日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




EXIT

InfoServer の実行を終了します。 Ctrl/Z を押しても,終了することができます。



形式

EXIT



HELP

InfoServer のオンライン・ヘルプを表示します。

ESS$INFOSERVER は,OpenVMS のアプリケーションとして実装された LASTport/Disk サーバのユーザ・インタフェースです。その動作はハードウェアの InfoServer 製品と似ています。




形式

HELP [topic]




パラメータ



topic

ヘルプを要求するトピックを指定します。




$ INFOSERVER HELP SHOW SESSIONS
 
 


 
  
 
  
SHOW 
 
  SESSIONS 
 
 
      Displays information about client nodes that are connected 
      to services. 
 
      Format: 
 
        SHOW SESSIONS [serviceName] [dev-or-partitionName] 
 
      Additional information available: 
 
      Parameters Qualifiers 
      /ALL 

このコマンドは, InfoServer の SHOW SESSIONS コマンドについてのヘルプを表示します。



SAVE

現在アクティブなサービスのセットを,コマンド・プロシージャ内の一連のコマンドとして保存します。システムをリブートしたときにこのコマンド・プロシージャを実行すれば,現在のサービスのセットを再現することができます。



形式

SAVE procedureName




パラメータ



procedureName

現在のサーバの状態を復活させるためのコマンド・プロシージャを作成します。プロシージャ名は,作成するコマンド・プロシージャの OpenVMS ファイル名です。ファイル・タイプを指定しない場合には,デフォルトで .COM になります。

デフォルトのプロシージャ名は ESS$LAD_SERVICES.COM です。






#1

$ SHOW SERVICES
 
 
 


 
  
 
  
Service Name         [Service Class] Device or File 
-------------------- --------------- -------------- 
BASELEVEL_A          [ODS-2]         _INFOS$LDA1: 
BASELEVEL_B          [ODS-2]         _INFOS$LDA2: 
BASELEVEL_C          [ODS-2]         _INFOS$LDA3: 
BASELEVEL_D          [ODS-2]         _INFOS$LDA4: 
 
FIELD_TEST_BASELEVEL [ODS-2]         _INFOS$LDA2: 
CURRENT_BASELEVEL    [ODS-2]         _INFOS$LDA3: 
EXPERIMENTAL_BASELEVEL 
                     [ODS-2]         _INFOS$LDA4: 
%INFOSRVR-I-FOUND, 7 services found. 

$ SAVE BASELEVELS


 
 
$! Created by the OpenVMS InfoServer SAVE command on 22-APR-2005 
14:34:02.48 
$ Set NoOn 
$ Infoserver := $ESS$INFOSERVER 
$! 
$! The comment for each service includes the current device name. 
$! 
$!*************************************************************** 
$!  BASELEVEL_A [ODS_2] - _BILBO$LDA1: (1)
$!*************************************************************** 
$ LD Connect/Symbol _BILBO$DKB0:[DISKS]BASELEVEL_A.DSK;1 (2)
$ LD_UNIT_1 := LDA'LD_UNIT': (3)
$ If $STATUS Then Mount/System/NoWrite 'LD_UNIT_1' BASELEVELA (4)
 $ INFOSERVER Create Service BASELEVEL_A 'LD_UNIT_1' - (5)
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic 
$!*************************************************************** 
$!  BASELEVEL_B [ODS_2] - _BILBO$LDA2: 
$!*************************************************************** 
$ LD Connect/Symbol _BILBO$DKB0:[DISKS]BASELEVEL_B.DSK;1 
$ LD_UNIT_2 := LDA'LD_UNIT': 
$ If $STATUS Then Mount/System/NoWrite 'LD_UNIT_2' BASELEVELB 
$ INFOSERVER Create Service BASELEVEL_B 'LD_UNIT_2' - 
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic 
$!*************************************************************** 
$!  BASELEVEL_C [ODS_2] - _BILBO$LDA3: 
$!*************************************************************** 
$ LD Connect/Symbol _BILBO$DKB0:[DISKS]BASELEVEL_C.DSK;1 
$ LD_UNIT_3 := LDA'LD_UNIT': 
$ If $STATUS Then Mount/System/NoWrite 'LD_UNIT_3' BASELEVELC 
$ INFOSERVER Create Service BASELEVEL_C 'LD_UNIT_3' - 
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic 
$!*************************************************************** 
$!  BASELEVEL_D [ODS_2] - _BILBO$LDA4: 
$!*************************************************************** 
$ LD Connect/Symbol _BILBO$DKB0:[DISKS]BASELEVEL_D.DSK;1 
$ LD_UNIT_4 := LDA'LD_UNIT': 
$ If $STATUS Then Mount/System/NoWrite 'LD_UNIT_4' BASELEVELD 
$ INFOSERVER Create Service BASELEVEL_D 'LD_UNIT_4' - 
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic - 
        /Encoded_Password=481C6B9081E742C2 
           ! Invalid if service name changes (6)
$!*************************************************************** 
$!  FIELD_TEST_BASELEVEL [ODS_2] - _BILBO$LDA2: 
$!*************************************************************** 
$ INFOSERVER Create Service FIELD_TEST_BASELEVEL 'LD_UNIT_2' - (7)
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic 
$!*************************************************************** 
$ INFOSERVER Create Service CURRENT_BASELEVEL 'LD_UNIT_3' - 
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic 
$!*************************************************************** 
$!  EXPERIMENTAL_BASELEVEL [ODS_2] - _BILBO$LDA4: 
$!*************************************************************** 
$ INFOSERVER Create Service EXPERIMENTAL_BASELEVEL 'LD_UNIT_4' - 
        /Class=ODS_2/Readers=1000/NoWriters - 
        /Readahead/NoReadbehind - 
        /Rating=Dynamic - 
        /Encoded_Password=01F1D7374C0B81EC 
          ! Invalid if service name changes (8)
$ Exit 

