日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引


使い方に関する注意

  • 特権付きイメージ用の特権群は,空にしておくことができます。

  • 特権を定義,再定義するときには,毎回それぞれの特権をリストしなければなりません。

  • /PRIVILEGED 修飾子は,実行可能イメージのみに適用されます。

  • この修飾子は,/TRACEBACK 修飾子とリンクする実行可能イメージには使用できません。

  • /NOPRIVILEGED 修飾子に特権名を割り当てることはできません。

共用イメージのインストール

イメージを特権付きでインストールすることは,そのイメージがシステムの一貫性とセキュリティの正確さを保持すると信頼されたイメージであることを宣言したものです。この信頼を維持するために,特権付きイメージから呼び出されるルーチンも,すべて同様に信頼されなければなりません。このため,特権付きイメージが使用するために起動される共用イメージは,すべてインストールされる必要があります。特権付きイメージで使用される共用イメージの場所を特定できるのは,信頼された論理名 (エグゼクティブ・モードおよびカーネル・モードで定義された論理名) だけです。

/PRIVILEGED と /AUTHPRIVILEGES の相互作用

新しいエントリを作成する際に,/AUTHPRIVILEGED 修飾子で具体的な認可済み特権を割り当てない場合,割り当てる特権は認可済み特権にも割り当てられます。

イメージを置き換えるときに, /PRIVILEGED 修飾子で割り当てられる特権は認可済み特権には 割り当てられません。また,/NOAUTHPRIVILEGES 修飾子を指定して REPLACE コマンドを使用した場合,認可済み特権は, /PRIVILEGED 修飾子で設定される省略時の特権と同じものになります。

指定できる特権の詳細については,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』の付録を参照してください (省略時の設定は ALL です)。

CREATE コマンドでの /PRIVILEGES 修飾子の使用例については,このコマンドの最後にある例を参照してください。

/PROTECTED



/NOPROTECTED (省略時の設定)

ユーザ・モードとスーパバイザ・モードの書き込みアクセスから保護される既知イメージとして,ファイルをインストールします。このイメージに書き込むためには,エグゼクティブ・モードまたはカーネル・モードが必要です。特権付き共用可能イメージとなるユーザ作成サービスを実現する場合は,/PROTECTED 修飾子を /SHARE 修飾子と併用します。

/PURGE (省略時の設定)



/NOPURGE

イメージを PURGE 処理で削除できることを指定します。 /NOPURGE を指定した場合には,REMOVE 処理を使用してイメージを削除します。

/RESIDENT[=([NO]CODE,[NO]DATA)]

Alpha システムと I64 システムでは,イメージ・コード・セクションや読み込み専用データ・セクションを粒度ヒント領域に格納し,その他のイメージ・セクションはプロセス空間の中に置いたまま圧縮します。/RESIDENT修飾子を指定しないと,コードとデータのどちらも常駐としてインストールされません。/RESIDENT修飾子をキーワード引数なしで指定すると,コードが常駐としてインストールされ,データは常駐としてインストールされません。

イメージは/SECTION_BINDING=(CODE,DATA)修飾子を使ってリンクする必要があります。常駐のコードまたはデータ付きでインストールされたイメージは,暗黙のうちにヘッダ常駐で,共用としてインストールされます。

/SHARED[=[NO]ADDRESS_DATA]



/NOSHARED

ファイルを共用既知イメージとしてインストールし,共用可能なイメージ・セクションのためのグローバル・セクションを作成します。共用としてインストールされたイメージは,暗黙のうちにオープンとしてインストールされます。

/SHARED 修飾子で ADDRESS_DATA キーワードを使用する場合は, P1 スペース・アドレスは共用可能イメージのために割り当てられます。イメージが起動され,CPU と I/O タイムを減少しているときではなく,イメージがインストールされたときに,割り当てられたアドレスについて, INSTALL ユーティリティはアドレス・データ・セクションの内容を判断することができます。グローバル・セクションは,アドレス・データ・イメージ・セクションへの共用アクセスを許可するために作成されます。

/WRITABLE=[GALAXY[=IDENT]]



