日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




SHOW/ADAPTER (VAX のみ)

VAX システムにおいて,アダプタの関係番号と総称をすべて表示します。

SHOW/ADAPTER コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。




形式

SHOW/ADAPTER




パラメータ



なし



修飾子



なし




SYSGEN>   SHOW/ADAPTER

SYSGEN の SHOW/ADAPTER コマンドで出力される表示例です。


CPU Type: 11/780 
 
 Nexus Generic Name or Description 
   1   16K memory, non-interleaved 
   3   UB0 
   8   MB0 
   9   MB1 



SHOW/BUS (VAX のみ)

VAXシステムでは,アダプタの関係番号と総称をすべて表示します。 Alpha システムまたは I64 システムでは,SYSMAN の IO SHOW BUS コマンドを使用します。

SHOW/BUS コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。




形式

SHOW/BUS




パラメータ



なし



修飾子



なし


SHOW/CONFIGURATION (VAX のみ)

VAX システムにおいて,デバイス構成情報を表示します。

SHOW/CONFIGURATION コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。




形式

SHOW/CONFIGURATION




パラメータ



なし



修飾子



/ADAPTER=関係番号

表示する MASSBUS アダプタまたは UNIBUS アダプタの番号を指定します。整数値を指定することも,SYSGEN の SHOW /ADAPTER コマンドで表示される総称を指定することもできます。

/COMMAND_FILE

すべてのデバイス・データを CONNECT/ADAPTER= アダプタ指定 コマンドにフォーマッティングし,これらのコマンドを指定した出力ファイルに書き込むことを指定します。この結果,SYSGEN の AUTOCONFIGURE コマンドを使用しなくとも,システム全体を再設定できます。

/OUTPUT=ファイル指定

出力ファイルを指定します。ファイル・タイプを指定せずに /OUTPUT 修飾子を指定した場合,LIS が使用されます。ただし,/COMMAND_FILE を付けて /OUTPUT を指定した場合,省略時のファイル・タイプは COM です。



説明

SHOW/CONFIGURATION コマンドは,デバイスの名前,ユニット数,ネクサス番号,アダプタ・タイプを表示し,制御/状態レジスタ (CSR) とベクタ・アドレスも表示します。/OUTPUT 修飾子に出力ファイルを指定できます。

未使用アドレスからデバイスを削除する際,他のデバイスの CSR アドレスとベクタ・アドレスにジャンパをもう一度行う必要はありません。その方法は,次のとおりです。

  1. AUTOCONFIGURE ALL コマンドの代わりに,/OUTPUT 修飾子を付けて指定したコマンド・ファイルを実行するよう,汎用 STARTUP.COM ファイルを変更する。

  2. SHOW/CONFIGURATION/COMMAND_FILE/OUTPUT コマンドを実行し,デバイス・データをフォーマッティングしてセーブする。
    システムをシャットダウンしてボードを取り外す必要がある場合でも,システムをリブートしたときに SYS$SYSTEM:STARTUP.COM が出力ファイルを実行するので,システムは UNIBUS デバイスと MASSBUS デバイスを自動的に構成します。

主なリリースにはすべて,新しいバージョンの SYS$SYSTEM:STARTUP.COM が用意されているので,SYS$SYSTEM:STARTUP.COM に手を加えていた場合は,新しいバージョンをインストールした後でもう一度変更作業を行う必要があります。

注意

この方法は,短期的には便利ですが,できるだけ AUTOCONFIGURE ALL を使用してください。




#1

SYSGEN>   SHOW/CONFIGURATION

現在のシステム入出力データベースを表示しています。次の例は,VS3100 と 6000-400 システム上でのこのコマンドによる典型的な表示です。


 System CSR and Vectors on 23-OCT-2002 16:39:28.74 
 Name: OPA  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 Name: PKB  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 Name: TTA  Units: 4  Nexus:0    (410) 
 Name: PKA  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 Name: ESA  Units: 3  Nexus:0    (410) 
 Name: GCA  Units: 1  Nexus:0    (410) 
 
