日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




CONVERT DEVICE_DATABASE

デバイス・データベースを LANCP が必要とする形式に変換します。データベースが更新されていない場合でも, LANCP はデータベースを読み込むことができますが,エントリが変更されていないかぎり,データベース内のエントリを変換しません。 OpenVMS のリリース間でデバイス・エントリの内容が変更になった場合に変換が必要になります。通常,LANCP と LANACP は,必要に応じてエントリを自動的に更新します。

SYSPRV特権が必要です。




形式

CONVERT DEVICE_DATABASE デバイス・データベース




パラメータ

なし。



修飾子

なし。


CONVERT NODE_DATABASE

ノード・データベースを LANCP が必要とする形式に変換します。データベースが更新されていない場合でも, LANCP はデータベースを読み込むことができますが,エントリが変更されていないかぎり,データベース内のエントリを変換しません。 OpenVMS のリリース間でノード・エントリの内容が変更になった場合に変換が必要になります。通常,LANCP と LANACP は,必要に応じて自動的にエントリを更新します。

SYSPRV 特権が必要です。




形式

CONVERT NODE_DATABASE ノード・データベース




パラメータ

なし。



修飾子

なし。


DEFINE DEVICE

LAN パーマネント・デバイス・データベースにデバイスを入力するか,既存のエントリを変更します。SYSPRV 特権が必要です。

修飾子

修飾子の一覧とそれぞれの修飾子の説明については,SET DEVICE コマンドを参照してください。特に明記しないかぎり,唯一の違いは,DEFINE DEVICE が,LAN 運用時デバイス・データベースではなく,LAN パーマネントデバイス・データベース内のエントリに適用されることです。




形式

DEFINE DEVICE デバイス名




パラメータ



デバイス名

LAN パーマネント・デバイス・データベースに追加するデバイスの名前か,変更するエントリの名前を指定します。デバイス名の形式は, dd をデバイス・コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。 LAN デバイスは,テンプレート・デバイスの名前で指定し,これはユニット 0 になります。たとえば,最初の PCI イーサネット・デバイスは EWA0, 2 つ目のイーサネット・デバイスは EWB0 と指定されます。



#1

LANCP> DEFINE DEVICE EXA0/MOPDLL=(ENABLE,EXCLUSIVE)

このコマンドは,LANACP MOP ダウンライン・ロード・サービスを排他モードで有効にするために LAN デバイス EXA0 を定義しています。 KNOWNCLIENTSONLY と SIZE の設定は変更されません。デバイス・エントリが LAN パーマネント・デバイス・データベースに存在しない場合,これらの設定は省略時の値に設定されます。

#2

LANCP> DEFINE DEVICE/ALL/MOPDLL=NOEXCLUSIVE

このコマンドは,LANACP MOP ダウンライン・ロード・サービスに関して,LAN パーマネント・デバイス・データベースに定義されているすべての LAN デバイスを非排他モードに設定します。

#3

LANCP> DEFINE DEVICE/ALL/UPDATE/VOLATILE_DATABASE

このコマンドは,すべてのイーサネット・デバイスを LAN パーマネント・デバイスデータベースに入力し,現在のパラメータ値でエントリを更新します。



DEFINE NODE

LAN パーマネント・ノード・データベースにノードを入力するか,既存のエントリを変更します。SYSPRV 特権が必要です。

修飾子

修飾子の一覧とそれぞれの修飾子の説明については,SET NODE コマンドを参照してください。特に明記しないかぎり,唯一の違いは,DEFINE NODE が,LAN 運用時デバイス・データベースではなく,LAN パーマネント・デバイス・データベース内のエントリに適用されることです。




形式

DEFINE NODE ノード名




パラメータ



ノード名

LAN パーマネント・ノード・データベースに追加するノードの名前か,変更するエントリを指定します。一般に,ノード名はシステム・パラメータ SCSNODE で指定されたものと同じですが,必ずしもそうである必要はありません。ノード名の長さは 63 文字以内です。



#1

LANCP> DEFINE NODE GALAXY/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                  /FILE=NISCS_LOAD.EXE - 
                  /ROOT=$64$DIA14:<SYS10.> - 
                  /BOOT_TYPE=VAX_SATELLITE

このコマンドは,LAN パーマネント・ノード・データベースの中のノード GALAXY を,OpenVMS Cluster の VAX サテライトとしてブートするように設定します。

NISCS_LOAD.EXE ファイルは,実際には,$64$DIA14: <SYS10. SYSCOMMON.SYSLIB> に置かれています。 <SYSCOMMON.SYSLIB> は LANACP LAN Server プロセスによって指定され,ルート定義には含まれていません。

#2

LANCP> DEFINE NODE ZAPNOT/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                  /FILE=APB.EXE - 
                  /ROOT=$64$DIA14:<SYS10.> - 
                  /BOOT_TYPE=ALPHA_SATELLITE