/NOWRITABLE

/SHARED 修飾子も指定している場合,書き込み可能な既知イメージとしてファイルをインストールします。 /WRITABLE 修飾子は,共用可能で書き込み可能なイメージ・セクションのイメージにのみ適用されます。/NOSHARED 修飾子を指定した場合は, /WRITABLE 修飾子は自動的に打ち消されます。

GALAXY キーワードを /WRITABLE 修飾子とともに使用すると, Galaxy グローバル・セクションに共用イメージ・セクションを配置することができます。また,IDENT キーワードを GALAXY とともに使用すると, Galaxy システムでイメージの複数のバージョンを同時に使用できるように, Galaxy グローバル・セクションの名前にイメージ識別情報を入れることもできます。






#1

INSTALL> CREATE/OPEN/SHARED WRKD$:[MAIN]STATSHR

イメージ・ファイル STATSHR を,永久的にオープン状態の共用既知イメージとしてインストールしています。

#2

INSTALL> CREATE/OPEN/PRIVILEGED=(GROUP,GRPNAM) GRPCOMM

イメージ・ファイル GRPCOMM を,永久的にオープン状態の GROUP 特権と GRPNAM 特権を持つ既知イメージとしてインストールしています。

GRPCOMM を実行している間,GRPCOMM を実行するプロセスにはすべて, GROUP 特権と GRPNAM 特権が許可されます。GRPCOMM のフルネームは, SYS$SYSTEM:GRPCOMM.EXE と仮定しています。

#3

INSTALL> CREATE/LOG GRPCOMM

イメージ・ファイル GRPCOMM を既知イメージとしてインストールし,追加した既知ファイル・エントリを表示しています。

#4

INSTALL> CREATE/SHARED=ADDRESS_DATA WRKD$:[MAIN]INFOSHR

INFOSHR ファイルを共用既知イメージとしてインストールし,コード・セクションと読み込み専用データ・セクションのために,共用グローバル・セクションを作成します。コマンドに ADDRESS_DATA キーワードが含まれているので,アドレス・データは共用グローバル・セクションとして作成されます。

#5

INSTALL> CREATE STATSHR/PRIV

特権をすべて付けて STATSHR イメージを作成しています。

#6

INSTALL> CREATE STATSHR/PRIV=(OPER,SYSPRV)

OPER 特権と SYSPRV 特権を付けて STATSHR イメージを作成しています。

#7

INSTALL> CREATE STATSHR/PRIV=NOALL

空の特権群を付けて STATSHR イメージを作成しています。

#8

INSTALL> CREATE STATSHR/NOPRIV

明示的に特権を何も付けないで STATSHR イメージを作成しています。



DELETE

既知イメージを削除します。DELETEコマンドは REMOVEコマンドの同義語です。



形式

DELETE ファイル指定




パラメータ



ファイル指定

既知イメージとしてインストールされているイメージのファイルを指定します。



修飾子

なし。



説明

DELETE コマンドは,既知イメージ・ファイル・リストからエントリを削除します。既知ファイル・リストに格納されているイメージのエントリが削除され,そのイメージのグローバル・セクションが作成されている場合はそれも削除されます。イメージ・ファイルには影響しません。書き込み可能なグローバル・セクションは,削除されると同時に,既知イメージとしてディスクに書き込まれます。

DELETE コマンドを入力した時点でグローバル・セクションにアクセスしているプロセスがある場合,グローバル・セクションはそのプロセスが終了するまで削除されません。ただし,DELETE コマンドが入力されると同時にグローバル・セクションが削除対象としてマークされるため,DELETE コマンド入力後,他のプロセスは削除対象のグローバル・セクションにアクセスできません。

DELETE コマンドは,REMOVE コマンドと同じです。





INSTALL> DELETE WRKD$:[MAIN]STATSHR

イメージ STATSHR のエントリを既知ファイル・リストから削除しています。



EXIT

INSTALL を終了し,制御を DCL コマンド・レベルに戻します。 Ctrl/Z を押しても INSTALL を終了できます。



形式

EXIT



HELP

INSTALL の使用方法に関する情報を表示します。



形式

HELP [コマンド]




パラメータ



コマンド

ヘルプ情報を表示するコマンド名を指定します。コマンド名を省略すると,コマンド・リストが表示されます。プロンプトに対してコマンド名を入力できます。



#1

INSTALL> HELP

INSTALL トピック・リストと Topic? プロンプトを表示しています。リスト内のトピックをプロンプトに入力できます。

#2

INSTALL> HELP LIST
 
 


 
  
 
  
LIST 
 
 
  For display of a one-line description of the specified known image, or if 
  no file is specified, then for all known images.  Use with /FULL to obtain 
  a multiline description. 
 
