; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


前へ 次へ 目次 索引




7.3.1 入力指定子と出力指定子の要素リスト

要素リストとは,コマンドや修飾子で指定する引数のリストのことです。引数すなわち要素は,コンマで区切ります。入力または出力指定子について要素リストを使用できるのは,次の場合に限定されます。

  • 入力指定子が Files-11 ディスクを指す場合。
    次のように,OpenVMS 標準ファイル指定をもとにリストを作成できます。


    $ BACKUP
    _From: DUA0:[DATA]A.DAT,B.DAT,[PROGRAMS]TEST.EXE
    _To: MSA0:TEST.SAV/LABEL=DLY101
    

  • 入力または出力指定子が磁気テープ上や順編成ディスク上の BACKUP セーブ・セットを指す場合。
    この場合,処理に使用するデバイス名を複数指定できます。このため,使用する順序でデバイスを指定すれば,マルチボリューム・セーブ・セットを効率よく処理できます。最初のボリュームは,一杯になるまで処理されます。 2 番目以降のボリュームが処理されるとき,直前のボリュームの媒体が変更されます。ただし,セーブ・セット名は,2 番目以降の要素ではなく,最初の要素としなければなりません。
    次の例では,まずドライブ MSA0 のテープにデータが格納され,次にドライブ MSA1 のテープに格納されます。MSA1 のテープが一杯になると, MSA0 の別のテープにデータがセーブされます。


    $ BACKUP 
    _From: DUA0:[DATA]*.*,DUA0:[PROGRAMS]*.*
    _To: MSA0:TEST.SAV,MSA1:/LABEL=WKLY01
    

  • ボリューム・セットでイメージ処理を行う場合。
    この場合入力指定子と出力指定子に要素リストを指定できます。次の例では,まずドライブ MSA0 のテープからセーブ・セット TEST.SAV がリストアされ,次に,ドライブ MSA1 のテープからセーブ・セットがリストアされます。このセーブ・セットは,まず DUA0 にリストアされます。 DUA0 が一杯になると,DUA1 にリストアされます。


    $ BACKUP/IMAGE
    _From: MSA0:TEST.SAV,MSA1:
    _To: DUA0:[DATA...],DUA1:
    



7.3.2 BACKUP でのワイルドカード文字の使用方法

BACKUP では,ディレクトリ,ファイル名,ファイル・タイプ,およびバージョン番号を示すファイル指定で,ワイルドカード文字を使用できます。ファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号のいずれかを省略すると,ワイルドカード文字のアスタリスク(*)が使用されます。たとえばバージョン番号を省略すると,すべてのバージョンが処理されます。ワイルドカード文字の概要については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

有効な DCL ワイルドカード文字であれば,Files-11 媒体である入力指定子や /SELECT,/EXCLUDE の修飾子に使用できます。ただし,ファイルの最新バージョンを示す記号 (;) やファイルの相対バージョンを示す記号 (;-n) を /EXCLUDE,/SELECT 修飾子で使用した場合,これらの記号はワイルドカード文字のアスタリスク (;*) として処理されます。

セーブ・セットがテープ上の入力指定子でないかぎり,BACKUP セーブ・セット指定にワイルドカード文字を使用することはできません。

ワイルドカード文字によるディレクトリ表現

次の表は,Files-11 媒体である出力指定子に使用できるディレクトリ・ワイルドカード文字の種類です。

ディレクトリ・ワイルドカード文字 結果
省略 ディレクトリ名を省略した場合,ファイルは現在の省略時のディレクトリ [] に格納される。
[*...] ファイルは,セーブ元のディレクトリにリストアされる。
[ディレクトリ] ファイルは,指定ディレクトリにリストアされる。
[ディレクトリ...] 入力ファイルの指定に使用したワイルドカード文字により,ファイルのリストア先ディレクトリが決まる。

注意

OpenVMS ディレクトリ木構造は, ODS-2 ファイルでは 8 レベルまでに限定されているため,ディレクトリに多数のサブディレクトリ・レベルがあるときにディレクトリ・ワイルドカード文字の使用方法を誤ると, BACKUP 処理中に下位レベルのサブディレクトリを失う恐れがあります。ただし,ODS-5 ファイルでは,この 8 レベルの制限はありません。

次は,入力指定子と出力指定子におけるディレクトリ・ワイルドカードの形式 [ディレクトリ...] の使用例です。


$ BACKUP [OSCAR...] [JOE.RECEIVED...]

