日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




DUMP_PRIORITY REMOVE (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムで, System Dump Priority レジストリ・ファイルからレコードを削除します。



形式

DUMP_PRIORITY REMOVE プロセス名 /UIC=uic




パラメータ



process-name

プロセスの正確な名前。プロセス名に大文字と小文字が混在している場合や, OpenVMS の標準以外の文字がある場合, "My Process" のように,二重引用符で囲む必要があります。

また,DUMP_PRIORITY REMOVE コマンドを入力するときには,入力したプロセス名をシステムが検索して削除するエントリを見つけるため, DUMP_PRIORITY LIST コマンドを入力したときに表示されたプロセス名を正確に入力してください。存在しないエントリを System Dump Priority レジストリから削除しようとすると,メッセージ "SMI-I-SDPRNOTREM, no record removed." が表示されます。変更対象のエントリが見つからない場合は,メッセージ "SMI_F_SDPRNOTFOUND, system dump priority record not found." が表示されます。




修飾子



/INFORMATIONAL (省略時の設定)



/NOINFORMATIONAL

Alpha システムと I64 システムでは,たとえばコマンド・プロシージャ内で,情報メッセージの出力を制御することができます。これらの修飾子を使用することで,情報メッセージの表示を抑制または復帰することができます。

メッセージの抑制は,ソフトウェア・インストール環境で実行していて,情報メッセージを表示させたくない場合にも便利です。デフォルトは /INFORMATIONAL です。

/UIC

削除する対象のレジストリ内のエントリの UIC を指定します。 UIC とプロセス名をともに指定することで,エントリは固有になります。 UIC は,DUMP_PRIORITY LIST コマンドを入力するときに表示されたとおりに指定します。




SYSMAN> DUMP_PRIORITY LIST
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node VMS73 
Process name    UIC                                 Wild Card 
MSCPmount       [SYSTEM]                            N 
NETACP          [SYSTEM]                            N 
NET$ACP         [1,3]                               N 
REMACP          [1,3]                               N 
LES$ACP         [SYSTEM]                            N
 
SYSMAN> DUMP_PRIORITY REMOVE "MSCPmount"/UIC=[SYSTEM]
SYSMAN> DUMP_PRIORITY LIST
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node VMS73 
Process name    UIC                                 Wild Card 
NETACP          [SYSTEM]                            N 
NET$ACP         [1,3]                               N 
REMACP          [1,3]                               N 
LES$ACP         [SYSTEM]                            N

この例の DUMP_PRIORITY REMOVE コマンドは, System Dump Priority レジストリ・ファイルから [SYSTEM] の UIC のエントリ MSCPmount を削除します (プロセス名 MSCPmount は,大文字と小文字が混在しているので引用符で囲まれています)。



DUMP_PRIORITY SHOW (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムで,System Dump Priority レジストリ・ファイルのメモリ内コピーの内容をリストします。



形式

DUMP_PRIORITY SHOW




パラメータ

なし。



修飾子

なし。




SYSMAN> DUMP_PRIORITY SHOW
%SMI-F-SDPNOTLOAD, System Dump Priority not loaded
 
SYSMAN> DUMP_PRIORITY LOAD
SYSMAN> DUMP_PRIORITY SHOW
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node VMS73 
Process name    UIC                                 Wild Card 
MSCPmount       [SYSTEM]                            N 
NETACP          [SYSTEM]                            N 
NET$ACP         [00001,000003]                      N 
REMACP          [00001,000003]                      N 
LES$ACP         [SYSTEM]                            N 
SYSMAN>

例の最初の DUMP_PRIORITY SHOW コマンドは, System Dump Priority レジストリ・ファイルがメモリにロードされていないことを示す結果の表示です。 2 番目の DUMP_PRIORITY SHOW コマンドは, LOAD コマンドに続くものであり,ファイルのメモリ内コピーを表示します。



DUMP_PRIORITY UNLOAD (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムで, System Dump Priority レジストリ・ファイルのメモリ内コピーをクリアします。



形式

DUMP_PRIORITY UNLOAD




パラメータ

なし。



修飾子

なし。




SYSMAN> DUMP_PRIORITY UNLOAD
SYSMAN> DUMP_PRIORITY SHOW
%SMI-F-SDPNOTLOAD, System Dump Priority not loaded