このコマンドは,ノード ZAPNOT を,OpenVMS Cluster の Alpha サテライトとしてブートするように設定します。

APB.EXE ファイルは,実際には,$64$DIA14:<SYS10.SYSCOMMON. SYSEXE> に置かれています。<SYSCOMMON.SYSEXE> は LANACP LAN Server プロセスによって指定され,ルート定義には含まれていません。

#3

LANCP> DEFINE NODE CALPAL/ADDRESS=08-00-2B-11-22-33 - 
                  /FILE=APB_061.EXE

このコマンドは,ノード CALPAL を,InfoServer イメージをブートするように設定します。これは,ノード CALPAL から,ファイル名が含まれていないロード要求が受信されたときにロードするファイルを定義します。

ファイルにはディレクトリ指定が含まれていないので,論理名 LAN$DLL がファイルの位置を定義します。ファイル名を使用するか,/ROOT 修飾子を使用することにより,ディレクトリ指定を指定することもできます。

ブート・コマンドの中でファイル名を明示的に指定すると,ノード・データベース・エントリの中で指定されたファイル名が無効になることに注意してください。



EXIT

LANCP の実行を中止し,DCL コマンド・レベルに制御を戻します。また,Ctrl/Z を入力すれば,いつでも終了することができます。



形式

EXIT




パラメータ

なし。



修飾子

なし。




LANCP> EXIT
$
 

このコマンドは LANCP の実行を中止し,DCL コマンド・レベルに制御を戻します。



HELP

LANCP ユーティリティに関するオンライン・ヘルプ情報を表示します。



形式

HELP [トピック]




パラメータ



トピック

情報を表示したい項目,つまり LANCP コマンド名または LANCP コマンド名とコマンド・キーワードの組み合わせを指定します。 HELP SET のように,HELP コマンドとコマンド名だけを入力すると, SET コマンドで使用するコマンドのキーワードがすべて表示されます。



修飾子

なし。




LANCP> HELP DEFINE DEVICE
DEFINE 
 
  DEVICE 
 
 
        DEVICE device-name/qualifiers 
        DEVICE/ALL/qualifiers 
 
      Sets device specific parameters for the specified LAN devices. 
 
      Requires SYSPRV privilege. 
 
 
 
    Additional information available: 
 
    Parameters Qualifiers 
    /ALL  /ATMADDRESS /DLL /ELAN /MOPDLL    /VOLATILE_DATABASE    /UPDATE 
    Examples 
 
DEFINE DEVICE Subtopic? 
 

このコマンドは LANCP コマンド DEFINE DEVICE のオンライン・ヘルプを表示します。



LIST DEVICE

LAN パーマネント・デバイス・データベースの中の情報を表示します。



形式

LIST DEVICE デバイス名




パラメータ



デバイス名

LAN コントローラ・デバイス名を指定します。デバイス名の形式は, dd をデバイス・コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN デバイスは,ユニット 0 のテンプレート・デバイスの名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット・デバイスは EWA0, 2 つ目のイーサネット・デバイスは EWB0 と指定されます。

たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: と指定できます。これは,デバイスのパラメータとカウンタの大部分が保持されている LAN テンプレート・デバイスを指します。また,デバイス名は,実際のユーザまたはプロトコルを表すデバイスを指すこともできます。たとえば,クラスタ・プロトコルはデバイス上で EWA1 として起動することができます。デバイスを指定して,デバイス固有のパラメータ情報を表示させることもできます。

デバイス名を指定しないと,すべてのデバイスが表示されます。

デバイス名を指定すると,合致するすべての LAN デバイスが表示されます。たとえば,すべてのイーサネット・デバイスを選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネット・デバイスを選択する場合は EW と指定します。

注意

修飾子を指定しないと,ユーティリティは,合致するデバイスを詳細情報を付けずに表示します。




修飾子



/ALL

LAN パーマネント・デバイス・データベースのすべてのデバイスをリストします。

/CHARACTERISTICS または /PARAMETERS

デバイスの状態と関連情報をリストします。

/DLL または /MOPDLL

MOP ダウンライン・ロードの属性を表示します。

/MAP

トークン・リング・デバイスに対する,機能アドレス・マッピング・テーブルの現在の構成をリストします。

/OUTPUT=ファイル名

指定したファイルを作成し,それに出力を格納します。

/SR_ENTRY

現在のソース・ルーティング・キャッシュ・テーブルの内容をリストします。

/TRACE

デバイスに設定されているドライバ・トレース・パラメータをリストします。



#1

LANCP> LIST DEVICE/MOPDLL
 
Device Listing, permanent  database: 
              --- MOP Downline Load Service Characteristics --- 
   Device     State   Access Mode      Clients           Data Size 
   ------     -----   -----------      -------           --------- 
   EXA0      Enabled  Exclusive    KnownClientsOnly      1400 bytes 
   FXA0      Disabled NoExclusive  NoKnownClientsOnly     246 bytes 