  Format:         LIST [file-spec] /qualifier 
 
 
          QUALIFIER COMBINATION   BEHAVIOR 
 
          LIST [file-spec]        List the known image for file-spec 
          LIST                    List all entries 
 
 
  Additional information available: 
 
  Qualifiers 
  /FULL      /GLOBAL    /STRUCTURE    /SUMMARY) 
 

LIST コマンドのヘルプ情報を表示しています。



LIST

指定した既知イメージの記述を表示します。ファイルを指定しない場合は,すべての既知イメージの記述が表示されます。



形式

LIST [ファイル指定]




パラメータ



ファイル指定

既知イメージとしてインストールされているイメージのファイルを指定します。ファイルを指定しない場合,既知イメージがすべて表示されます。



説明

LIST コマンドで /FULL 修飾子を使用すれば,既知イメージ・データベースの調整に便利な情報を表示できます。たとえば,エントリ・アクセス回数が多いイメージがある場合,そのイメージを /OPEN でインストールするとシステムの性能を改善できる可能性があります。また,/SHARED を使用してグローバル・セクションを利用しても,性能面の向上が図れるでしょう。 グローバル・セクションとグローバル・ページ,インストールするイメージのサイズの予測方法については,『OpenVMS System Services Reference Manual』を参照してください。



修飾子



/FULL

指定した既知イメージについて,アクセス数,同時アクセス数,作成したグローバル・セクション数などの記述を複数行表示します。 /FULL 修飾子を /GLOBAL 修飾子と併用すると,グローバル・セクション情報以外に,現在の所有者と保護コード,アクセス制御エントリも表示されます。

/GLOBAL

指定した共用イメージのグローバル・セクションをリストします。ファイルを指定しない場合には,すべてのグローバル・セクションをリストします。特定のイメージをサポートするために,グローバル・セクションが INSTALL によって作成される場合には,そのイメージも識別します。

/RESIDENT

個々の常駐イメージの説明を表示します。

/STRUCTURE

既知イメージのデータ構造のアドレスをリストします。

/SUMMARY

/SUMMARY 修飾子を /GLOBAL 修飾子と併用すると,ローカル・メモリと共用メモリのグローバル・セクションについて,システムにおけるグローバル・セクションとグローバル・ページの使用状況を表示します。



#1

INSTALL> LIST

すべての既知イメージの記述を 1 行ずつ表示しています。内容は,既知イメージのファイル指定と属性です。


SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSEXE>.EXE 
   ANALIMDMP;1 (1)               Prv (2) 
   AUTHORIZE;1                    Prv 
   CDU;1            Open Hdr      Prv 
   DCL;1            Open Hdr Shar          Lnkbl 
   FAL;1            Open Hdr Shar 
   INSTALL;1                      Prv 
   LOGINOUT;1       Open Hdr Shar Prv 
   MAIL;1           Open Hdr Shar 
   MAIL_SERVER;1    Open Hdr Shar Prv 
   REQUEST;1                      Prv 
   SET;1            Open Hdr Shar Prv 
   SETAUDIT;1                     Prv 
   SETP0;1          Open Hdr Shar Prv 
   SETRIGHTS;1                    Prv 
   SHOW;1           Open Hdr Shar Prv 
   SHWCLSTR;1       Open Hdr Shar Prv 
   SUBMIT;1         Open Hdr Shar Prv 
   SYSMAN;1                       Prv 
 
SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSLIB>.EXE 
   ANALIMDMPSHR;1                 Prv 
   CONVSHR;1        
   DCLTABLES;1      Open Hdr Shar          Lnkbl 
. 
. 
. 
   LIBOTS;1         Open Hdr Shar          Lnkbl        Resid 
   LIBRTL;1         Open Hdr Shar          Lnkbl        Resid 
   MAILSHR;1        Open Hdr Shar          Lnkbl 
. 
. 
. 

