; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引


UCM は,パーマネント・データベースにないデバイスを自動的に構成する前に,除外リストを調べます。デバイスが除外リストにある場合は,対象リストを調べ,デバイスが明示的にロード対象となっているかどうかを確認します。これによって,幅広い範囲のデバイスを除外リストに指定し,より狭い範囲のデバイスを対象リストに指定することができます (次の例を参照)。




#1

$ UCM
UCM> SET AUTO/EXCLUDE=*/INCLUDE=(tx,dn)
UCM> SHOW AUTO
 
 


 
  
 
  
AUTO LOAD ENABLED 
AUTO PERM ENABLED 
EXCLUDE = (*) 
INCLUDE = (TX, DN) 

この例では,TX デバイスと DN デバイス以外のすべてのデバイスが除外されています。たとえば,AGA0 を使用したジョイスティックは構成されませんが,ディスク DNA0 や TXC2 は構成されます。



SET LOG

新しいログ・ファイルを作成することを構成サーバに要求します。このコマンドでは /NEW 修飾子を使用する必要があります。

OPER 特権が必要です。




形式

SET LOG /NEW




修飾子



/NEW

新しい SYS$MANAGER:USB$UCM_EVENTS.DAT ファイルを作成します。SET LOG コマンドにはこの修飾子が必須です。



SHOW AUTO

自動的なロード,自動的な永続化,除外リストと追加リストの設定を表示します。



形式

SHOW AUTO




#1

$ UCM
UCM> SHOW AUTO


AUTO LOAD ENABLED 
AUTO PERM ENABLED 
 
EXCLUDE = (*) 
INCLUDE = (TX, DN) 

この SHOW AUTO コマンドの例では,TX デバイスと DN デバイス以外のすべてのデバイスが除外されています。



SHOW DEVICE

デバイスに関する情報を表示します。



形式

SHOW DEVICE device-name:




パラメータ



device-name:

属性を表示するデバイスの名前。デバイス名は ddcu という形式です。

各項目の意味は以下のとおりです。

dd デバイス・コード (たとえば LP)。ドライバ名はデバイス・コードに対応する。この場合,ドライバ名は SYS$LPDRIVER である。
c A〜Z のコントローラ名。 UCM が別の名前を指定しない限り,すべての USB デバイスは A である。
u ユニット番号 (0〜9999)。

OpenVMS のデバイス名は,2 文字のデバイス・コード,コントローラ名,ユニット番号 (1〜4 文字),コロン (:) で構成されます。




表示修飾子



/BRIEF (デフォルト)

各デバイスの要約情報を表示します。

/FULL

各デバイスの詳細情報を表示します。



選択修飾子



/ALL (デフォルト)

/CONFIGURED,/GENERIC,/PERMANENT,/PHYSICAL, /UNCONFIGURED 修飾子が表示するエントリも含めて,すべてのデバイス・エントリを表示します。

/CONFIGURED

構成済みのバスに接続されているすべのデバイスを表示します。

/GENERIC

ジェネリック・デバイス・リストに登録されているデバイスを表示します。

/PERMANENT

デバイスが接続されたときに,システムが自動的にデバイス・ドライバをロードするデバイスを表示します。

/PHYSICAL

デバイスのドライバがロードされていない場合でも,バスに接続されているデバイスを表示します。

/UNCONFIGURED

バスに接続され,ドライバはあるものの,パーマネント・リストにエントリが登録されていないデバイス (テンタティブ・デバイスとも呼びます) を表示します。

これらのデバイスをパーマネント・リストに登録するには, ADD DEVICE コマンドを実行する必要があります。ドライバが追加されると,デバイスを次回接続したときに,そのデバイスは自動的に構成されます。




#1

$  UCM
UCM> SHOW DEVICE /PERMANENT /FULL DNA3:
 


