; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引


識別子
    一般 #1
    一般 #2
    環境
    許可
    資源
        ディレクトリの所有権
    省略時の設定
    設定
    属性の指定
    タイプ
    取り消し
    名前の変更
    複数のペアの指定
    プロセスへの付与
識別子 ACE
    識別子のタイプ
資源
    会計
    使用量レポート出力 #1
    使用量レポート出力 #2
    使用量レポート出力 #3
    プログラミング情報
資源の会計情報
    プログラミング情報
システム管理
    InfoServer ユーティリティの起動
    LANCP SPAWN コマンド
    LANCP ユーティリティの起動
    LAN デバイス・パラメータの表示 #1
    LAN デバイス・パラメータの表示 #2
    MOP コンソール・キャリア
    MOP トリガ・ブート
    OPCOM メッセージの表示
    応答時間の制限
    カウンタのクリア #1
    カウンタのクリア #2
    環境
    スタートアップ・プロシージャ
        スタートアップ・データベースも参照
    ステータスとカウンタの表示 #1
    ステータスとカウンタの表示 #2
    ステータスとカウンタの表示 #3
    ターゲット環境の表示
    ターゲット・システムの定義
    ディスク・クォータ・ファイルの作成
    デバイス情報の削除 #1
    デバイス情報の削除 #2
    デバイス情報の設定
    ノード応答の待ち時間の設定
    ノード応答の待ち時間の表示
    ノード情報の削除 #1
    ノード情報の削除 #2
    ノード情報の表示 #1
    ノード情報の表示 #2
    ユーザ・プロファイルの表示
システム概要統計
    MONITOR ユーティリティ
システム時間
    設定
システム・スタートアップ
    状態
    フェーズ
    ロギング
システム・スタートアップの LPBEGIN フェーズ
システム・スタートアップの LPBETA フェーズ
システム・スタートアップの LPMAIN フェーズ
システムのシャットダウン
    変更したシステム・パラメータをインストールするため #1
    変更したシステム・パラメータをインストールするため #2
システム・パスワード
システム・パラメータ #1
システム・パラメータ #2
    ACP
    AUTOGEN.COM コマンド・プロシージャも参照
    AUTOGEN 設定値のチェック
    AUTOGEN のフィードバックで処理する
    VIRTUALPAGECNT #1
    VIRTUALPAGECNT #2
    VMS
    インストレーション中の変更
    カテゴリ
    省略時のパラメータ・ファイル #1
    省略時のパラメータ・ファイル #2
    スタートアップ・プロシージャの指定 #1
    スタートアップ・プロシージャの指定 #2
    設定
        パラメータ・アドレス
        パラメータ値 #1
        パラメータ値 #2
        パラメータ値 #3
        パラメータ値 #4
        パラメータ値 #5
        方法
    セットアップ・プロシージャの指定
    ターミナルの動作
    チェック
    チェックの禁止
    内容の書き込み
    表示 #1
    表示 #2
        UNIBUS 入出力アドレス
        
