日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引


ABOVE,BELOW,MINIMUM,MAXIMUM のキーワードは,単独でも,組み合わせても使用できます。たとえば, /SPAN_VERSIONS= (MINIMUM=V2.1,BELOW=V3.0)とすると,V2.1 以降で,V3.0 よりも前の (V3.0 を含まない) バージョンを選択します。ここで BELOW キーワードの代わりに MAXIMUM を使うと,V3.0 が含まれます。

/TEST (省略時の設定)



/NOTEST

PCSI に対して,製品のインストレーション検証プロシージャ(IVP)を実行するように要求します。

/TRACE



/NOTRACE (省略時の設定)

サブプロセスの作成および削除と,PRODUCT コマンドの処理の実行中にこのサブプロセスで発行する DCL コマンドやコマンド・プロシージャを示します。また,PCSI ユーティリティがサブプロセス環境に提供するスクラッチ・ディレクトリと一時ファイルの作成と削除についても表示します。 DCL が生成する出力もすべて表示されます。

この修飾子は,製品キット内に含まれているコマンド・プロシージャの実行をトレースする製品開発者のために主にデバッグ支援を行います。詳細については,『POLYCENTER Software Installation Utility Developer's Guide』を参照してください。

/VERSION=バージョン番号

指定されたバージョンを持つソフトウェア製品を選択します。

/WORK=デバイス:[ディレクトリ]

一時的な作業領域として使用されるデバイスとディレクトリを指定します。省略時の設定では,一時ファイルはユーザのログイン・ディレクトリのサブディレクトリの中に作成されます。



$ PRODUCT INSTALL POSIX/VERSION=3.0 /CONFIGURATION=OUTPUT=POSIX.PCF
 

この例のコマンドは,POSIXバージョン3.0をインストールし,製品構成ファイルを作成します。



LIST

ソフトウェア製品キットに格納されているファイルの名前をリストします。 /SELECT 修飾子を使用してファイルの一部だけを指定した場合を除き,すべてのファイルがリストされます。



形式

PRODUCT LIST 製品名[,...] [/修飾子]




パラメータ



製品名

1 つの製品または複数の製品の名前を指定します。その製品のキットの内容がリストされます。このパラメータは必須です。



修飾子



/BASE_SYSTEM=基本システム名

指定したものと基本システムが合致するソフトウェア製品を選択します。基本システム名は,ハードウェア・プラットフォームとオペレーティング・システムの両方を識別するものです。標準名は次のとおりです。

名前 説明
AXPVMS OpenVMS Alpha 製品を示す。
I64VMS OpenVMS I64 製品を示す。
VAXVMS OpenVMS VAX 製品を示す。
VMS 複数の OpenVMS プラットフォームにインストールできる製品を示す。



/FULL



/NOFULL (省略時の設定)

キットに含まれているファイルに関する情報を 132 桁形式で表示します。 /FULL 修飾子を指定すると,各ファイルのファイル名,ファイルのブロック単位のサイズが表示され,追加情報(たとえば,ファイルが製品記述ファイルである,一時ファイルである,ライブラリ・ファイルを更新するモジュール・ファイルであるなど)を提供できるコメント・フィールドが提供されます。 /NOFULL 修飾子を指定すると,キット内にある各ファイルのファイル名のみが 80 桁形式で表示されます。

/KIT_ATTRIBUTES=キーワード([,...])