SHOW SERVICES コマンドは,現在このサーバが提供しているサービスを表示します。ここには一連のソフトウェア・ベースレベルがあり,それぞれの論理ディスクと LAN に提供しているサービスが示されています。ベースレベルには a〜d のラベルが付けられていますが,対応する英字をユーザが覚えなくてもいいように名前も付けられています。

デバイス LDA2,LDA3,LDA4 にはそれぞれ 2 つのサービスが割り当てられていることに注意してください。

3 つ目の部分の例の中の数字は,以下の説明の番号に対応しています。

  1. 各デバイスのコメントには, SAVE コマンドを実行したときのデバイス名が含まれています。 LD デバイスは擬似ディスク・デバイスであり,ユニット番号は接続するたびに変わります。

  2. このコマンドは,LD デバイスをコンテナ・ファイルに接続して,ユニット番号を DCL のシンボル LD_UNIT に代入します。

  3. コンテナ・ファイルに割り当てられる各デバイスに対して,一意のシンボルが作成されます。

  4. このコマンドは, SAVE コマンドの実行時にデバイスに付いていたボリューム・ラベルを指定して,デバイスをマウントします。

  5. 当該デバイスに対する InfoServer サービスが再作成されます。

  6. EXPERIMENTAL_BASELEVEL サービスはパスワードで保護されています。セキュリティを確保するために,パスワードは暗号化された形式でコマンド・プロシージャ内に格納されています。 2 つのサービスは同じパスワードを持っていますが,暗号化されたパスワードは異なっていることに注意してください。

  7. FIELD_TEST_BASELEVEL と BASELEVEL_B は同じ LD デバイスを指しているため,別のデバイスは作成されず,作成済みのユニットを参照するために,正しいユニット (シンボルは LD_UNIT_2) が使用されます。

  8. 6 番の説明を参照してください。



SET SERVICE

既存のサービスの属性を変更します。



形式

SET SERVICE serviceName [device-or-partitionName]




パラメータ



serviceName

LAN 上で使用されるサービスの名前です。サービス名は英数字とドル記号 ($) で構成されます。長さは最大で 255 文字です。

device-or-partitionName

LAN 上で使用される名前は, OpenVMS のディスク・デバイスまたはパーティションの名前となります。入力するデバイス名またはパーティション名は,作成済みのものでなければなりません。

  • デバイス名
    LAN にサービスを提供するデバイスは,OpenVMS ディスク・デバイスです。 InfoServer デバイス名を指定するときには,OpenVMS デバイス名を使用します。デバイス名は,SHOW SERVICES コマンドで表示される名前に完全に一致するか,またはワイルドカードを含むかのいずれかでなければならないことに注意してください。
    InfoServer ユーティリティでワイルドカードが使用できるところでは, OpenVMS で使用されるのと同じワイルドカードが使用できます。パーセント文字 (%) は正確に 1 文字に一致し,アスタリスク文字 (*) は 0 文字以上の文字列に一致します。
    ディスク指定はコロンで終わる必要があります。

  • パーティション名
    パーティションは,ネットワークにサービスが提供されるコンテナ・ファイルです。したがって,デフォルトのファイル・タイプが .ESS$PARTITION の OpenVMS ファイル名を持っています。デバイス名,ディレクトリ名,ファイル名を含むパーティション名の長さは,最大で 242 文字です。
    パーティション名は選択するサービスを特定する場合に使用できます。今回のバージョンでは,パーティションのサポートは制限されていますが,パーティションに分割されたハード・ドライブをサポートする場合には, LD デバイスを使用することを強くお勧めします。詳細は,DCL コマンドの LD HELP を参照してください。




