日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引





付録 B
ACL エディタのカスタマイズ

ACL セクション・ファイル SYS$LIBRARY:ACLEDIT.TPU を変更して再コンパイルすることにより,ACL (アクセス制御リスト) エディタを変更することができます。SYS$LIBRARY:ACLEDIT.TPU ファイルは,コンパイル済みの ACL セクション・ファイル SYS$LIBRARY:ACLEDT$SECTION.TPU$SECTION のソース・ファイルです。独自の ACL セクション・ファイルを作成することもできます。

セクション・ファイルの作成と処理の詳細については,『DEC Text Processing Utility Reference Manual』を参照してください。

B.1 ACL セクション・ファイルに格納されている変数の変更

表 B-1 は,ACL セクション・ファイルの変数と省略時の値の一覧です。

表 B-1 ACL セクション・ファイルの変数
変数 意味
ACLEDIT$X_CHECK_DUPLICATES 重複 ACE をチェックするかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 重複 ACE をチェックしない。
1 重複 ACE をチェックする。入力する ACE が既存 ACE と同じである場合,エラー・メッセージが出力される。省略時の値である。

ACLEDIT$X_CHECK_MODIFY ACE の変更を許可または禁止する。次の値を定義できる。

0 ACE を変更できる。
1 ACE を変更できない。ACE を変更しようとした場合,オリジナルの ACE と置換される。省略時の値である。

ACLEDIT$X_DIRECTORY_FILE オブジェクトがディレクトリ・ファイルであるかどうかを示す。次の値を定義できる。

0 オブジェクトは,ディレクトリ・ファイルではない。
1 オブジェクトは,ディレクトリ・ファイルである。

ACLEDIT$X_PASTE_BUFFER VT200 シリーズ・ターミナルに対し, PASTE バッファのサポートを許可するかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 PASTE バッファ・サポートを禁止する。省略時の値である。
1 PASTE バッファ・サポートを許可する。

ACLEDIT$X_PROMPT 自動テキスト挿入 (プロンプト・モード) を許可するかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 プロンプト・モードを禁止する。
1 プロンプト・モードを許可する。省略時の値である。

ACLEDIT$X_USE_DEFAULT_OPT DEFAULT オプションをディレクトリ以外の ACE で使用できるかどうかを制御する。次の値を定義できる。

0 DEFAULT オプションを使用できるのは,ディレクトリ・ファイル (.DIR) の ACE だけである。省略時の値である。
1 DEFAULT オプションは,すべてのオブジェクト・タイプの ACE で使用できる。

ACLEDIT$C_WINDOW_SHIFT 指定方向で編集ウィンドウを移行するカラム数を指定する。左方向の移行には GOLD キーと左向き矢印キー,右方向の移行には GOLD キーと右向き矢印キーを使用する。省略時の値は,8 カラムである。

表 B-1 に示されている変数を変更した場合や ACL セクション・ファイルの他の部分を変更した場合,次のコマンドでセクション・ファイルを再コンパイルします。


$ EDIT/TPU/NOSECTION/COMMAND=SYS$LIBRARY:ACLEDIT

上記のコマンドは,コンパイル済み ACL セクション・ファイル
SYS$LIBRARY:ACLEDT$SECTION を作成するソース・コード・ファイル SYS$LIBRARY:ACLEDIT を直接変更する場合に使用します。既存の ACL セクション・ファイルにプライベート・コマンド・ファイルを追加する場合には,次のコマンドを使用します。


$ EDIT/TPU/SECTION=SYS$LIBRARY:ACLEDT$SECTION/COMMAND=CUSTOM_ACL.TPU

コンパイルされた DECtpu ACL セクション・ファイルは,現在のディレクトリに格納されます。このセクション・ファイルを実行するには,次のいずれかの作業を行います。

  • コンパイル済みセクション・ファイル ACLEDT$SECTION.TPU$SECTION を SYS$LIBRARY ディレクトリに移動する。この結果,すべてのユーザの省略時の ACL エディタ・セクション・ファイルが変更される。

  • コンパイル済みセクション・ファイルを使用中ディレクトリに格納し,次のとおり,論理名 ACLEDT$SECTION がこのファイルを指すように,LOGIN.COM ファイルに定義する。


    $ DEFINE ACLEDT$SECTION yourdisk:[yourdir]ACLEDT$SECTION
    

コンパイルする前のセクション・ファイル (ソース・ファイル) の省略時のファイル・タイプは TPU であり,コンパイル済みセクション・ファイルの省略時のファイル・タイプは TPU$SECTION です。

DECtpu セクション・ファイルの作成と処理の詳細については,『DEC Text Processing Utility Reference Manual』を参照してください。