この例の DUMP_PRIORITY UNLOAD コマンドに続く DUMP_PRIORITY SHOW コマンドは, System Dump Priority レジストリがファイルのメモリ内コピーをすでに持たなくなったというメッセージを表示します。



EXIT

SYSMAN セッションを終了し,制御を DCL コマンド・レベルに戻します。SET PROFILE コマンドでローカル・ノードのプロファイルに施した変更内容は,SYSMAN を始動したときの値に戻されます。 Ctrl/Z を押しても,終了することができます。



形式

EXIT




パラメータ



なし



修飾子



なし


HELP

SYSMAN のコマンド,パラメータ,修飾子の使用方法に関するヘルプ情報をオンラインで出力します。Ctrl/Z を押すと終了します。



形式

HELP [キーワード...]




パラメータ



キーワード

ヘルプを出力する対象のコマンド,パラメータ,修飾子を指定します。キーワードを省略した場合,ヘルプ・トピックのリストが表示され,キーワードを入力するよう指示するプロンプトが表示されます。



修飾子



なし




SYSMAN> HELP DO

このコマンドは,SYSMAN の DO コマンドに関するヘルプ情報を表示します。



IO AUTOCONFIGURE (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて,デバイスを接続し,ドライバをロードすることにより,システムにつながれているすべてのハードウェア・デバイスを自動的に識別し,設定します。

VAXシステムでは,SYSGENのAUTOCONFIGUREコマンドを使用してください。

SYSMAN の IO AUTOCONFIGURE コマンドを実行するには,CMKRNL と SYSLCK の特権が必要です。




形式

IO AUTOCONFIGURE




パラメータ



なし



修飾子



/SELECT=(デバイス名)

自動構成するデバイス・タイプを指定します。設定対象のデバイスを指すデバイス名またはニーモニックを指定します。ワイルドカード文字を使用することができます。

/SELECT と /EXCLUDE の両方の修飾子に適用される注意事項については, /EXCLUDE 修飾子の下に記載した使い方に関する注意を参照してください。

表 24-2 は,/SELECT 修飾子の指定例を示しています。

表 24-2 SELECT 修飾子の指定例
コマンド 設定されるデバイス 設定されないデバイス
/SELECT=P* PKA,PKB,PIA なし
/SELECT=PK* PKA,PKB PIA
/SELECT=PKA* PKA PKB,PIA



/EXCLUDE=(デバイス名)

自動構成しないデバイス・タイプを指定します。設定対象のデバイスを指すデバイス名またはニーモニックを指定します。ワイルドカード文字を使用することができます。

/SELECT および /EXCLUDE 修飾子の使い方に関する注意

  • /SELECT 修飾子と /EXCLUDE 修飾子は,VAXシステムでは, 1 つのコマンド行に組み合わせて指定できます。

  • /SELECT と /EXCLUDE 修飾子を使用すると,手動の自動構成コマンドの間に, Fibre Channel ポート・ドライバ・デバイス (FG) およびすべての SCSI ポート・ドライバ・デバイス (PK) の取り込みと除外を行い,デバイスの自動構成を永続的に指定できます ( 各システムのブート時にデバイスの除外を永続的に指定するには, SYSMAN コマンドの IO SET EXCLUDE を使用します)。
    次のデバイス・タイプの取り込みと除外には, /SELECT および /EXCLUDE 修飾子を使用することはできません。

    • ポート割り当てクラスまたは HSZ 割り当てクラスを名前に含んでいる, SCSI クラス・ドライバ・デバイス (DK,MK,GK)

    • Fibre Channel クラス・ドライバ・デバイス (PG,DG,GG)


    この制限は,SCSI デバイス名にポート割り当てクラスが含まれる場合, OpenVMS Alpha バージョン 7.1 システムの SCSI デバイスにも適用されます。



/LOG

ロードしたデバイスに関する情報を SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドで表示するかどうかを制御します。



説明

SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドは,システムに物理的につながれているすべてのハードウェア・デバイスを識別し,設定します。 VAX システムでは,SYSGEN の AUTOCONFIGURE コマンドを使用してください。このコマンドは,デバイスを接続し,デバイス・ドライバをロードします。 SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドを実行するには,CMKRNL と SYSLCK の特権が必要です。





