日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




/NEW_VERSION

出力ファイル修飾子

リストア先やコピー先の記憶位置に同名のファイルがすでに存在する場合,新しいバージョンのファイルを作成します。




形式

入力指定子 出力指定子/NEW_VERSION




説明

ファイルをコピーまたはリストアするときに,ディレクトリ名,ファイル名,タイプが指定ファイルと同じで,バージョン番号が指定ファイルと同じであるか指定ファイルより大きいファイルがすでに存在する場合,名前とタイプは同じで,バージョン番号が既存の最大番号より 1 大きいファイルが作成されます。

既存ファイルのバージョン番号以下のバージョン番号を持つファイルを /NEW_VERSION,/REPLACE,/OVERLAY なしでコピーまたはリストアしようとすると,エラーが出力されます。

/NEW_VERSION 修飾子を使用してファイルをコピーまたはリストアする場合,ファイルはバージョン番号の降順で処理され,昇順で作成されます。この結果,バージョン番号は逆転します。

このようにしてバージョン番号が変更されるため,この修飾子を /VERIFY 修飾子と併用した場合,結果は予測不能となります。 /VERIFY 修飾子は,/NEW_VERSION 修飾子と併用しないようにしてください。





$ BACKUP MTA1:NOV30REC.BCK/SELECT=*.DAT [RECORDS...]/NEW_VERSION

ファイル・タイプが .DAT であるすべてのファイルを,磁気テープ・セーブ・セット NOV30REC.BCK からディレクトリ [RECORDS] にリストアします。/NEW_VERSION 修飾子により,同名のファイルがすでに存在しているかどうかに関わりなく,ファイル・タイプ .DAT のファイルがリストアされます。



/NOINCREMENTAL

コマンド修飾子

OpenVMS 7.2 以降では,セーブ操作において, /NOINCREMENTAL 修飾子を使用してセーブするデータの量を制御できます。この修飾子は,すべてのデータではなく特定のファイルをセーブしたい場合にのみ使用します。

OpenVMS の最近のバージョンでは, /SINCE=BACKUP 追加型セーブ操作は,セーブされるファイルが正確で,冗長でないように改良されています。その結果,/NOINCREMENTAL および /SINCE=BACKUP 修飾子を同時に使用できなくなりました。これによって確実に正確な /INCREMENTAL リストアが行われます。

/NOINCREMENTAL は BACKUP セーブ操作のみで有効です。これには,リストア操作のみで有効である, /INCREMENTAL 修飾子との関連はありません。




形式

/NOINCREMENTAL 入力指定 出力指定




説明

OpenVMS 6.2 とそれ以前のバージョンにおいては,システムは省略時の設定では,変更されたディレクトリの下にあるファイルやサブディレクトルをセーブしません。 OpenVMS 7.0 と 7.1 においては,システムは省略時の設定では,的確にリストアをおこなうために,変更されたディレクトリの下にあるファイルやサブディレクトリをすべてセーブします。このような動作は,後のリストア操作で必要でないファイルやサブディレクトリをセーブしてしまうことになることがありました。




$ BACKUP /FAST/NOINCREMENTAL /SINCE="3-MAY-2002" -
_$ MAC_DISK:[000000...]*.*;* -
_$ TAPE:MCDSK000503.BCK/SAVE /REWIND

この例でのバックアップコマンドは,入力指定したボリュームの追加型セーブ BACKUP 操作を実行します。このコマンドは,現在変更したディレクトリの下のすべてのファイルをセーブしないように指示しています。



/OVERLAY

出力ファイル修飾子

出力位置に存在する同名のファイルに入力ファイルを上書きします。




形式

入力指定子 出力指定子/OVERLAY




説明

ディレクトリ名,ファイル名,タイプ,バージョン番号がコピーまたはリストア対象ファイルと同じであるファイルがすでに存在する場合,既存バージョンに新バージョンが上書きされます。新バージョンのファイル識別子は,上書きされたファイルの識別子と同じです。

ディスク上におけるファイルの物理位置は,変わりません。既存ファイルより新ファイルが大きい場合に /OVERLAY を指定すると,追加ブロックが割り当てられ,ファイルが拡張されます。

処理するファイルのバージョン番号が既存ファイルと同じであるときに /OVERLAY,/REPLACE,/NEW_VERSION を指定しない場合,コピーまたはリストア処理はエラーを出力します。