B.2 ACL エディタ・ルーチン CALL_USER の使用法

ACL エディタ・ルーチン CALL_USER は,共用可能イメージ
SYS$LIBRARY:ACLEDTSHR.EXE の一部です。このルーチンは,その既存機能コードとともに ACL セクション・ファイルに含めることができます。また,別の機能コードを認識する CALL_USER ルーチンを,新たに作成することもできます。

ACL エディタ・ルーチン CALL_USER は,ACL エディタの DECtpu セクション・ファイルが使用する機能だけを認識します。その他の機能コードは,ユーザが提供する CALL_USER ルーチンに渡されます。ACL エディタ・ファシリティ・コード (10 進値 277 または 16 進値 115) を上位ワードに含んでいる CALL_USER 機能コードは,ACL エディタの CALL_USER ルーチンで処理されます。その他の機能コードの場合,ユーザが提供する CALL_USER ルーチンが使用されます。CALL_USER ルーチンの作成方法については,『DEC Text Processing Utility Reference Manual』の CALL_USER ルーチンの説明を参照してください。

表 B-2 は,ACL エディタがサポートする CALL_USER ルーチンの機能コードの一覧です。

表 B-2 CALL_USER 機能コード
機能
コード
ニーモニック 説明
18153473 ACLEDIT$C_PARSE_ACE 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーが存在しない場合は解析済み (バイナリ) ACE を戻す。エラーを検出した場合,最初の 2 文字が 0,入力 ACE の中で解析されなかった箇所を 3 文字目以降とする文字列を戻す。
18153474 ACLEDIT$C_CHECK_MODIFY ユーザが変更できる ACE の場合,文字列 "READ_WRITE" を戻す。変更できない ACE の場合,文字列 "READ_ONLY" を戻す。
18153475 ACLEDIT$C_PROMPT_MODE プロンプト・モードが指定されている場合,文字列 "PROMPT_MODE" を戻す。プロンプト・モードが指定されていない場合,文字列 "NOPROMPT_MODE" を戻す。
18153476 ACLEDIT$C_CHECK_ACE 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーが存在しない場合は解析済み (バイナリ) ACE を戻す。エラーを検出した場合,ACE テキストを強調表示し,エラーがある ACE であることを示す DECtpu 変数 ACLEDIT$X_RANGE_x を作成する。 "x" は,1 から始まる通し番号である。
18153477 ACLEDIT$C_CHECK_DIR 編集対象オブジェクトがディレクトリ・ファイルである場合,文字列 "DIRECTORY_FILE" を戻す。ディレクトリ・ファイルでない場合,文字列 "NODIRECTORY_FILE" を戻す。
18153478 ACLEDIT$C_SET_CANDIDATE 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーが存在しない場合は文字列 "PARSE_OK" を戻す。エラーを検出した場合,文字列 "PARSE_ERROR" を戻す。解析が正常終了した場合,CALL_USER の ACLEDIT$C_CHECK_DUP 機能が重複 ACE をチェックする。
18153479 ACLEDIT$C_CHECK_DUP 入力文字列 (ACE) を解析し,エラーを検出した場合は文字列 "PARSE_ERROR" を戻す。エラーが存在しない場合,CALL_USER の ACLEDIT$C_SET_CANDIDATE 機能が設定した候補 ACE と解析済み (バイナリ) ACE とを比較する。 ACE が重複している場合は文字列 "DUPLICATE_ACE" を戻し,重複していない場合は文字列 "UNIQUE_ACE" を戻す。
18153482 ACLEDIT$C_MESSAGE 入力文字列がシステム・エラー・コードであると仮定し,そのエラー・コードに対応するメッセージ・テキストを ACL エディタのメッセージ・ウィンドウに戻す。




付録 C
プログラマのための会計情報

表 C-1 は,会計情報に関係するシステム・サービスを示しています。会計情報ファイルを読み込むシステム・サービスはありません。このため,読み込み処理を行うには,会計情報ファイルの構造を充分理解する必要があります。

表 C-1 会計情報システム・サービスの要約
システム・サービス 説明
$CREPRC 会計情報を禁止できるプロセスを作成する。
$SNDJBC どの資源を現在の会計情報ファイルに記録するかを制御する。または,ユーザが定義したレコードを現在の会計情報ファイルに記録する。

