; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




C.1.2.1 標準形式

情報パケットは 1 つのパケット・ヘッダで始まり,次に複数のデータ・フィールドが続きます。データ・フィールドには,固定長データ,可変長データ,可変長データまでのオフセットのいずれかを格納できます。オフセットは,パケットの先頭から可変長データまでの距離をバイト数で表したものです。

すべての可変長データは,長さを指定された文字列で表現されます。可変長データは,パケット内の最後の固定長データ・フィールドの後に続きます。 図 C-2 は,情報パケットの標準形式を示しています。すべてのデータ・フィールドが値を持つとは限りません。

情報パケットのデータ・フィールドの詳細については, 付録 C.1.2.2 項 から 付録 C.1.2.7 項 までを参照してください。

すべての情報パケットは,ACR$W_LENGTH フィールドと ACR$W_TYPE フィールドで構成されるパケット・ヘッダで始まります。 表 C-5表 C-6 を参照してください。

図 C-2 情報パケットの形式


表 C-5 情報パケット・ヘッダのフィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$W_TYPE パケット・タイプを示す。 表 C-6 に示す 5 つのフィールドに分割される。(ワード)
ACR$W_LENGTH バイト単位によるパケット長。(ワード)

表 C-6 情報パケット・ヘッダの ACR$W_TYPE フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$V_PACKET パケット・ヘッダであることを示す。 1 でなければならない。(1 ビット)
ACR$V_TYPE パケット・タイプを示す。現在,次の 6 種類がある。(7 ビット)

シンボル 説明
ACR$K_FILENAME ファイル名パケット
ACR$K_ID 識別パケット
ACR$K_IMAGENAME イメージ名パケット
ACR$K_PRINT 印刷資源パケット
ACR$K_RESOURCE 資源パケット
ACR$K_USER_DATA ユーザ・データ・パケット

ACR$V_SUBTYPE パケット・サブタイプを示す。今後のため予約されている。(4 ビット)
ACR$V_VERSION 表 C-3 を参照
ACR$V_CUSTOMER 表 C-3 を参照



C.1.2.2 ファイル名パケット (ACR$K_FILENAME)

ファイル名パケットは,会計情報ファイルの名前を格納します。 図 C-3 はファイル名パケットの形式, 表 C-7 はパケット・フィールドを示しています。パケット・ヘッダについては, 付録 C.1.2.1 項 を参照してください。

図 C-3 ファイル名パケットの形式


表 C-7 ファイル名パケットのデータ・フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$T_FILENAME ファイルの名前。(完全なファイル指定を示す,指定された長さの ASCII 文字列)



C.1.2.3 識別パケット (ACR$K_ID)

識別パケットは,レコードを記録させたプロセスを格納します。

図 C-4 は識別パケットの形式, 表 C-8 はパケット・フィールドを示しています。パケット・ヘッダについては, 付録 C.1.2.1 項 を参照してください。

図 C-4 識別パケットの形式


表 C-8 識別パケットのデータ・フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$L_PID プロセスのプロセス識別子 (PID)。 (ロングワード)
ACR$L_OWNER 親プロセスの PID。(ロングワード)
ACR$L_UIC プロセスの UIC。メンバ番号を ACR$W_MEM で,グループ番号を ACR$W_GRP で定義できる。(ロングワード)
ACR$Q_PRIV プロセスが持つ特権。(クォドワード)
ACR$B_PRI プロセスの基本優先順位。(バイト)
ACR$B_IDFLGS フラグ・バイト。下位ビットが設定されている場合は完全なアドレスと完全な名前。
ACR$W_USERNAME プロセスのユーザ名を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$W_ACCOUNT プロセスのアカウント名を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$W_NODENAME リモート・プロセスの Phase W ノード名を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$W_TERMINAL ターミナル名を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$W_JOBNAME ジョブ名を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$L_JOBID 印刷ジョブまたはバッチ・ジョブの識別子 (キュー・エントリ番号)。(ロングワード)
ACR$W_QUEUE バッチ・ジョブまたは印刷ジョブが対応するキューの名前を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$W_NODEADDR Phase W リモート・ノード・アドレスを格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。(ワード)
ACR$W_REMOTEID リモート・プロセスのリモート ID を格納する指定された長さの ASCII 文字列までのオフセット。ネットワークのインプリメンテーションと用途によって異なる。(ワード)
ACR$W_FULLADDR 完全なリモート・ノード・ネットワーク・アドレスを格納する指定されたバイナリ文字列までのオフセット。DECnet-Plus システムでは,リモート・ノードの NSAP アドレス。
ACR$W_FULLNAME 完全なリモート・ノード名を格納する指定された ASCII 文字列までのオフセット。DECnet/OSI システムでは,リモート・ノードの完全な名前。