DEVICE 
DEVICE_TYPE                     PERMANENT 
DEVICE_NAME_ROOT                DNA 
UNIT_NUMBER                     3 
DRIVER                          SYS$DNDRIVER.EXE 
USB_CONFIG_TYPE                 INTERFACE 
VENDOR_ID                       3519 
PRODUCT_ID                      768 
RELEASE_NUMBER                  4352 
BUS_NUMBER                      1 
PATH                            1.0.0.0.0.0 
DEVICE_CLASS                    0 
DEVICE_SUB_CLASS                0 
DEVICE_PROTOCOL                 0 
NUMBER_OF_INTERFACES            1 
CONFIGURATION_VALUE             2 
NUMBER_OF_CONFIGURATIONS        1 
SERIAL_NUMBER                   2B0301060D97A4C8 
MANUFACTURER_STRING             QTS 
PRODUCT_STRING                  USB 2.0 ATAPI Bridge 
CONFIGURATION_NUMBER            0 
BEGIN_INTERFACE 
INTERFACE_CLASS                 8 
INTERFACE_SUB_CLASS             6 
INTERFACE_PROTOCOL              80 
END_INTERFACE 
END_DEVICE 

この例では,SHOW DEVICE コマンドは DNA3: に関する詳細情報を表示します。



SHOW EVENTS

USB バスで発生した重要なイベントを表示します。表示されるデータには,デバイスの切断や接続などのデバイス・イベント,認識されないデバイス,新しいデバイスなどに関する情報を含むことができます。



形式

SHOW EVENTS




修飾子



/BEFORE=time

指定した時刻より前に発生したイベントを選択します。 time は絶対時刻または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせとして指定でき, TODAY (デフォルト),TOMORROW,YESTERDAY というキーワードも指定できます。時刻は標準の OpenVMS 日付/時刻形式で表されます。

/OUTPUT=file-name

選択したイベントを指定したファイルに書き込みます。デフォルトでは,出力は現在の SYS$OUTPUT デバイス (通常は端末) に送信されます。

/OUTPUT 修飾子を /PAGE 修飾子と組み合わせて使用することはできません。

/PAGE
/NOPAGE (デフォルト)

情報の表示方法を制御します。/PAGE 修飾子を指定すると,イベントは一度に 1 画面ずつ表示されます。

/PAGE 修飾子を /OUTPUT 修飾子と組み合わせて使用することはできません。

/PRIORITY=(keyword[,...])

表示するイベントの優先順位を選択します。デフォルトでは, CRITICAL と NORMAL の優先順位のイベントだけが表示されます。 INFORMATIONAL やデバッグ優先順位の情報も表示することができます。

次の表のキーワードが有効です。 CRITICAL と NORMAL がデフォルトです。

キーワード 説明
CRITICAL エラーとクリティカルな情報
NORMAL デバイスの構成など,通常のイベント・レポート
INFORMATIONAL ドライバや UCM からの詳細な情報メッセージ
DBG1 レベル 1 のデバッグ情報
DBG2 レベル 2 のデバッグ情報
DBG3 レベル 3 のデバッグ情報
ALL すべての優先順位のイベント



/SINCE=time

指定した時刻またはそれ以降に発生したイベントだけを選択します。時刻は絶対時刻または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせとして指定でき, TODAY (デフォルト) または YESTERDAY というキーワードも指定できます。

/TYPE=event-type

指定したタイプのイベントだけを選択します。指定できるイベントのタイプは次のとおりです。

ALL すべてのイベント・タイプ (デフォルト)。
CONFIGURED デバイスが認識され,構成された。
DECONFIGURE デバイスがバスから切断された。
DRIVER ドライバ・イベント。
UCM UCM サーバ・イベント。
UNCONFIGURE デバイスが認識されたが,構成されなかった。
UNKNOWN イベント・タイプが不明である。



/VALUE=event-number

イベント番号によって指定されるイベントだけを選択します。この製品の将来のバージョンでは,キーワードが割り当てられていないイベントの場合,/TYPE 修飾子の代わりにこの修飾子を使用できるようになります。



#1

$  UCM
Universal Serial Bus Configuration Manager, Version V1.0
UCM> SHOW EVENTS
 
 
 


 
  
 
  
Date        Time        Type         Priority Component 
-------------------------------------------------------------------------------- 
18-JUN-2005 22:08:01.09 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD0 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.12 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD0 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.53 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD1 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.53 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD1 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.88 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD2 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.88 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD2 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:02.33 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD3 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:02.33 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD3 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:02.72 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD4 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:02.72 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD4 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:03.21 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD5 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:03.21 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD5 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:03.64 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD6 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:03.64 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD6 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:04.17 UCM          NORMAL   SYS$DZCDRIVER.EXE 
        Message: Tentative device TXD7 proposed... auto-loading driver. 
 