 System CSR and Vectors on 23-OCT-2002 16:31:47.12 
 Name: PAA  Units: 1  Nexus:48   (CI ) 
 Name: PAB  Units: 1  Nexus:64   (CI ) 
 Name: PAC  Units: 1  Nexus:64   (CI ) 
 Name: PAD  Units: 1  Nexus:176  (CI ) 
 Name: FXA  Units: 2  Nexus:192  (GXM) 
 Name: ETA  Units: 3  Nexus:213  (BVP) 
 Name: PAE  Units: 1  Nexus:228  (CI ) 
 Name: PBA  Units: 1  Nexus:237  (BVP) 
 Name: TXA  Units: 16 Nexus:211  (DMB) 

#2

SYSGEN>   SHOW/CONFIGURATION/COMMAND_FILE/OUTPUT=CONFIG.COM

このコマンドは,すべてのデバイス・データを CONNECT/ADAPTER=アダプタ指定  コマンドにフォーマッティングし,これらのコマンドを CONFIG.COM ファイルに書き込んでいます。次のようなコマンド・ファイルが出力されます。


$ RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN 
AUTOCONFIGURE 4 
AUTOCONFIGURE 5 
CONNECT DMA0 /ADAP=8 /CSR=%O777440 /VECT=%O210 /NUMV=01 /DRIVER=DMDRIVER 
CONNECT DMA1 /ADAP=8 /CSR=%O777440 /VECT=%O210 /NUMV=01 /DRIVER=DMDRIVER 
CONNECT LPA0 /ADAP=8 /CSR=%O777514 /VECT=%O200 /NUMV=01 /DRIVER=LPDRIVER 
CONNECT DYA0 /ADAP=8 /CSR=%O777170 /VECT=%O264 /NUMV=01 /DRIVER=DYDRIVER 
CONNECT DYA1 /ADAP=8 /CSR=%O777170 /VECT=%O264 /NUMV=01 /DRIVER=DYDRIVER 
CONNECT XMA0 /ADAP=8 /CSR=%O760070 /VECT=%O300 /NUMV=02 /DRIVER=XMDRIVER 
CONNECT XMB0 /ADAP=8 /CSR=%O760100 /VECT=%O310 /NUMV=02 /DRIVER=XMDRIVER 
CONNECT XMC0 /ADAP=8 /CSR=%O760110 /VECT=%O320 /NUMV=02 /DRIVER=XMDRIVER 
CONNECT TTA0 /ADAP=8 /CSR=%O760130 /VECT=%O330 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 
CONNECT TTA1 /ADAP=8 /CSR=%O760130 /VECT=%O330 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 
CONNECT TTA2 /ADAP=8 /CSR=%O760130 /VECT=%O330 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 
. 
. 
. 
CONNECT TTF7 /ADAP=8 /CSR=%O760200 /VECT=%O400 /NUMV=02 /DRIVER=DZDRIVER 



SHOW/DEVICE (VAX のみ)

VAX システムにおいて,システムにロードされているデバイス・ドライバのすべての情報,接続されているデバイス,入出力データベースを表示します。アドレスはすべて 16 進の仮想アドレスです。 Alpha システムと I64 システムでは,SYSMAN ユーティリティの IO SHOW DEVICE コマンドを使用します。

SHOW/DEVICE コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。




形式

SHOW/DEVICE =デバイス・ドライバ




パラメータ



なし



修飾子



なし



説明

指定したデバイス・ドライバについて,次の情報を表示することを指定します。

Driver ドライバの名前
Start ドライバの開始アドレス
End ドライバの終了アドレス
Dev ドライバに接続されている各デバイスの名前
DDB デバイスのデバイス・データ・ブロックのアドレス
CRB デバイスのチャネル要求ブロックのアドレス
IDB デバイスの割り込みディスパッチ・ブロックのアドレス
Unit デバイス上の各ユニットの番号
UCB 各ユニットのユニット制御ブロックのアドレス

ドライバ名を省略した場合,システムにロードされているすべてのデバイス・ドライバの情報が表示されます。





SYSGEN>   SHOW/DEVICE=DBDRIVER

このコマンドは,DBDRIVER について,次の情報を表示します。


__Driver_____Start____End____Dev___DDB______CRB______IDB_____Unit__UCB___ 
DBDRIVER   80082390 80082A7E 
                             DBA 80000848 800988C0 80098920 
                                                              0 8000087C 
                                                              1 8008A4F0 
                                                              2 8008A590 
                                                              5 8008A630 
                                                              7 8008A6D00 