C.1.2.4 イメージ名パケット (ACR$K_IMAGENAME)

イメージ名パケットは,プロセスが実行したイメージの名前を格納します。

図 C-5 はイメージ名パケットの形式, 表 C-9 はパッケージ・フィールドを示しています。パケット・ヘッダについては, 付録 C.1.2.1 項 を参照してください。

図 C-5 イメージ名パケットの形式


表 C-9 イメージ名パケットのデータ・フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$T_IMAGENAME イメージの名前。(完全なファイル指定を示す,指定された長さの ASCII 文字列)



C.1.2.5 印刷資源パケット (ACR$K_PRINT)

印刷資源パケットは,印刷ジョブに関する情報を格納します。

図 C-6 は印刷資源パケットの形式, 表 C-10 はパケット・フィールドを示しています。パケット・ヘッダについては, 付録 C.1.2.1 項 を参照してください。

図 C-6 印刷資源パケットの形式


表 C-10 印刷資源パケットのデータ・フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$L_PRINTSTS 印刷ジョブの状態。(ロングワード)
ACR$Q_QUETIME ジョブがキューに登録された時間。 (64 ビットの絶対時刻)
ACR$Q_BEGTIME ジョブが開始された時間。 (64 ビットの絶対時刻)
ACR$L_SYMCPUTIM シンビオント CPU 時間 (常に 0)。 (ロングワード)
ACR$L_PAGECNT 印刷されたページ数。(ロングワード)
ACR$L_QIOCNT プリンタに送られた QIO 数。(ロングワード)
ACR$L_GETCNT 印刷されたファイルの GET 数。 (ロングワード)



C.1.2.6 資源パケット (ACR$K_RESOURCE)

資源パケットは,プロセスに関する情報を格納します。

図 C-7 は資源パケットの形式, 表 C-11 はパケット・フィールドを示しています。パケット・ヘッダについては, 付録 C.1.2.1 項 を参照してください。

図 C-7 資源パケットの形式


表 C-11 資源パケットのデータ・フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$Q_LOGIN 64 ビットの絶対時刻による,イメージが実行された時間またはプロセスが作成された時間。 (クォドワード)
ACR$L_STATUS イメージの最終終了状態,またはプロセスで最後に実行されたイメージの最終状態。(ロングワード)
ACR$L_IMGCNT プロセスが実行したイメージ数。 (ロングワード)
ACR$L_CPUTIME イメージまたはプロセスが使用した CPU 時間。10 ミリ秒単位。ベクタ CPU 時間も含まれる。(ロングワード)
ACR$L_FAULTS イメージまたはプロセスが起因したハード・ページ・フォルトとソフト・ページ・フォルトの数。 (ロングワード)
ACR$L_FAULTIO イメージまたはプロセスが起因したハード・ページ・フォルト数。(ロングワード)
ACR$L_WSPEAK イメージまたはプロセスが使用した最大ワーキング・セット・サイズ。(ロングワード)
ACR$L_PAGEFL ページ・ファイル最大使用量。 (ロングワード)
ACR$L_DIOCNT イメージまたはプロセスが行った直接入出力数。(ロングワード)
ACR$L_BIOCNT イメージまたはプロセスが行ったバッファード入出力数。(ロングワード)
ACR$L_VOLUMES イメージまたはプロセスがマウントしたボリューム数。(ロングワード)
ACR$L_VP_CPUTIME イメージまたはプロセスが使用したベクタ CPU 時間。10 ミリ秒単位。(ロングワード)



C.1.2.7 ユーザ・データ・パケット (ACR$K_USER_DATA)

ユーザ・データ・パケットは,$SNDJBC システム・サービスが送信した会計情報メッセージを格納します。

図 C-8 はユーザ・データの形式, 表 C-12 はパケット・フィールドを示しています。パケット・ヘッダについては, 付録 C.1.2.1 項 を参照してください。