このコマンドは,LAN パーマネント・デバイス・データベースの中のすべての既知のデバイスについて MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。



LIST NODE

LAN パーマネント・ノード・データベースの中の情報,特に MOP ダウンライン・ロード情報を表示します。



形式

LIST NODE ノード名




パラメータ



ノード名

ノード名を指定します。これはノード・アドレスに関連付けられた 63 文字までの名前です。ノード名が指定されていない場合は,すべてのノードが表示されます。



修飾子



/ALL

LAN パーマネント・ノード・データベースの中のすべてのノードのデータを表示します。ノード名を指定すると,合致するすべてのノードが選択されます。たとえば,A/ALL は A で始まるすべてのノードを選択します。

/OUTPUT=ファイル名

指定されたファイルを作成し,出力を格納します。ファイル・タイプが .com の場合,出力は DEFINE NODE コマンドまたは SET NODE コマンドのリストの形式で格納されます。この結果として得られたコマンド・ファイルを使って,LAN ノード・データベースを作成することができます。




LANCP> LIST NODE
Node Listing: 
 
GALAXY (08-00-2B-2C-51-28): 
  MOP DLL: Load file:   APB.EXE 
           Load root:   $64$DIA24:<SYS11.> 
           Boot type:   Alpha satellite 
 
ZAPNOT (08-00-2B-18-7E-33): 
  MOP DLL: Load file:   NISCS_LOAD.EXE 
           Load root:   LAVC$SYSDEVICE:<SYS10.> 
           Boot type:   VAX satellite 
 
CALPAL (08-00-2B-08-9F-4C): 
  MOP DLL: Load file:   READ_ADDR.SYS 
           Last file:   LAN$DLL:APB_X5WN.SYS 
           Boot type:   Other 
           2 loads requested, 1 volunteered 
           1 succeeded, 0 failed 
           Last request was for a system image, in MOP V4 format 
           Last load initiated 10-JUN-1998 09:11:17 on EXA0 for 00:00:06.65 
           527665 bytes, 4161 packets, 0 transmit failures 
        
Unnamed (00-00-00-00-00-00): 
 
Totals: 
  Requests received    2 
  Requests volunteered 1 
  Successful loads     1 
  Failed loads         0 
  Packets sent         2080 
  Packets received     2081 
  Bytes sent           523481 
  Bytes received       4184 
  Last load            CALPAL at 10-JUN-1998 09:11:17.29 
 
 
 
 

この例は,3 つのノード(GALAXY,ZAPNOT および CALPAL)が定義されているローカル・ノードに対して発行された LIST NODE コマンドの出力を示しています。CALPAL は 2 つのロード要求を発行しています。

  • 1 つ目の要求は,ローカル・ノードが受け入れを表明したことを示す,CALPAL からのマルチキャスト要求です。

  • 2 つ目の要求は,実際のロード・データに関して,CALPAL によって直接にローカル・ノードに送信されたロード要求です。2 つ目のロード要求からロードが終わるまでに経過した時間は 6.65 秒でした。



PURGE DEVICE

LAN パーマネント・デバイス・データベースからデバイス・データを削除します。 SYSPRV 特権が必要です。



形式

PURGE DEVICE デバイス名




パラメータ



デバイス名

LAN コントローラのデバイス名を指定します。デバイス名の形式は, dd をデバイス・コード,c をコントローラ指定,u をユニット番号として, ddcu です。LAN デバイスは,ユニット 0 のテンプレート・デバイスの名前で指定します。たとえば,最初の PCI イーサネット・デバイスは EWA0, 2 つ目のイーサネット・デバイスは EWB0 と指定されます。

たとえば,DEMNA コントローラは EXA,EXA0 または EXA0: と指定できます。すべての LAN デバイスを選択するには,デバイス名を省略して /ALL 修飾子を指定してください。




修飾子



/ALL

LAN パーマネント・デバイス・データベースの中のすべての LAN デバイスのデータを削除します。デバイス名を指定すると,合致するすべての LAN デバイスが選択されます。たとえば,すべてのイーサネット・デバイスを選択する場合は E,FDDI の場合は F,トークン・リングの場合は I,すべての PCI イーサネットデバイスを選択する場合は EW と指定します。

/CHARACTERISTICS または /PARAMETERS

速度,二重モード,その他のデバイス・パラメータといった, LAN デバイスのデバイス特性の設定を削除します。

/DLL または /MOPDLL

LAN デバイスの MOP ダウンライン・ロードの設定を削除します。

/TRACE

LAN デバイスのドライバ・トレースの設定を削除します。

削除するデータの種類を指定する修飾子を指定しないと,デバイス・エントリ全体が削除されます。





LANCP> PURGE DEVICE/ALL

このコマンドは,LAN パーマネント・デバイス・データベースからすべてのデバイスを削除します。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項