$ BACKUP DRA1:MAR30SAV.BCK/SAVE_SET [RECORDS...]/OVERLAY

順編成ディスク・セーブ・セット MAR30SAV.BCK をディレクトリ木構造 [RECORDS...] にリストアしています。セーブ・セットのファイルと同じ識別子を持つファイルが [RECORDS...] に存在する場合, /OVERLAY により,既存バージョンが上書きされます。



/OWNER_UIC

/OWNER_UIC 修飾子は,/BY_OWNER に変更されています。コマンド・プロシージャやオペレータ命令に /OWNER_UIC を使用している場合は,/BY_OWNER に変更してください。詳細については,/BY_OWNER の項を参照してください。


/PHYSICAL

コマンド修飾子

入力デバイスのボリューム構造を無視し,物理ブロック単位でボリュームを処理することを指定します。 BACKUP/PHYSICAL コマンドを使用して書き込まれたセーブ・セットは, BACKUP/PHYSICAL コマンドを使用してリストアしなければなりません。




形式

/PHYSICAL 入力指定子 出力指定子




説明

ディスク間で物理的なコピー操作を実行する場合,出力デバイスは同じサイズまたは記憶容量が大きいディスクでなければなりません。

出力デバイスが入力デバイスよりも大きい場合には,入力デバイスのサイズよりも少ない数のディスク・ブロックだけが出力デバイスに書き込まれます。入力デバイスのボリューム構造によっては,出力デバイスの最後にある,初期化されていないブロックが,使用できないディスク・ボリュームとなる可能性があります。

入力デバイスに FILES-11 ODS-2 または ODS-5 のボリュームが含まれている場合には,リストア後に DCL コマンド SET VOLUME/LIMIT/SIZE を使用して出力デバイス上のボリューム・サイズを拡張することができます。

どの物理操作の場合にも,出力ディスクには,入力ディスクの正常ブロックに対応する位置に不良ブロックが登録されていないようにしなければなりません (この制限は RA シリーズ以降のディスク・アーキテクチャには適用されません)。

注意

BACKUP/PHYSICAL は,ディスケット RX01 と RX02 の第 1 トラックであるトラック 0 をコピーしません。トラック 0 は,サポートされていないからです。






#1

$ MOUNT/FOREIGN DYA0:
$ MOUNT/FOREIGN DYA1:
$ BACKUP/PHYSICAL DYA0:  DYA1:

RX02 ディスケットを DYA0 と DYA1 にフォーリン・デバイスとしてマウントし,DYA0 にマウントしたディスケットの内容を DYA1 にマウントしたディスケットにコピーしています。

#2

$ MOUNT/FOREIGN DBA1:
$ BACKUP/PHYSICAL MTA0:28SEP.BCK DBA1:

物理セーブ・セット 28SEP.BCK を DBA1 にリストアしています。



/PROGRESS_REPORT

コマンド修飾子

/PROGRESS_REPORT 修飾子を指定すると, BACKUP 処理の進行状況が現在の出力デバイスに表示されます。

(BACKUP を使用して,会話型でデータのバックアップとリストアを行っている場合は,Ctrl/T を押すことで処理の進行状況が表示されます。)




形式

/PROGRESS_REPORT=n

n の値には,メッセージの表示頻度を秒単位で指定します。




#1

$ BACKUP SAVESET.BCK/SAVESET DKA100:/IMAGE/PROGRESS_REPORT=60
 
 


 
  
 
  
%BACKUP-I-PROGRESS, progress report generated at 18-JAN-2006 18:07:55.08 
Restoring file: DKA100:[KITS.CDSA]HP-I64VMS-CDSA-T0202-134-1.PCSI$COMPRESSED;1 
Saveset volume:1, saveset block:1705 (32256 byte blocks) 
52.44MB restored out of 1.23GB, 4% completed 
Restore rate: 895KB/sec, estimated completion time: 18:30:59.10 
 
%BACKUP-I-PROGRESS, progress report generated at 18-JAN-2006 18:08:55.08 
Restoring file: DKA100:[KITS.DWMOTIF]HP-I64VMS-DWMOTIF-L0106--1.PCSI$COMPRESSED;1 
Saveset volume:1, saveset block:3547 (32256 byte blocks) 
109.11MB restored out of 1.23GB, 8% completed 
Restore rate: 967KB/sec, estimated completion time: 18:29:16.05 