図 C-8 ユーザ・データ・パケットの形式


表 C-12 ユーザ・データ・パケットのデータ・フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$T_USER_DATA 最大 255 バイトのデータ (指定された長さの文字列)




付録 D
ANALYZE/DISK_STRUCTURE - 段階チェック

ANALYZE/DISK_STRUCTURE がボリュームやボリューム・セットに対して行うチェックは,8 つの段階に分かれます。この 8 つの段階において,エラーのレポートとその処置に使用する情報が集められます。

それぞれの段階の前に,次の初期化処理が行われます。

  • デバイス名を読み込み,デバイスへのアクセス権をチェックし,デバイス名をセーブする。

  • /LIST 修飾子と /USAGE 修飾子にユーザがファイルを指定している場合はそれらを読み込み,該当するファイルをオープンする。

  • チェック対象デバイスにチャネルを割り当てる。

  • ボリューム・セットをライト・ロックして同時更新を禁止する。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE によるディスク・チェックの 8 つの段階について,以降で説明します。/REPAIR 修飾子が指定されていることを前提として説明を進めます。 ANALYZE/DISK_STRUCTURE の出力例を,注釈を付けて最後に記載します。

D.1 段階 1

段階 1 では,クラスタ・サイズ,ボリューム・ラベル,ボリューム・セットを構成しているボリューム数など,各種のボリューム情報を複数の予約ファイルから取り出し,情報が正確であるかどうかをチェックし,矛盾点があればすべてレポートし,この段階で検出した問題を解決します。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,INDEXF.SYS のホーム・ブロックのパラメータを使用してボリュームとその特性を識別します。情報を確認すると,現在のバージョンの VOLSET.SYS をメモリに作成し,BITMAP.SYS の状態制御ブロック (SCB) を読み込み,チェックします。

次に,メモリに格納された VOLSET.SYS のボリューム・セット属性を,ボリュームに常駐している VOLSET.SYS のボリューム属性と比較し,矛盾点をレポートし,エラーを修正します。

D.2 段階 2

段階 2 では,現在のバージョンの QUOTA.SYS をワーキング・メモリにコピーし,もう 1 つの QUOTA.SYS ファイルを段階 3 以降で作成するときに使用する構造を設定します。これらのコピー・ファイルは,段階 7 で比較され,非整合性がレポートされます。

D.3 段階 3

段階 3 では,予約ファイル INDEXF.SYS を使用する ANALYZE/DISK_STRUCTURE 動作の構成をチェックします。まず INDEXF.SYS をオープンし,各ファイル・ヘッダを読み込み,次の処理を行います。

  • 各ファイルの FID をチェックし,すべてのファイルを FID で呼び出せることを確認する。

  • 各ファイルのヘッダと更新日付をチェックする。

  • 各ファイルの拡張ヘッダがある場合は,それらをチェックする。

  • 各セグメント番号が拡張ヘッダのシーケンスを正しく反映していることを確認する。

段階 3 では,次の処理も行います。

  • ヘッダ・リンケージのマップを作成し,曖昧さを検出できるようにする。

  • ハイ・ブロック (HIBLK) とエンド・オブ・ファイル・ブロック (EFBLK) のレコード属性を決定し,INDEXF.SYS に記録されている値と比較する。

  • ハイ・ウォータ・マーク (HIWATERMARK) をチェックする。

ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,これらのチェックを行うときに,段階 4 以降で使用するマップを作成します。 表 D-1 は,段階 3 で作成するマップを示しています。

表 D-1 段階 3 のマップ
ビットマップ 機能
ファイル番号 INDEXF.SYS のビットマップの現在の状態
紛失ファイル番号 ディレクトリでまだ検出されていないすべてファイル番号
ディレクトリ・ファイル すべてのディレクトリ・ファイルのリスト
拡張リンケージ すべての拡張ヘッダのリスト
マルチ設定クラスタ 複数のヘッダで参照されるすべてのクラスタのリスト
設定クラスタ ボリュームまたはボリューム・セットに割り当てられているすべてのクラスタ
システム・マップ 新しい記憶ビットマップ
有効なファイル・バックリンク 有効なすべてのファイル・バックリンクのマップ
誤ったバックリンク 誤ったすべてのバックリンクのマップ


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項