN セッションの出力 #1
    SYSGEN セッションの出力 #2
    SYSGTTSTR.MSG
    SYSMAN.LIS #1
    SYSMAN.LIS #2
    SYSMAN.LIS #3
    SYSMAN.LIS #4
    SYSMAN.LIS #5
    SYSMAN.LIS #6
    SYSMAN.LIS #7
    SYSMAN.LIS #8
    SYSMAN.LIS #9
    UIC に基づく保護
        ディレクトリ階層構造における伝播
    VAXVMSSYS.OLD
    VAXVMSSYS.PAR #1
    VAXVMSSYS.PAR #2
    VMSIMAGES.DAT
    アクセスの制御 #1
    アクセスの制御 #2
    監査ログへのアラーム・メッセージの書き込み
    既知イメージのリストを格納する
    クラスタ・レポート出力 #1
    クラスタ・レポート出力 #2
    作成
        省略時の保護 ACE のディレクトリでの
        ディレクトリの所有権による相違
    システム・クラッシュ・ダンプに使用する
    システム・パラメータ #1
    システム・パラメータ #2
    省略時のパラメータ
    スタートアップ #1
    スタートアップ #2
        禁止
    スタートアップ・コマンド・プロシージャ #1
    スタートアップ・コマンド・プロシージャ #2
    スタートアップ・コマンド・プロシージャ #3
    スワッピングに使用する
    デバイス・ドライバ
    デバイス・リストの入力
    入出力ドライバ
    パラメータ #1
    パラメータ #2
    パラメータ #3
    ページングに使用する
    リストア
        元のディレクトリへ
ファイル逆方向リンク・レコード
    会計情報ファイル
ファイル・システム
    キャッシュ
        監視統計
ファイル・システム・キャッシュ (ACP) SYSGEN パラメータ
ファイル・システム・キャッシュ統計
    監視
ファイル順方向リンク・レコード
    会計情報ファイル
ファイル・タイプ
    ACL エディタでの指定
ファイル・プリミティブ統計
    MONITOR ユーティリティ
ファンクション・キー
フィードバック
    AUTOGEN,フィードバックも参照 #1
    AUTOGEN,フィードバックも参照 #2
フィールド
    SHOW CLUSTER
負荷分散 #1
負荷分散 #2
    CPU のパワー
フラグ
    ログイン #1
    ログイン #2
    ログイン #3
    ログイン #4
紛失ファイル
    回復
ブート処理
物理モード
ブロック
    消去
ブロックの消去
分散ロック管理統計
    MONITOR ユーティリティ
プリンタ
    LAT 環境における構成 #1
    LAT 環境における構成 #2
プリンタの構成
プロセス
    識別子の付与
    制御の転送
    入力ストリームの制御の切り替え
    ハイバネート
        ATTACH コマンドによる
プロセス処理レベル統計
    MONITOR ユーティリティ
プロセス状態統計
    MONITOR ユーティリティ
プロセス・タイプ
    ACCOUNTING ユーティリティ
プロセッサ・モード統計
    MONITOR ユーティリティ
プロトコル・ビット・マスク
    エラーの定義
プロファイル
    SYSMAN ユーティリティ
    調整
    表示
ヘルプ
    ANALYZE/AUDIT のオンライン・ヘルプ
編集セッション
    キーパッド編集
ベクタ
    アドレス #1
    アドレス #2
    固定空間
    未使用空間
ベクタ CPU 時間
    システムに関する情報の取り出し
    プロセッサに関する情報の取り出し
ベクタ処理
    監視
ページ管理統計
    MONITOR ユーティリティ
ページ・ファイル
    AUTOGEN が計算したサイズの表示
    AUTOGEN が出力したサイズによるファイルの作成
    サイズ設定/変更
ホーム・ブロック
ホーム・ブロックの消去
保護コード
    ディレクトリ階層構造における UIC に基づく保護の伝播
ボリューム
    ディスク・ボリュームのエラーの修正
ボリューム・クォータ・ファイル
    ディスク・クォータも参照
ボリューム・セット
    イメージ・セーブ処理
ポート
    LATCP による削除
    LATCP による作成
    LATCP による情報表示
    LATCP による特性の変更
    アプリケーション #1
    アプリケーション #2
    アプリケーション #3
    アプリケーション #4
    アプリケーション #5
    カウンタ #1
    カウンタ #2
    制限 #1
    制限 #2
    制限 #3
    制限 #4
    専用 #1
    専用 #2
    専用 #3
    ターゲット
    タイプの設定
    特性
    特性表示
    名前
    発信接続
    論理名


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項