  1. 既知イメージのファイル指定

  2. 次の既知イメージ属性

    属性 意味
    ACNT イメージ会計情報が許可されている (/ACCOUNTING)
    + CMODE イメージは,VAX--11 RSX リンカによって設定された互換性モードである
    HDR イメージ・ヘッダは,永久的に常駐する (/HEADER_RESIDENT)
    LNKBL イメージは実行可能ではなく,共用可能 (リンク可能) イメージである。OpenVMS リンカによる設定
    NOPURG イメージは,PURGE 処理で削除できない。削除には,DELETE / REMOVE 処理を使用する (/NOPURGE)
    OPEN イメージは,永久的にオープンである (/OPEN)
    PROT イメージは,保護コードを持つ (/PROTECTED)
    PRV イメージは,特権を持つ (/PRIVILEGED)
    ++RESID イメージは,常駐する (/RESIDENT)
    SAFE イメージは,実行中のバージョンのOpenVMSとの互換性を持つものとして登録された特権イメージである。登録されたイメージの詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』を参照。
    SHAR イメージは,共用される (/SHARED)
    WRT イメージは,書き込み可能である (/WRITABLE)
    XONLY イメージには,実行アクセスだけが許可されている (/EXECUTE_ONLY)


+VAX のみ
++Alpha および I64 のみ

#2

INSTALL> LIST/RESIDENT

すべての常駐イメージの記述を 1 行ずつ表示する Alpha でのコマンド例です。内容は,イメージのメモリ記憶位置, コード・セクションのサイズ,およびセクションのタイプです。


 System Resident Sections 
 
SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSLIB>.EXE 
   CMA$TIS_SHR;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80490000    80490A00   00000A00     Resident Code 
 
 7FC04000    7FC04A00   00000A00     Linkage 
 7FC14000    7FC14200   00000200     Writeable data 
 7FC34000    7FC34200   00000200     Writeable data 
 
   DECC$SHR;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80548000    805D1C00   00089C00     Resident Code 
 805D2000    805D2400   00000400     Resident Code 
 
 7FE34000    7FE4B800   00017800     Linkage 
 7FE54000    7FE59A00   00005A00     Writeable data 
 7FE64000    7FE64800   00000800     Read-only data 
 7FE84000    7FE84200   00000200     Writeable data 
 7FE94000    7FE94200   00000200     Demand-zero 
 7FEA4000    7FEA7000   00003000     Demand-zero 
 7FEB4000    7FEB5800   00001800     Writeable data 
 
   DPML$SHR;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80492000    80547600   000B5600     Resident Code 
 
 7FC44000    7FC6FA00   0002BA00     Read-only data 
 7FC74000    7FC88200   00014200     Linkage 
 7FC94000    7FC94400   00000400     Writeable data 
 7FCA4000    7FCCE600   0002A600     Read-only data 
 7FD94000    7FD95000   00001000     Writeable data 
 
   LIBOTS;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80482000    8048F600   0000D600     Resident Code 
 
 7FBC4000    7FBC6600   00002600     Read-only data 
 7FBD4000    7FBD5A00   00001A00     Linkage 
 7FBF4000    7FBF4200   00000200     Writeable data 
 
   LIBRTL;1 
 
 Base VA     End VA     Length       Type 
 
 80400000    80481A00   00081A00     Resident Code 
 
 7FB54000    7FB64800   00010800     Linkage 
 7FB74000    7FB75000   00001000     Writeable data 
 7FB84000    7FB8D600   00009600     Read-only data 
 7FB94000    7FB94200   00000200     Writeable data 
 7FBA4000    7FBA5000   00001000     Demand-zero 
 7FBB4000    7FBB5400   00001400     Writeable data 
 

#3

INSTALL> LIST/FULL LOGINOUT

既知イメージ LOGINOUT の記述を複数行表示しています。


SYS$DISK:<SYS0.SYSCOMMON.SYSEXE>.EXE 
 
    LOGINOUT;3       Open Hdr    Shar Priv 
        Entry access count         = 44 (1)
        Current / Maximum shared   = 3 / 5 (2)
        Global section count       = 2 (3)
        Privileges = CMKRNL SYSNAM TMPMBX EXQUOTA SYSPRV (4)
 


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項