日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




SET/OUTPUT

セッション中の出力に使用するファイルを指定します。省略時の設定では SYS$OUTPUT に出力されますが,SET/OUTPUT コマンドを指定すればディスク・ファイルに出力できます。

SET/OUTPUT=SYS$OUTPUT コマンドを実行すれば,いつでも SYS$OUTPUT に出力することができます。




形式

SET/OUTPUT[=] ファイル指定




パラメータ



ファイル指定

出力ファイルの名前です。省略時のファイル・タイプは LIS です。等号 (=) は,省略可能です。




SYSGEN>  SET/OUTPUT=PARAMS.LIS
SYSGEN>  SHOW/ALL
SYSGEN>  SHOW/SPECIAL
SYSGEN>  EXIT

弊社で予約している SPECIAL パラメータを含むすべてのシステム・パラメータとそれらの値を PARAMS.LIS ファイルに出力しています。



SET/STARTUP

以降のブートで使用するパラメータ・ファイルに対応づける汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャを指定します。



形式

SET/STARTUP ファイル指定




パラメータ



ファイル指定

システム・ディスク上のスタートアップ・コマンド・プロシージャの 31 文字以内のファイル指定です。ソフトウェア・ディストリビューション・キットで指定されている汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャは, SYS$SYSTEM:STARTUP.COM です。




SYSGEN>   SET/STARTUP SYS$SYSTEM:XSTARTUP.COM

このコマンドは,現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャとして,
SYS$SYSTEM:XSTARTUP.COM を設定しています。



SHARE (VAX のみ)

VAX システムにおいて,指定したプロセッサまたは別のプロセッサによってすでに初期化されているマルチポート・メモリ・ユニットに,指定したプロセッサを接続します。初期化されていないマルチポート・メモリ・ユニットの番号と名前を指定した場合,エラーとなります。

SHARE コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。




形式

SHARE MPMn MPM 名




パラメータ



MPMn

接続するマルチポート・メモリ・ユニットのフロント・パネルに記載されている番号を指定します。

MPM 名

以前の SHARE/INITIALIZE コマンドで指定したマルチポート・メモリ・ユニットの名前



修飾子



/MAXCEFCLUSTERS=共通イベント・フラグ・クラスタ最大数

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できる共通イベント・フラグ・クラスタの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXGBLSECTIONS=グローバル・セクション最大数

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるグローバル・セクションの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXMAILBOXES=メールボックス最大数

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるメールボックスの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。




SYSGEN>   SHARE MPM1 SHR_MEM_1

このコマンドは,マルチポート・メモリ・ユニットを接続しています。修飾子は指定されていないので,すべてのパラメータに省略時の値が適用されます。

フロント・パネルに 1 と記されているユニットの場合, SHR_MEM_1 という名前で初期化しなければコマンドが動作しません。



SHARE/INITIALIZE (VAX のみ)

VAX システムにおいて,マルチポート・メモリ・ユニットを初期化し,SYSGEN 実行中のプロセッサに接続します。

SHARE/INITIALIZE コマンドを実行するには,CMKRNL 特権が必要です。




形式

SHARE/INITIALIZE MPMn MPM 名




パラメータ



MPMn

接続するマルチポート・メモリ・ユニットのフロント・パネルに記載されている番号を指定します。

MPM 名

マルチポート・メモリ・ユニットを使用するシステムがユニットを認識するときに使用する名前を指定します。 15 文字以内の英数字,ドル記号 ($),アンダスコア (_) の文字列です。



修飾子



/CEFCLUSTERS= 共通イベント・フラグ (cef)

マルチポート・メモリ・ユニットに設定できる共通イベント・フラグ・クラスタの総数を,整数値で指定します。省略時の値は 32 です。

/GBLSECTIONS=グローバル・セクション (gbl)

マルチポート・メモリ・ユニットに設定できるグローバル・セクションの総数を,整数値で指定します。省略時の値は 32 です。

/MAILBOXES=メール (mail)

マルチポート・メモリ・ユニットに設定できるメールボックスの総数を,整数値で指定します。省略時の値は 32 です。

/MAXCEFCLUSTERS=共通イベント・フラグ・クラスタ最大数 (max-cef)