SHOW/DRIVER (VAX のみ)

VAX システムにおいて,システムにロードされている指定したデバイス・ドライバの開始アドレスと終了アドレスを表示します。



形式

SHOW/DRIVER =デバイス・ドライバ




パラメータ



なし



修飾子



なし



説明

ドライバ名を省略した場合,システムにロードされているすべてのデバイス・ドライバの開始アドレスと終了アドレスを表示します。アドレスはすべて,16 進の仮想アドレスです。

SHOW/DRIVER コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。

SHOW/DRIVER コマンドは,指定したデバイス・ドライバについて次の情報を表示します。

Driver デバイス・ドライバの名前
Start デバイス・ドライバの開始アドレス
End デバイス・ドライバの終了アドレス





SYSGEN>  SHOW/DRIVER

このコマンドは,すべてのドライバの開始アドレスと終了アドレスを,次のように表示します。


__Driver_____Start____End___ 
RTTDRIVER  800C1060 800C1960 
NETDRIVER  800BAFD0 800BD4B0 
TMDRIVER   800B3950 800B4BF0 
DRDRIVER   800B2950 800B3290 
DDDRIVER   800B1740 800B2060 
DLDRIVER   800B0D10 800B15A0 
DMDRIVER   800B0070 800B0990 
LCDRIVER   800AFC50 800AFFB0 
YCDRIVER   800AED20 800AF3E0 
XGDRIVER   800AC3F0 800AE9E0 
XDDRIVER   800AA5A0 800AC380 
DZDRIVER   800A4F30 800A59B0 
XMDRIVER   800A3E10 800A4A50 
DYDRIVER   800A3300 800A3C30 
LPDRIVER   800A2E90 800A3300 
DBDRIVER   800DE7A0 800DEFB7 
TTDRIVER   800DC770 800DE79B 
OPERATOR   80001650 80001F8B 
NLDRIVER   80001626 80001D20 
MBDRIVER   800015FC 80001CBE 



SHOW/STARTUP

現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示します。



形式

SHOW/STARTUP




パラメータ



なし



修飾子



なし




SYSGEN>  SHOW/STARTUP
Startup command file = SYS$SYSTEM:STARTUP.COM

このコマンドは,汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示しています。



SHOW/TURBOCHANNEL (VAX のみ)

VAXシステムにおいてTURBOchannel 上のデバイスの関係番号を表示します。



形式

SHOW/TURBOCHANNEL




パラメータ



なし



修飾子



なし




SYSGEN>  SHOW/TURBOCHANNEL

以下は,SHOW/TURBOCHANNEL コマンドの表示例です。


TURBOCHANNEL: Device Name       Nexus Number        TC Slot 
              PMAQT-AA          00000000            00000001 



SHOW/UNIBUS (VAX のみ)

VAX システムにおいて,アドレス指定できる UNIBUS 入出力空間内アドレスを表示します。

SHOW/UNIBUS コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。




形式

SHOW/UNIBUS




パラメータ



なし



修飾子



/ADAPTER=関係番号

指定した UNIBUS アダプタのアドレスを表示することを指定します。関係番号は,UNIBUS アダプタの番号です。整数値または,SYSGEN の SHOW/ADAPTER コマンドで表示される名前を指定します。



説明

SHOW/UNIBUS コマンドは,すべてのデバイス・レジスタを読み込みます。一部のコントローラでは,バッファから文字が 1 つ読み込まれるなど,予想しない結果となる場合があります。このため,UNIBUS の設定をデバッグする場合以外には,SHOW/UNIBUS コマンドを使用しないようにしてください。複数の UNIBUS アダプタを使用しているシステムでは,最初の UNIBUS アダプタのアドレスだけが表示されます。