キット・タイプまたはキット形式,あるいはその両方によってキットを選択します。次のキーワードが使用できます。

FORMAT=
形式タイプ
次のように製品キットの形式を指定します。

   
COMPRESSED データ圧縮テクニックが順編成キットに適用されている圧縮形式。圧縮されたキットは .PCSI$COMPRESSED ファイル・タイプです。
REFERENCE 製品ファイルがディレクトリ木構造に存在する参照形式。ディレクトリ木構造のトップ・レベルにある .PCSI$DESCRIPTION ファイルは,参照キットを示します。
SEQUENTIAL 製品ファイルがコンテナ・ファイル内に配置される順編成形式。 .PCSI のファイル・タイプは順編成キットを示します。

TYPE=
キット・タイプ
次のように製品キットのタイプを指定します。

FULL レイヤード・プロダクト (アプリケーション) ソフトウェア。
OPERATING_SYSTEM オペレーティング・システム・ソフトウェア。
MANDATORY_UPDATE 現在インストールされているソフトウェアに対する必須の修正。このタイプのキットの機能はパッチ・キットと同一です。
PARTIAL 現在インストールされているソフトウェアに対するアップグレード。このキットをインストールすると,製品のバージョンが変わります。
PATCH 現在インストールされているソフトウェアに対する修正。このキットをインストールしても,製品のバージョンは変わりません。
PLATFORM ソフトウェア製品の統合された集合 (製品群とも呼ぶ)。
TRANSITION インストール済みであっても,製品データベースには記録されていない製品 (VMSINSTAL でインストールされた製品など) についての情報を登録する際に使用します。このキットでは製品マテリアルは提供しません。



/OPTIONS=キーワード



/NOOPTIONS (省略時の設定)

PRODUCT コマンド・オプションを指定します。キーワードは次のとおりです。

NOCONFIRM 処理用に選択されている製品を検証するかどうかをユーザに尋ねる確認ダイアログを省略します。

キーワード NOCONFIRM と NODEFAULT_KIT は,同時に使用することはできません。

NODEFAULT_KIT 製品の選択条件に一致するキットが,ソース・ディレクトリ・パス中に複数見つかった場合に,省略時のキットを選択するのではなく,ユーザに問い合わせるようにユーティリティに指示します。選択条件には,キットのファイル名に埋め込まれている作成者,基本システム,製品名,製品バージョンの文字列が含まれます。

選択した製品に対して複数のキットが見つかり, NODEFAULT_KIT を指定していない場合,ユーティリティは以下の規則を適用して使用するキットを決定します。

  1. キットのファイル名の最後の文字 (1 〜 7) を使用して,キットをキット・タイプの順に並べます。優先順位が高い順から,FULL,OPERATING_SYSTEM,PARTIAL, PATCH,PLATFORM,TRANSITION,MANDATORY_UPDATE となります。

  2. ファイル・タイプを使用して,キットを形式ごとに並べます。優先順位が高い順から,COMPRESSED (.PCSI$COMPRESSED), SEQUENTIAL (.PCSI),REFERENCE (.PCSI$DESCRIPTION) となります。

  3. ファイル名とファイル・タイプが同じで,ディレクトリ・パス名,ファイル指定の大文字と小文字の区別,ファイルのバージョンが異なるキットが複数見つかった場合には, RMS の検索規則で最初に見つかったファイルが優先されます。

キーワード NODEFAULT_KIT と NOCONFIRM は,同時に使用することはできません。

NOVALIDATE_KIT 署名済みでソース・ディレクトリにマニフェスト・ファイルがあるソフトウェア製品キットの検証を無効にします。



/PRODUCER=作成者名

指定された製造業者が製造したソフトウェア製品を選択します。

/SELECT=ファイル名[,...]

1 つまたは複数のファイルの名前を指定します。これらのファイルは,指定した製品キットに格納されています。ファイル名全体または一部に対して,ワイルカード文字としてアスタリスク (*) とパーセント記号 (%) を使用できます。ファイル名には (...) という反復文字を含むディレクトリも指定できます。

/SOURCE=デバイス名:[ディレクトリ名]

ユーティリティがソフトウェア製品キットを検索するディスクとディレクトリを指定します。/SOURCE を指定しなかった場合には,ユーティリティは論理名 PCSI$SOURCE によって定義される場所を検索します。PCSI$SOURCE が定義されておらず,/SOURCE 修飾子も指定しなかった場合には,PCSI は現在の省略時のディレクトリを検索します。

/SPAN_VERSIONS=キーワード([,...])