#1

SYSMAN> IO AUTOCONFIGURE/EXCLUDE=DKA0

このコマンドは,DKA0 以外のすべてのデバイスを自動構成しています。

IO AUTOCONFIGURE コマンドは,ネットワーク通信デバイスを除き,システムに物理的につながれているすべての標準デバイスを自動的に構成します。

#2

SYSMAN> IO AUTOCONFIGURE/LOG

/LOG 修飾子により,AUTOCONFIGURE がロードしたすべてのデバイスに関する情報が表示されます。



IO CONNECT (Alpha および I64)

Alpha システムと I64 システムにおいて,ハードウェア・デバイスを接続し,ドライバがまだロードされていない場合はロードします。

VAXシステムでは,SYSGENのCONNECTコマンドを使用してください。

SYSMAN IO CONNECT コマンドを実行するには,CMKRNL と SYSLCK の特権が必要です。

注意

システムはほとんどエラー検査を行いませんので, SYSMAN IO CONNECT コマンドの発行には十分注意を払ってください。たとえば,デバイス名のスペルを間違えると入出力データベースに損傷を与え,システムに障害を起こす原因になる可能性があります。




形式

IO CONNECT デバイス名[:]




パラメータ



デバイス名[:]

接続するハードウェア・デバイスの名前を指定します。デバイス名は次の形式でなければなりません。
デバイス・タイプ  コントローラ  ユニット番号

たとえば,LPA0という指定では,LPはコントローラAのユニット番号0のライン・プリンタです。/NOADAPTER修飾子を使用する場合には,デバイスはロードされるソフトウェアです。




修飾子



/ADAPTER=TR 番号



/NOADAPTER (省略時の設定)

指定デバイスの接続先アダプタの関係番号を指定します。負以外の 32 ビット整数を指定します。 /NOADAPTER修飾子は,指定デバイスがハードウェアに対応していないことを示します。 /NOADAPTER 修飾子が互換性を持つのは,/DRIVER_NAME 修飾子だけです。

/CSR=CSR アドレス

設定対象のデバイスの CSR アドレス。先頭に %X を付けた 16 進値で指定します。 CSR アドレスは,SYSMAN が解釈することなく IDB$Q_CSR にロードされるクォドワード値です。物理アドレスと仮想アドレスのいずれでも指定できます。どちらのアドレスを使用するかは,接続対象デバイスによって決まります。

  • 物理アドレスの場合,/CSR=%X3A0140120

  • 仮想アドレスの場合,/CSR=%XFFFFFFFF807F8000 (Alpha および I64 仮想アドレスには,符号拡張子が必要)

/ADAPTER=TR 番号 には,この修飾子を付ける必要があります。

/DRIVER_NAME=ファイル指定

ロードするデバイス・ドライバの名前を指定します。この修飾子を指定しなかった場合には, SYSMANは,SYSGENの省略時の名前が決定される方法と同じ方法で省略時の設定を判断します。たとえば,弊社が提供するSYS$ELDRIVER.EXEをロードする場合には,SYS$という接頭辞が必要です。SYS$を指定しなかった場合には,SYSMANはSYS$LOADABLE_IMAGESから ELDRIVER.EXEを検索します。この方式では,ユーザ・デバイス・ドライバ名前空間と弊社が提供するデバイス・ドライバの名前空間が区分されます。

/LOG=(ALL,CRB,DDB,DPT,IDB,SB,UCB)



/NOLOG (省略時の設定)

指定の制御ブロックのアドレスを表示するかどうかを制御します。省略時の値は,/LOG=ALL です。/LOG=UCB を指定すると,次のようなメッセージが表示されます。


%SYSMAN-I-IOADDRESS, the UCB is located at address 805AB000 



/MAX_UNITS=最大ユニット数

ドライバがサポートできる最大ユニット数を指定します。省略時の値は,ドライバのドライバ・プロローグ・テーブル (DPT) に指定します。DPT に値を指定していない場合の省略時の値は 8 です。この値は,/NUM_UNITS で指定したユニット数以上でなければなりません。この修飾子は省略可能です。

/NUM_UNITS=ユニット数

作成するユニット数を指定します。開始デバイス番号は,デバイス名パラメータに指定した番号です。たとえば DKA0 の最初のデバイスは 0 です。 2 番目以降のデバイスには,順に番号が付けられます。省略時の値は 1 です。この修飾子は省略可能です。

/NUM_VEC=ベクタ数

デバイスに使用するベクタ数を指定します。省略時のベクタ数は 1 です。この修飾子は省略可能であり,使用できるのは,/VECTOR_SPACING 修飾子を指定した場合だけです。 /NUM_VEC 修飾子を指定する場合は,/VECTOR 修飾子を付けて基本ベクタを指定する必要があります。

/SYS_ID=リモート・システム番号

デバイスの接続先とするリモート・システムの SCS システム ID を指定します。 64 ビットの 16 進整数を指定します。省略時の設定では,ローカル・システムが使用されます。この修飾子は省略可能です。

/VECTOR=(ベクタ・アドレス,...)