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できる共通イベント・フラグ・クラスタの最大数を指定します。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXGBLSECTIONS=グローバル・セクション最大数 (max-gbl)

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるグローバル・セクションの最大数。省略時の設定では,制限がありません。

/MAXMAILBOXES=メールボックス最大数 (max-mail)

プロセッサがマルチポート・メモリ・ユニットに作成できるメールボックスの最大数。省略時の設定では,制限がありません。

/POOLBCOUNT=ブロック数 (block-cnt)

マルチポート・メモリ・ユニットと動的プールに設定するブロック数を,整数値で指定します。省略時の値は 128 です。

/POOLBSIZE=ブロック・サイズ (block-size)

動的プールの各ブロックのサイズを,整数値で指定します。省略時の値は 128 バイトです。

/PRQCOUNT=プロセッサ間要求ブロック数 (prq-cnt)

設定するプロセッサ間要求ブロック数 (PRQ) を,整数値で指定します。省略時の値は 64 です。



説明

指定したマルチポート・メモリ・ユニットがすでに初期化されていて,かつ他のアクティブ・プロセッサに接続されている場合,グローバル・セクション,メール,共通イベント・フラグ・クラスタ,ブロック数,ブロック・サイズ,プロセッサ間要求ブロック数の値は無視され,マルチポート・メモリ・ユニットは単にプロセッサに接続されます。




SYSGEN>   SHARE MPM1 SHR_MEM_1/INITIALIZE -
SYSGEN>   /GBLSECTIONS=128/MAILBOXES=64/CEFCLUSTERS=0

このコマンドは,マルチポート・メモリ・ユニットを初期化しています。グローバル・セクション,メール,共通イベント・フラグ・クラスタ以外のパラメータには,省略時の値が使用されています。マルチポート・メモリ・ユニットのフロント・パネルに記載されている番号は 1,ユニット名は SHR_MEM_1 であることを仮定しています。



SHOW

SYSGEN ワーク・エリアに格納されているシステム・パラメータ値をはじめ,これらのパラメータの省略時の値,最小値,最大値,単位を表示します。



形式

SHOW パラメータ名




パラメータ



パラメータ名

システム・パラメータの名前を指定します。ピリオド (.) を指定すると,最後の SET パラメータ名または SHOW パラメータ名コマンドで指定したシステム・パラメータを要求したものと解釈されます。

OpenVMS Version 8.2 からは,廃止されたパラメータが指定された場合, Units 欄に「OBSOLETE」と表示されます。




修飾子



/ACP

すべての ACP パラメータ値を表示することを指定します。

/ALL

SPECIAL パラメータ値以外のすべてのパラメータ値を表示することを指定します。

/BI

VAXBI バスの入出力空間に現在マップされているデバイス・アドレスを表示することを指定します。

/CLUSTER

すべての CLUSTER パラメータ値を表示することを指定します。

/DYNAMIC

すべての DYNAMIC パラメータ値を表示することを指定します。

/GEN

すべての GEN パラメータ値を表示することを指定します。

/HEX

すべてのパラメータ値を 16 進表記で表示することを指定します。/HEX のシステム・パラメータ名またはパラメータ・タイプを指定します。/HEX 修飾子に /NAMES 修飾子を付けて指定すると,/HEX は無視されます。

/JOB

すべての JOB パラメータ値を表示することを指定します。

/LGI

すべての LGI パラメータ値を表示することを指定します。

/MAJOR

すべての MAJOR パラメータ値を表示することを指定します。

/MULTIPROCESSING

すべての MULTIPROCESSING パラメータ値を表示することを指定します。

/NAMES

すべてのパラメータの名前を表示することを指定します。

/OBSOLETE

廃止されたすべてのパラメータの名前を表示することを指定します。

/PQL

すべての PQL パラメータ値を表示することを指定します。

/RMS

すべての VAX RMS パラメータ値を表示することを指定します。

/SCS

すべての SCS パラメータ値を表示することを指定します。

/SPECIAL

弊社による使用のため予約されているすべてのパラメータ値を表示することを指定します。

/STARTUP

現在の汎用スタートアップ・コマンド・プロシージャの名前を表示することを指定します。

/SYS

すべての SYS パラメータ値を表示することを指定します。

/TTY

すべてのターミナル・パラメータ値を表示することを指定します。

/XMI[=BIindex]