修飾子



/CLASS=className

全体の LASTport Disk (LAD) 名前空間のサブセットを指定します。

クラス名の目的は,名前空間を分割して,クライアントに対して意味のある名前だけを示すことです。クラス名を使用すると,2 つのサービスに同じ名前を付けて,互いに競合しないようにすることもできます。

たとえば,いくつかのクライアント・システムで使用される異なるオンディスク構造に対して,異なるクラス名をつけることができます。あるクライアント・システムでは SERVICEA/CLASS=ODS-2 を使用し,別のクライアント・システムでは SERVICEA/CLASS=ISO_9660 を使用します。サービス名は同じ (SERVICEA) ですが,クラス名は異なります。

使用するクラス名は,作成するサービスに接続するクライアント・システムに依存します。デフォルトのクラス名は ODS_2 です。たとえば,OpenVMS システムは,InfoServer デバイスをマウントするとき, ODS_2 名前空間を使用します。 OpenVMS クライアントは,ODS_2 サービス・クラスに属しているサービスのみ利用できることに注意してください。

有効なクラス名は,次のとおりです。


           V2.0           PCSA MS-DOS クライアントが理解する名前 
           Unformatted    仮想ディスクは形式を持っていません 
           MSDOS          MSDOS 仮想ディスク 
           ODS_2          VMS 仮想ディスク 
           UNIX           UNIX 仮想ディスク 
           ISO_9660       ISO 9660 CD 形式 
           HIGH_SIERRA    MS-DOS CD 形式 
           APPLE          Macintosh HFS 形式 
           SUN            Sun 形式 



/PASSWORD=passwordString



/NOPASSWORD

オプションのサービス・アクセス制御パスワードを指定します。パスワードが設定されたサービスにクライアント・システムがアクセスするためには,パスワードを指定する必要があります。

パスワード文字列は最大 39 文字の英数字文字列です。パスワードを指定しなかった場合には,クライアント・システムではこのサービスにアクセスする場合に,パスワードの入力を求められません。

テキストのパスワードは暗号化された形式で,他のサービス情報とともにメモリに保存されます。

/RATING=DYNAMIC



/RATING=STATIC=value

該当するサービスが複数ある場合には,クライアントはサービス評価点を使用してサービスを選択します。最高のサービス評価点を持ったサービスが選択されます。

システムは動的サービス評価点を負荷に応じて調整します。

静的評価点を 0〜65535 の範囲で指定することもできます。システムは静的評価点は調整しません。

/READAHEAD



/NOREADAHEAD

キャッシュ・ブロックを埋めるためのディスクの読み取りが必要になったときに, /READAHEAD 修飾子は,読み取り範囲が,要求された最初のブロックから,バケット境界の最後までであることを指示します。先読みすることによって,必要なディスク・ブロックが前もってキャッシュにロードされるので,シーケンシャル操作の速度が向上します。

/READAHEAD 修飾子と /READBEHIND 修飾子の両方を指定しておくと,キャッシュ・バケット内のブロックが要求されたときに,そのブロックのバケット範囲全体がキャッシュに読み込まれます。

/READBEHIND



/NOREADBEHIND

キャッシュ・ブロックを埋めるためのディスクの読み取りが必要になったときに, /READBEHIND 修飾子は,読み取り範囲が,キャッシュ・バケット境界の先頭から要求されたブロックまでであることを指示します。

/READAHEAD 修飾子と /READBEHIND 修飾子の両方を指定すると,キャッシュ・バケット内のブロックが要求されたときに,そのブロックのバケット範囲全体がキャッシュに読み込まれます。

/READERS=number

クライアントの読み取りアクセスで許される同時接続の最大数を指定します。




$ INFOSERVER SET SERVICE FUNDY/NOPASSWORD
 
 


 
  
 
  
Service FUNDY [ODS-2] modified. 

$ INFOSERVER SHOW SERVICES FUNDY/FULL


 
FUNDY [ODS-2]                         Access: Read-only 
  File or device: _MOVERS$LDA1: [750000 blocks] 
  Flags: 00000000D2 {No Writers,Static Rating,Readbehind, 
                                       Readahead} 
  Rating:      Static, 42      Password:         Disabled 
  Max Readers:         1000      Max Writers:           0 
  Curr Readers:           0      Curr Writers:          0 
  Reads:                  0      Writes:                0 
  Blocks Read:            0      Blocks Written:        0 
 

この例の最初のコマンドは FUNDY サービスを変更して,クライアントがサービスにアクセスするときにパスワードを入力しなくてすむようにします。 2 番目のコマンドは FUNDY サービスを表示します。パスワードの使用が無効になっていることが示されています。



SHOW SERVER

サーバ (サービスを提供するシステム) に関する情報を表示します。



形式

SHOW SERVER





$ INFOSERVER SHOW SERVER
 
 


 
  
 
  