デバイスの割り込みベクタまたは最下位ベクタ。直接的に指示される割り込みの場合は,割り込みベクタの SCB へのバイト・オフセット,間接的に指示される割り込みの場合は, ADP ベクタ・テーブルへのバイト・オフセットです。整合したロングワードを指定してください。8 進値で指定する場合は %0, 16 進値で指定する場合は %X を値の前に付けます。 /ADAPTER=TR 番号 または/NUM_VEC=ベクタ数 を指定する場合は,この修飾子を付ける必要があります。 64 個までのベクタを指定することができます。

/VECTOR_SPACING=ベクタ間のバイト数

ベクタ間の間隔を指定します。16 バイトの倍数を指定します。省略時の値は 16 です。/VECTOR による基本ベクタの指定と /NUM_VEC によるベクタ数の指定の両方を行う必要があります。この修飾子は省略可能です。



説明

SYSMAN IO CONNECT コマンドは,ハードウェア・デバイスを接続し,そのドライバがまだロードされていない場合はロードします。 VAX システムでは,SYSGEN の CONNECT コマンドを使用してください。 SYSMAN IO CONNECT コマンドを実行するには,CMKRNL と SYSLCK の特権が必要です。

ファイルによるデバイス構成サポートの詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』の「周辺デバイスの管理」を参照してください。






#1

SYSMAN> IO CONNECT DKA0:/DRIVER_NAME=SYS$DKDRIVER/CSR=%X80AD00- 
/ADAPTER=4/NUM_VEC=3/VECTOR_SPACING=%X10/VECTOR=%XA20/LOG
 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the CRB is located at address 805AEC40 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the DDB is located at address 805AA740 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the DPT is located at address 80D2A000 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the IDB is located at address 805AEE80 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the SB is located at address 80417F80 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the UCB is located at address 805B68C0

この例のコマンドは,DKA0 というデバイスを接続し,SYS$DKDRIVER というドライバをロードし,次の内容を指定しています。

CSR 物理アドレス
アダプタ番号
ベクタ数
ベクタ間隔
割り込みベクタ・アドレス

/LOG 修飾子により,すべての制御ブロックのアドレスが表示されています。

#2

SYSMAN> IO CONNECT DKA0:/DRIVER_NAME=SYS$DKDRIVER/CSR=%X80AD00- 
/ADAPTER=4/VECTOR=(%XA20,%XA30,%XA40)/LOG=(CRB,DPT,UCB)
 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the CRB is located at address 805AEC40 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the DPT is located at address 80D2A000 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the UCB is located at address 805B68C0
 

この例のコマンドは,デバイス DKA0 を接続し,ドライバ SYS$DKDRIVER をロードし,次の内容を指定しています。

CSR 物理アドレス
アダプタ番号
割り込みベクタ・アドレス

/LOG 修飾子により,チャネル要求ブロック (CRB),ドライバ・プロローグ・テーブル (DPT),ユニット制御ブロック (UCB) のアドレスが表示されています。

#3

SYSMAN> IO CONNECT FTA0:/DRIVER=SYS$FTDRIVER/NOADAPTER/LOG=(ALL)
 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the CRB is located at address 805AEC40 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the DDB is located at address 805AA740 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the DPT is located at address 80D2A000 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the IDB is located at address 805AEE80 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the SB is located at address 80417F80 
%SYSMAN-I-IOADDRESS, the UCB is located at address 805B68C0
 

この例のコマンドは,疑似ターミナル FTA0 を接続し,ドライバ SYS$FTDRIVER をロードし,FTA0 が実ハードウェア・デバイスではないことを /NOADAPTER 修飾子で指示しています。/LOG=ALL 修飾子により,すべての制御ブロックのアドレスが表示されています。

デバイス・ドライバのロードと構成の詳細については,『Writing OpenVMS Alpha Device Drivers in C』 (Margie Sherlock and Leonard S. Szubowicz, Digital Press, 1996) を参照してください。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項