指定されたバージョン条件にバージョンが一致するソフトウェア製品を選択します。次のキーワードが使用できます。

ABOVE=バージョン 指定されたバージョンよりも後のバージョンを選択します
BELOW=バージョン 指定されたバージョンよりも前のバージョンを選択します
MINIMUM=バージョン 指定されたバージョン以降のバージョンを選択します
MAXIMUM=バージョン 指定されたバージョン以前のバージョンを選択します

ABOVE,BELOW,MINIMUM,MAXIMUM のキーワードは,単独でも,組み合わせても使用できます。たとえば, /SPAN_VERSIONS= (MINIMUM=V2.1,BELOW=V3.0)とすると,V2.1 以降で,V3.0 よりも前の (V3.0 を含まない) バージョンを選択します。ここで BELOW キーワードの代わりに MAXIMUM を使うと,V3.0 が含まれます。

/VERSION=バージョン番号

指定されたバージョンを持つソフトウェア製品を選択します。




$ PRODUCT LIST TEST /SELECT=TEST.* /SOURCE=[AL]

この例では,PCSI は,選択条件 TEST.* と一致するすべてのファイルを,ユーザの省略時のディレクトリの [AL] ディレクトリにある TEST という製品のキットからリストします。



PACKAGE

PRODUCT INSTALL コマンドを使用してインストールすることができるソフトウェア製品キットを作成します。



形式

PRODUCT PACKAGE 製品名[,...] [/修飾子] /SOURCE=ファイル指定 /DESTINATION=デバイス名[:ディレクトリ名] /MATERIAL=(パス名[,...])




説明

PRODUCT PACKAGE コマンドはソース・ディレクトリとマテリアル・ディレクトリから入力を収集し,デスティネーション・ディレクトリに製品キットを作成します。キットの開発者は,ソース・ディレクトリに必要な製品記述ファイル (PDF) とオプションの製品テキスト・ファイル (PTF) を格納します。マテリアル・ディレクトリには,実行可能なイメージと製品を構成するその他のファイルを格納します。また,製品固有のインストール作業を実行するために製品の開発者が提供するコマンド・プロシージャも,マテリアル・ディレクトリに格納します。

パッケージ化操作の際,PCSI ユーティリティは, PDF と PTF を変更された形式でキットに格納します。 PDF からコメントが削除され,インストールされる各ファイルのサイズなどの情報が追加されます。 PTF ファイルはテキスト・ライブラリ形式に変換され,ファイル・タイプは .PCSI$TLB となります。

PRODUCT PACKAGE コマンドでは,順編成形式または参照形式の製品キットを作成できます。圧縮形式のキットを作成するには,まず PRODUCT PACKAGE コマンドを実行して順編成形式でキットを作成します。次に PRODUCT COPY コマンドを実行して,この順編成キットを圧縮形式のキットに変換します。

PRODUCT PACKAGE コマンドでは /SOURCE 修飾子, /DESTINATION 修飾子,/MATERIAL 修飾子は必須です。




パラメータ



製品名

パッケージする製品または製品リストの名前を指定します。



修飾子



/BASE_SYSTEM=基本システム名

指定したものと基本システムが合致するソフトウェア製品を選択します。基本システム名は,ハードウェア・プラットフォームとオペレーティング・システムの両方を識別するものです。標準名は次のとおりです。

名前 説明
AXPVMS OpenVMS Alpha 製品を示す。
I64VMS OpenVMS I64 製品を示す。
VAXVMS OpenVMS VAX 製品を示す。
VMS 複数の OpenVMS プラットフォームにインストールできる製品を示す。



/COPY (省略時の設定)