Node MOVERS [COMPAQ Professional Workstation XP1000] running OpenVMS XALD-BL2 
 
LASTport/Disk Server Version 1.2 
 
Max Services:            64              Write Quota:          0 
Cache Buckets:         4096              Cache Bucket Size:   32 blocks 
Cache Size:        67108864 bytes 
Hits:                   478              Hit Percentage:      59% 
Misses:                 328 
 
Current Sessions:        0               Peak Sessions:          1 
 
                       Read                   Write 
Requests:                40                       0 
Blocks:                 319                       0 
Errors:                   0                       0 
Aborted:                  0                       0 
Conflicts:                0                       0 
 

このコマンドは,クライアントにサービスを提供しているサーバに関する情報を表示します。表示される情報には,以下のものがあります。

  • このサーバが同時に提供できるサービスの最大数

  • 現在のキャッシュ・サイズ

  • キャッシュの有効度についての統計情報

  • 現在の同時接続クライアント数と過去の最大の同時接続クライアント数

  • I/O 統計情報



SHOW SERVICES

SHOW SERVICES コマンドは,サーバが提供している 1 つまたはすべてのサービスについて,サービス固有の情報を表示します。この情報には,サービスに関連付けられたデバイス,サービス・クラス,接続されているセッション数が含まれます。

SHOW SERVICES コマンドでは,ワイルドカード表現が使用できます。 InfoServer ユーティリティでワイルドカードが使用できるところでは, OpenVMS で使用されるのと同じワイルドカードが使用できます。パーセント文字 (%) は正確に 1 文字に一致し,アスタリスク文字 (*) は 0 文字以上の文字列に一致します。




形式

SHOW SERVICES [serviceName] [options...]




パラメータ



serviceName

LAN 上で使用されるサービスの名前です。サービス名は英数字とドル記号 ($) で構成されます。長さは最大で 255 文字です。省略した場合には,サービス名のデフォルトは全サービスです。

InfoServer ユーティリティでワイルドカードが使用できるところでは, OpenVMS で使用されるのと同じワイルドカードが使用できます。パーセント文字 (%) は正確に 1 文字に一致し,アスタリスク文字 (*) は 0 文字以上の文字列に一致します。




修飾子



/BRIEF (デフォルト)

BRIEF オプションでは,選択したそれぞれのサービスについて,簡略化されたオンライン・サマリ情報が表示されます。 BRIEF がデフォルトです。

/FULL

FULL オプションでは,選択したそれぞれのサービスについて,サービス固有のすべての情報が表示されます。





#1

INFOSERVER> SHOW SERVICES
 
 


 
  
 
  
Service Name         [Service Class] Device or File 
-------------------- --------------- -------------- 
HUDSON                [ODS-2]         _MOVERS$LDA1: 
BAFFIN                [ODS-2]         _MOVERS$LDA1: 
FUNDY                 [ODS-2]         _MOVERS$LDA1: 
3 services found. 

INFOSERVER> SHOW SERVICES/FULL


HUDSON [ODS-2]                          Access: Read-only 
  File or device: _MOVERS$LDA1: [750000 blocks] 
  Flags: 0000000082 {No Writers,Readahead} 
  Rating:       Dynamic, 65535         Password:         Disabled 
  Max Readers:            1000         Max Writers:            0 
  Curr Readers:              0         Curr Writers:           0 
  Reads:                     0         Writes:                 0 
  Blocks Read:               0         Blocks Written:         0 
 
 
BAFFIN [ODS-2]                         Access: Read-only 
  File or device: _MOVERS$LDA1: [750000 blocks] 
  Flags: 0000000082 {No Writers,Readahead} 
  Rating:       Dynamic, 65535         Password:         Disabled 
  Max Readers:            1000         Max Writers:            0 
  Curr Readers:              0         Curr Writers:           0 
  Reads:                     0         Writes:                 0 
  Blocks Read:               0         Blocks Written:         0 
 
 
FUNDY [ODS-2]                          Access: Read-only 
  File or device: _MOVERS$LDA1: [750000 blocks] 
  Flags: 00000000D2 {No Writers,Static Rating,Readbehind, 
                     Readahead} 
  Rating:        Static,    42    Password:         Enabled 
  Max Readers:            1000    Max Writers:            0 
  Curr Readers:              0    Curr Writers:           0 
  Reads:                     0    Writes:                 0 
  Blocks Read:               0    Blocks Written:         0 
 
3 services found. 

最初のコマンドは,接続されているすべてのサービスを表示します。デフォルトでは簡単な要約が 1 行で表示されます。

2 番目のコマンドは,接続中のすべてのサービスについて,サービス固有のすべての情報を表示しています。 HUDSON サービスと BAFFIN サービスではパスワードが無効で, FUNDY サービスでは有効になっていることに注意してください。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項