この付録では,会計情報ファイルの構造について説明します。会計情報データに直接アクセスしたいプログラマを対象としています。

注意

記載されている形式は,今後のリリースで断りなく変更する場合があります。

この付録で説明するシンボルとオフセットは,STARLET ライブラリの $ACRDEF マクロで定義します。

C.1 会計情報ファイル・レコードの形式

会計情報レコードは,1 つの会計情報レコード・ヘッダと複数の情報パケットで構成されます。情報パケットの数とタイプは,レコードのタイプによって異なります。

図 C-1 は会計情報レコードの標準形式, 表 C-2 はレコード・ヘッダのフィールドを示しています。レコード・ヘッダのタイプ・フィールドは, 表 C-3 に示す 5 つのフィールドに分割されます。

図 C-1 会計情報レコードの形式


表 C-2 会計情報レコード・ヘッダのフィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$W_TYPE レコードのタイプを示す。 表 C-3 に示す 5 つのフィールドに分割される。(ワード)
ACR$W_LENGTH バイト単位によるレコード長。(ワード)
ACR$Q_SYSTIME 64 ビットの絶対時刻によるシステム時間。 (クォドワード)

表 C-3 会計情報レコード・ヘッダの ACR$W_TYPE フィールド
シンボリック・オフセット 説明
ACR$V_PACKET レコード・ヘッダであることを示す。 0 でなければならない。(1 ビット)
ACR$V_TYPE レコードのタイプを示す。現在, 表 C-4 に示す 8 つのレコード・タイプがある。(7 ビット)
ACR$V_SUBTYPE レコードを対応づけるプロセスのタイプを示す。次のタイプがある。(4 ビット)

シンボル 意味
ACR$K_BATCH バッチ・プロセス
ACR$K_DETACHED 独立プロセス
ACR$K_INTERACTIVE 会話型プロセス
ACR$K_NETWORK ネットワーク・プロセス
ACR$K_SUBPROCESS サブプロセス

このフィールドが適用されるのは, ACR$K_IMGDEL と ACR$K_PRCDEL のタイプのレコードだけである。

ACR$V_VERSION 会計情報ファイル・レコード構造のバージョンを示す。次のバージョンがある。(3 ビット)

シンボル 意味
ACR$K_VERSION2 VAX/VMS バージョン 2.0
ACR$K_VERSION3T VAX/VMS バージョン 3.0 フィールド・テスト
ACR$K_VERSION3 OpenVMS Alpha バージョン 1.0 と OpenVMS VAX バージョン 3.0,および Alpha と VAX のそれ以降のバージョン

ACR$V_CUSTOMER レコードの書き込みに使用したソフトウェアが,HP のソフトウェアとカスタマ・ソフトウェアのどちらであるかを示す。0 は HP のソフトウェア,1 はカスタマ・ソフトウェアを示す。(1 ビット)

注意

ACR$K_CURVER = 現在のバージョン。今回のリリースでは ACR$K_VERSION3 と同じに設定してください。



C.1.1 会計情報レコードのタイプ

会計情報レコードのタイプは,レコードを記録させたイベントのタイプを示します。現在, 表 C-4 に示す 8 種類の会計情報レコードがあります。この表では,各レコード・タイプに格納される情報パケットも一覧しています。

表 C-4 会計情報レコードのタイプ
シンボル イベント 情報パケット
ACR$K_FILE_BL 会計情報ファイルがオープンされた ACR$K_FILENAME
ACR$K_FILE_FL 会計情報ファイルがクローズされた ACR$K_FILENAME
ACR$K_IMGDEL イメージが終了した ACR$K_ID
ACR$K_RESOURCE
ACR$K_IMAGENAME
ACR$K_LOGFAIL ログインが異常終了した ACR$K_ID
ACR$K_RESOURCE
ACR$K_PRCDEL プロセスが終了した ACR$K_ID
ACR$K_RESOURCE
ACR$K_PRINT 印刷ジョブが終了した ACR$K_ID
ACR$K_PRINT
ACR$K_SYSINIT システムが初期化された ACR$K_ID
ACR$K_RESOURCE
ACR$K_USER $SNDJBC システム・サービスが会計情報メッセージを送信した ACR$K_ID
ACR$K_USER_DATA



C.1.2 情報パケットの形式

情報パケットは,6 種類あります。パケット・タイプは,情報パケットのヘッダによって,次のように定義します。

  • ファイル名パケット (ACR$K_FILENAME)

  • 識別パケット (ACR$K_ID)

  • イメージ名パケット (ACR$K_IMAGENAME)

  • 印刷資源パケット (ACR$K_PRINT)

  • 資源パケット (ACR$K_RESOURCE)

  • ユーザ・データ・パケット (ACR$K_USER_DATA)

情報パケットの標準形式については 付録 C.1.2.1 項 ,各情報パケット・タイプの形式については 付録 C.1.2.2 項 から 付録 C.1.2.7 項 で説明します。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項