ディレクトリ [JOE.RECEIVED] (まだ存在しない場合) のほか,[OSCAR] のサブディレクトリに対応するサブディレクトリが作成されます。ディレクトリ [OSCAR] とそのサブディレクトリのすべてのファイルが [JOE.RECEIVED] とそのサブディレクトリにコピーされます。ただし, [OSCAR] に 8 レベルのディレクトリがあり,その中のファイルが ODS-2 である場合,第 9 レベルのサブディレクトリは,[JOE.RECEIVED] に作成されません。つまり,[OSCAR] の第 8 レベルのサブディレクトリは,コピーされません (この制限は ODS-5 ファイルには適用されません)。

コピー処理で,ワイルドカード文字のアスタリスク (*) を使用して入力指定子のサブディレクトリを表現すると,入力指定子のサブディレクトリに対応するサブディレクトリが,出力指定子に指定したディレクトリに対して作成されます。次に,入力指定子の最下位レベルのサブディレクトリのすべてのファイルが,出力指定子の最下位レベルのサブディレクトリにコピーされます。次の例では, MONDAY と TUESDAY というサブディレクトリをアスタリスクで表しています。


$ BACKUP [SAM.WORK.*.WEDNESDAY] [JAMES...]

この例では,以下のようにして [JAMES.MONDAY.TUESDAY.WEDNESDAY] というサブディレクトリが作成されます。

  1. ファイル MONDAY.DIR が [JAMES] にコピーされます。

  2. ファイル TUESDAY.DIR が [JAMES.MONDAY] にコピーされます。

  3. ファイル WEDNESDAY.DIR が [JAMES.MONDAY.TUESDAY] にコピーされます。

  4. [SAM.WORK.MONDAY.TUESDAY.WEDNESDAY] のすべてのファイルが [JAMES.MONDAY.TUESDAY.WEDNESDAY] にコピーされます。

リストア処理でセーブ・セット修飾子 /SELECT を使用しない場合,入力指定子として [*...] が使用されます。出力指定子に [ディレクトリ...] 形式を使用する場合は,この点に注意する必要があります。ワイルドカード文字 [*...] の機能は,第 1 レベルからのディレクトリ名全体を出力指定子の省略記号の前に置くことです。したがって,たとえば次の例のセーブ・セットに木構造 [SAVE...] があるとすると,リストアされるディレクトリ木構造は,[WORK.SAVE...] となります。


$ BACKUP MTA0:SAVE.BCK [WORK...]

出力指定子が入力指定子のディレクトリと同じ名前である場合も,次のように結果は同じです。


$ BACKUP MTA0:SAVE.BCK [SAVE...]

木構造 [SAVE...] を [SAVE.SAVE...] という木構造にリストアします。

次のコマンドは,木構造 [SAVE...] を [WORK...] という木構造にリストアします。


$ BACKUP MTA0:SAVE.BCK/SELECT=[SAVE...] [WORK...]

ファイルをリストアするときに元のディレクトリを保持するためには,出力指定子に [*...] 形式を使用するか,または入力セーブ・セット修飾子 /SELECT を指定します。次の例では,出力指定子に [*...] を使用し,セーブ・セット SAVE.BCK の木構造 [SAVE...] を木構造 [SAVE...] にリストアします。


$ BACKUP MTA0:SAVE.BCK [*...]

入力セーブ・セット修飾子 /SELECT は,ファイル指定の省略記号部分だけを,出力指定子 [ディレクトリ...] のディレクトリ木構造に転送します。次のコマンドは,[SAVE...] を [SAVE...] にリストアします。


$ BACKUP MTA0:SAVE.BCK/SELECT=[SAVE...] [SAVE...]



7.4 BACKUP の修飾子

BACKUP の動作は,修飾子を指定することで変更することもできます。使用できる修飾子は,以下の 5 種類です。

  • コマンド修飾子
    BACKUP コマンドの省略時の動作を変更します。コマンド修飾子は,コマンド行のどこに入力してもよく,入力指定子や出力指定子に指定されているすべてのファイルに作用します。