XMI バスの入出力空間に現在マップされているデバイス・アドレスを表示することを指定します。すべてのプロセッサ,アダプタ,VAXBI アダプタ,メモリ・コントローラ,NI などの相互接続デバイスのノード番号,関係番号,総称も表示します。

SHOW/XMI=BIindex コマンドを実行するには,CMEXEC 特権が必要です。




説明

/HEX 修飾子を指定しないかぎり,パラメータ値は 10 進値で表示されます。ASCII 値は,特に指定しないかぎり ASCII 表記で表示されます。

VAX プラットフォームでパラメータ名を短縮した場合,短縮名に一致する最初のパラメータが表示されます。曖昧さのチェックは行われません。 Alpha プラットフォームまたは I64 プラットフォームでは,短縮名と一致する名前のすべてのパラメータが表示されます。

たとえば,VAX システムで SHOW GBL を実行すると, GBLSECTIONS パラメータのみが表示されます。 GBLPAGFIL パラメータを表示するには, GBLPAGES パラメータと混同されないようにするため,SHOW GBLPAGF と指定する必要があります。 Alpha システムまたは I64 システムでは,同じ SHOW GBL コマンドを入力すると, GBLSECTIONS,GBLPAGES,および GBLPAGFIL が表示されます。

ピリオド (.) を使用すれば,最後の SET パラメータ名または SHOW パラメータ名コマンドで指定したシステム・パラメータを取り出せます。




#1

SYSGEN> SHOW GBLSECTIONS
 
 


 
  
 
  
 
Parameter Name            Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
GBLSECTIONS                   100        40        20        -1 Sections 
 
SYSGEN> SET . 110 
 
SYSGEN> SHOW . 
 
Parameter Name            Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
GBLSECTIONS                   110        40        20        -1 Sections 

まず GBLSECTIONS パラメータの値を表示し,次にピリオドでパラメータを参照して現在の値を 110 に設定しています。次の SHOW コマンドでも,変更があったことをピリオドで確認しています。

#2

SYSGEN>   SHOW/ACP
 

VAXシステムにおいて,この例のコマンドは次の出力を作成します。


Parameters in use: Active 
Parameter Name             Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
ACP_MULTIPLE                     0         1         0         1 Boolean     D 
ACP_SHARE                        1         1         0         1 Boolean 
ACP_MAPCACHE                    52         8         1        -1 Pages       D 
ACP_HDRCACHE                   138       128         2        -1 Pages       D 
ACP_DIRCACHE                   138        80         2        -1 Pages       D 
ACP_DINDXCACHE                  37        25         2        -1 Pages       D 
ACP_WORKSET                      0         0         0        -1 Pages       D 
ACP_FIDCACHE                    64        64         0        -1 File-Ids    D 
ACP_EXTCACHE                    64        64         0        -1 Extents     D 
ACP_EXTLIMIT                   300       300         0      1000 Percent/10  D 
ACP_QUOCACHE                   130        64         0        -1 Users       D 
ACP_SYSACC                       4         8         0        -1 Directories D 
ACP_MAXREAD                     32        32         1        64 Blocks      D 
ACP_WINDOW                       7         7         1        -1 Pointers    D 
ACP_WRITEBACK                    1         1         0         1 Boolean     D 
ACP_DATACHECK                    2         2         0         3 Bit-mask    D 
ACP_BASEPRIO                     8         8         4        31 Priority    D 
ACP_SWAPFLGS                    14        15         0        15 Bit-mask    D 
ACP_XQP_RES                      1         1         0         1 Boolean 
ACP_REBLDSYSD                    0         1         0         1 Boolean 