/NOCOPY

参照形式でキットを生成しているときに,製品マテリアル・ファイルと関連ディレクトリを製品キットに格納するかどうかを指定します。PDF ファイルをデバッグするだけで,完全な製品キットを作成する必要がない場合には,/NOCOPY 修飾子を使用すると,ファイルの処理時間を短縮できます。

/NOCOPY 修飾子と /FORMAT=SEQUENTIAL 修飾子は相互に排他的です。

/DESTINATION=デバイス名:[ディレクトリ名]

製品キットを作成する場所を指定します。

/FORMAT=SEQUENTIAL を使用した場合には,/DESTINATION は,ユーティリティが順編成キットを作成するディレクトリを指定します。順編成キットはコンテナ・ファイルであり,製品を構成する PDF,PTF,すべてのイメージ・ファイルとその他のマテリアルが格納されます。順編成キット・ファイルのファイル・タイプは .PCSI です。

/FORMAT=REFERENCE を使用した場合には (または省略時の設定を使用した場合),/DESTINATION は,ユーティリティが出力 PDF ファイルとオプションの PTF ファイルを作成するディレクトリを指定します。PDF ファイルと PTF ファイルのファイル・タイプはそれぞれ,.PCSI$DESCRIPTION と .PCSI$TLB です。製品を構成するイメージとその他のマテリアルは,このディレクトリの下のディレクトリ・ツリーに格納されます。

デバイス名を指定しなかった場合には,省略時の設定はユーザの省略時のデバイスです。ディレクトリ名を指定しなかった場合には,省略時の設定はユーザの省略時のディレクトリです。

PRODUCT PACKAGE操作は,/DESTINATION修飾子が使用されているかどうかにかかわらず,論理名PCSI$DESTINATIONを無視します。

/FORMAT=キーワード

製品キットの出力形式を指定します。キーワードは次のいずれかです。

REFERENCE 直接アクセス用に製品ファイルがディレクトリ木構造で格納される参照形式。ユーティリティは,ディレクトリ木構造のトップ・レベルに,ファイル・タイプ .PCSI$DESCRIPTION で製品記述ファイルを作成します。
SEQUENTIAL 製品ファイルが, PCSI ファイル・タイプを持つコンテナ・ファイルに格納される順編成形式。

省略時の設定は /FORMAT=REFERENCE です。

圧縮形式のキットを作成する場合には,PRODUCT PACKAGE コマンドは使用できません。代わりに,PRODUCT COPY コマンドを使用して,順編成形式のキットを圧縮形式のキットに変換します。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

製品キットにパッケージされたファイルのファイル指定と製品キット・ファイルの名前を表示します。

/OPTIONS=キーワード



/NOOPTIONS (省略時の設定)

PRODUCT コマンド・オプションを指定します。キーワードは次のとおりです。

NOCONFIRM 処理用に選択されている製品を検証するかどうかをユーザに尋ねる確認ダイアログを省略する。



/MATERIAL=(パス名[,...])

ソフトウェア製品キットに格納する製品マテリアル・ファイルをユーティリティが検索する場所を 1 つ以上指定します。マテリアル・ファイルは作成者のソフトウェア・エンジニアリング・プロセスの出力,つまり,インストール中に使われる可能性のあるすべてのコマンド・プロシージャなど,ソフトウェア製品を構成する他のすべてのファイルを表します。

/MATERIAL 修飾子では PDF と PTF の位置は指定されません。詳細については /SOURCE 修飾子を参照してください。

この修飾子は PRODUCT PACKAGE コマンドの必須修飾子です。パス名を 1 つだけ指定する場合には,括弧 (()) を省略してもかまいません。複数のパス名を指定する場合には,括弧は必須です。