  • 入力ファイル選択修飾子
    入力指定子からファイルを選択します。入力指定子の直後に入力します。

  • 出力ファイル修飾子
    出力ファイルのリストア方法を変更します。出力指定子の直後に入力します。

  • 入力セーブ・セット修飾子
    リストア処理時または比較処理時の入力セーブ・セットの扱い方を指定します。入力指定子の直後に入力します。

  • 出力セーブ・セット修飾子
    セーブ処理時に出力セーブ・セットを処理する方法を定義します。出力指定子の直後に入力します。

注意

イメージ処理では,入力指定子や出力指定子は使用できません。

それぞれの修飾子の違いを,十分理解するようにしてください。 BACKUP コマンド行のどこに修飾子を入力するかによって,結果が異なります。コマンド修飾子は,コマンド行のどこにでも入力できますが,入力指定子と出力指定子の修飾子は,位置によって意味が決まります。入力指定子修飾子は入力指定子の直後,出力指定子修飾子は出力指定子の直後に入力してください。

また,BACKUP の修飾子には,入力指定子修飾子としても出力指定子修飾子としても使用できる修飾子がいくつかあります。期待する結果となるように,位置によって意味が決まる修飾子は,必ず正しい位置に入力してください。たとえば /SAVE_SET 修飾子は, BACKUP セーブ処理の出力セーブ・セット修飾子としても, BACKUP リストア処理の入力セーブ・セット修飾子としても使用します。