この例のコマンドは,セーブ・セット saveset.bck を DKA100 にリストアします。 /PROGRESS=60 を指定すると,進行状況レポートが 60 秒ごとに画面に表示され,処理の進行状況が示されます。



/PROTECTION

出力セーブ・セット修飾子

ディスク上にセーブ・セットを作成する場合,出力セーブ・セットに適用する保護を定義します。磁気テープ上にセーブ・セットを作成する場合,磁気テープ・ボリュームに適用する保護を定義します。テープを初期化しないかぎり,その後テープ上に作成するすべてのセーブ・セット同じ保護が適用されます。




形式

入力指定子 出力セーブ・セット指定 /PROTECTION[=(コード)]




説明

ファイル・システムは BACKUP セーブ・セットを 1 つのファイルとして扱うので,適宜セーブ・セットを保護する必要があります。セーブ・セットを正しく保護していないと,セーブ・セット内のファイルは,セーブ・セットにアクセスできるユーザであれば誰にでもアクセスされてしまいます。

保護コードは,システム,所有者,グループ,一般の 4 種類のユーザが使用できるアクセスのタイプ (読み込み,書き込み,実行,削除) を示します。保護コードの指定方法については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/PROTECTION を指定しないまま,セーブ・セットを Files-11 ディスクまたは順編成ディスクに書き込んだ場合,プロセスの省略時の保護が適用されます。/PROTECTION を指定した場合,指定を省略した保護カテゴリには,個々のユーザの省略時のプロセス保護が使用されます。

保護情報は,磁気テープのボリューム・ヘッダ・レコードに書き込まれ,そのテープに格納されるすべてのセーブ・セットに適用されます。 /PROTECTION を指定した場合,指定を省略した保護カテゴリには,個々のユーザの省略時のプロセス保護が使用されます。

磁気テープを初期化して正しく保護するには,/PROTECTION 修飾子とともに出力セーブ・セット修飾子 /REWIND を指定する必要があります。 /REWIND を /PROTECTION と併用しない場合,ボリューム・ヘッダ・レコードに格納されている保護情報は変更されません。ただし,後続のボリュームについては,/REWIND を指定せずに /PROTECTION だけを指定することによって正しい保護が設定されます。

/PROTECTION を指定せずにセーブ・セットを磁気テープに書き込むと,保護なしがテープに適用されます。

以前に /PROTECTION 修飾子を使用して初期化した磁気テープ・ボリュームを初期化するには,ボリュームの所有者であること (ユーザの UIC がボリュームの UIC と同じ),または VOLPRO 特権を持っていることが必要です。




#1

$ BACKUP
_From: [CLEAVER...]
_To: MFA2:ACCOUNTS.BCK/BY_OWNER=[301,310]/REWIND/LABEL=BANK01-
_$ /PROTECTION=(S:RWE,O:RWED,G:RE,W)

磁気テープ BANK01 上のセーブ・セット ACCOUNTS.BCK に,ディレクトリ木構造 [CLEAVER...] をセーブしています。出力セーブ・セット修飾子 /REWIND により,セーブ処理前にテープが巻き戻され初期化されます。出力セーブ・セット修飾子 /BY_OWNER が,所有者 UIC [301,310] を磁気テープに設定します。 /PROTECTION 修飾子は,読み込み,書き込み,実行,削除のアクセス権を磁気テープの所有者に設定します。SYSTEM ユーザには読み込み,書き込み,実行のアクセス,GROUP ユーザには読み込みと実行のアクセスが許可され,WORLD ユーザにはアクセスが許可されません。

#2

$ BACKUP/IMAGE
_From: DUA0:
_To: MFA2:DAILY.BCK/REWIND/LABEL=TAPE1-
_$ /PROTECTION=(S:RWED,O:RWED,G,W)
$ BACKUP/IMAGE DUA2: MFA2:DAILY2.BCK/PROTECTION=(S:RWED,O:RWED,G,W)
%BACKUP-I-RESUME, resuming operation on volume 2
%BACKUP-I-READYWRITE, mount volume 2 on _MFA2: for writing
Press return when ready: [Return]