18-JUN-2005 22:08:04.17 UCM          NORMAL   TXD 
        Message: Auto-perm converting tentative device TXD7 into permanent device. 
 
18-JUN-2005 22:08:04.30 DRIVER       NORMAL   HUBDRIVER 
        Message: Configured device UCE0 using driver SYS$UCEDRIVER: 

UCM>

この例では,DIGI Edgeport 8 ポート・シリアル・マルチプレクサを構成しています。デバイスがロードされ永続化された時に,それぞれの行が表示されます。最後の行には,特別なドライバに関する情報が表示されています。これは,Edgeport (UCE0) の実際のコントローラです。

より詳細な情報を表示するには, /PRIORITY=INFORMATIONAL 修飾子または /PRIORITY=ALL 修飾子を使用します。

#2

$  UCM
Universal Serial Bus Configuration Manager, Version V1.0
UCM> SHOW EVENTS/PRIOR=INFORMATIONAL
 
 
 


 
  
 
  
Date        Time        Type         Priority Component 
-------------------------------------------------------------------------------- 
18-JUN-2005 22:08:00.35 DRIVER       INFORMATIONAL HUBDRIVER 
        Message: Find a driver for DeviceClass/DeviceSubClass = 0xff/0x0 
 
18-JUN-2005 22:08:00.36 DRIVER       INFORMATIONAL HUBDRIVER 
        Message: Find a driver for InterfaceClass/InterfaceSubClass/Protocol = 0xff/0x0/0xff 
 
18-JUN-2005 22:08:00.47 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE UCE 
        Message: VENDOR_ID = 5640 
                 PRODUCT_ID = 15 
                 RELEASE_NUMBER = 256 
                 BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 DEVICE_CLASS = 255 
                 DEVICE_SUB_CLASS = 0 
                 DEVICE_PROTOCOL = 255 
                 NUMBER_OF_INTERFACES = 1 
                 CONFIGURATION_VALUE = 1 
                 INTERFACE_NUMBER = 0 
                 INTERFACE_PROTOCOL = 255 
                 INTERFACE_CLASS = 255 
                 INTERFACE_SUB_CLASS = 0 
                 NUMBER_OF_CONFIGURATIONS = 1 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-0\0000 
                 MANUFACTURER_STRING = Inside Out Networks 
                 PRODUCT_STRING = Edgeport/8 
                 CONFIGURATION_NUMBER = 0 
                 CURRENT_INTERFACE = 0. 
 
18-JUN-2005 22:08:00.47 UCM          INFORMATIONAL SYS$UCEDRIVER.EXE 
        Message: Loaded single instance class driver for UCE. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.09 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-00 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.53 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-01 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:01.88 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-02 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:02.33 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-03 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:02.72 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-04 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:03.21 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-05 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:03.64 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-06 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:04.17 UNKNOWN      INFORMATIONAL UCM DEVICE TXD 
        Message: BUS_NUMBER = 0 
                 PATH = 2.0.0.0.0.0 
                 SERIAL_NUMBER = V50632832-07 
                 USAGE_TAG = 195893590. 
 
18-JUN-2005 22:08:04.30 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD0 (UCE0 device port 0) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD1 (UCE0 device port 1) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD2 (UCE0 device port 2) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD3 (UCE0 device port 3) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD4 (UCE0 device port 4) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD5 (UCE0 device port 5) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD6 (UCE0 device port 6) configured, opened, and ready 
 
18-JUN-2005 22:08:04.31 DRIVER       INFORMATIONAL UCEDRIVER 
        Message: TXD7 (UCE0 device port 7) configured, opened, and ready 

この SHOW EVENTS コマンドの例では,/PRIORITY=INFORMATIONAL を指定することで, 1 つ前の例の 8 ポート DIGI デバイスの構成に関する詳細なメッセージを表示しています。

ここで表示されている情報は,SHOW EVENTS の出力量を削減するために,通常は表示されません。しかし,この情報は,構成済デバイスの詳細な情報を確認したい場合に有効です。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項