注意

実行中のシステムでは,SHOW/UNIBUS コマンドを使用しないようにしてください。このコマンドを実行できるのは,会話形式でブートする場合だけです。





SYSGEN>  SHOW/UNIBUS/ADAPTER=4

関係番号 4 のアドレスを,次のように表示します。


**UNIBUS map for nexus #4 on 30-JUN-2002  14:19:38.00 ** 
 
Address 760070 (8001F838) responds with value 9B6E (hex) 
Address 760072 (8001F83A) responds with value 0340 (hex) 
Address 760074 (8001F83C) responds with value 403C (hex) 
Address 760076 (8001F83E) responds with value 0240 (hex) 
Address 760100 (8001F840) responds with value 8000 (hex) 
Address 760102 (8001F842) responds with value 0340 (hex) 
Address 760104 (8001F844) responds with value 7DAC (hex) 
Address 760106 (8001F846) responds with value 000A (hex) 
Address 760110 (8001F848) responds with value 8000 (hex) 
Address 760112 (8001F84A) responds with value 0340 (hex) 
Address 760114 (8001F84C) responds with value AD5C (hex) 
Address 760116 (8001F84E) responds with value 000A (hex) 
Address 760130 (8001F858) responds with value 9B6E (hex) 
Address 760132 (8001F85A) responds with value 030D (hex) 
Address 760134 (8001F85C) responds with value FF00 (hex) 
Address 760136 (8001F85E) responds with value CECE (hex) 
Address 760140 (8001F860) responds with value 4060 (hex) 
Address 760142 (8001F862) responds with value 0761 (hex) 
Address 760144 (8001F864) responds with value FF00 (hex) 
. 
. 
. 



TERMINAL

Ctrl/C,Ctrl/O,Ctrl/Y,Ctrl/Z のエコー文字列を,システム単位で変更します。



形式

TERMINAL/ECHO




パラメータ



なし



修飾子



なし



説明

TERMINAL コマンドを実行する前に,SYS$EXAMPLES に格納されている SYSGTTSTR.MSG ファイルを編集してください。このファイルには,編集プロシージャに対する命令が格納されています。

ファイルを編集し,TERMINAL コマンドを実行すると,指定した変更内容が有効となります。



USE

システム・パラメータの値とサイトから独立したスタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を使用して, SYSGEN 作業領域を初期化し,既存の値を変更します。ユーティリティを起動するときに,SYSGEN 作業領域の初期値がアクティブ値になります。

パラメータ値とプロシージャ名の両方のソースを指定します。これらはパラメータ・ファイル,ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイル,メモリのアクティブ・システム,省略時のリストのいずれかから検索できます。




形式

USE ファイル指定




パラメータ



ファイル指定

データを検索するシステム・パラメータ・ファイルのファイル指定。パラメータ・ファイルを作成するには, SYSGEN の WRITE コマンドを使用します。省略時のファイル・タイプは .PAR です。

ファイル指定の代わりに,次のキーワードのいずれかを指定することができます。



CURRENT

ディスク上の現在のシステム・パラメータ・ファイルから情報を取り出すことを指定します。

VAX システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:VAXVMSSYS.PAR です。

Alpha システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:ALPHAVMSSYS.PAR です。

I64 システムでは,システム・パラメータ・ファイルは SYS$SYSTEM:IA64VMSSYS.PAR です。

ACTIVE

メモリに格納されているアクティブ・システムから情報を取り出すことを指定します。

DEFAULT

ソース情報を省略時のリストから検索することを指定します。 USE DEFAULT コマンドは,SYSGEN に組み込まれているパラメータ値を使用して,SYSGEN 作業領域を初期化します。これらの値を使用すると,オペレーティング・システムは標準構成であれば,どの構成でもブートできます。

システムをハングさせる可能性のある未調整のレイヤード・プロダクトがシステム上にあるような場合,すべてのレイヤード・プロダクトを起動させないでシステムを起動するには, STARTUP_P1 システム・パラメータを"MIN"に設定します。


SYSGEN> SET STARTUP_P1 "MIN"




修飾子



なし



#1

SYSGEN>   USE SYS$SYSTEM:SPECIAL

このコマンドは既存のパラメータ・ファイル SYS$SYSTEM:SPECIAL.PAR を使用します。

#2

SYSGEN> USE DEFAULT
SYSGEN> SET STARTUP_P1 "MIN"
 

最初のコマンドは省略時のパラメータ値を使用して, SYSGEN 作業領域を初期化します。2番目のコマンドは STARTUP_P1 パラメータを"MINIMUM"に設定します。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項