BACKUP の修飾子の正しい組み合わせの詳細は, 付録 G を参照してください。 表 7-2 に,BACKUP の修飾子を種類ごとに示します。

表 7-2 BACKUP の修飾子の種類ごとの要約
修飾子 説明
コマンド修飾子
/[NO]ALIAS 別名ファイル・エントリと 1 次ファイル・エントリの複数回の処理に関して,前バージョンの動作を使用するかどうかを指定する。
/[NO]ASSIST BACKUP 処理時に磁気テープをマウントできなかった場合,オペレータやユーザによる操作を可能とする。
/BRIEF セーブ・セット内の各ファイルについて,ファイル指定,ブロック数によるサイズ,作成日付を /LIST 修飾子に表示させる。
/COMPARE 第 1 パラメータの内容を第 2 パラメータの内容と比較する。
/DELETE BACKUP のセーブ処理やコピー処理において,すべてのファイルの処理が正常終了した場合,選択した入力ファイルを入力ボリュームから削除することを指定する。
/ENCRYPT 暗号化されたセーブ・セットを作成およびリストアする。
/FAST 高速ファイル検索で入力指定子を処理し,処理時間を短縮する。
/FULL /LIST コマンド修飾子が出力する情報を, DCL の DIRECTORY/FULL コマンドと同じ形式で表示する。
/IGNORE BACKUP のセーブ処理やコピー処理において,ファイルに対する制約を変更すること,またはテープ・ラベル処理チェックを行わないことを指定する。
/IMAGE ボリューム全体またはボリューム・セット全体を処理する。
/INCREMENTAL 一連の追加型セーブ・セットから 1 つのディスク・ボリュームをリストアする (/NOINCREMENTAL とは無関係)。
/[NO]INITIALIZE 出力ディスク・ボリュームを初期化する。以前のすべての内容は使用不能となる。
/INTERCHANGE BACKUP セーブ・セットから,他のユーティリティやシステムが読み込めなくなるような情報を除外することにより,データ交換 (ソフトウェア配布) に適した方式でファイルを処理する。
/IO_LOAD BACKUP ユーティリティが発行する同時入出力の数を調整する。デフォルトは 8。
/JOURNAL BACKUP セーブ処理で BACKUP ジャーナル・ファイルを作成すること,または BACKUP ジャーナル・ファイルに情報を付加することを指定する。
/LIMIT リストア操作またはセーブ操作時の拡張サイズの制限を指定する。
/LIST BACKUP セーブ・セットとセーブ・セット内のファイルに関する情報をリストする。
/[NO]LOG 処理するファイルの詳細を SYS$OUTPUT に表示する。
/NOINCREMENTAL セーブ操作でセーブされるデータの量を制御する (/INCREMENTAL とは無関係)。
/PHYSICAL 入力ボリュームのファイル構造を無視し,論理ブロック単位で入力ボリュームを処理することを指定する。
/PROGRESS_REPORT バックアップ操作の進行状況を現在の出力デバイスに表示する。
/RECORD ファイルのセーブ処理やコピー処理が正常終了したとき,各ファイル・ヘッダの BACKUP 日付フィールドに現在の日時を記録する。
/RELEASE_TAPE BACKUP のセーブ操作でセーブ・セットの書き込みと確認を終えた場合や,テープの終わりに達した場合に,テープをディスマウントしてアンロードする。
/SIZE ターゲット・デバイス上の論理ボリュームサイズを保持するか,ターゲット・デバイスの論理サイズを指定する。
/[NO]TRUNCATE コピー処理やリストア処理において,順編成出力ファイル作成時に,ファイルの終端 (EOF) でファイルを切り捨てるかどうかを制御する。
/VERIFY セーブ処理,リストア処理,またはコピー処理が終了した後,出力指定子の内容を入力指定子の内容と比較することを指定する。
/VOLUME ディスク・ボリューム・セット内の特定のディスク・ボリュームを処理対象とすることを指定する。
入力ファイル選択修飾子
/BACKUP BACKUP/RECORD コマンドでファイル・ヘッダ・レコードに書き込んだ BACKUP 日付をもとにファイルを選択する。
/BEFORE 指定した日時より前の日付のファイルを選択する。
/BY_OWNER 指定した UIC が所有するファイルを処理する。
/CONFIRM 各ファイルを処理する前に,確認プロンプトをターミナル上に表示する。
/CONVERT ODS-5 ファイル名を ODS-2 ファイル名に変換する。
/CREATED 各ファイル・ヘッダ・レコード内の作成日付フィールド値をもとにファイルを選択する。
/EXCLUDE セーブ処理やコピー処理で,選択基準を満たすファイルを処理対象から除外する。
/EXPIRED 各ファイル・ヘッダ・レコード内の満了日付フィールド値をもとに,ファイルを選択する。
/FILES_SELECTED セーブ・セットのリストア時に選択する予定のファイルのリストを含むファイルを指定する。
/HEADER_ONLY BACKUP が shelved ファイルおよび preshelved ファイルのファイル・ヘッダのみをセーブするかどうかを制御する。
/MODIFIED 各ファイル・ヘッダ・レコードの変更日付フィールド値 (ファイルを最後に変更した日付) をもとに,ファイルを選択する。
/SINCE 指定した日時以降の日付のファイルを選択する。
出力ファイル修飾子
/BY_OWNER リストアするファイルの所有者 UIC (ユーザ識別コード) を再定義する。
/NEW_VERSION ファイルのリストア先やコピー先に,同じファイル指定のファイルがすでに存在している場合,新しいバージョンのファイルを作成する。
/OVERLAY リストア処理において,同名のファイルが存在する場合,既存のファイルを上書きする。
/REPLACE 出力指定子のファイルを,入力指定子と同名のファイルと置き換える。
入力セーブ・セット修飾子
/[NO]CRC セーブ・セットのデータ・ブロックにコード化されているソフトウェア巡回冗長チェック (CRC) をチェックする。
/INPUT_FILES 入力指定子をファイル・リストのファイル名として扱うように BACKUP に指示する。このファイルは BACKUP 操作の入力ファイルを指定する。
/[NO]REWIND 入力ボリュームを読み込む前に,入力テープ・リールをテープの先頭マーカまで巻き戻す。
/SAVE_SET 入力ファイルを BACKUP セーブ・セットとして扱う。
/SELECT 指定したファイルを処理対象として選択する。
出力セーブ・セット修飾子
/BLOCK_SIZE BACKUP セーブ・セットおよびディスク間コピーでのデータ・レコードの出力ブロック・サイズをバイト単位で指定する。
/BY_OWNER セーブ・セットの所有者 UIC (ユーザ識別コード) を指定する。
/COMMENT 出力セーブ・セットの BACKUP 要約レコードとする文字列を入力する。
/[NO]CRC CRC を計算し,出力セーブ・セットのデータ・ブロックに結果を格納することを指定する。
/DENSITY 出力磁気テープの記録密度を指定する。
/EXACT_ORDER BACKUP 操作で使用するテープ・ボリューム・ラベルの正確な順序を指定する。
/GROUP_SIZE 各冗長グループのブロック数を定義する。
/LABEL セーブ・セットの書き込み先である磁気テープまたはディスクに対し,それぞれ 6 文字または 12 文字以内のボリューム・ラベルを指定する。
/MEDIA_FORMAT データ・レコードを自動的に圧縮しブロッキングするかどうかを制御する。
/PROTECTION ディスク上にセーブ・セットを作成する場合,出力セーブ・セットに適用する保護を定義する。磁気テープ上にセーブ・セットを作成する場合,磁気テープ・ボリュームに適用する保護を定義する。
/[NO]REWIND 出力テープをテープの先頭マーカまで巻き戻し,出力テープを初期化する。
/SAVE_SET 出力ファイルを BACKUP セーブ・セットとして扱う。
/TAPE_EXPIRATION 現在の日付以外の日付を,セーブ・セットのファイル・ヘッダ・ラベルに満了日付として書き込む。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項