パス名の形式はデバイス名:[ディレクトリ名] です。

パス名は次のように指定できます。

特定のディレクトリ 1 つのディレクトリだけが検索される。
ワイルドカード・ディレクトリ ディレクトリ名にワイルドカードとして 1 つ以上のアスタリスク (*),パーセント記号 (%),反復文字 (...) が含まれる。ワイルドカード指定を満たすすべてのディレクトリが検索される。
ルート・ディレクトリ ディレクトリ名の後のピリオド (.) は,ルート・ディレクトリ指定を示す。たとえば,TEST$:[ABC.FT2.] は, PDF の FILE 文の相対ファイル指定と組み合わされ,パッケージ化の際のファイルの位置を示す。

パス名にルート・ディレクトリが含まれている場合,ユーティリティは PDF 内の FILE 文の相対ファイル指定をルート・ディレクトリに追加し,ファイルを探す場所を決定します。しかし,パス名で特定のディレクトリとワイルドカード・ディレクトリのどちらかが使用されていると,ファイルを探す際に FILE 文の相対ファイル指定は使用されません。代わりに,/MATERIAL 修飾子で指定されたディレクトリを使用してファイルが検索されます。

ワイルドカード・ディレクトリまたはパス名のリストを使用するときに,別のディレクトリ内のファイルに同じ名前のものがある場合には,検索パス内の最初のファイルだけがキットにパッケージ化されます。その結果,相対ファイル指定を使用してファイルが一意に識別されないため, FILE 文でそのファイル名が参照されるたびに同じファイルがパッケージ化されます。したがって,異なるディレクトリに同じ名前で別のファイルがある場合は,パス名としてルート・ディレクトリ形式を使用して,これらのファイルを正しくパッケージ化してください。

一般に,特定のディレクトリまたはルート・ディレクトリを使用する方が,ワイルドカード・ディレクトリを使用するよりも効率的です。数百ものファイルを含む製品のパッケージを作成する場合,パス名を指定する際に使う方法によって,処理時間にかなりの差が出る可能性があります。マテリアル・パス名の選択は,キットをインストールするために必要な時間には影響しません。

/OWNER_UIC=uic

コピー操作で作成されたファイルの所有者 UIC (ユーザ識別コード) を指定します。省略時の設定では,操作を実行するユーザはソフトウェア製品ファイルを所有します。たとえば,自分のアカウントにログインしている場合には,コピー操作でこの修飾子を使用して,製品ファイルの所有権を自分のアカウントではなく,SYSTEM に割り当てることができます。UIC は英数字 ([name] という形式) または 8 進数のグループ・メンバ形式 ([g,m] いう形式) で指定します。UIC の形式については『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/PRODUCER=作成者名

指定された製造業者が製造したソフトウェア製品を選択します。

/SOURCE=ファイル指定

入力 PDF ファイルの場所を指定します。デバイス名を指定しなかった場合には,省略時の設定はユーザの省略時のデバイスです。ディレクトリ名を指定しなかった場合には,省略時の設定はユーザの省略時のディレクトリです。ファイル指定でファイル名とファイル・タイプを指定しなかった場合には,省略時の設定は <完全な製品名>.PCSI$DESCRIPTION です。

オプションの PTF を使用する場合には,PDF と同じディレクトリにあり,同じファイル名であり,ファイル・タイプが .PCSI$TEXT でなければなりません。<完全な製品名>.PCSI$TEXT という名前のファイルが見つからない場合には,パッケージ操作は PTF を使用しません。

この修飾子は PRODUCT PACKAGE コマンドの必須修飾子です。論理名 PCSI$SOURCE は使用されません。

/VERSION=バージョン番号

指定されたバージョンを持つソフトウェア製品を選択します。




$ PRODUCT PACKAGE VIEWER - 
_$ /PRODUCER=ABC /BASE_SYSTEM=AXPVMS -
_$ /FORMAT=SEQUENTIAL /LOG -
_$ /SOURCE=BUILD$:[TEST.PDF] -
_$ /DESTINATION=DKA200:[PCSI_KITS] -
_$ /MATERIAL=BUILD$:[TEST.VIEWER0201]
 


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項