最初の BACKUP コマンドは,ディスク DUA0 のイメージ・バックアップをラベル BANK01 の磁気テープ上のセーブ・セット DAILY.BCK に作成します。出力セーブ・セット修飾子 /REWIND によって,セーブを行う前にテープが巻き戻されて初期化されます。 /PROTECTION 修飾子は,磁気テープの所有者および SYSTEM ユーザに読み込み,書き込み,実行,削除アクセス権を設定します。 GROUP ユーザおよび WORLD ユーザにはアクセス権は設定されません。

2 つ目の BACKUP コマンドは,同じテープにディスク DUA2 のバックアップを作成します。テープがいっぱいになると,次のボリュームが要求されます。 /PROTECTION 修飾子が指定されているため,後続のボリュームにも適切な保護が適用されます。



/RECORD

コマンド修飾子

ファイルのセーブまたはコピー処理が正常終了した後,各ファイル・ヘッダ・レコードの BACKUP 日付フィールドに現在の日時を記録します。




形式

/RECORD 入力指定子 出力指定子




説明

/RECORD 修飾子は,Files-11 構造レベル 2 または 5 のボリュームのセーブまたはコピーにのみ使用できます。ファイルに対して /RECORD 修飾子を使用するには,ユーザ特権 SYSPRV が必要です。

/RECORD をコピーまたはセーブ処理で使用すると,コピーやセーブ・セットが作成された日時が,各ファイル・ヘッダ・レコードの BACKUP 日付フィールドに書き込まれます。

ディスク・ボリュームに対する追加型セーブ処理で /RECORD を使用する場合,同じディスク・ボリュームに対しては他のユーザが /RECORD を使用できないようにしてください。他のユーザが /RECORD を指定すると,ファイル・ヘッダ・レコードの BACKUP 日付フィールドの値が変更されてしまいます。この結果,最後のセーブ処理以降に作成または変更したファイルをセーブする処理が不可能になります。

コマンド修飾子 /VERIFY を /RECORD と併用すると,チェックに失敗したファイルは記録されません。

/RECORD を指定しない場合,処理対象ファイルの BACKUP 日付フィールドは変更されません。

/RECORD 修飾子は,/DELETE,/COMPARE,/PHYSICAL のいずれのコマンド修飾子とも併用できません。





$ BACKUP/RECORD  DBA1:[000000...]/SINCE=BACKUP MTA0:13MAY.BCK

最後のセーブ処理以降に作成または変更した DBA1 上のすべてのファイルをセーブし,現在の日時を各ファイル・ヘッダ・レコードに記録します。



/RELEASE_TAPE

コマンド修飾子

セーブ処理でセーブ・セットをテープに書き込んだ後,テープをディスマウントしアンロードします。オプションで,テープ上のセーブ・セット情報を確認します。




形式

/RELEASE_TAPE 入力指定子 出力指定子




説明

/RELEASE_TAPE 修飾子を /DELETE,/RECORD のいずれかの修飾子と併用すれば,BACKUP コマンドの処理が終了する前にテープ・ドライブを他の処理に使用できます。/DELETE,/RECORD のいずれかの修飾子と併用しない場合,BACKUP コマンドの処理が終了した後,テープがディスマウントされアンロードされます。

/RECORD と /DELETE の修飾子を同時に使用することはできません。






#1

$ BACKUP/IMAGE/RECORD/RELEASE_TAPE DUA1: MUA0:BACK.BCK

ディスク DUA1 をセーブ・セット BACK.BCK にバックアップしています。 /RELEASE_TAPE と /RECORD 修飾子を併用しているので, /RECORD 修飾子の動作を行う前に,MUA0 のテープがディスマウントされアンロードされます。この結果,他の処理にテープを使用できます。

#2

$ ALLOCATE MUA0: TAPE
$ BACKUP/DELETE/RELEASE_TAPE/LOG DUA1:[MAIN...] MUA0:MAIN.BCK
. 
. 
.
$ DEALLOCATE TAPE

DUA1 ディスク上のディレクトリを一部バックアップした後,バックアップしたファイルを削除しています。 /RELEASE_TAPE 修飾子により,/DELETE 修飾子の動作を行う前に,テープがディスマウントされアンロードされます。この結果,他の処理にテープを使用できます。DEALLOCATE コマンドを実行しないかぎり,テープは割り当てられたままとなります。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項