        スタートアップ・プロシージャ
        デバイス構成の
        デバイス・ドライバ・アドレス
        入出力サブシステム
        パラメータ値
    ファイル
        パラメータ・ファイルも参照 #1
        パラメータ・ファイルも参照 #2
    ファイルの書き込み
    変更
        方法
    マルチポート・メモリの共用
    ワーク・エリア #1
    ワーク・エリア #2
システム・パラメータ STARTUP_Pn
    SYSMAN ユーティリティ
システム・パラメータの設定
    方法
システム・パラメータの変更
    方法
シャドウ・セット
    エラーの検出
    検査
    最大数
出力
出力指定子
省略時のパラメータ・ファイル
省略時の保護
    NET$PROXY.DAT
    NETPROXY.DAT
    RIGHTSLIST.DAT
    SYSUAF.DAT
省略時の保護 ACE #1
省略時の保護 ACE #2
省略時のユーザ登録レコード
    変更
初期化
    ホーム・ブロックの消去
初期化ファイル
    SHOW CLUSTER レポートの定義
    SYSMAN での使用
    作成
    省略時の指定
初期化プロシージャ
処理
    BACKUP
    比較
        BACKUP での
    リスト #1
    リスト #2
    リスト #3
使用量
    更新
侵入試行
    LAT プロトコル
    Telnet プロトコル
シンボル・テーブル
    コマンド・インタプリタ
時間
    OpenVMS Cluster
        表示
    OpenVMS Cluster における更新
    SYSMAN コマンド CONFIGURATION SHOW TIME も参照
    システムの設定
時間切れの値
    表示
磁気テープ・デバイス
    クラスタ内での運用
時刻
    レコードの抽出
実行プロシージャ (@) コマンド
    LANCP ユーティリティ
    SHOW CLUSTER ユーティリティ
実行モード
    CHECK_FEEDBACK
    FEEDBACK
    INITIAL
    NOFEEDBACK
    SYSMAN スタートアップ・ファイル #1
    SYSMAN スタートアップ・ファイル #2
実サービス名
実ノード名
実ポート名
自動構成
    Alpha および I64 デバイス
    VAXstation 2000 と MicroVAX 2000 のデバイス
        テーブル
条件と制限
    ANALYZE/DISK_STRUCTURE
除外デバイス
除外リスト
    表示
スケジューリング・クラス
    一時的な中断
    削除
    作成
    属性の変更
    中断したクラスの再開
    表示
スタートアップ
    状態
    フェーズ
    プロシージャ
        名前の設定
    ロギング
スタートアップ・コマンド・プロシージャ #1
スタートアップ・コマンド・プロシージャ #2
スタートアップ・コマンド・プロシージャ #3
    名前の設定
    汎用ファイル名
スタートアップ・データベース
    構成要素の禁止
    構成要素の追加
    作成
    省略時の設定
    ファイルの禁止
    ファイルの削除
    ファイルの使用可能化
    ファイルの変更
スタンドアロン BACKUP
スワップ・ファイル
    AUTOGEN が計算したサイズの表示
    AUTOGEN が出力したサイズによるファイルの作成
    サイズ設定/変更
セーブ・セット
    暗号化
    出力先の指定
    説明
セーブ・セット指定
制御および状態レジスタ
    CSR (Control and Status Register) も参照
制限ポート #1
制限ポート #2
制限ポート #3
制限ポート #4
静的サービス・レーティング #1
静的サービス・レーティング #2
    表示 #1
    表示 #2
製品構成ファイル (Product configuration file)
    PCF も参照
製品説明ファイル(Product description file)
    PDF も参照
製品テキスト・ファイル(Product Text file)
    PTF も参照
製品データベース
    ANALYZE PDB サブコマンド
セキュリティ・アーカイブ・ファイル
    分析
セキュリティ・アラーム ACE
    アラーム ACE も参照
セキュリティ・アラーム・メッセージ
    アクセス基準の指定 #1
    アクセス基準の指定 #2
セキュリティ・イベント・クラス
    監査レコードの抽出
セキュリティ・オブジェクト
    クラス
セキュリティ・オペレータ
    監査ログ・ファイルへのアラーム・メッセージの送信
    ターミナルへのアラーム・メッセージの送信
セキュリティ監査 ACE
    監査 ACE も参照
セキュリティ監査イベント・メッセージ
    イベントのサブタイプ
    イベントのタイプ
    イベント・フラグ
    形式
    データ・パケット
    ログ・ファイルからの抽出
セキュリティ監査データ・パケット
    形式
    フィールド
セキュリティ監査ヘッダ・パケット
セキュリティ監査レコード
    選択基準
セキュリティ監査レポート
    簡略形式
    作成
    出力先の指定
    詳細形式
    処理の再開
    情報の除外
    選択基準の表示
    選択基準の変更
    追加ログ・ファイルの処理
    バイナリ出力
    表示の切り替え
    表示の中断
    レコードの要約
    レコード表示時間
セキュリティ監査ログ・ファイル
    アラーム・メッセージの書き込み
    イベント・クラスによるレコードの選択
    詳細レコードの表示
    処理の再開
    新入力ファイルのオープン
    時刻によるレコードの選択 #1
    時刻によるレコードの選択 #2
    次のレコードへの切り替え
    データ・パケットの形式
    分析 #1
    分析 #2
    ヘッダ・パケットの形式
    前のレコードへの切り替え
    レコードの表示
    レコード表示時間の指定
    レポートからの情報の除外
セキュリティ・レコードの監査
    ANALYZE/AUDIT ユーティリティも参照
セッションの終了
セッションの上限
接頭辞リスト
    Alpha システムと I64 システムにおける設定
    Alpha システムと I64 システムにおける表示
接続
    LATCP によるタイプ指定
    LAT 環境における #1
    LAT 環境における #2
接続ごとのバッファ
    割り当て
専用ポート #1
専用ポート #2
    表示


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項