#3

SYSGEN>   SHOW/ACP/HEX

次のように,ACP システム・パラメータ値を 16 進表記で出力しています。


Parameters in use: Active 
Parameter Name             Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
ACP_MULTIPLE              00000000  00000001  00000000  00000001 Boolean     D 
ACP_SHARE                 00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean 
ACP_MAPCACHE              00000034  00000008  00000001  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_HDRCACHE              0000008A  00000080  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_DIRCACHE              0000008A  00000050  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_DNDXCACHE             00000025  00000019  00000002  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_WORKSET               00000000  00000000  00000000  FFFFFFFF Pages       D 
ACP_FIDCACHE              00000040  00000040  00000000  FFFFFFFF File-Ids    D 
ACP_EXTCACHE              00000040  00000040  00000000  FFFFFFFF Extents     D 
ACP_EXTLIMIT              0000012C  0000012C  00000000  000003E8 Percent/10  D 
ACP_QUOCACHE              00000082  00000040  00000000  FFFFFFFF Users       D 
ACP_SYSACC                00000004  00000008  00000000  FFFFFFFF Directories D 
ACP_MAXREAD               00000020  00000020  00000001  00000040 Blocks      D 
ACP_WINDOW                00000007  00000007  00000001  FFFFFFFF Pointers    D 
ACP_WRITEBACK             00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean     D 
ACP_DATACHECK             00000002  00000002  00000000  00000003 Bit-mask    D 
ACP_BASEPRIO              00000008  00000008  00000004  0000001F Priority    D 
ACP_SWAPFLGS              0000000E  0000000F  00000000  0000000F Bit-mask    D 
ACP_XQP_RES               00000001  00000001  00000000  00000001 Boolean 
ACP_REBLDSYSD             00000000  00000001  00000000  00000001 Boolean 

#4

SYSGEN>   SHOW/PQL

Alpha システムまたは I64 システムでは,この例のコマンドは次のような出力を生成します。


 
Parameters in use: Active 
Parameter Name            Current    Default     Min.     Max.     Unit  Dynamic 
--------------            -------    -------    -------  -------   ----  ------- 
PQL_DASTLM                     24         24        -1        -1 Ast        D 
PQL_MASTLM                      4          4        -1        -1 Ast        D 
PQL_DBIOLM                     32         32        -1        -1 I/O        D 
PQL_MBIOLM                      4          4        -1        -1 I/O        D 
PQL_DBYTLM                  65536      65536        -1        -1 Bytes      D 
PQL_MBYTLM                   1024       1024        -1        -1 Bytes      D 
PQL_DCPULM                      0          0        -1        -1 10Ms       D 
PQL_MCPULM                      0          0        -1        -1 10Ms       D 
PQL_DDIOLM                     32         32        -1        -1 I/O        D 
PQL_MDIOLM                      4          4        -1        -1 I/O        D 
PQL_DFILLM                    128        128        -1        -1 Files      D 
PQL_MFILLM                      2          2        -1        -1 Files      D 
PQL_DPGFLQUOTA              65536      65536        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value              4096       4096         0        -1 Pages      D 
PQL_MPGFLQUOTA               2048       2048        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               128        128       128        -1 Pages      D 
PQL_DPRCLM                     32         32        -1        -1 Processes  D 
PQL_MPRCLM                      0          0        -1        -1 Processes  D 
PQL_DTQELM                     16         16        -1        -1 Timers     D 
PQL_MTQELM                      0          0        -1        -1 Timers     D 
PQL_DWSDEFAULT               2000       2000        -1        -1 Pagelets 
 internal value               125        125         0        -1 Pages 
PQL_MWSDEFAULT               2000       2000        -1        -1 Pagelets 
 internal value               125        125       125        -1 Pages 
PQL_DWSQUOTA                 4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250         0        -1 Pages      D 
PQL_MWSQUOTA                 4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250       250        -1 Pages      D 
PQL_DWSEXTENT               12000      12000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               750        750         0        -1 Pages      D 
PQL_MWSEXTENT                4000       4000        -1        -1 Pagelets   D 
 internal value               250        250       250        -1 Pages      D 
PQL_DENQLM                     64         64        -1        -1 Locks      D 
PQL_MENQLM                      4          4        -1        -1 Locks      D 
PQL_DJTQUOTA                 1024       1024        -1        -1 Bytes      D 
PQL_MJTQUOTA                    0          0        -1        -1 Bytes      D 


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項